古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2010.7.29)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23123837.jpg『檸檬のころ』(2006/日本)
【監督】岩田ユキ
★★
榮倉奈々はとにかくかわいい。 だけど、これは人を選ぶ作品か。 東京に生まれ育った人間が観て、果たしてどれだけ感銘を受けられるか疑問。


c0073737_2315413.jpg『パリ、18区、夜。』(1994/フランス・スイス)
【監督】クレール・ドニ

なんでこんなのを録画しておいたんだろう・・・と自問自答したくなるほど退屈なフランス映画。


c0073737_23162413.jpg『大酔侠』(1966/香港)
【監督】キン・フー
★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_23184967.jpg『L.A.コンフィデンシャル』(1997/アメリカ)
【監督】カーティス・ハンソン
★★★
さすがアメリカ映画ならではの娯楽大作。 最初から最後まで飽きさせずに見せるところは凄い。 終盤に警部が悪玉だと判明する当たりはドキっとさせられた。 この辺の演出は巧い。 ただ、細部のストーリーとつながりが分かりにくいのがネック。 はっきり言えば都合よくつなげすぎ。 裏が複雑につながっている大きな犯罪が、あんなにテンポよく解決していくのは都合が良すぎる。 ここは悪い意味でのアメリカ映画。 結果、楽しめるが都合良すぎる部分は残念、という感じ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-07-29 23:20 | ◆映画関連 その他 | Comments(10)
Commented by かっぱ太郎 at 2010-07-30 21:36 x
にじばぶさんこんばんは!
『L.A.コンフィデンシャル』ってどこのレンタル店でもありそうでも実はレンタルはVHSのみだから実際ほとんどの店に置いてないんですね。
私は図書館から借りてきて鑑賞しましたが、これは面白かったですね~。相反する2人が協力するなんていいですね。
 
いまやブルーレイが出てる時代でも映画ファンにとってはVHS(あるいはLD)はいまだに愛用品ですな。
Commented by nijibabu at 2010-07-31 23:59
>かっぱ太郎さん
こんばんは!
『L.A.コンフィデンシャル』、イメージ的にはメジャーなアメリカ映画ですから、おっしゃるようにどこのツタヤにもDVDがありそうな雰囲気ですが、VHSのみでしたか。
そうなると、やはりレンタルは難しいですね。
図書館は独特の良さがありますよね。
特に、掘り出し物を宝の山から探し出す楽しみがあります。
あと、いろんな場所の図書館巡りなんかも面白いですし。
ツタヤにはないVHSやLDなども沢山あるので、いずれはまた通うことになるでしょうが、とりあえず、HDDの中や焼いたDVDが山の様にあるので、まずそれを消化しなければなりません(汗)。

VHSデッキの購入が難しくなるのを予想して、自宅には3台のビデオデッキを確保してあります。
都内の大きめの量販店に行っても、VHSデッキはせいぜいあって4種くらいですから。
ひどい場合には一台もないことさえあります。
地元でももちろん売ってません。
Commented by かっぱ太郎 at 2010-08-01 20:53 x
3台ですか!笑ってしまいました(笑)
でもおっしゃる通り確かに予備のビデオデッキを備えたほうがいいかもしれないですね。

私は8枚の図書カードとそれに対応する15の図書館を駆使してずいぶんお世話になってます。特に「淀川長治ベスト100クラシック部門」では9割以上が図書館だけで補えましたから、大助かりです。
ほかにも尾上松之助の『渋川伴五郎』や、バンツマの『血煙高田馬場』『雄呂血』などもうれしい発見でした。
『誓いの休暇』『鶴は翔んでゆく』『動くな、死ね、甦れ!』『炎628』などのソ連の戦争映画の掘り出し物もありました。

私も同じくHDDと焼いたDVDが結構な量になってます。やってることはにじばぶさんと似てるかもしれません(笑)
Commented by nijibabu at 2010-08-02 23:23
>かっぱ太郎さん
こんばんは。

ところが、HDD消化に追われていて、最近めったにVHSを観なくなりまして、VHSデッキを使用する頻度が極端に落ちたんですよ。
以前の様に、ほぼ毎日ビデオを観ていた時には、平均2年くらいでデッキがオシャカになりましたから、3台も予備を確保しましたが、今はそんなに要らなかったかも、と思っています(苦笑)。

私は、荒川区・台東区・清瀬市・東久留米市・小平市の図書カードを持っています。
「淀川長治ベスト100クラシック部門」が9割以上もそろいましたか!
いつかは全部観ようと思っていただけに、嬉しい情報です。
お金を出してレンタルするより、図書館で借りた方が全然お徳ですからね!
『鶴は翔んでゆく』、『炎628』は初耳です。
面白いのでしょうか??
Commented by かっぱ太郎 at 2010-08-03 22:33 x
 『鶴は翔んでゆく(別題・戦争と貞操)』は、『誓いの休暇』のような戦争の泥臭さをあまり感じさせない恋愛映画でした。ストーリーの伏線が効いていて秀逸な作品と思います。あと女優がとてもきれいです。
 『炎628』は逆にものすごく強烈な作品でした。前半の狂気を含みつつも幻想的な画が、後半の凄惨なシーンへのコントラストを生んでます。
 
前者は1958年度パルム・ドール賞、後者は“「史上最高の外国語映画100本」 英エンパイア誌”で24位、“死ぬまでに観たい映画 1001 本”で紹介されてますので、観て損はないと思います。
 
にじばぶさんの行かれる図書館のサイトでいろいろ検索して遊びましたが、さすが東京の図書館は品揃えがいいですね!邦画の充実っぷりがうらやましいです。
Commented by nijibabu at 2010-08-04 23:44
>かっぱ太郎さん
『鶴は翔んでゆく』はツタヤに在庫があったので、いつか観てみようと思います。
しかもパルム・ドール作品ですし。

図書館の在庫検索は遊べますよね。
それだけ楽しい。
最近は、貴重でない普通の作品も、極力、図書館で借りるようにして節約しています。
あれほど毎週通って大量にレンタルしていたツタヤも、最近はめっきりご無沙汰です。
Commented by かっぱ太郎 at 2010-08-05 00:59 x
まだ話を引っ張るようで恐縮ですが、汗
図書館の在庫検索の話なんですが、私の利用する図書館では、例えは“ビ”と“ヴィ”の表記が曖昧なのが不満です。
以前「ジャン・ヴィゴ」と検索したら引っかからなかったのに、「ジャン・ビゴ」だとビデオ2本ヒットしたり、「ヴィスコンティ」と「ビスコンティ」で違う作品がヒットしたりとなかなか油断がなりません。中には「デレク・ジャーマン」が「Derek Jarman」と英語表記だとヒットしたりもありました。
さらに「木下“惠”介」と「木下“恵”介」でも違うのが出てきました。
にじばぶさんの利用する図書館も気をつけてみてください。

『炎628』方は渋谷ツタヤでレンタルがあるようです。
私も同じく最近は図書館です。2000年以前の作品はもう図書館でいいかなとすら考えてます(笑)
Commented by ゴーシュ at 2010-08-06 01:24 x
こんばんは. ご無沙汰しております...
「L.A.コンフィデンシャル」 なつかしいですね!
でも確かに東村山のTSUTAYAにもDVDはなかった記憶があります.

拙ブログが新しくなりました.
URLも新規です.今まで通り,リンクさせて頂いております.
今後とも末永くご贔屓のほどよろしくお願いします!
Commented by nijibabu at 2010-08-06 20:30
>かっぱ太郎さん
いえいえ、どんどんひっぱちゃって下さい(笑)。
図書館検索は精度はそんなに高くはないようですね。
ただ、一つの画面で東京都内全ての在庫を一括検索できるのは非常に便利です。

『炎628』は渋谷ツタヤにありますよね。
でも、渋谷は遠いので、最近行ってません。
新宿ツタヤですら、足が遠のいていますから。

しばらくは、CS・BS放送録画分と近場のツタヤと図書館をツールに映画を観ていくことになりそうです。
いずれまた、金銭的・時間的に余裕ができたら、都内のツタヤに遠征を復活させようかな、と。
映画館通いだけでも、体力的にきついですし。
Commented by nijibabu at 2010-08-06 20:31
>ゴーシュさん
こんばんは、こちらこそご無沙汰しております。
micchiiさんのブログが永らく休止中でしたし、ゴーシュさんのところもしばらく止ったままだったので、心配していました。
復活されたようで何よりです(^_^)
<< 恐怖の報酬(1953) 大酔侠 >>