古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2010.1.17)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_2194689.jpg『果てぬ想い』(1992/香港)
【監督】シルヴィア・チャン
★★★
シルヴィア・チャンが脚本を書いている時点で、ラストの展開は読めてしまうんだけど、その予定調和がまた香港恋愛映画っぽくって、安心感があったりもする。 コン・リーは、本作の時点ではまだ若いが、どうも垢抜けていない。 歳を重ねるにつれ、美しさが増していく女優だ。 返還前の香港を舞台にしていて、北京語(マンダリン)と広東語との意志の疎通をうまく題材として使っている。 いかに北京語と広東語が別の言語であるかが分かる内容となっていて、香港や中国本土を旅したことのある私にとっては、興味深い内容だった。 香港のラブ・ストーリーとして、先に『ラヴソング』を観てしまったせいか、“偶然の再会”で幕を閉じるラストには新鮮味がなかったのがいささか残念ではある。


c0073737_2211050.jpg『乱れる』(1964/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_2233428.jpg『黒い瞳』(1987/イタリア)
【監督】ニキータ・ミハルコフ
★★★★
監督のニキータ・ミハルコフは相変わらず巧い。 最後の余韻の残し方なんて半端なし。 観た後も、あのオチのことを考えてしまった。 マルチェロ・マストロヤンニが演じたいい加減な男が、ロシア人女性を裏切ったことによって、幸せになれた誠実な男。 これは何とも皮肉。 この事実を、この誠実な男が知ってしまったら、どうなるんだろう・・そう考えてしまった。


c0073737_2245856.jpg『レスリー・チャン 嵐の青春』(1982/香港)
【監督】パトリック・タム

一言。 これはヒドイ!! DVD化されている理由は、おそらくレスリー・チャンの若かりし頃を観ることができる、ただそれだけのことだろうと思われる。 とにかく内容がヒドイ。 最初はどこにでもある80年代の香港青春映画と思いきや、途中から雲行きが怪しくなり、最後は香港人から見た奇妙な日本人像が炸裂し、空回り。 前髪がパッツリそろった気味の悪い日本人女性が日本刀っぽいものを振り回し、およそ殺陣とは言い難い、カンフーもどきのアクションシーンが繰り広げられ、最後は切腹シーン。 うーん、、、レスリー・チャンのファンでさえも厳しい内容。 しかも、レスリー・チャンの魅力もあまり感じられないのが致命傷だ。 まさに切腹に値すべき映画。


c0073737_2295672.jpg『阿部一族』(1938/日本)
【監督】熊谷久虎

セリフの半分は判然としない。 特有の言葉のせいもあるが、とにかく音声が割れている。 聴きづらくて仕方なかった。 お馴染みの河原崎長十郎と中村翫右衛門コンビは、本作では不発。 山中貞雄作品のような存在感は感じられなかった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-01-17 02:30 | ◆映画関連 その他 | Comments(4)
Commented by よしぼう at 2010-01-19 19:21 x
こんばんは。にじばぶさん。
『黒い瞳』とはシブイものを観てますね。マストロヤンニ最高ですね。ご存知かもしれませんが、ミハルコフ監督には『機械じかけのピアノのための未完成の戯曲』もあってオススメですよ。
『許されざる者』(三池崇史)を観てみました。確かに加藤雅也や藤竜也はかっこいいし、面白くて退屈しませんでしたが、前編に多く見られるトリッキーな特殊撮影?!何とかならないものでしょうか。それにちょっと長すぎます。新しいものを作りたいという意欲は分かるのですが・・・
『地球で最後のふたり』は、まあ悪くないのですが、浅野忠信をヤクザにする必要があったのかと、タイの女性の家はあんなに汚いのかが気になって仕方がありませんでした。もう少しダラダラしたロードムービーを期待していた方には、映画としてきちんとまとまっていてよかったと思います。
ところで、『ユメノ銀河』(石井聰亙)はご存知ですか。最近観たのですが、よかったですよ。夢野久作の『少女地獄』を原作に、石井監督が破滅に向かって突き進む少女の微妙な心のゆれをモノクロの詩的映像で描いています。『鏡心』がお好きなら気に入ると思います。ご存知でしたらすみません。
Commented by nijibabu at 2010-01-19 23:05
>よしぼうさん
こんばんは。
ミハルコフの『機械じかけのピアノのための未完成の戯曲』は、まだ観たことがないです。
『許されざる者』、長かったですか(笑)。
三池監督のは、大体が軽いノリで作られているので、よほど自分のツボにはまらないと満足できない作品が多いです。
だけど、たまに『新・仁義の墓場』のような快作も撮ってみせるので、油断できない監督ですし、懐の広さも魅力ですが。
『地球で最後のふたり』、鑑賞頂きありがとうございます。
観て頂いただけで満足です。
『ユメノ銀河』は過去に観ました。
浅野忠信出演作はほぼ全て観ていますので。
実は、石井監督作品の中では、最も好きな作品が、その『ユメノ銀河』なんです。
あの夢心地な雰囲気、ミステリアスな雰囲気が、自分の好みにマッチしました。
加えて、浅野忠信がかっこよかったのが良かったですね。
Commented by よしぼう at 2010-01-19 23:24 x
こんばんは。ご返事ありがとうございます。
以前、随分文句を言いましたが、問題の『夢野久作の少女地獄(火星の女)』(小沼勝)を実際に観てみました。確かにどうしようもない失敗作ですね。女優が学生に見えないことは無視しても、(ふざけてるとお思いでしょうがセーラー服で他の映画にも出ています・・・)せめて復讐が終わったところで切るべきですね。ラストは、あの時代の映画にはよくあるもので、『サソリ』を撮った伊藤俊也の『犬神の亡霊』にもあって、意味不明とされています。小沼勝はやはり谷ナオミと組んだ作品を観るべきでしょう。

ここのところ、韓国のキム・ギドクにはまっています。『悪い男』や『サマリア』、『魚と寝る女』を観て道徳を軽々と越えていく作劇にあこがれを感じます。

『オアシス』や『シークレット・サンシャイン』のイ・チャンドンといい、まだまだアジアには素晴らしい映画を撮る監督がいますね。
Commented by nijibabu at 2010-01-19 23:42
>よしぼうさん
こんばんは。
アジア映画圏で、唯一あまり観ていないのが韓国映画でして、これからまさに新規開拓しようと思っている国です。
それでも、韓国映画は何本か観ていますが、強烈でインパクトの強い、ガツンとくる作品が多い気がします。

キム・ギドクは『うつせみ』とかを観たことがありますが、イ・チャンドンはノーマークでした。
早速調べて、気になる作品は、宿題映画リストに加えておきたいと思います。
<< キャバレー日記 乱れる >>