古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2010.1.22)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_0562494.jpg『東宮西宮』(1997/中国)
【監督】チャン・ユアン
★★★
ゲイの少年を変態として拘置した警官。 警官は当直で暇との理由から、ゲイの少年の独白に耳を傾ける。 最初は真っ向から批判した態度だったが、じょじょに少年の話に引きこまれていき、やがては・・・ という流れではあるが、警官にそのケがない限り、いくらゲイと二人きりで誘惑されたところで、キスをしたりはしないと思うのだが。 その辺り強引さは感じられたものの、人間、自分が正しいと思っていても、ある種の閉鎖的空間に置かれた場合、自分がどうなっていくかの保証はない。 そういったことをテーマにした内容としては、主題が良く伝わってくる力作だと思う。 しかし、ゲイに女装させ、そこからキスへと移るくだり、怪しい気色の悪さを放っていた。 好みではない作品だが、チャン・ユアン監督の、何でも撮れるぞ!的な懐の広さは本作でも感じた。 撮るたびに趣きの異なる作品を放ち続けるチャン・ユアンという監督。 その器用さという点において傑出したものを感じる。 今後もチャン・ユアン監督の作品から目を離せない。 そして、次はどんな作品を撮ってくるんだろう、と期待させてくれる監督である。


c0073737_132337.jpg『月山』(1979/日本)
【監督】村野鐵太郎
★★
東北地方は山形の、冬も深い、それも奥地。 そこに一人の男が修行ともとれる山篭りを行う。 非常に淡々としていて、何らドラマも起らない。 それでいて、最後にセンセーショナルな何かが起きるわけでもなく・・・ 雪国の神秘性、自然の厳かさ、そんな部分に興味がないと、何ら見所も発見できずに終わってしまう。 河原崎次郎と井川比佐志という地味すぎる出演陣も退屈さに輪をかけている。 適当に観ているうちに、適当に終わってしまったというのが正直な感想だ。


c0073737_145541.jpg『女狙撃兵マリュートカ』(1956/ソ連)
【監督】グリゴーリ・チュフライ
★★★★
よくある、捕虜にする側と捕虜となった側との、男女のロマンスを描いた内容だが、性別が逆で、捕虜にする側が女性で捕虜になる側が男性という設定である。 この二人がやがて恋に落ちるであろうことは容易に予想がつくが、その先があった・・・ 組織に忠誠を尽くし、愛する男さえも自らの手で射殺。 “狙撃兵”として、最後まで己のポリシーを貫き通した。 だがそこには虚しさしか残らない。 愛が、この世で一番重いものだと、痛烈に訴えかけるラスト。 男女がお互いを愛し合っていたとしても、文化や思想を異にする場合、男女の仲というものは、一筋縄ではいかない。 お互いを愛し合っていることを、お互いは確かに感じているはずなのに、どうにもならない悲劇的な結末を迎えてしまう。 そういった、愛というもののもどかしさ、難しさを痛切に感じた。


c0073737_161930.jpg『キャバレー日記』(1982/日本)
【監督】根岸吉太郎
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_173416.jpg『記憶の扉』(1994/イタリア・フランス)
【監督】ジュゼッペ・トルナトーレ
★★★★
この手のオチものって、あまり好みではないし、しかも実は死んでいた・・・ってのは、オチとして夢オチに匹敵するやめてもらいたいオチの一つなのだが、それでも、それまでが十分面白いから、何とか許せる。 死人ジェラール・ドパルデューと署長ロマン・ポランスキーとの緊迫感あふれるガチンコの遣り取り。 これだけでサスペンス的な雰囲気を十分に堪能できる。 それにしても本作のジェラール・ドパルデューは、曙太郎に見えて仕方なかった。 ジェラール・ドパルデューって、こんな顔だっけ?! しかも体型がやばすぎ! あの体型だと相当に不健康だと思われるので、これ以降のジェラール・ドパルデューの健康状態が気になって仕方なかった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-01-22 01:11 | ◆映画関連 その他 | Comments(6)
Commented by よしぼう at 2010-01-23 01:41 x
こんばんは。にじばぶさん。
本当にスキですねえ。『東宮西宮』があがっているかと思えば、あのトンデモ映画、『記憶の扉』まで・・・『記憶の扉』って、初めて私が金返せって思った映画ですよ・・・本当に・・・
ところで、『わすれな歌』(ペンエーグ・ラッタナルアーン)と『新・仁義の墓場』(三池崇史)を観ました。
『わすれな歌』って、本当に素晴らしい映画ですね。主人公の運命が一夜で成功から、どん底の労働者や物乞いにって点も素敵ですね。主人公の運命に託してタイの全階層の人たちを登場させようという趣向に『スラムドッグ・ミリオネア』と共通するものを感じました。おかしなクリエーターと組まずこの調子でずっと撮ってくれたら良かったのにと不謹慎なことを考えたくなりました。(冗談ですが・・・・)
『新・仁義の墓場』の方は、オリジナルの深作欣二の『仁義の墓場』を観ているので、どうしても比べてしまいます。オリジナルでは渡哲也のシャブ中演技が物凄くおそろしかったのに対し、岸谷五朗はあの顔なのでどこか間が抜けて見えて、今ひとつ乗れませんでした。
Commented by nijibabu at 2010-01-24 00:58
>よしぼうさん
こんばんは。
『記憶の扉』ですが、全く前知識なく観たので、最後はズッコケそうになりました(笑)。
映画館で観ていたら、さぞかし最後に「やられた」という気分になるでしょうね。
金返せ!もうなずけます、はい(笑)。

『わすれな歌』、ペンエーグ監督の初期の素朴さが出ている作品で、その後のスタイリッシュな作品群が苦手な人には絶賛されている作品です。
私はどちらも好きですが、よりスタイリッシュさに磨きがかかった後年の作品の方がより好みではありますが。
ただ、変にグローバル路線になるのは考えものですね。
ペンエーグ監督には、いつまでもタイの風俗に土着した作品を撮り続けてもらいたいものです。

『新・仁義の墓場』は、古くからのヤクザ映画ファンには、おそらくイマイチな作品でしょうね。
私は、深作監督の「仁義の墓場」よりは気に入りましたが、いずれも素晴らしくアクの強い作品だと思います。
この2本を観た後、実際の「墓場」を新宿に見に行きました。
おそろしく嫌な場所でした^^;
なんか、普通の墓場ではなかったです。
Commented by よしぼう at 2010-01-24 02:49 x
にじばぶさん。こんばんは。
『緑茶』(チャン・ユアン)を観ました。
男女の微妙な機微を扱った会話劇というところでしょうか。ほとんど二人で話しているだけなんで、クリストファー・ドイルの撮影も特に驚くようなシーンはありませんでしたし、映画としてどうなのか少し気にかかりました。確かに日本にはないスタイルかもしれませんね。
お話はあまりにも古典的なので、どうサゲるか気になって仕方ありませんでしたが、及第点ですね。
『新・仁義の墓場』もう少し書くと、深作のオリジナルは「時代劇」で戦後のあの時代の仇花として、ああいう「狂犬」のような人が出たことを描いていたし、渡哲也の演技もその点で最高のものでした。(ヒロポン自体があの時代を象徴しています。)それに対し『新』は現代劇で岸谷五朗の役作りも実際にいそうなカッコ悪いヤクザを目指していたと思います。ただ、美木良介の名演技は見事なんですが、暴れたあとの「後始末」が長くてダレたような気がします。岩松の活躍をもっと見たかった。
Commented by よしぼう at 2010-01-24 17:03 x
こんにちは。にじばぶさん。続きですが・・・
>この2本を観た後、実際の「墓場」を新宿に見に行きました。
本当に石川力夫の墓を見に行ったんですか。
ちょっとうらやましいですね。近くで。
記憶違いでなければ、誰も参拝しないって、映画にもありましたね。深作の方だとは思いますが。
まあ。映画ざんまいから、そろそろ勉強の方に戻らねばと思っています。
三池崇史についていうと、いまひとつ「信用」できない気がするんですが、彼のヤクザ映画では、もうひとつ『極道恐怖大劇場 牛頭』というカルト映画があるので、これを観た上で判断しようと思います。
それと、いつもにじばぶさんが観ている映画って、本流ではなく傍流の邦画というイメージがありますが、理由ありますか?ネタですか?
Commented by nijibabu at 2010-01-24 18:03
>よしぼうさん
『緑茶』ご覧になりました。
ストーリー自体は、私個人的には気に入っていません。
というか、それほど面白くはなかったです。
それより、クリストファー・ドイルの澄み切った映像に目を惹かれました。
私にはドイルならではの映像美と感じました。

『極道恐怖大劇場 牛頭』は観ましたが、大したカルト作品ではなかったです。
三池監督は軽いノリの映画を撮る監督なので、衝撃が残るようなカルト作品となると、いまいち思い浮かびません。
三池監督といえば、『殺し屋1』がインパクトありました。
ですが、この作品もコメディタッチでCGを使った薄っぺらいグロ映像なので、それほどオススメはできませんが。

石川力夫の墓を見に行きました。
今まで2回も行きましたが、いずれも背筋が凍る嫌な思いをしました。
墓場自体が気持ち悪いですし、墓標も何か怨念の様なものを感じました。
少なくとも、楽しい記憶ではありませんね^^;笑
Commented by nijibabu at 2010-01-24 18:03
>よしぼうさん(続き)
本流の映画というと、メジャー邦画という意味でしょうか。
別に意識してマイナーな映画を観ているわけではありませんが、自分が観たいと思う邦画は、自然とマイナー志向な映画が多いという感じで、結果としてマイナー映画がメインとなっている流れですかね。
<< 最近観た映画(2010.1.24) キャバレー日記 >>