古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


他人の顔
c0073737_12475441.jpg他人の顔』(1966)

上映時間: 122 分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ/サスペンス

監督: 勅使河原宏
原作/脚本: 安部公房
撮影: 瀬川浩
美術: 磯崎新、山崎正夫
音楽: 武満徹 

 
c0073737_13334113.jpg出演: 仲代達矢
京マチ子
平幹二朗
岸田今日子
岡田英次
入江美樹

*****************************************************
【解説】
 顔に大火傷をおってしまった男が、妻に嫌われたこともあって、まったく他人の顔を医者に作ってもらう。勅使河原宏が『砂の女』に続いて監督した作品で、同様に安部公房の原作・脚本によるもの。
(allcinema ONLINEより)

 阿部公房原作、脚本による作品。顔に火傷をし、大きな傷を負った男が、まったく違う顔に手術するよう医者に頼む。他人の顔を手に入れた男は、妻を誘惑するが…。
(TSUTAYA onlineより)
*****************************************************

勅使河原宏監督の作品を観るのは、『砂の女』に続いて二作品目。

こちらの作品、久しぶりに観ていて思わずニヤリとしてしまう程の面白さ。
サスペンス的な展開とも相まって、終始画面に釘付けの状態となった。

*****************************************************

主人公の男性(仲代達矢)は、仕事中に液体酸素を浴びてしまい、顔に大やけどを負う。

その為、退院した後も包帯を顔面から取ることができない。
顔はケロイド状態になっており、とてもじゃないが見せられる状態じゃなかったからだ。

そんな夫を迎え入れ、あからさまによそよそしい態度を示す妻。
目線を合わせようとさえしない。

そんな妻に腹が立ったのか、それとも大やけどを負って自暴自棄になっていたのか、主人公は皮肉を込めた発言を連発。

これが絶妙で、聞いてるだけで面白い。
声のトーンというか、しゃべり方というか、全てが最高だ。

顔に大やけどを負い、精神的な部分でもフォローを受ける必要があった為、退院後も精神科に通う主人公。

ここでも医者(平幹二朗)にからみまくる。
やはりやけどが及ぼす精神的ダメージは大きかったのだ。

しかしこの医者、主人公との接し方が他の登場人物達とは全く違う。

他の登場人物達は、主人公の放つ強烈な皮肉や投げやりな発言の数々に終始圧倒されていたが、この医者だけは逆に巧みな言葉で切り返すのだ。

この二人のやりとりがまた何とも面白かった。
面白いとはいっても、爽やかに笑えるとか、そういう意味ではない。

主人公の放つ皮肉と、それに答えながらも主人公の心理をえぐる鋭い言葉を発する医者。
そのやりとりが観ていて楽しくてたまらないのだ。

この医者を演じた平幹二朗だが、鑑賞中は誰だか分からなかった。
後で調べたところ、平幹二朗だということが分かったのである。

晩年の平幹二朗は変態チックになり(笑)、全く雰囲気が違っているが、本作における平幹二朗はかなりシャープな印象。

主人公を演じた仲代達矢をも上回るインパクト大な役回りで、私が持っていた平幹二朗のイメージは見事覆された。

看護婦を演じた岸田今日子は、『砂の女』の時と同様、相変わらずの怪しさ満点でエロチックな雰囲気。

同じく『砂の女』で岸田今日子と共演した岡田英次も、彼特有の脱力感のある演じ方で、ますます好きになった。


そして何といっても最も素晴らしかったのは、入江美樹という女優さん。
とにかく美しい!!

メインストーリーとは直接関係ないサイドストーリーの中で、精神病院で働く女性を演じているのだが、何故だか顔はまるでお岩さん状態なのだ。

左半分から見るととても美しいのだが、顔の右半分は見るも無惨な状態。

道でナンパされるのだが、そのシーンが印象的。
(以下は、おおよその会話内容です。ご容赦下さい。)


男「よぉよぉ、おねえちゃん、ちょっと付き合ってよ」
女「・・・」
男「こんなかわいいおねえちゃん、見たことねぇよ。」
女「・・・」
(そこで男は反対側へ回りこむ)
男「・・・」


また、勤務している精神病院内では、痴呆らしき老人に後ろから抱きつかれるなど、散々な目に遭う。(少し興奮しました。爆)

最終的には兄と肉体関係を持ち、お兄さんへは「ごめんなさい。」の一言。
その直後、白装束で海へと入り、自殺してしまう。

こういったサイドストーリーまでもが全て印象的。
そして淫靡で残酷で怪しい雰囲気を醸しだしているのだ。

*****************************************************

話をメインストーリーに戻すと・・・


主人公の男性は精神科医にくってかかり、その挑発に精神科医も見事“応える”。

どういった形で“応えた”かというと、精巧なマスクを造り上げ、それを主人公に被らせ、別人として生活させていくというものだった。

これはいわば医者としての研究的な好奇心によるものであったのだ。

最初は抵抗していたものの、マスクのあまりの出来のよさに、心躍る主人公。

全くの別人になれる素晴らしき“他人の顔”を手に入れた主人公は、そこであることを思いつく。

それは、マスクを被り全くの別人になりすまして、妻を口説くというおそろしいものだった・・・

*****************************************************

この作品を観ようと思われる人はそうはいないと思うが、一応これから先の部分は伏せておくことにする。

いずれにしても本作品は、私にとって久しぶりの“超お気に入り作品”となった。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-07-12 13:31 | ◆映画レビュー
<< 「宿題映画リスト」を大幅更新 鑑賞映画リストを更新。(200... >>