古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2009.2.14)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_9282375.jpg『世界の終わりという名の雑貨店』(2001/日本)
【監督】濱田樹石
★★★
まあ一言で言えば「駄作」でしょう。 いい線つこうとして、センスが足りず、失敗した感じ。 せめて映像だけでも見るべきものがあれば良いが、それもなし。 かといって、幻想的な世界を描ききることなく、現実世界と行ったりきたり。 そんな居所のない不安定な心情を描きたかったのだろうが、単に中途半端で終わっている。 ただし、あるものに執着している変態的エロス目的の方は必見?! 直接的な性描写は全くないが、ある意味それよりエロス漂う変態的な作品だ。 っていうか、それだけしか見所がないような・・・


c0073737_9294622.jpg『受取人不明』(2001/韓国)
【監督】キム・ギドク
★★★
1970年代の韓国。 農村を舞台にした異色群像劇。 映像と音楽はまずまず印象的。 各登場人物もよく練られているし、個性的である。 だけど、なんだろう、どこかしっくりこない。 これは韓国映画の雰囲気に私が不慣れなせいだろうか? それとも、韓国独特の社会的・歴史的背景が見え隠れするからだろうか? 理由は自分でも判然としないが、演出面において良くも悪くもアクが強く出ているからだと思われる。 脚本は非常に良く練られている。 3人の主要な登場人物、その3人に関わる脇役たち。 それらの人物をぬかりなく描ききっているのが見事だ。 ただし、どうも暴力描写や性的描写、そして残酷描写が鼻につく。 わざとらしく詰め込んだ感じ。 つまりは一貫性が感じられない。 この、あざとさが最後まで好きになれなかった。


c0073737_9362325.jpg『櫛の火』(1975/日本)
【監督】神代辰巳

うーん、何の特徴もない平坦な作品で面白味は感じられず。 収穫は、草刈正雄の若かりし頃を観れたことくらいかな・・・


c0073737_9381736.jpg『鏡の中の女』(1975/スウェーデン)
【監督】イングマール・ベルイマン
★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_9394068.jpg『盲獣』(1969/日本)
【監督】増村保造
★★★★
船越英二が“キチガイめくら”に成りきっているのがまず素晴らしい。 触覚だけが異常に発達した船越英二は、理想の体と肌を持つ女性を見つけ出し、自室のアトリエに監禁することに成功し、日夜からだを触りまくる。 そしてついにはその女を犯してしまう。 なんという偏執的でエロティックな設定なんだろう。 やっぱり、こういう設定を考え出した江戸川乱歩という人は偉大だ。 偉大すぎる。 しかし、その乱歩が描き出す世界は極めて小説的であり、それを映像化することは困難である。 本作がその困難さを乗り越えたかといえば、やや疑問。 やはり、乱歩が創りだした倒錯の世界は、小説の中だからこそ生きるのではなかろうか。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-02-14 09:40 | ◆映画関連 その他 | Comments(4)
Commented by よしぼう at 2009-12-22 10:51 x
にじばぶさん、お久しぶりです。
「盲獣」は私も好きな作品なので、お便りしました。
前にも書きましたが、江戸川乱歩ファンなので、この作品は原作の前半の基本設定しか生かしていないにもかかわらず、増村らしく、芸術の手段であった”触覚”に狂わされていく男女の姿を写していて見事だと思います。乱歩の映画化としてはよくできていると思います。石井輝男の「恐怖奇形人間」と、加藤泰監督の「江戸川乱歩の陰獣」が乱歩の映像化では優れていると思います。
にじばぶさんは増村保造もご覧になるようですが、「赤い天使」と「刺青」が増村作品としては優れていると思っているのでおすすめします。
以前、内田吐夢の「人生劇場 飛車角と吉良常」をおすすめしたことがありますが、三島由紀夫がこの作品ともう一つ、山下耕作監督の「博奕打ち 総長賭博」を鶴田浩二のベストアクトとしてあげています。私は「飛車角と吉良常」が好きですが、映画としては「博奕打ち 総長賭博」の方が笠原和夫の名脚本のおかげもあり、面白いと思います。
にじばぶさんは任侠映画とかは観ますか?
Commented by nijibabu at 2009-12-24 01:04
>よしぼうさん
こんばんは!お久しぶりです。
『赤い天使』と『刺青』はいずれも宿題映画にずっと前から入れていたもので、いずれ必ず観るつもりでいます。
増村保造作品は、今までに12本ほど観ています。
中でも『妻は告白する』は増村作品の中ではマイベストです。
『「女の小箱」より 夫が見た』や『濡れた二人』はかなり良かったです!

『博奕打ち 総長賭博』は既に観ました。
ヤクザ間の抗争を描いた群像劇で、なかなか見応えがあったと記憶しています。
『人生劇場 飛車角と吉良常』は、よしぼうさんからご推薦頂いたので、宿題映画に入れてあります。

任侠映画は、特別好きではないですが、それなりの本数観てます。
良かったのは、中島貞夫監督で鶴田浩二主演の『やくざ戦争 日本の首領』、それと、三池崇史監督の『許されざる者(第一章・第二章)』ですね。
そして三池監督作品のマイベストは『新・仁義の墓場』です。
Commented by よしぼう at 2009-12-29 01:46 x
『赤い天使』と『刺青』はイイ映画なのでぜひ観てくださいね。
『赤い天使』は後半に少し戦場のシーンがありますが、ほとんど戦場の出ない戦争映画です。ご存知と思いますが、なぜ「赤い」天使なのかに一つこの映画のポイントがあります。従軍病院の看護婦と傷病兵の「性欲」というトンデモないところに、よく目をつけたなと思います。
『刺青』はご存知のように谷崎潤一郎ですが、同名の短編だけではなく、毒婦ものの長編「お艶殺し」がベースになっているので、若尾文子の毒婦ぶりが素晴らしい作品です。自分をだましたヤクザの親分さえ手玉にとるところに物凄さがあります。
私も増村は好きでそこそこ観ていますが、この作品と『盲獣』はDVDで繰り返し観ています。何度観ても飽きない作品だと思っています。
Commented by nijibabu at 2009-12-31 01:41
>よしぼうさん
こんばんは!
なぜに「赤い」天使なのか、興味がわいてきました。
増村作品はしばらくご無沙汰なので、そろそろ観てみたい気持ちになってきました。
『赤い天使』と『刺青』を優先的に観てみようと思います。
<< 犬、走る DOG RACE 鏡の中の女 >>