古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


待望のDVDを購入!
訳あって経済的困窮状態(要するにビンボー)に陥っていたので、ずっとDVDを買うのを我慢していた。

我慢すること約1年(ちょっと大げさかな?)。
ようやく“その日”がやってきたのだ・・・

おとといの24日に給料をゲットした私は、これ以上ない気合いを込めて、HMV JapanにてDVDを注文した。

注文した品は、
太陽はひとりぼっち』(ミケランジェロ・アントニオーニ)
珈琲時光』(ホウ・シャオシェン)
SF Short Films』(中野裕之)
だ。

c0073737_12124460.jpg
c0073737_1465429.jpg
c0073737_147073.jpg

どれもこれも、ず~~~っと欲しかったDVDばかり。
3本とも「何度も何度も何度も観てみたい」作品ばかりだ。

まあこれで今月の予算は全て放出したわけだが・・・(汗)

本日、午前便で自宅にDVDが到着。
記念に何枚かジャケット画像を。

あとでじっくり観るつもりだったが、我慢できず「つまみ鑑賞」をしてしまった。
その時のスナップ画像も何枚かアップしてみた。

c0073737_11162694.jpgc0073737_11165231.jpgc0073737_11165982.jpg
c0073737_14261872.jpg
c0073737_1251340.jpg

[PR]
by nijibabu | 2006-03-26 11:17 | ◆映画関連 その他 | Comments(18)
Commented by micchii at 2006-03-27 14:14 x
念願のGETおめでとうございます!
でも、HMVって定価じゃありません?(笑)
3枚で少なくともあと2000円は安く買えると思うんですが・・・。
買ってしまった後ですいませn^^;
Commented by nijibabu at 2006-03-27 14:19
>ミッチーさん
えええ?!
マジですか??
どこでどう買ったら安くなるんでしょうか?
まだ買う機会があると思いますので、是非教えて下さい!
Commented by micchii at 2006-03-28 12:32 x
マジです(笑)
では、発売日情報に続いて、購入の際の必須サイトです。

①「い~でじ!!」
http://www.enet-japan.com/NASApp/mnas/MxMFront?Action=prd_mall_top
まずはこちら。1500円以上で送料無料(この待遇はかなり貴重。5000円以上とか、10000円以上というサイトの方が多いです)はAmazonと同じながら、在庫があれば20%オフは確実。ここで見つかれば、他のサイトは必要ありません。
ちなみに、今現在、
『太陽はひとりぼっち』3990円→3140円
『珈琲時光』4935円→3887円
にて在庫あります。この時点ですでに1898円得します。

今現在は『SF Short Films』は在庫がないようなので、そういう場合に、次にお世話になるのが
②「Yahoo!ショッピング」
http://shopping.yahoo.co.jp/
ここにはいろんなお店の値段比較ができます。
実際に今『SF Short Films』(定価4935円)を検索してみると、3948円(送料が590円)のお店と、4036円(送料は普段は630円ですが、3/31までは無料キャンペーンをやっている模様)のお店が見つかります。
Commented by micchii at 2006-03-28 12:33 x
長すぎてはねられたので、続きです。


普通はもっと何件も見つかりますが、2店しか表示されないので、在庫薄の商品だとわかります。
しかし、無料キャンペーンをやってなければ、両店とも4500円を超えるので、お得感はありません。ここであきらめるのはまだ早いです。

そこで次に、同じく値段比較サイト第2弾として
③「楽天市場」
http://www.rakuten.co.jp/category/media/
今表示される店の中では、送料込で4045円のお店が一番お得なのでこれを選ぶと、890円の得。

以上合計しますと、3枚で2788円の得になります。
これを知ったら、とても定価でなんか買えないですよね(笑)
注文される前に相談していただければよかったんですが、今度からはぜひご活用下さい。
長々と失礼しました。
Commented by nijibabu at 2006-03-28 12:50
>ミッチーさん
ご丁寧な説明を頂きまして、ありがとうございます<m(__)m>
3枚で2788円もお得ときたら、確かに定価で買うのは馬鹿らしいですね。(汗)

金欠状態なので今回は軽くヘコミましたが、今後はその方法で購入していきたいと思います。
ありがとうございました^^
Commented by micchii at 2006-03-28 23:08 x
補足です。

最王手Amazonなんですが、こちらも発売日前の予約でしたらだいたいは20%オフになります、10%オフというのもありますが。

ただ、Amazonの弱点は、一部例外を除いて、発売日を過ぎるとほとんどの商品が定価になってしまうことです。
だから新作を予約して買うにはAmazonでも問題ありません。

ですが、にじばぶさんのように、旧作に興味がある方には、昼間書いた方法が有効だと思います。

ちなみに、ウォン・カーウァイBOXはすでにAmazonで予約が開始されていて、22%オフなので、自分はAmazonで予約します。
Commented by nijibabu at 2006-03-29 13:39
>ミッチーさん
補足説明を頂きまして、恐縮です。

アマゾンって、発売日前ならば割引があるんですね!
初めて知りました。
ありがとうございます^^
新作購入の際は、有用に活用してみます。

ウォン・カーウァイBOX、既に予約開始されているんですか!
私も急いで予約しなければ・・・
Commented by micchii at 2006-05-19 13:12 x
読者の方に教えていただきましたが、7月21日に『ナイト・オン・ザ・プラネット』が単品で発売されるようです!!
例の4作品のBOXのばら売りで残りの3本も出るみたいですが、買うのは『ナイト・オン・ザ・プラネット』だけで十分ですよね(笑)
Commented by nijibabu at 2006-05-19 17:11
>ミッチーさん
貴重な情報を頂き、ありがとうございます!!
いつもとても感謝しております<m(__)m>

特に、今回お寄せ頂いた『ナイト・オン・ザ・プラネット』再販の件につきましては、なんとお礼の言葉を申し上げたらいいのか分からない位、感謝感激の情報であります!

経済上の問題もありますので、よく考えてみますが、おそらく『ナイト・オン・ザ・プラネット』の1本だけになるかと思われます。(笑)

いやー、いつもながらミッチーさんの情報収集の早さには感服いたします!
Commented by Tom5k at 2007-06-17 13:14
にじばぶさん、ご丁寧なコメントありがとうございました。
>アントニオーニ関連のブログ
世紀の巨匠を語っているにじばぶんの記事は特別扱いしないと(笑)。

わたしも仕事が忙しくて記事更新もDVD鑑賞もたいへんですよ。最近はつい愚痴りたくなってしまいます。

それから、ぶーすかさんもオカピーさんも用心棒さんも、みなさん面白い方達ですよね。お知り合いになれてよかったと思っています。

アントニオーニ関連の記事はお気になさらないでください。ご丁寧に返って申し訳なく思っているところです。是非是非マイペースで。
>『欲望』
おおっ。素晴らしい作品ですよね。わたしもこの作品はいろいろ考えさせられました。
最近『夜』と『女ともだち』をレンタルしてきました。これらも素晴らしい作品でしたよ。いずれみなさんと議論したいなあ、などと思ってしまいました。

では、お互いマイペースで頑張りましょう。
Commented by nijibabu at 2007-06-17 20:04
>Tom5kさん
コメントありがとうございます。

おっしゃるように、ぶーすかさんもオカピーさんも用心棒さんも、私とは比べようもない程の沢山の作品をご覧になられている方々なので、いつもあの方たちのブログやサイトを楽しみに観ているんです。
そして何より勉強になりますね。
Commented by nijibabu at 2007-06-17 20:07
(続き)
『欲望』は大好きな作品で、観てから時間が経っても頭の中で色んなシーンがどんどん浮かび上がってくきますし、とにかく不思議でとてつもない魔力がこめられた作品ですよね。

とても魅力的で不思議な風の吹きすさぶ公園での撮影。
その後のゾクゾクするような現像シーン(ブロー・アップ・シーン)。
写真をどんどん引き伸ばしていって、いきなり人の手らしきモノが現れた時の、あの驚き!すごいですねー^^
そして更に引き伸ばしたら、見やすくなるどころか逆に見えなくなってしまったという顛末。
一定距離でしか見えないものは、そこに存在すると言えるのだろうか?言い切れるのだろうか?
存在の不確かさ。逆に不存在の曖昧さ。
どちらが存在するもので、どちらが存在しないものなのか?
それすらも終盤には分からなくなる。非常に哲学的な作品。
考えさせられます。
Commented by nijibabu at 2007-06-17 20:14
(続き)
『夜』は、実は実質的にアントニオーニ作品の中では、『太陽はひとりぼっち』の次くらいに好きな作品になるかもしれません。
でも点数は7点をつけました。
何故かって言いますと、冒頭の末期ガンの友人が出てくるシーンがとても怖くて苦手だからです。
怖いから点数を低くするというのも幼稚かもしれませんが、あまりに怖すぎて不快感が出てしまったのです。
それだけ人の死に際って怖いですね。

でもその冒頭のシーンを除けば、上でも書いたように『太陽はひとりぼっち』の次くらいに好きなシーンの数々が続きます。
特にモニカ・ヴィッティがふらふらと街中を歩くシーンが大好きです。
理由は分からないのですが、とにかく惹かれるシーンです。
理屈ぬきの感覚的な好みです。

『女ともだち』は、私が始めて観たアントニオーニ作品で、全くああいった映画を見慣れていない頃に観た作品でした。
なので、もう一度見直すべき作品なのかもしれません。

長々と失礼しました。
これで一つの記事が書けてしまいそうな分量のレスをしてしまいましたね。(苦笑)

これをコピーして一つの記事にしようかしら?(爆)
Commented by Tom5k at 2007-06-17 22:09
にじばぶさん、わあ、すばらしいご意見ですね。

こちらにも素敵な記事がありました。覗いてみてください。『欲望』に関しては、わたしのコメもあります(笑)。
http://magic-ocean.at.webry.info/200611/article_1.html#comment
http://magic-ocean.at.webry.info/200609/article_2.html

>『夜』
いやあ、何とも言えずジャンヌ・モローの魅力はヌーヴェル・ヴァーグ諸作品の彼女に勝るとも劣らない素晴らしい。彼女とは思わず不倫したくなりますよ(笑)。もちろん向こうが相手にしてくれないと思いますが。

>モニカ・ヴィッティ(きっと、ジャンヌ・モローの誤りですよね。)がふらふらと街中を歩くシーン
わたしもあのシーンに魅力を感じます。ブルジョアの虚無、不毛の愛の心象風景なのでしょうね。
Commented by Tom5k at 2007-06-17 22:11
>続き
ラスト・シーンの夫婦の抱擁もセクシュアルでありながらも、もう決して取り返しのつかない虚無的な夫婦愛でしたね。お互いの愛の確認はもう無理なんですよね。
あれならば、むかしからよく言う「貧乏人の子だくさん」のほうが、ずっと自然で美しく本質的な意味でのエクスタシーを得られるように思います。
ここ数年セックスレスなどという新語もできてますけれど、そういう意味でも時代を先取りしたアントニオーニの先見はさすがです。

>これで一つの記事が書けてしまいそうな分量のレス・・・これをコピーして一つの記事に・・・
是非是非、にじ&トムの対談記事で記事更新してくださいよ。にじばぶさんが無理なら当ブログで記事にしちゃってもいいですか?

今日は、『さすらいの二人』をレンタルしてきちゃった。久々にアントニオーニにはまっています(笑)。

では、また。
Commented by nijibabu at 2007-06-17 23:33
>Tom5kさん

ご紹介のリンク先の記事拝見しました。
以前に両方とも拝見したことのある記事だったように思います。


<ジャンヌ・モローの誤り
あはは、そうでした!
勘違いですね^^;
アントニオーニ好きとして失格ですね、恥ずかしいです(><)

ジャンヌ・モローは確かに不倫したくなるようなイメージにぴったりの女性ですね。(笑)


<ラスト・シーンの夫婦の抱擁もセクシュアルでありながらも、もう決して取り返しのつかない虚無的な夫婦愛でしたね。お互いの愛の確認はもう無理なんですよね。(中略)ここ数年セックスレスなどという新語もできてますけれど、そういう意味でも時代を先取りしたアントニオーニの先見はさすがです。

おおぉ。
鋭いですねー!
おっしゃる通りです。
近年急増したセックスレスのまさに雛形といえるでしょう。
都会人の虚無感を描いた部分といい、その先見の目には脱帽です。
Commented by nijibabu at 2007-06-17 23:35
(続き)
<にじばぶさんが無理なら当ブログで記事にしちゃってもいいですか?

是非是非、記事にしちゃって下さい。
とても嬉しいですね。
ただ、モローとヴィッティを勘違いしたクダリは修正して頂けると幸いです^^;笑


『さすらいの二人』は、ラストシーンが物凄く印象に残っています。
カメラが不思議な動き(部屋の中から外に出る動き)をするラストシーンです。
ジャック・ニコルソンが全編に渡って、気だるくウロウロするロードー・ムーヴィなテイストも大好きな作品です。
Commented at 2007-06-19 01:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 「ボクが植物を愛するになるまで... “フェデリコ・フェリーニ”総括 >>