古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2010.2.4)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23521085.jpg『亀虫』(2003/日本)
【監督】冨永昌敬

実験的精神が感じられる連作ドラマ仕立てだが、ほぼ面白くない。 独特のナレーションが耳障りで、不快感が募った。


c0073737_23521918.jpg『美しき冒険旅行』(1971/イギリス)
【監督】ニコラス・ローグ
★★★★
エログロナンセンス満載でありながら、アドベンチャー的要素も併せ持った類い稀なる作品。 後年の『ブリキの太鼓』に類似し、そして匹敵するインパクトを感じた。 とにかく美脚がすごい! すばらしい! そして、虫がわいてるシーンの映像、特に音が気持ち悪い。 これほど気持ち悪い映像を観たのは、ほんと久しぶりだ。 夢に出そうである。 ラスト近くで、○人のアレが見えてしまうのが、ご愛嬌ではなく、狙いとすら感じてしまう程の内容だった。 にしても、これは『美しき冒険旅行』ではなく、『エログロナンセンスな冒険旅行』と改名した方がいいだろう。 カルト的な作品として有名な他の作品たちを、凌駕する程の濃い内容だった。 一度観たら忘れられない作品となった(なってしまった)。 だけどやっぱり、美脚の一言に尽きるかな。 腰のくびれた白ブラウスに、ミニスカート。 あれで冒険旅行とやらは、完全に反則!


c0073737_23553464.jpg『コミック雑誌なんかいらない!』(1986/日本)
【監督】滝田洋二郎
★★★★
久しぶりに再見。 前半から飛ばしまくりの疾走感で早くも興奮。 三浦和義への突撃取材でその興奮はピークに達した。 しかし、それから先は徐々にトーンダウン。 当時話題になった時事問題や芸能ゴシップをブツ切り的に網羅した内容なので、てんこ盛りな充実感の反面、間延びも感じた。 だが、内田裕也はとにかくヤバかった! このヤバさ、この孤独感、このふざけたキャラは、内田裕也ならではのもので、うん、かなり好きかも。 ビートたけしの暴れシーンは、言われているほど狂気迫ってはいなかった。 バブル絶頂期の六本木を見られたのは楽しかったし、とにかく当時の時事問題満載で、時代を回顧しながら観るだけでも、十分楽しめる作品である。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2010-02-04 23:56 | ◆映画関連 その他 | Comments(6)
Commented by よしぼう at 2010-02-05 16:57 x
にじばぶさん。こんばんは。
冨永昌敬って、『パンドラの匣』の人ですか。旬というか、変わった人に目を付けましたね。この間公開された太宰治原作、富永監督、『パンドラの匣』は評判いいみたいですよ。もう公開終わっていると思うので、DVDになったらご覧になってはいかがですか。
ニコラス・ローグときましたか。昔は凄かったんだろうな、と思うものの今観ると凡庸な監督かと思っていましたが、評価いいですね。私が観たことあるのは『赤い影』と『ジェラシー』ですが、まず『赤い影』は昔はコワかったんだろうなと思うものの、ドナルド・サザーランドが死んだ子供を抱き上げる時の素晴らしいカットと水の都ヴェニスの映像に尽きる映画ですね。
『ジェラシー』は男と女が”アート・ガーファンクル”(しかも大学教授の役!!)とテレサ・ラッセルというのが全ての映画でした。
私はイマイチの印象があるので、今後のにじばぶさんの評価が楽しみです。
Commented by 青観 at 2010-02-07 14:05 x
にじばぶさん、こんにちは!
よ~し、美しき冒険旅行を借りてこよう
だけど近くのレンタル野さんにあるかな?
思わず白のブラウス、ミニスカートてのに見たくなってしまった。
Commented by nijibabu at 2010-02-07 17:45
>よしぼうさん
こんばんは。
『パンドラの匣』って、読み方が分からず、過去に調べて記憶があります。
これみてみたい作品ですね。
ニコラス・ローグですが、本作しか見ていないので何とも言えませんが、本作に関しては、とても奇抜なものを感じ、独自性を垣間見ました。
『ジェラシー』は宿題映画に入れてあるので、いずれ観る予定です。
Commented by nijibabu at 2010-02-07 17:46
>青観さん
こんばんは。
グロテスクな映画ではありますが、ブラウス、ミニスカートは、魅力ありますよ。
ちょっと、幼な過ぎの感はありますが(笑)。
Commented by よしぼう at 2010-02-10 12:40 x
にじばぶさん。こんにちは。
『美しき冒険旅行』観ました。
『ブリキの太鼓』に似ているとありますが、そこまでシュールですか。わりと普通の映画と感じました。ニコラス・ローグらしいハッとする美しいシーンがありますね。水中で泳ぐヒロインのカットとか、別に美脚へのこだわりはそんなに感じませんでしたよ。グロシーンも”改題”を要求するほどなので身構えていましたが、きょうびNHKの動物番組でも見る程度のものに思えました。ウジが湧いているからグロテスクというのではなく、そういう食物連鎖もあわせて自然は「美しい」ととらえているのだと思いました。原住民の扱いは今観ると苦笑を禁じえないものがありますね。狩の後の解体とシェフの調理を対照させて人間は変わっていない。ハンターたちの残酷さを見せて文明のなかの人間を切り取るのも面白いけれど、古い気がします。ローグという作家を知りたいのならば、『赤い影』がいいですよ。美しい水の都ヴェニスを舞台に、死んだはずのわが子の霊に取り付かれて、水の都の迷路に迷い込んでいく男の姿を、叙情たっぷりにえがいています。ラストにショックシーンがありますが、その時の○○の顔は今も脳裏に焼きついています。
Commented by nijibabu at 2010-02-10 22:06
>よしぼうさん
こんばんは。
『ブリキの太鼓』に匹敵するシュールさを私は感じました。
ウジが個人的に大の苦手なので、そう感じただけだろうと思います(笑)。
<< 最近観た映画(2010.2.7) 平成の大横綱、朝青龍引退 >>