古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2010.1.24)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_141260.jpg『イースト/ウエスト 遥かなる祖国』
(1999/フランス・ロシア・スペイン・ブルガリア)
【監督】レジス・ヴァルニエ
★★
最初から最後まで特別に見所なく終わる内容。 最後どうなるか?ただそれだけにしか興味を見出せない凡作。 だが、主演女優のサンドリーヌ・ボネールは魅力的。 疲れた大人の色気を感じる。


c0073737_163422.jpg『ふたりのベロニカ』(1991/フランス・ポーランド・ノルウェー)
【監督】クシシュトフ・キエシロフスキー
★★★
美しく、そして難解な作品だ。 これは評価するのが難しい。 シーンとシーンとの行間が広く、次のシーンへいくと、途端に前のシーンを忘れてしまう、という序盤から中盤があり、それでもどうにか後半は解りやすくはなる。 二人のベロニカがテレパシーで・・・というテーマは、どうも移入しずらいものがあったが、主演女優の個性的美しさと詩的映像美が功を奏し、まずまずは堪能できた気がする。 フランス映画っぽさは薄く、ポーランド映画の色がより強く出ている感じ。 『灰とダイヤモンド』をイメージさせたが、あれより幾分自分に合っていた。


c0073737_175967.jpg『蟻の兵隊』(2005/日本)
【監督】池谷薫
★★★★
主演の奥村氏が、病床の97歳の先輩を訪れるシーンが最も印象に残った。 「私の力不足です、申し訳ありません」と謝罪し、植物人間に近い状態の先輩は、何度となく奇跡のように反応をみせる。 国に捨てられた悔しさはどれほど凄まじいものなのかを垣間見た気がした。 高齢になった今でも、その悔しさを少しでも晴らす為に、老体にムチ打って行動に出る。 そのエネルギーはまさに負のエネルギーとも言えるもので、戦争というものが残した傷跡の深さを痛いほどに体感できた。 侵略され惨殺された中国人はもちろん被害者だが、こうした傷跡が老年になってもいっこうに癒えない元日本兵も、紛れもない戦争被害者であるのだ。 戦争はあらゆる方面で人々に深い傷跡を残した。 どんな世の中になろうとも、戦争だけは起こしてはならない。 平和ボケした現代において、その平和の有り難味を感じることのできる貴重なドキュメンタリーである。 こんな作品を観てしまうと、不景気だのなんだのと、自分の身を憂うことが恥ずかしく思えてくる。 そして、日頃のストレスなんて、ほんの些細なことだと思えてくるのだ。


c0073737_192289.jpg『リアリズムの宿』(2003/日本)
【監督】山下敦弘
★★★★★
つげ義春の世界観がよく出ていて見事。 二人の距離感を保った会話も楽しい。 そして、話のいたるところに登場するサブキャラクターが、いちいち味があって面白いのだ。 主演の二人には特別好感は持てなかったが、それでも引き込まれてしまうだけの演出的巧さがあった。


c0073737_111548.jpg『夜よ、こんにちは』(2003/イタリア)
【監督】マルコ・ベロッキオ
★★
サスペンス的演出がなかなかに良く、緊迫感をもって楽しめる。 ただし、題材が個人的には興味をひかれるものではなかったのが残念である。 ブルジョアと労働者階級との闘争に、キリスト教会的権威も絡めた内容だが、そんなことに大した興味のない人が観ても、十分に楽しめるとは言い難い。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-01-24 01:12 | ◆映画関連 その他 | Comments(11)
Commented by かっぱ太郎 at 2010-01-24 18:59 x
にじばぶさんこんばんは。
私は蟻の兵隊を観ているとき、しばしば奥崎謙三が頭に浮かんでました。奥村さんの活動がもっと世に広まればと思います。
池谷薫監督は私の好きな監督の一人で、ほかにNHKのドキュメンタリー「人間は何を食べてきたか 第5巻」の「灼熱の海にクジラを追う ~インドネシア・ロンバタ島~」もすばらしい作品でした。映画ではないんですけどね(笑)
Commented by 青観 at 2010-01-24 21:41 x
にじばぶさん、こんばんは!にじばぶさんの守備範囲の広さには頭が下がります。どんなジャンルもどんな年代だろうが見る。素晴らしい。少しは見習わなければ
ところでこの演技は凄い。日本映画篇を大相撲ふうに番付けで発表しましたので私のプロフィール見て感想お願いします。
Commented by nijibabu at 2010-01-25 23:06
>かっぱ太郎さん
こんばんは、お久しぶりです。
コメントお待ちしておりました。
確かに蟻の兵隊はゆきゆきて、神軍を思い起こさせるドキュメンタリーですよね。
広い意味での戦争被害者が、執念をもって自分の信念を突き通おすという点で、この二つの作品は共通点があるように思います。
NHKのドキュメンタリーは、映画でなくとも、テレビスペシャルなどで良質の番組作ってますからね。
Commented by nijibabu at 2010-01-25 23:08
>青観さん
こんばんは。
守備範囲の広さを褒めて頂けることが、一番嬉しいですね。
何故かって、ある程度自分の好みを二の次にして、色んなジャンル・国・時代の映画を観るようにしているので、その労が報われたような気がして嬉しいんです。
もちろん、自分の観たい映画も観てますけどね。
だけど、やっぱり、有名な作品とかは観ておきたいな、っていう思いがあります。
Commented by nijibabu at 2010-01-25 23:09
>青観さん(続き)
プロフィール拝見しました。
東横綱以外は、ほぼ同感です。
『生きる』はどうしても苦手でして、すいません・・・
Commented by よしぼう at 2010-01-28 18:59 x
こんばんは。にじばぶさん。
『リアリズムの宿』(山下敦弘)、『緋牡丹博徒 花札勝負』(加藤泰)、観ました。
変なバディムービーや、変な田舎の人を描くと定評のある山下監督、『松ヶ根乱射事件』が面白かったので期待しましたが、面白かったけれど、衝撃を受けるほどではありませんでした。ただ、あっちゃんと別れてから次から次へと変な人に出会うのは観ていて楽しかったです。
主演の長塚圭史さんは、長塚京三の息子というだけではなく舞台俳優、演出家として有名で、かなりブラックな作風です。以前彼の演出する舞台を観ましたが、俳優がいきなり降板し、演出家の彼が代役を演じていましたが自然な演技でとても素晴らしかった記憶があります。
『花札勝負』はにじばぶさんの評価は低いけれど、悪くないですよ。まず始めに凄いローアングルのショットがあり、それだけで魅了されますが、ほとんどフィックスショットで撮られているのが驚きの美しさですね。まあ。シリ-ズものなので、第一作を観ていないと若山富三郎、清川虹子、待田京介といった登場人物との関係がさっぱりわからないかもしれませんが・・・ストーリーは少し詰め込みすぎで、何でもありという感じですが・・・
Commented by nijibabu at 2010-01-28 22:04
>よしぼうさん
こんばんは。
『リアリズムの宿』は、原作のつげ義春の世界観が好きなので、かなり楽しめました。
長塚圭史は、生理的に受け付けませんでした^^;
『花札勝負』は、観るには適当でない作品でした。
おっしゃるように、シリーズを通してみていないですし、何より、この手の時代劇を苦手にしているというのがあります。
Commented by よしぼう at 2010-01-29 01:10 x
こんばんは。にじばぶさん。
つげ義春の原作は『ねじ式』や『紅い花』で飽きて他は読んでいないので、原作の雰囲気をよく伝えている、と言われてもピンと来ないものがあります。
近くの店で『ゲンセン館主人』のビデオを見つけて借りるべきか迷っています。
一時期、つげ義春の作品が何度も映画化されていた時分がありましたね。他の映画化作品はどんな感じでしょうか。
例えば石井輝男の『ねじ式』ゲンセン館主人』や竹中直人の『無能の人』。
感想があれば教えて下さい。
Commented by nijibabu at 2010-01-30 11:15
>よしぼうさん
こんにちは。
『ねじ式』は、石井輝男監督とつげ義春のコラボですが、どうも相性が悪く感じました。
浅野忠信がすきなので、楽しめましたが、作品自体としてどうなんでしょうか。
『無能の人』は、独特のゆったりとしたリズムが心地良かったです。
竹中直人の監督しての才能が遺憾なく発揮されていたと思います。
『ゲンセン館主人』は未見です。
観たいですが、なかなか鑑賞の機会に恵まれていません。
Commented by よしぼう at 2010-02-05 11:03 x
にじばぶさん。こんにちは。
朝青龍の突然の引退を悲しむ文章、にじばぶさん大丈夫かと心配になりました。確かに暴力はいけないけれど、ああいう人が相撲界からいなくなるのは寂しいことですね。
『リアリズムの宿』の山下敦弘監督の『ばかのはこ船』を観ました。たぶん『リアリズム』が好きなら気に入ると思います。都落ちした奇妙な男女。彼らは健康食品「あかじる」を売っている。このあと田舎で次々と変な人に会って巻き起こす騒動が目を離すことができません。リズムは実にゆったりですが、面白くて仕方がなかったことを白状します。他の映画を何本も観て疲れているのにもかかわらず、いや疲れがふっとんでしまいました。山下監督は青春よりも田舎の変な人を描かせると敵う人がいません。初期の作品は作家のクセが出て面白い一面があります。私が好きな山下監督の『松ヶ根乱射事件』とともに『ばかのはこ船』はオススメです。沈んでいる気分もたちまち晴れてきます。
Commented by nijibabu at 2010-02-07 17:43
>よしぼうさん
こんばんは。
朝青龍の突然の引退にはかなり落ち込みました。
来場所が始まったら、朝青龍のいない土俵で余計に落ち込みそうです。

山下敦弘監督ですか。
『ばかのはこ船』要チェックにしておきます。
ご推薦ありがとうございます。
<< 最近観た映画(2010.1.27) 最近観た映画(2010.1.22) >>