古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ビクトル・エリセ、溝口健二との出会い
『ビクトル・エリセ、溝口健二との出会い』
「没後50年溝口健二国際シンポジウム」(2006年8月24日)の発言



人生を凌駕する、人生を越える映画が存在する

1963年、溝口がこの世を去って7年後、スペイン・マドリッドのフィルモテカで、溝口健二監督作品の特集上映が行われました。ビクトル・エリセはこのとき、初めて溝口の作品をみました。

溝口健二は、1952年『西鶴一代女』、1953年『雨月物語』、1954年『山椒大夫』がヴェネチア国際映画祭で連続受賞、すでに国際的名声を確立していました。特にヨーロッパにおける溝口作品に対する評価は非常に高く、映画を学んでいたビクトル・エリセも、その名前はよく知っていました。しかし、それまで、実際に作品をみる機会はなかったのです。
1963年当時、23才だったエリセは、映画学校を出たものの、決まった仕事もなく、兵役についていました。フィルモテカで溝口健二の特集が行われるというニュースは、茫漠としたエリセの生活に差し込んだ曙光のようなものだったといいます。
兵舎の門限を気にしながら、エリセは溝口健二特集に通いました。最後の上映が終わると、エリセは走って兵舎に帰りました。
最終日、最後の上映作品は『山椒大夫』でした。『山椒大夫』の上映時間は124分、これをみてしまうと絶対に門限に遅れてしまいます。エリセは決断を迫られます。「この映画は、最後まで見なくても、途中で帰ってもいいような映画かもしれない」、途中で帰れば門限に間に合うだろう、と考えたりしました。
『山椒大夫』の最後の30分。山椒大夫の館を逃げ出した厨子王は、丹後の国守となって戻り、館の奴婢たちを解放します。しかし、そこにはすでに安寿はいません。厨子王を助けるために安寿が入水自殺したことを知り、傷心を抱きながら、母・玉木を探して佐渡島へ向かう厨子王、そして、老い果てた母との再会。まさにこの映画のクライマックスです。もちろん、エリセは、途中で帰ることはできませんでした。兵舎では懲罰が待っています。けれど、エリセの心は満ち足りていました。
「人生を凌駕する、人生を越える映画が存在する」
『山椒大夫』はエリセにそう感じさせました。その日、エリセは、ゆっくりと歩いて兵舎へ帰りました。

兵舎では、門衛が待ち構えていました。連日、門限ぎりぎりに帰ってくるエリセのことを門衛はよく覚えていました。門衛は、まだ若い訓練兵が毎晩遅く帰ってくる理由はひとつしかないだろうというような、にやにや笑いを浮かべて、「いったい何をしていたんだ」と問いました。エリセが「映画をみていたのだ」と答えると、門衛はあてが外れてムッとしたような、あきれたような顔をして、食堂を指さし、「あっちへいけ」と言いました。そこで、エリセは門限を破った懲罰として、一晩中、ジャガイモの皮をむきつづけたのです。幸せな気持ちで。

溝口健二の映画との出会い、それは、まだ映画作家になる前のエリセに強烈な印象を残しました。

それから10年後、1973年にエリセは初めての長編『ミツバチのささやき』を撮りました。

以上は、8月24日のビクトル・エリセ監督の発言を抄録したものです。
エリセが溝口と出会って40年以上を経た今年、私たちは溝口作品から何を感じ取ることができるでしょう。


溝口健二の映画 全国巡回」HPより
[PR]
by nijibabu | 2006-11-18 18:33 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
<< “ラーメン屋ランキング”更新、... 溝口健二の幻の作品群を鑑賞。 >>