古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2010.1.27)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_2212023.jpg『殺しの烙印』(1967/日本)
【監督】鈴木清順

鈴木清順の作品で面白いとか興奮したとか興味をそそられたとかの経験がない。 つまり、つまらないというイメージしかない。 本作でもそれは払拭できなかった。 難しいからつまらないのではなく、魅力を見出せないからつまらないのだ。 独特のモノクロ映像美には酔いしれることはできたし、真理アンヌの美しさにも目を奪われたが、宍戸錠がかっこよく見えなかったのが痛い。


c0073737_228317.jpg『暗殺の森』(1970/イタリア・フランス・西ドイツ)
【監督】ベルナルド・ベルトルッチ
★★
ファシズム、ホモ、レズ、小児性愛、スワッピングもどき、殺人・・・と、タブー三昧だが、別に過激でもない。 内容は、ファシズムに関するものがメインで、何とも解りにくい。 映像は美しいが、映像だけで楽しめるほど美しくはない。 消化不良という言葉がピッタリくる、ベルナルド・ベルトルッチの代表作。


c0073737_2211726.jpg『拳銃は俺のパスポート』(1967/日本)
【監督】野村孝
★★★★
『ある殺し屋』と並ぶ和製ハードボイルドの傑作として挙げられることの多い本作。 まずは、陰鬱なモノクロ映像が雰囲気を盛り立てる。 冒頭の暗殺シーンは、発砲場所の位置取りから始まって、銃を手際よく組み立てるシーン、そして発砲してからの逃亡にいたるまで、まさにプロの仕事と言えるシーンの連続で、息をのむ緊張感に漲っている。 ただ、後半に進むにつれ、この序盤で見せた緊張感はトーンダウンし、やや都合の良い結末へと収縮していってしまうのが残念である。 それにしても、宍戸錠の膨れた頬は、今みても不自然すぎる。 あの人工形成した頬がなくても、十分渋くてかっこいいと思えるのだが・・・


c0073737_22144527.jpg『愛・アマチュア』(1994/アメリカ・イギリス・フランス)
【監督】ハル・ハートリー
★★
変わった過去を持つ男女4人が織り成すサスペンスだが、面白くない。 深夜にテレビで適当に観るには十分なレベルだが、わざわざレンタルしてまで観るとガッカリするレベル。 登場人物がことごとく死んでいく流れは、アメリカ的安易さを感じ、出演陣の古臭さにアメリカのダメな点を感じる。 ゲロシーンに拷問シーン、と不必要に不快なシーンが出てくるのもマイナスポイント。 唯一いいのは、中途半端ながらもストーリーに起伏があり、なんとか最後まで観れた点かも。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-01-27 22:15 | ◆映画関連 その他 | Comments(8)
Commented by よしぼう at 2010-01-28 01:01 x
にじばぶさん。こんばんは。
『暗殺の森』、星二つですか。きびしいですね。
ベストにしていたときがあるのに・・・・
この映画の背景を少し解説すると、
少年期に異常な体験をしたために、常に「普通」になりたい青年の話なんです。だから、普通に結婚して、みんながファシズムにかぶれているので、自分からファシズムに入り、暗殺者となるわけです。しかし、普通の女と思っていた妻は、父の友人から性的虐待を受けていて処女を失っていて、肝心のファシズムも戦争が終わってしまうと価値観が転倒してしまう。さらに自分の幼少期からのトラウマまで幼い自分の思い違いにすぎなかったことをしってしまう。
かなりシビアな内容で、これをイタリアの問題としてベルトリッチがやりたかったことはよくわかります。入れ子構造の複雑な物語と美しい映像を楽しむ映画にもなっています。
Commented by nijibabu at 2010-01-28 22:00
>よしぼうさん
こんばんは。
『暗殺の森』は映画史においても評価が高い作品だけに、低い評価をつけるのは勇気がいりました。
ファシズムというテーマに対して、どれほどの興味や知識を持てるかが、この作品を楽しめる鍵になるような気がします。
その辺、私は足りていないのかもしれません。
Commented by よしぼう at 2010-02-13 14:48 x
にじばぶさん。こんにちは。
この映画を観たのは、20年ぐらい前、リバイバル上映でです。
まず、私はこの映画の原作モラビアの「孤独な青年」の大ファンです。前回書いたコメントはほぼこの原作のストーリーです。映画と原作どちらを先に目にしたか記憶に定かでないですが、映画を観た時にこの原作の情報で脳内補完しながら理解したことはありえます。
映画は私が授業をサボってわざわざ観に行った、思い出の映画です。だから、いい印象しかないのかもしれません。
ただ当時の記憶を思い出してみると、少し唐突な始まり方をした記憶があります。要するに、少し説明不足なんです。幼少のトラウマのあと、いきなりファシズムに入り、主人公の人と同じ「普通になりたい」と言う願望は原作ほど語られなかった印象があります。ベルトリッチは映画の力を信じ「画」だけで語ろうとしているのだと思います。(主人公の心情をナレーションで語ってもよかった気がします。)それが平板で薄っぺらい印象を与えている気がします。
Commented by nijibabu at 2010-02-14 18:28
>よしぼうさん
こんばんは。
ベルトルッチは元々好きな部類の監督なんですが、この『暗殺の森』だけは、皮肉にも代表作ながら好みに合いませんでした。

授業をサボって観に行ったなどの、思い出がからむと、余計に印象に残ることってありますよね。
映画って、観るタイミングや環境によって、印象が大きく左右されるように思います。
Commented by よしぼう at 2010-02-19 01:23 x
にじばぶさん。こんばんは。
『暗殺の森』は、機会があれば見直してみたいと思う作品ですが、何を作品に期待するかで随分違うのではないでしょうか。
<タブー三昧だが、別に過激でもない。
確かにそうなのですが、原作のアルベルト・モラビアは多くの監督が映画化しています。ただ作品の多くにタブーがしっかり描きこまれています。だからまるでポルノのような”過激な”作風の映画になりやすい欠点があります。ベルトルッチは重厚な画面作りはします。ただ、作品は少し対象を突き放したり、斜に見た撮り方をします。対象にのめり込まないのです。バランス感覚のよさともいえます。私は傑作と思う『ラスト・タンゴ・イン・パリ』も”セックス”を撮りながら、”エロス”を感じさせるものではありません。だから、にじばぶさんの不満は私はこの映画の”美点”。ベルトルッチのこの原作を映画にする上でのバランスのよさと考えます。
それよりも、ヴィットリオ・ストラーロの作る美しい画面を見るだけで私には充分すぎると思います。私の中では充分に”傑作”だと思います。ただ作品が”説明不足でわかりにくい”点は認めねばならないと思います。
Commented by nijibabu at 2010-02-19 01:42
>よしぼうさん
こんばんは。
『暗殺の森』に関しては、よしぼうさん、かなり思い入れがあるようですね。
私は、ベルトルッチはかなり好きな監督なんですが、『暗殺の森』は合いませんでした。
映像はとても綺麗ですし、全編に漂う雰囲気は、ただならぬものはあります。
もう一度、見返せば、よしぼうさんのおっしゃっていることを理解し、感じ取ることができるように思えますが、基本的に私は、映画に関して一期一会のスタンスをとっているので、再見する機会はおそらくないと思います。
『ラスト・タンゴ・イン・パリ』は、一刻も早く観てみたい作品です。
Commented by よしぼう at 2010-02-19 13:42 x
にじばぶさん。こんにちは。
<映画に関して一期一会のスタンスをとっている
確かに「一期一会」は重要ですが、それだけでは不十分でしょう。
映画なんて、その日の体調によっても評価が変わります。
以前、コーエン兄弟の『ファーゴ』とカラックスの『ポーラX』を続けて観たことがあります。当時の私には珍しく映画館で居眠りしてしまうほど、映画の評価はさんざんでしたが、翌日から高熱を出して寝込んでしまいました。その後、『ポーラX』を見直すと普通に面白く、あの時の評価は何だったのかと思ったことがあります。(こういううことはよくあります。)
私は気に入った映画は2度3度と見直してみることにしています。そうすると新たな発見が必ずあります。
映画も人づきあいと同じで、「一期一会」も大事ですが、気に入った人には何度も会えばいいし、気に入らないと思っても、もう一度会ってみると意外にイイ所が発見できるかもしれません。
ただ、にじばぶさんのようなスケジュールで映画を観ているとなかなかできないかもしれませんが・・・
だから、故・淀川長冶の「どんな映画も必ずイイ所を見つけて褒める」というスタンスが私は好きです。
Commented by nijibabu at 2010-02-19 22:49
>よしぼうさん
こんばんは。
もちろん同じ映画を繰り返し観るメリットは私も認めますが、生涯に1本でも多くの作品を観ることを最優先の目標としているので、一期一会のスタンスをとっている次第です。
淀川長治氏の良いところだけを拾うというスタンスですが、映画批評を職業としている人には多く見受けられる傾向かと思います。(もちろん、井筒和幸氏のようなタイプも居るにはいますが・・・)
私は素人の一映画ファンなので、いいと思ったところ、悪いと思ったところは、そのままの比重で書いております。
どうか、その点、ご了承ください。
<< 最近観た映画(2010.1.30) 最近観た映画(2010.1.24) >>