古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


私が観たい映画、だけど観れない映画。
私がハマってる映画に関して、いつもと少し違った趣向の記事を一つ。

主に観ている映画は、1950年~1970年代前半くらいに作られたイタリアやフランス映画だ。

しかし時が経っているので、観たいと思った作品を全て観ることが出来る訳ではない。

経済的な制約がなければ、DVDなどを金に任せて収集するということも可能だが、それは難しい。(苦笑)

やはり、在庫検索の出来るツタヤでレンタルしていくしかない。

車で一時間以上かけてレンタルしに行ったことも何回かあるが、それも頻繁にできるものではない。

そこで、私は一体どんな作品を観てみたいのか・・・
それを整理してみることにした。

**************************************************

まずは、フランス“フィルム・ノワール”で著名なジャン=ピエール・メルヴィルから。
彼の作品は、『サムライ』しか観たことがない(観れない)ので、何とも言えないのだが、その独特の映像トーンに酔わされてしまった。

ブルーを基調としており、ストーリーもすごい暗いし、救いようのない結末だったりもする。
しかし、他の監督作品にはない独特の魅力を感じた。
つまり、ハマってしまったのだ。

作品としては『リスボン特急』を筆頭に、『ギャング』『いぬ』等が観てみたい。

**************************************************

次は、既に7作品を観ている、“イタリアの名匠”ピエル・パオロ・パゾリーニ作品の中から一つ。

彼の作品はどれも過激な描写が多く、問題作が多いのが特徴だが、それらの中でもよく評判を聞く『アポロンの地獄』が観てみたい。

自宅近くのツタヤを10店以上探しまわったが、見つからない。

**************************************************

次は、“イタリアン・ネオリアリズム”の代名詞ロベルト・ロッセリーニ

基本的に彼の作品は面白いとは思えないのがネックだが、他人の批評を読んだりしていると、どうしても『ロベレ将軍』を観たくなった。

しかし、これは恵比寿ガーデンプレイス店などの都内大型ツタヤでも在庫がないようだ。
観るのはまず無理かもしれない。

それと、彼も参加しているオムニバス作品『ロゴパグ』も捨てがたい。

この作品には、上にも書いたピエル・パオロ・パゾリーニ、そして下に書くジャン=リュック・ゴダールなどの作品も含まれる興味深いオムニバス映画だ。

**************************************************

そして次は、“ヌーヴェル・ヴァーグ”の代表的人物として著名なフランスの巨匠ジャン=リュック・ゴダールについて。

彼の作品は、もう既にそのほとんどを観たつもりだが、彼の作品はかなりの数にのぼるため、それでもまだ観ていない作品が相当数ある。

その中でも、『ヌーヴェルヴァーグ新ドイツ零年』『右側に気をつけろ』辺りは拾っておきたいところ。

**************************************************

大好きなミケランジェロ・アントニオーニ作品は全て観てみたい。

彼の作品で観ていないのは『愛と殺意』の一つだけ(短編は除く)だが、日本未公開作品なので、まず観ることは不可能であろう。

**************************************************

そして最後は、“泣く子も黙るイタリアの巨星”フェデリコ・フェリーニ

彼の作る作品は非常にクセが強いので、正直観ていて苦痛を感じることも多々ある。
しかし、彼の作品でしか感じ得ない感動も度々経験した。

なので、フェリーニという監督は、私にとって好きだか嫌いだか今だに分からないままなのだ。

しかし、彼の作品を大量に観ていくうちに、いつの間にか「全て観なくては」という、意味のないノルマを自分に課してしまった。
いつもの悪い癖だ。(汗)

そこで、彼の作品で観ていない作品を挙げると・・・

女の都』だけであった。(短編などは除く。)

まだ何個かあったと思っていたが、残り一つだとは正直思っていなかった・・・
どうせなら意地でも探そうかな。(笑)
[PR]
by nijibabu | 2006-02-26 20:47 | ◆映画関連 その他
<< 鑑賞映画リストを更新。(200... 鑑賞映画リストを更新。(200... >>