古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ペンエーグ・ラッタナルアーン監督の新作が久々に本邦公開!!
私の最も好きな監督を一人挙げるとすれば、タイのペンエーグ・ラッタナルアーン監督である。

c0073737_00596.jpgなんと、そのペンエーグ・ラッタナルアーン監督の新作が、久々に日本で上映されるというニュースが入った。

このニュースは、大部分の映画ファンにとっては、映画界の片隅での些細な出来事でしかないだろうが、私にとっては、これ以上ないほどのビッグニュースである。


アジア映画が大好きな私であるが、アジア映画界で好きな監督を3人挙げるとすれば、『夏至』のトラン・アン・ユン監督、『恋する惑星』のウォン・カーウァイ監督、そして、『地球で最後のふたり』のペンエーグ・ラッタナルアーン監督である。


「東京フィルメックス」の企画で上映されるが、場所と時間が極めて厳しい。

2つの映画館で上映されるが、いずれも有楽町、しかも、平日の昼間と、平日レイトショーという、実にサラリーマンにとっては厳しい上映スケジェールが組まれている。

もちろん観に行くつもりではあるが、うーん、正直しんどい。
もっと、サラリーマンに気配りした上映スケジュールを組んでほしいものだ(苦笑)。

**************************************************

詳細はこちらの公式ページで確認できます。

c0073737_2340498.jpg『ニンフ』(2009)

製作国:タイ
上映時間:94分

監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン


浅野忠信主演作「地球で最後のふたり」「インビジブル・ウェーブ」を手掛けたことで日本でも知名度の高いタイ人監督ペンエーグ・ラッタナルアーンによるファンタジック・ドラマ。キャリアウーマンのメイは、すっかり冷めた関係となっているカメラマンの夫に連れられて森へキャンプに訪れる。彼女を置いて森の奥深くへと入り込んでしまった夫は、神秘的な森の中で奇妙な体験に見舞われ……。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門にて上映。(「eiga.com」より。)
 
[PR]
by nijibabu | 2009-11-12 23:34 | ◆映画関連 その他 | Comments(6)
Commented by との at 2009-11-14 14:14 x
にじばぶさん、こんにちは。

ワタシにもビッグニュースです(笑)
行かれるんですね~。東京の方が羨ましいです。
今年のフィルメックスはなかなか見ごたえがありそうな作品ばかりで。
レビュー期待しています!!
Commented by nijibabu at 2009-11-14 16:40
>とのさん
こんばんは!
そうでしたか、とのさんにとってもビッグニュースですよね(笑)。
行きます、行きますとも。
だけど、スケジュールが・・・・(涙)
仕事に影響が出そうでこわいですが、何とか銀座まで遠出してきます。
帰宅は午前様かも^^;

フィルメックス、今回初めてじっくり調べたんですが、良さそうな映画ばかりでした。
来年からはもっとしっかりチェックしてみようかなぁ(^_^)
Commented by かっぱ太郎 at 2009-11-19 01:15 x
にじばぶさんこんばんは。
「地球で最後のふたり」を観ました。
これは個人的にもヒットでした。北野映画のように言葉が少ない分想像する楽しみがありました。映像も廃れた風景がとても美しかったです。
ほかに印象的だったシーンは、浅野が妄想で川の中に落ちるシーンで、
ハイスピード撮影で包み込むように舞う気泡や、無重力状態の髪・衣服や、そこに差し込む光がとても幻想的でした。
映像的にはほんの数秒ですが、ビル・ヴィオラを髣髴としました。
Commented by nijibabu at 2009-11-19 21:56
>かっぱ太郎さん
こんばんは。
お、『地球で最後のふたり』ご覧になりましたか。
観ていただけるだけで嬉しいです。
ほんと、大好きな作品なので。
ビル・ヴィオラは恥ずかしながら、存じ上げませんでしたので、今検索してみました。
どうやら映画人ではなく、純粋にアートな分野でご活躍されている方のようですね。

『地球で最後のふたり』は、タイ郊外の廃れた家屋の雰囲気が素敵ですよね。

ペンエーグ監督の新作を観に行くのが楽しみです(^_^)
Commented by かっぱ太郎 at 2009-11-21 07:20 x
今まではタイ映画と聞くと何となーくホラー映画が多いってイメージがありましたがペンエーグ監督の存在を知りませんでした。にじばぶさんに感謝です!
にじばぶさんが今度映画館で観る4本どれも面白そうですね。
私もドキュメンタリー映画が好きなので(お気に入りは「ゆきゆきて、神軍」と「蟻の兵隊」)うらやましい限りです。ドキュメンタリー映画のかもし出す臨場感はどのジャンルにも勝りますよね!
しかも小川紳介監督なんて貴重ですね!
Commented by nijibabu at 2009-11-21 15:08
>かっぱ太郎さん
確かにタイ映画は、神秘的な題材を基にした神話の様なホラーや、パン兄弟の様な最近のホラーまで、とにかくホラーが多いですよね。
あと、コミカルなアクションものですとか。

だけど、ペンエーグ監督の様な映像重視の監督いますので、私はタイ映画が大好きです。

私もドキュメンタリー映画は大好きで、一番のお気に入りはかっぱ太郎さんと同じく『ゆきゆきて、神軍』です。
『蟻の兵隊』は未見なので、早く観てみたいです。

小川紳介監督作品は今までに何本か観ましたが、やっぱり代表作は、記事に書いた2本だと思うので、映画館に行くのが楽しみで仕方ないです。
<< 雨音にきみを想う 最近観た映画(2009.11.11) >>