古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


浅野忠信の出演作、全てをレビュー(Vol.2)
一応、短編やDVDの付録作品といった、特殊な作品を除き、浅野忠信出演作は全て観たと思います。(ただし、レンタル開始していない作品は除く。)

ご存知の方も多いと思いますが、彼の出演作の多さは半端じゃありません。
それにマニアックな作品も多く、レンタルするのもひと苦労です。
全作品観るのに、相当な時間がかかった事を、ここに記しておきます。

なお、私が「観た順」に並べております。(多少の前後はあると思います・・・)
“★”はにじばぶ的評価です。
かなりの独断と偏見が入っております。
ご勘弁を。
“★”は3つが満点です。
(ただし、“★★★★★”は、「にじばぶ特別推奨作品」です。)

ある意味、永久保存版かも?!


【48作品目】
誰がために(2005)★★★
監督:日向寺太郎 出演:浅野忠信/エリカ/池脇千鶴/小池徹平(97分)
日向寺太郎監督のデビュー作。妻の死に対して復讐を誓う男の物語なのだが、それだけにテーマは重い。観た後に気分が晴れるタイプの作品ではないが、その分強い余韻を残す作品である。又、「都電荒川線」が出てくる辺りは『珈琲時光』と共通しており、個人的にかなりのお気に入り。■公式サイト

【49作品目】
東京ゾンビ(2005)★★
監督:佐藤佐吉 出演:浅野忠信/哀川翔(103分)
“二大スター競演”、浅野忠信と哀川翔の主演二人でおくるホラー・コメディ。この二人の共演が観れたという意味では満足できた。内容はとにかくぶっ飛んでいるので、ハチャメチャな作品が苦手な人にはお勧めできない。前半は独特の雰囲気と軽いテンポでとても良かったのだが、後半は雰囲気がガラリと変わり、いまいち楽しめなかった。■公式サイト

【50作品目】
ナイスの森 The First Contact(2004)★★
監督:石井克人/三木俊一郎/ANIKI
出演:浅野忠信/寺島進/池脇千鶴(150分)
21話のショート・ストーリーが連なる、『茶の味』の石井克人監督作品。『茶の味』がかなり楽しめたのでこちらも期待したのだが・・・浅野忠信が出てるストーリーにもっと時間を割いて欲しかった。逆に、最もつまらないと感じたストーリーが一番長かったりもした。浅野忠信と寺島進の絡みをもっと見たかった。■公式サイト

【51作品目】
エリ・エリ・レマ・サバクタニ(2005)★
監督:青山真治 出演:浅野忠信/宮崎あおい/中原昌也(107分)
青山作品の持つ特有の色合いと、一見なんてことのないように思われる風景描写が素敵な作品。しかしそれ以外にそそられる部分はなし。青山真治は紛れもなく現代日本映画界を代表する監督の一人だが、ここ最近の彼の作品については疑問符の連続である。■公式サイト

【52作品目】
トーリ(2004)★★
監督:浅野忠信
出演:宮崎将/菊地百合子/浅野忠信/昭和のいる・こいる(49分)
最初で最後(?)の浅野忠信監督作品。5話から成るオムニバス映画で、浅野忠信自身は2話目の『心の刀』に出演している。昭和のいる・こいるの漫才をそのまま映した4話目もある意味凄かったが、やはり浅野忠信自身が出演している2話目がメインであろう。その2話目のオープニング・シーンは流麗でいて幻想的であり、思わず息をのむ美しさであった。“読めない”字が延々と流れるエンド・ロールは、読めない驚きと同時に、その夕日の沈む背景映像の美しさにも目を奪われた。■公式サイト

【53作品目】
ソラノ(2005)★★
監督:山岡信貴
出演:浅野忠信/kujun/Shing02/首藤康之/名越康文(80分)
浅野忠信の初監督作品『トーリ』を素材にして作られたドキュメンタリー作品。浅野忠信へのインタビューやトークを通じて、俳優とは別の“素顔の浅野忠信”を垣間見ることのできる貴重な作品である。そういった意味では、『トーリ』よりも断然楽しめた。もしあなたが浅野忠信ファンならば、必ずこのドキュメンタリー作品を観るべきである。ただし他の登場人物のトークは理屈っぽいだけでつまらないので要注意。■公式サイト

【54作品目】
インビジブル・ウェーブ(2006)★★★
監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン 出演:浅野忠信/カン・ヘジョン(115分)
『地球で最後のふたり』と同じ監督、同じカメラマン、同じ脚本家により作られた作品。浅野忠信の真骨頂の一つでもある“独り言つぶやき”系の演技を久し振りにたっぷりと観ることができた。その他、突然現われる妙な登場人物とのドギマギした会話など、浅野忠信ならではの魅力が十二分に引き出されている。それを引き出してみせたペンエーグ・ラッタナルアーンはやっぱり最高の監督だ。この監督は浅野忠信の魅力をよく理解している。いずれまた、この監督の作品に浅野忠信が出演してくれるといいのだが。■公式サイト

【55作品目】
曖昧な未来、黒沢清(2002)★
監督:藤井謙二郎  出演:黒沢清/オダギリジョー/浅野忠信/藤竜也(75分)
黒沢清監督作品『アカルイミライ』のドキュメンタリー作品。スポットは監督である黒沢清に向けられており、浅野忠信の出番は少な目。ひたすら黒沢清監督の映画論を聞かされることになる。オダギリジョーの出番は多いので、オダギリファンにはいいドキュメンタリーだが、浅野忠信ファンには不満の残る内容。■公式サイト

【56作品目】
花よりもなほ(2006)★★
監督:是枝裕和  出演:岡田准一/宮沢りえ/古田新太(127分)
是枝裕和監督による時代劇モノ。実は是枝裕和監督が大の苦手だったりもするので、本作は「浅野忠信の出演作つぶし」としてノルマ的に観た。やはり自分の肌にはそれほど合わなかった。ただ、映画全体がとても明るい感じで作られており、幸せ感に満ちているため、観た後の感じは悪くはなかったが。■公式サイト

【57作品目】
wkw/tk/1996@7'55"hk.net(1996)★★
監督:ウォン・カーウァイ  出演:浅野忠信/カレン・モク(10分)
ウォン・カーウァイ幻の短篇をついに観ることができた!まず、それだけで大満足。10分と短い作品だが、ウォン・カーウァイの香りを十分に満喫できる。撮影はクリストファー・ドイルが担当しており、映像もスタイリッシュ。浅野忠信が『恋する惑星』の金城武バリにかっこよかった!

【58作品目】
サッド ヴァケイション(2007)★★★
監督:青山真治  出演:浅野忠信/石田えり/宮崎あおい(136分)
『Helpless』の10年後を描いた続編映画。『Helpless』がかなり良かったので、期待して鑑賞。斉藤陽一郎、辻香緒里といった前作の出演陣もしっかり出ていたりして、懐かしさと共に楽しむことができた。全体的に散漫なストーリー展開で不満な部分もあった。しかし、浅野忠信が髪の毛を切ってしまったり、髪型を変えたり、服装を180度変えてみたりと、浅野忠信ファンには十分楽しめる内容になっている。■公式サイト

【59作品目】
モンゴル(2007)★★
監督:セルゲイ・ボドロフ  出演:浅野忠信/スン・ホンレイ(125分)
浅野忠信がモンゴル人らしくないのが問題。 また、浅野忠信の魅力が出ていないというか、浅野忠信である必要があったのだろうかという疑問が先にたつ。 壮大なスケールの作品だが、その系統の作品はハリウッドに任せておけば良いわけで、『コーカサスの虜』という繊細な傑作をつくったセルゲイ・ボドロフが撮るべき作品のようには思えない。■公式サイト

【60作品目】
224466(2008)★
監督:浅野忠信  出演:浅野忠信/加瀬亮/豊原功補/永瀬正敏(25分)
オムニバス映画『R246 STORY』の中の一編を、浅野忠信が担当。浅野忠信が監督と主演をこなした短編作品だ。浅野忠信がやりたい放題やった感のある作品で、浅野忠信の脳内イメージがそのまま炸裂した感じの内容。アーティストとしての浅野忠信を知るためにはうってつけの作品かも。■公式サイト

【61作品目】
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~(2009)★★
監督:根岸吉太郎  出演:松たか子/浅野忠信/広末涼子/妻夫木聡(114分)
堕落した男についていく女。 この構図をシンプルに描いている。 浅野忠信と松たか子が初めて組んだ主演作というだけで、もう両者のファンにとってはそれだけで十分なわけだが、両者共に持ち味を発揮しているのが更に良い。

【62作品目】
劔岳 点の記(2008)★
監督:木村大作  出演:浅野忠信/香川照之/仲村トオル/役所広司(139分)
ムダに豪華俳優陣を使い、そして使いきれてない。 確かに雄大な自然を映した映像は素晴らしいが、映画としては何ら見所がない。 浅野忠信の良さも全く出ていない。 有名どころの俳優を沢山集めて、ただ撮ったという感じ。 撮影大変だったぞ、という主張ばかりが伝わってくるが、それと映画としての良さとは無関係。 そしてムダに尺が長いのが更なるマイナスポイント。 雄大なスケールを持った渾身の駄作。■公式サイト

【63作品目】
SOUL RED 松田優作(2009)★
監督:御法川修  出演:浅野忠信/香川照之/仲村トオル/松田龍平(102分)
時折挿入される松田優作自身の声、その発言が一番面白かった。他の出演者達が、「優作さんは凄いんですよ」と連呼しているが、それほど興味を惹かれなかった。このドキュメンタリーの内容構成は、過去の作品映像が大半と、他の出演者達のエピソードをつないだものであり、面白さという点において完成度は低い。松田優作自身の声、発言、思想などに魅力を感じただけに、もっともっと、松田優作自身の映像や声を聴きたかった。というか、そういう構成にして欲しかった。

【64作品目】
乱暴と待機(2010)★★
監督:冨永昌敬  出演:浅野忠信/美波/小池栄子/山田孝之(97分)
内容はやや複雑で、不思議な人間関係が構築されている。良い言い方をすれば奥が深い、悪い言い方をすれば分かりづらい。これは好みの分かれる作品に違いない。私的には、どれも理解に苦しむ登場人物達ばかりで、理解に苦しみながら鑑賞した末、いつの間にか終わってしまった、という感じ。特に感慨深いものは感じられなかった。つまり、ツボにはハマらなかった。ツボにはまれば、この作品が持つ独特の異空間に吸い込まれたかもしれない。そう思うと、何だか、恐ろしく潜在的能力の高い作品に感じられる。■公式サイト

【65作品目】
夢のまにまに(2008)★
監督:木村威夫  出演:長門裕之/有馬稲子(106分)
映画美術を仕事としてきた木村威夫自身の、人生を投影したかの様な内容。決して面白くはない。浅野忠信もチョイ役なのが悔しい。その中で唯一、長門裕之の熟達した演技はさすがの一言で、孤軍奮闘といった感じ。他は全てダメダメの、老いきった映画。


【浅野忠信出演作全レビューのVol.1はこちら
[PR]
by nijibabu | 2006-04-02 10:59 | ◆浅野忠信 作品リスト
<< 誰がために 鑑賞映画リストを更新。(200... >>