古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2010.9.16)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23393168.jpg『県警対組織暴力』(1975/日本)
【監督】深作欣二
★★★
東映ヤクザ映画を見飽きていたのに、それでも楽しめた。 『仁義なき戦い』よりもむしろ良かった気さえする。 100分の尺の中に、様々な人間模様が凝縮された感じ。 菅原文太や松方弘樹は相変わらずだったが、梅宮辰夫のおとぼけぶりと真面目ぶりには笑った。 特にラストシーンの衝撃。 サラリーマンに転職し、課長っぽいポストに就き、「ラジオ体操しよう」の一言。 深作監督は何たるユーモアと皮肉のきいた監督なんだろう。 成田三樹夫がサングラスかけっぱなしだったのは残念無念。 声だけ楽しみました。


c0073737_23371950.jpg『雨』(1932/アメリカ)
【監督】ルイス・マイルストン
★★★
宗教の持つ力を示しながら、たとえ宣教師といえども肉欲に屈する可能性があることも示唆したラストは衝撃的。 猫の眼の様に変化する女心にも衝撃を受けた。 雨がジトジトと降り続け、やがて人を狂気に走らせる。 人間の本能と性を絶妙に描いており見事。


c0073737_23394124.jpg『草原バルガ』(1936/日本)
【監督】芥川光蔵
★★
フィルムセンターにて鑑賞。 客層は思った通り極めてマニアック。 満鉄映画だが、内容は蒙古(モンゴル)の人々の生活を撮影した内容。 あまり面白くはない。


c0073737_23422850.jpg『少年拓士の日記』(1939/日本)
【監督】芥川光蔵(編集)
★★★
フィルムセンターにて鑑賞。 色々な映画館でよく見かけるオヤジが、出入り口の警備員にしつこく話しかけていた。 警備員は迷惑そうだった。 映画館の警備員やってるからって、映画通だとは限らないのに、映画ネタを一方的に語りかけるそのオヤジは、迷惑人間だと言わざるを得ない。 そのオヤジは、またもや上映中に他の客に大声で注意。 「音たてるのやめなさいよ!」、と。 っていうか、おまえが大声出すのやめろよ! さて、当時の満州国の様子を生きた映像で観ることのできる貴重な作品だった。 記録映画という感じで、何らストーリー性は感じられないが、歴史上の出来事としか感じられなかった満州国の様子を、こうした映像で生々しく観ることができるのは凄い。 そういう意味において極めて貴重な日本映画で、まるでタイムスリップしたかのような感覚だった。


c0073737_23452678.jpg『娘々廟會』(1940/日本)
【監督】芥川光蔵(編集)
★★★
フィルムセンターにて鑑賞。 満鉄映画の3本立てだったが、目当てはあくまで本作だった。 前の2本が終わったところで、満を持しての登場。 ニャンニャンメヤオホイ、と題字にヨミガナがふってあった。 満州国の、とあるお祭りの様子を撮った記録映画だが、今日観た他の満鉄映画2本と異なるところは、妙に若い声の中村伸郎がナレーションをしているところだ。 お祭りの様子を映しながら、非常に聞き取りにくい小さな音でのナレーション。 はっきり言って、何を言っているのか分からず。 ただ、満州国の時代性と、そのお祭りの臨場感を楽しんだ感じだった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-09-16 23:46 | ◆映画関連 その他 | Comments(5)
Commented by かっぱ太郎 at 2010-09-18 00:13 x
にじばぶさんこんばんは!
わー、満映ですか!
東京はフィルムセンターがあってうらやましい限りです。私も満映は気になってて、個人的には李香蘭出演の『私の鶯』がいつか観てみたいと思ってます。マニアックな客層というと学者っぽい人で占めていた感じでしょうか?
 
あと、私のパソコンなんですが、にじばぶさんのように余分なものを削除してみたのですがどうも関係なかったみたいです。症状から察するに、ハード面からの(電源?)寿命っぽく、そこに起因すると考えられるさまざまな症状が出てるので、も~いっそ買い換えることにしました。
痛い出費です(泣)
Commented by nijibabu at 2010-09-19 00:41
>かっぱ太郎さん
こんばんは!
はい、満鉄映画です(笑)。
別に特別な興味はなかったんですが、日本映画に関しては少なくともある程度極めたいと思っているので、観に行きました。

客層は、学者っぽい人もいましたが、とにかく年配者が多かったです。
女性はほとんどいませんでした。

かっぱ太郎さんのパソコンについては、聞く限りはどうやら寿命のようですね。
私のパソコンは今年で8年目ですが、まだなんとか動いています。
SOTECなのですが、購入した当時は、SOTECなんかやめてとけ、という周囲の意見が多かったです。
ですが、今まで動いていますし、むしろ長生きしている方だと思います。
安かったですし、タフですし、またSOTECを買いたいのですが、市場からほとんど姿を消してしまい残念です。

まだパソコンは壊れていませんが、さすがに飽きてきたので(笑)、最新のパソコンを買おうかなと思っています。
おそらく秋葉原に行くと思います。
やっぱり、他の街にはない豊富な品揃えがあって、自分が好きなパソコンを選べそうですから。
Commented by かっぱ太郎 at 2010-09-20 23:13 x
にじばぶさんこんばんは!
8年目も現役なんてすごいです!うらやましいですよ~。私の場合は逆にパソコン関係は不運なことが多くて参っちゃいます。(汗)
確かにSOTECは見なくなりましたね。

ドスパラでパソコンを買って紆余曲折経て、ようやくネットが繋がったところで今このコメントを書いています。
新しいOS(windows7)でよく分からないことが多く、現在インストール関係で問題が山積みでまた泣きそうなところです。なのでちょっと落ち着くまでなかなか映画が観たい気分になれないので、自作の映画の目標グラフに大幅な下方修正が入ります(笑)
 
秋葉原はやっぱりすごいですよね。私は最近行ってないので分かりませんが、6・8加藤の乱以降なんだか随分雰囲気が変わったみたいですね。
私は以前、海外旅行用で変換プラグを求めて秋葉原にはお世話になりました。
Commented by nijibabu at 2010-09-21 00:18
>かっぱ太郎さん
こんばんは!
パソコンは障害が発生すると、とてもストレスがたまりますよね。
やはり映画を愛するものとしては、インターネットは今や欠かせない情報収集のツールですから、それが思うように機能しないってのはイライラも募ると思います。

新しいOSについてはいじったことさえないので、私も使いこなせるか不安です。
基本的にパソコンには詳しくないので、必要以上にいじったりインストールしたりしないようにしています。
Commented by nijibabu at 2010-09-21 00:18
>かっぱ太郎さん(続き)
私も最近はめっきり鑑賞ペースが落ち込みまして、しばらくこのままの低いペースでいきそうな感じです。
できれば、毎日寝る前に映画を1本観たいのですが、なかなかそうはいきません。
ただ、ペースを落としてでもコンスタントに映画を観続けていれば、映画に対する情熱も極端に落ちることはないでしょうし、いつか環境が変化して、また沢山の映画を観られる日がくれば簡単に復活できるでしょうし、とにかく今は観られる範囲で観るように頑張っています。
映画を観続けるのも楽じゃないですね(笑)。

秋葉原は、そんなに頻繁には行かないので、加藤の乱前後で雰囲気が変わったかどうかは分かりませんでした。
ただ、昔のいわゆるオタク風な身なりの人は著しく減少していました。
これを私は「ユニクロ効果」と勝手に呼んでいます(笑)。
<< 【訃報】俳優の小林桂樹さん死去。 最近観た映画(2010.9.12) >>