古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2010.6.27)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_0234290.jpg『Tattoo-刺青』(2007/台湾)
【監督】ゼロ・チョウ
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_0271286.jpg『飢える魂』(1956/日本)
【監督】川島雄三
★★★
川島雄三監督作品という理由で鑑賞。 前後篇に渡る大作だが、その分、間延びした感は否めない。 ただし、安心して観ることのできる安定した人情劇・恋愛劇となっている。 南田洋子の美しさを見るにつけ、近年テレビ放映された、認知症を患った彼女の、死ぬ間際のあの痛々しい姿が恨めしい。 こんな姿を見てしまうと、長門裕之の妻であった南田洋子は、まるで本作での彼女の役柄の様に不幸であったと感じてしまいざるを得ない。 だけど、私の本名の下の名前は、長門裕之を大好きな父親が、長門裕之の名をもじって命名したものだから、まるで自分自身の名前を否定するようで、やや複雑(苦笑)。 いや、長門裕之は私生活ではダメダメだったけど、役者としては素晴らしかった、と思うことにしよう!


c0073737_0271286.jpg『続・飢える魂』(1956/日本)
【監督】川島雄三
★★★
終りまで観て、結果としては凡作かなぁ、と。 なんだか突っ走るものが感じられない。 終り方もまったくよろしくない。 三橋達也を殺すところなんか、うまく話を収めるためとはいえ、強引過ぎる。 これだけ不倫関係を散りばめて、恋愛の自由を訴えた内容なのに、最後は家庭に収まって終りってのは、納得がいかない。 大体、中年太りした轟夕起子が魅力的な未亡人に描かれている時点で、居心地がすこぶる悪い。 更には、轟夕起子に関するサブストーリーが全く不要で、このサブストーリーのせいで二作に渡る長尺になっているのが納得いかない。 南田洋子に関するエピソードのみで、普通に90分前後にまとめ、ラストは全てを捨てて恋に走る・・・ってな展開の方が流れ的に自然だし、キレが良い気がした。


c0073737_0291639.jpg『ビリディアナ』(1961/スペイン)
【監督】ルイス・ブニュエル
★★★★
カンヌ映画祭パルムドール作品。 生理的に気分の悪いシーンが何度も出てくるが、カンヌが好みそうな濃い演出と負のパワー漲る内容に圧倒された。 ビリディアナを演じたシルヴィア・ピナルという女優さんは、ブロンドが映え、とにかく美しく、それとは対照的に下賎の民たちは、色々な意味で恐ろしく醜い。 この対照的な二つの存在が交錯し、やがてはビリディアナを汚染していくという流れに、変態と名高いルイス・ブニュエルの変態たる所以をみた気がする。 終盤の“最後の晩餐”は圧倒的にやかましく不快。 しかし、それを呼び寄せたのは、美しきビリディアナ。 軽はずみな施しが、やがては惨劇を生むという流れは、まさしく「反宗教的」だ。


c0073737_0321327.jpg『チャップリンのスケート』(1916/アメリカ)
【監督】チャールズ・チャップリン
★★
チャップリンがこんなにスケートが上手いなんて! あとは何となく観ていたら何となく終わってしまったという感じ。 まだ未完成なチャップリンという印象。


c0073737_0322170.jpg『チャップリンの勇敢』(1917/アメリカ)
【監督】チャールズ・チャップリン
★★★
これはチャップリンの短編作品としては、かなり面白い部類に入るのではないだろうか。 とにかく動きまわる! この動きをただ呆然と観ているだけで楽しめてしまう。 動きだけでこれだけ楽しませるチャップリンは、やはり偉大だ。 でも、チャップリンが最後に選ぶ女性は、いつも気色が悪い女性ばかり。 太めで、白目をむいている。 たまには痩身でナチュラルな目つきの女性を選んでほしいものだ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-06-27 00:33 | ◆映画関連 その他 | Comments(11)
Commented by 青観 at 2010-06-28 21:49 x
にじばぶさん、こんばんは!
川島雄三とチャップリン、良いですなあ!
川島雄三映画と言えばフランキー堺で主演のチャップリンの「街の灯」花売り娘に芦川いづみ、山田洋次監督で渥美清と香川京子の「街の灯」色々と考えるだけで楽しいなあ!
チャップリンの短編沢山見まくりのようですが私が一番好きなチャップリンの短編映画は「犬の生活」です。
Commented by かっぱ太郎 at 2010-06-28 22:53 x
にじばぶさんこんばんは!
『ビリディアナ』はパルムドール作品なのにレンタルがなく、私はどうしても観たくて、だいぶ前にDVDボックス2を買ってしまいました。(2はナサリン、ビリディアナ、砂漠のシモン、が収録)
ダ・ヴィンチの最後の晩餐のパロディは今でも強烈に印象に残っています。
 
話が変わるんですが、お気に入りの建築で「同潤会アパート」があるのですが、にじばぶさんはどういうとこに惚れたのでしょうか?私は美術の延長で建築も好きで同潤会アパートはたまたま知っていたのですが、ちょっと気になっていました。
Commented by nijibabu at 2010-06-30 00:56
>青観さん
こんばんは!
久しぶりに川島雄三作品を観ました。
もうかなりの本数を観てしまったので、鑑賞可能な川島雄三作品が残り少なくなり、観ることが難しくなってきました。

確かにチャップリンの『犬の生活』は素晴らしい短編だと思います。
あの犬の動きがとてもかわいいです!
Commented by nijibabu at 2010-06-30 01:02
>かっぱ太郎さん
こんばんは!
ほぅ~、そんなブニュエルのDVD-BOXがありましたか。
特に『砂漠のシモン』は観てみたい作品で、宿題映画リストに入れてあります。
お金に余裕があれば、絶対に買いたいDVD-BOXですね。
残念ながら、破産寸前なので買えませんが・・・(涙)。
『ビリディアナ』は、最後の晩餐のパロディシーンがあまりにも強烈な印象で、忘れそうにない作品になりました。

「同潤会アパートメント」は、私の趣味の一つである、「都内散策」と「廃墟好き」が影響して興味を持った次第です。
現存する2つの同潤会アパートはそれぞれ2回ずつ実際に観に行ったほどです。
現在では全くみられなくなってしまった建築様式、具体的には、特殊な集合住宅構造に大変興味があります。
屋外に設置された共同洗い場とか、共同トイレとか、口の字型建物とか、中庭とか、興味が尽きません。
かっぱ太郎さんは、実際に同潤会アパートメントを見たことはありますか?
もしないようでしたら、いつ取り壊されるか分からないので、早めに見ておくことをオススメしたいです。
築80年を超えたコンクリートアパートは、実に刺激的です!
Commented by かっぱ太郎 at 2010-06-30 22:22 x
同潤会アパートはまだ写真でしか見たことがないです。漠然といつか見に行きたいなと思っていた建築が実はもう取り壊されていたっていう経験がいくつかあるのでこれは現存してるうちに早めに見に行きたいところです!今にはない建築様式を見るとわくわくしますよね。
廃墟は、有名な軍艦島に一度行ってみたいです。人工物が自然風化で朽ちていく様に儚さを感じます。
都内散策はしたことがないのですが、とある映画DVDを買うために信濃町(ここにしか売ってない)に行ったことがあります。そこは見事にいたるところにルーマニア国旗によく似た旗が点在しているのが衝撃的でした。
Commented by nijibabu at 2010-06-30 22:53
>かっぱ太郎さん
軍艦島は、今から20年ほど前に初めて知り、真剣に行くことを考えた時もありました。
現在は一般開放されましたが、当時は当然、船もなく、個人交渉を猟師さんなどにして、船に乗っけてもらい、島に入るのが唯一の手段だったんです。
ですので、二の足踏んでるうちに、行く機会を失い、ある意味残念な一般開放という形に現在はなりました。
軍艦島の最大の魅力は、一部の人にしか知られていなかったことと、時間が止まっているかのように、海の中に佇む姿だと思います。
外部の人が簡単に行ける今となっては、その雰囲気は無くなってしまったという感じがしてなりません。
やはり、違法で軍艦島に入り、探検をしてこそ、楽しいのかなと、私はおもってしまいます。

信濃町と言えば・・・
はい、東京最強のルーマニア地域ですよね(汗)。
裏東京見物には、必ず入れたい街かもしれません(笑)。
ここ10年でアングラな東京の町は、多数消滅してしまったので、現在は面白味もなくなってきたように思います。
個人的には、新宿と大久保の間に存在した、「連れ込み旅館街」の雰囲気が、ひなびていて好きでした。
Commented by かっぱ太郎 at 2010-07-01 22:57 x
にじばぶさんの軍艦島への思いが伝わりました。20年も前からですか・・・。いやぁ、すごいです。
違法で単身潜入とは想像しただけでわくわくしてきます。ロマンがありますね!
「連れ込み旅館街」検索してみました。東京にもこんなところがあるんですね!知りませんでした。建物と一緒に中の人も高齢化してそうですね(笑)

余談ですけど、信濃町で購入したのは(真の)カルト映画として名高い『人間革命』『新・人間革命』の2本です。ミニストップで買いました。舛田利雄監督、橋本忍脚本、出演丹波哲郎、仲代達矢 ほか。やたら豪華キャストでした。内容もかなりしっかり作ってあり、丹波哲郎の熱演もあってなかなか楽しめました。
見終わったら即売りに行こうと思いつつ、いまだ手元にあります。(笑)
Commented by nijibabu at 2010-07-02 23:52
>かっぱ太郎さん
『人間革命』ですか。
初耳です。
日本映画は大分観た気がするんですが、それでもまだまだ知らない作品がほとんどなんだと改めて思います。

しかし、DVDって、高く売るにはオークションしかないんですかね。
町のDVD屋に売っても、価値を正確に判断してくれなそうですし。
Commented by かっぱ太郎 at 2010-07-03 20:32 x
もともとオークションで売るつもりでしたけれど、出品のしかたを調べるのが面倒で現状に至っています(笑)
今もオークションで『人間革命』と検索すると、出品されているDVDが4,5件入札されているの状態なので知る人にとっては人気なようです。
中古屋へはブックオ○やゲ○が学会の息がかかっているとのうわさだかデマだかがあるので少し考えましたが、まだ査定をしていないのでなんとも言えないです。
今は隠すように保管してありますが、友人知人にもし見られて誤解されても困るし、逆に親しみをもたれても困ってしまいます(笑)
なかなか話題にしづらい映画です。
Commented by かっぱ太郎 at 2010-07-04 03:22 x
(続き)
DVDを高く売るのは私はやはりオークションが一番だと思います。例えが悪いですけど、人気商品を買い占めて高値でオークションに流す転売屋が成り立ってしまうのもネットオークションならではと思います。
カルトで希少価値が高いDVDなんかはどこかのマニアが高額で落札してくれる可能性が大いにあります。
『人間革命』はカルト映画で信濃町でしか買えないという希少価値もあってオークションでは人気があるみたいなので、出品したら誰かがいい値で落札してくれると信じています。
 
無駄に長く書いてしまいました(汗)
Commented by nijibabu at 2010-07-04 18:15
>かっぱ太郎さん
『人間革命』という映画の内容、今やっと分かりました。
あの有名な著書の映画化なんですね(汗)。
確かにそうなると、学会の息のかかったお店では売りづらい気もします。
でも逆に高く買い取ってくれるかもしれませんが。

<親しみをもたれても困る
これには爆笑しました。
間違いなく同志とみなされるでしょうね。
そうでない人に見られたら、勘違いされるでしょうし、ひっそり保管しておくしかなさそうですね^^;

オークションですか。
クレジットカードをネット上にさらすのが嫌でして、どうもやる気がおきません。
小遣い稼ぎにはオークションが最適なんでしょうが・・・
<< 最近観た映画(2010.6.30) Tattoo-刺青 >>