古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映画作品に関する一行コメント。(暴挙)
鑑賞映画リスト」に対して一行コメントを書こうと決意。
とりあえず、書こう・・・
全部書けるかな?!


【イタリア】
●フェデリコ・フェリーニ
「道」
素晴らしい作品だが、ジュリエッタ・マシーナが肌に合わず。

「カビリアの夜」
「道」よりストーリー的には好み。

「甘い生活」
フェリーニ作品で一番好き。これでマルチェロ・マストロヤンニのファンになった。

「フェリーニの8 1/2」
巷の評判通り難解。しかもフェリーニの内面には興味なし。

「魂のジュリエッタ」
これもやや難解。しかも退屈。

「ジンジャーとフレッド」
比較的とっつきやすい作品だが、特筆すべきことなし。

「オーケストラ・リハーサル」
オーケストラ仲間同士のやりとりは面白い。

「インテルビスタ」
フェリーニ作品を観まくっている人には多少楽しめるはず。

「ボイス・オブ・ムーン」
晩年の作品。つまらない。

「フェリーニのローマ」
フェリーニワールド全開。変なローマ。

「フェリーニのアマルコルド」
印象深いシーンはあるが、退屈。

「サテリコン」
ここまでフェリーニ色が濃くなると、もうついていけない。


●ミケランジェロ・アントニオーニ
「女ともだち」
大好きなアントニオーニの、自分が観た初めての作品。

「欲望(BLOW-UP)」
これほどまでに人々の解釈が分かれる作品も珍しいであろう。

「砂丘」
男女がじゃれあう映像は飽きる。

「愛のめぐりあい」
ヴィム・ヴェンダースとの合作。ヴェンダースが台無しにした?!

「さすらい」
微妙にロードムーヴィ風。ラストシーンが頭から離れず。

「夜」
出だしが暗いのがネックだが、全体的な雰囲気はまさにアントニオーニ。

「ある女の存在証明」
アントニオーニ作品の中で一番嫌い。

「太陽はひとりぼっち」
アントニオーニ作品の中で一番好き。

「赤い砂漠」
劇中でヴィッティが演じる女性を口説く男。許せない!(笑)

「情事」
期待してみただけに、肩透かし。ラブシーンはいらない。 

「さすらいの二人」
ラストの長回しがとにかく印象的。


●ルキノ・ヴィスコンティ
「山猫」
ヴィスコンティの後期の作品は過度に派手で嫌い。こちらの方が好き。

「地獄に堕ちた勇者ども」
ヘルムート・バーガーは怖いくらいに美しい。

「ベニスに死す」
ヴォガードは生理的に合わず。黒い汗が気持ち悪い。

「ルートヴィヒ 神々の黄昏」
長すぎる!


●ロベルト・ロッセリーニ
「無防備都市」
最後の射殺シーンだけは印象的。


●ヴィットリオ・デ・シーカ
「自転車泥棒」
さすが名作。


●ピエル・パオロ・パゾリーニ
「デカメロン」
うーん。。パゾリーニの作る世界は独特だが、合わず。

「ピエル・パオロ・パゾリーニ ソドムの市」
興奮してしまった。ヤバイ。(謎)

「テオレマ」
やはりパゾリーニは合わない。

「豚小屋」
パゾリーニは打ち止め。(謎)


【フランス】
●フランソワ・トリュフォー
「大人は判ってくれない」
モノクロの良さが凄まじいくらいに出ている名作。

「突然炎のごとく」
主人公の女性に共感できず。

「夜霧の恋人たち」
デルフィーヌ・セイリグのスタイルに乾杯。

「アントワーヌとコレット(短編)」
短いが楽しめる。

「柔らかい肌」
題名からしていやらしい。(笑)

「アデルの恋の物語」
この女優さん、すごいんだろうけど、イマイチ好きになれず。

「映画に愛をこめて アメリカの夜」
有名な割に凡庸な作品。

「終電車」
晩年のトリュフォーの作品は苦手。

「隣の女」
これも同じく。


●ルイ・マル
「恋人たち」
映像と音楽に魅了された。いかにもフランスの恋愛映画という感じ。

「鬼火」
暗い。暗すぎる。

「さよなら子供たち」
普通に楽しめる。ある意味、不満足。

「死刑台のエレベーター」
普通なサスペンス。


●ジャン=リュック・ゴダール
「気狂いピエロ」
ゴダール苦手を意識づけた作品。(苦笑)

「勝手にしやがれ」
ベルモンドは猿みたいだが、個性溢れる筋肉マン。


●パトリス・ルコント
「仕立て屋の恋」
ルコント作品を選んだのは失敗か?!

「髪結いの亭主」
アホか?この亭主は。働け!

「リディキュール」
ルコントつまらん。

「列車に乗った男」
珍しく普通に楽しめた。が、ルコント打ち止め。もう観ない。(笑)


【ソ連】
●アンドレイ・タルコフスキー
「ローラーとバイオリン」
タルコフスキー作品の中でも極めてマニアックな作品。

「ストーカー」
長くて退屈。そしてキリスト教的世界観に、息苦しさも追加。

「ノスタルジア」
蝋燭を持って歩くシーンは確かに素晴らしいのだが・・・

「僕の村は戦場だった」
タルコフスキー作品にしては珍しく、ストレートに楽しめる作品。

「惑星ソラリス」
怖いなぁ・・・これ。

「鏡」
映像詩人タルコフスキーの世界を堪能できる。俺には合わず。

「サクリファイス」
家が燃える・・・

「アンドレイ・ルブリョフ」
長い。だけど音楽は素晴らしい。



、、、、と、ここまで短評を書いたが、200以上もの作品に対して全て書けるわけもなく中止。(汗)愚かな暴挙でした。(笑)
だけど消してしまうのは勿体ないので、中途半端な形だけどアップすることにしました。
[PR]
by nijibabu | 2005-12-20 22:00 | ◆映画関連 その他 | Comments(4)
Commented by kubrick7160 at 2005-12-21 13:47
「太陽はひとりぼっち」が好きという意見、賛成です^-^
実は、パトリス・ルコントってまだ1本も見た事がないんです
借りようかと思うんですが、いつも借りずに終わってしまいます
イメージ的にはあまり好きではない気がするんで
Commented by nijibabu at 2005-12-21 17:56
>とのさん
とのさんの様な映画をたっくさん観ていらっしゃる方に、この様な粗末な一行レビューみたいなものを読んで頂くのは誠に恐縮で恥ずかしいです。

「太陽はひとりぼっち」いいですよね~。
珍しくDVDを買う気になりましたよ。
いつもはレンタルで一度観てしまえば満足してしまう私ですがね。

ルコント、借りなくて正解ですよ~。
やめた方がいいです。(笑)
観る前のイメージは当たりますよ!
フランス映画の悪い部分を、現代風にアレンジした作風が目立ちます。(爆)
Commented by micchii at 2005-12-22 13:33 x
お久しぶりです、micchiiです。楽しく読ませていただきました。
長々と書くのも大変ですが、一行で書く方がさらに難しいですよね。一言でポイントを抑えないといけないので。とても参考になりました。
いっぺんには無理だと思いますが、少しずつでも、ぜひ全作品書いて下さい!楽しみに待ってます♪

P.S.『髪結いの亭主』と『仕立て屋の恋』をUPしている身としては、ルコントへの酷評は耳が痛いです(笑)
Commented by nijibabu at 2005-12-23 19:07
>micchiiさん
ほんとお久しぶりです!
読んで頂き、恐縮です。
しかも、ルコントへの酷評まで読ませてしまって、申し訳ありません。(笑)

そういえばmicchiiさんの鑑賞映画リストに、アントニオーニ作品が含まれていなかった様なので、これを機会に観て頂けたなら嬉しく思います^^
<< “ラーメン屋ランキング”更新、... “ラーメン屋ランキング”更新、... >>