古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「溝口健二」特集上映
c0073737_8452866.jpg今年は判っているだけでも溝口健二に関する特集上映が2つも開催される。

一つ目は恵比寿ガーデンシネマにて開催される「溝口健二の映画」。(公式HPはこちら

もう一つは東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催予定の「没後50年 溝口健二再発見 Kenji Mizoguchi Retrospective」だ。
こちらはまだ告知のみだが、一応こちらにお知らせが出ている。

恵比寿ガーデンシネマの方は、上映作品のほとんどがビデオ発売済みの作品ばかりなので、あんまり行く意味はなさそう。

フィルムセンターの方はまだ上映作品が公表されていないので、貴重な作品が上映されることに期待したい。
[PR]
by nijibabu | 2006-07-30 08:45 | ◆映画関連 その他 | Comments(9)
Commented by micchii at 2007-06-19 17:29 x
にじばぶさん、こんにちは。
聞いて下さい!一大事です!!!!!

久しぶりにTSUTAYAに行ったんですが、何を思ったか邦画コーナーに足を踏み入れると、後光の差すコーナーが。
溝口健二、18本。

確か、前に邦画コーナーを見て回った時は、2、3本だったはず。
いつの間に・・・。
これは、全部観ろ!という神のお告げでしょうか?(笑)

でも、“無間序曲”の香りがぷんぷんしたので、見なかったふりをしようと思ったんですが、さすがに素通りは“世界の溝口”に失礼にあたると思い、試しに1本借りて来ました。

さて、何を借りたでしょう?
Commented by nijibabu at 2007-06-19 22:44
>micchiiさん
なんと、micchiiさんから溝口関連の書き込みを頂けるとは!!
サプライズです!(笑)

全国のTSUTAYA(小型店をも含む!)に大量に溝口作品が陳列されたのは、大分前からなんですよー^^
でも、私みたいに頻繁にTSUTAYA通いしていない限り、そんなことにはすぐには気付きませんよねー、普通。(笑)

しばらく「準新作」のコーナーにあって、割高だったんですが、今はもう普通になったんですかねー?!


<“無間序曲”の香りがぷんぷんしたので
これはどういう意味なんですか??
私もハマった溝口ワールドにハマりそうという意味ですか??
もちろんイアンファナル~から取っているのは分かりますが、溝口好きとしては、そこらへんをはっきりとお聞きしたいと思いまして^^(笑)


<1本借りて来ました。
もしかして、“初溝口”ですか??
今、micchiiさんの「映画鑑賞歴」をチェックしてきました。
代表作の『雨月物語』が未見のようですので、『雨月物語』の可能性もありますが、ここは素直に私イチオシの『祇園囃子』とみました!
Commented by micchii at 2007-06-21 13:51 x
なんと、だいぶ前からでしたか!それは失礼致しました。
今は余裕で「旧作」です(笑)

「無間序曲」、おっしゃる通り、「終極無間」に陥る前に引き返してきた方が身のためかと(笑)

はい、恥ずかしながら“初溝口”です(笑)

そして、残念ながら正解は『浪華悲歌』です。
双葉十三郎氏の邦画オールタイムベスト10と、一番信頼している小林信彦氏の邦画100本にも入っていたのを覚えていて、手にとってジャケットを見たら「71分」とあったので、これだと(笑)

『楽園の瑕』に1点をつけているにじばぶさんにお世辞を言ってもしょうがないので、正直にいかせていただきます。

前半2点、後半5点。合わせて3.5点ですが、山田五十鈴の素晴らしさに免じて4点。
とても71分という感じではなく、2時間はあるように感じました。
正直なところ、これが「代表作の一つ」では、2本目を観る気が起きません・・・。

とはいっても、「後期溝口」は素晴らしいとのことなので、また気が向いた頃に観させていただきます。
Commented by nijibabu at 2007-06-21 22:51
>micchiiさん

『浪華悲歌』でしたか・・・

『浪華悲歌』に4点がついたのは、それほど私にとって違和感はないです、実は。
私も6点しかつけてないですし。

私が1940年代以前の溝口作品で高得点をつけているのは『残菊物語(1939)』だけで、あとは大体、4~7点の間ですからね。

まあですから、4点がついたこと自体は全く残念ではないです。(笑


そんなことより・・・
『浪華悲歌』に4点がついたことより、“初溝口”が『浪華悲歌』になってしまったのが残念で仕方ありません。

これは本当に残念、というか無念です。
何が無念かといいますと、私がオススメした溝口ベスト4である『祇園囃子』『山椒大夫』『残菊物語(これは初期作品ですよ)』『雪夫人絵図』らの作品よりも、“双葉十三郎氏の邦画オールタイムベスト10”を信用されてしまったことです。(笑)
つまりは、「双葉十三郎氏のオールタイムベスト10作品を観る」というのが“初溝口”の動機であり、私が溝口作品を連発で推薦したことが“初溝口”の動機ではなかったことを、今日知ったことがショックだったのです。
Commented by nijibabu at 2007-06-21 22:51
(続き)
『浪華悲歌』は溝口健二の名を知らしめた出世作として、非常に重要な作品なんですが、うーん、確かに山田五十鈴の美しさ以外にそれほど観るべきところは“個人的には”ありませんでした。

てっきり『祇園囃子』をチョイスして頂けたのかと勝手に思いこみ、ほぼ確実に7点以上は出るだろうと、ワクワクしていました。
「男のロマン」「男の美学」「ダンディズム」を重視していらっしゃる(私が勝手にmicchiiさんの映画的趣向を分析してみました)micchiiさんが、「女のたくましさと哀しさ」を描いた傑作『祇園囃子』をご覧になったら、どんな感想が聞けるのかと。
そして、好みを外したとしても、『祇園囃子』もしくは『山椒大夫』辺りなら7点くらいは最低でもmicchiiさんに出させてみせる!という気概がありました。
しかし『浪華エレジー』・・・
思い込みはイカンですね。(苦笑)
Commented by micchii at 2007-06-21 23:21 x
大変申し訳ありません。
いくら謝っても許していただけない非礼ですが、何とぞご容赦を・・・。

小林信彦氏の200本(洋邦100本ずつ)はほんとに自分の好みとどんぴしゃでして、今まで1本の例外もなく大好きだったので、そこに挙がっている『浪華悲歌』と『祗園の姉妹』はタイトルが頭に染みついてたんです。

ただ、溝口といえばやはりこれだろとまず最初に手に取ったのは、にじばぶさんお勧めでもある『山椒大夫』でした。

長い・・・。
Commented by micchii at 2007-06-21 23:22 x
とたまたま次に目についたのが『浪華悲歌』で、「71分」で即決でして、そこで思考がストップしてしまいました・・・。

気が向いたらなんてとんでもありません。
4本速攻で観させていただきます。

本当に申し訳ありませんでした。
Commented by nijibabu at 2007-06-22 07:30
>micchiiさん
「残念な気持ち」が前に出過ぎてしまい、気を遣わせてしまったみたいですね^^;
こちらこそすいませんでした!<m(__)m>

micchiiさんが“2時間超モノが苦手”というのは、長いお付き合いの中で熟知していますから、よく分かりますよ。(笑)

確かに『山椒大夫』は長いですね。
確か120分ちょっとあったと思います。
ただ、最後が“怒濤の展開”となりますので、それほど長くは感じないかと思われます。

それに対して『残菊物語』の140分超はかなりキツイです。
途中で歌舞伎のシーンが出てきますが、これが必要以上に長い。
『残菊物語』は、もし『祇園囃子』と『山椒大夫』で感動できたら、でいいと思います。(もし感動できなかったら、『残菊物語』はパスでいいと思いますよ。)
Commented by nijibabu at 2007-06-22 07:32
(続き)
『雪夫人絵図』ですが、完全に私の「映像的な好み」で高得点にしているだけですので、こちらはそれこそ「気が向いたら」で結構です。
この作品は溝口作品の中では決して評判がいい方ではないです。
この作品を絶賛しているのは、私とゴダールだけかと思います。(笑)

ただ、ラストシーンの芦ノ湖畔でのカメラワークと画の美しさは溝口作品の中で最強だと思っていますがね。
要するに「見方」ですね。
溝口健二に作家性を期待して見た人(ほとんどの人かな?)は評価が低くなるんだろうと思います。

micchiiさんにも沢山の「宿題映画」があるでしょうから、すぐにでなくていいですよ!観るのは。
無理はキンモツです。(笑)
今回はこちらこそ失礼致しました。
<< 鑑賞映画リストを更新。(200... 家庭 >>