古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


お気に入り映画一覧
★「10点(満点)」をつけた作品(愛してやまない宝物の様な作品です。)
地球で最後のふたり(ペンエーグ・ラッタナルアーン)
太陽はひとりぼっち(ミケランジェロ・アントニオーニ)
ナイト・オン・ザ・プラネット(ジム・ジャームッシュ)
キッズ・リターン(北野武)
恋する惑星(ウォン・カーウァイ)
ピクニック(ジャン・ルノワール)
乱れ雲(成瀬巳喜男)

★「9点」をつけた作品(滅多に出会えない珠玉の作品です。)
[Focus](井坂聡)
ダウン・バイ・ロー(ジム・ジャームッシュ)
新・仁義の墓場(三池崇史)
都会のアリス(ヴィム・ヴェンダース)
網走番外地(石井輝男)
ぼくの小さな恋人たち(ジャン・ユスターシュ)
他人の顔(勅使河原宏)
ニュー・シネマ・パラダイス(ジュゼッペ・トルナトーレ)
祇園囃子(溝口健二)
残菊物語(溝口健二)
穴(ジャック・ベッケル)
ビューティフル・デイズ(ルディ・スジャルウォ)
幕末太陽傳(川島雄三)
ある殺し屋(森一生)
飢餓海峡(内田吐夢)
崖(フェデリコ・フェリーニ)
街の灯(チャールズ・チャップリン)
モダン・タイムス(チャールズ・チャップリン)
晩菊(成瀬巳喜男)
君と別れて(成瀬巳喜男)
誓いの休暇(グリゴーリ・チュフライ)
妻は告白する(増村保造)
眼には眼を(アンドレ・カイヤット)
月はどっちに出ている(崔洋一)
ゆきゆきて、神軍(原一男)
恐怖の報酬(アンリ=ジョルジュ・クルーゾー)
劇場版 フランダースの犬(黒田昌郎)
幸福の黄色いハンカチ(山田洋次)
パイラン(ソン・ヘソン)

★「8点」をつけた作品(以下、深い印象を残した作品を挙げてみました。)
欲望(ミケランジェロ・アントニオーニ)
さすらい(ミケランジェロ・アントニオーニ)
街の恋(フェデリコ・フェリーニ、ミケランジェロ・アントニオーニほか)
ロベレ将軍(ロベルト・ロッセリーニ)
アッカトーネ(ピエル・パオロ・パゾリーニ)
ママと娼婦(ジャン・ユスターシュ)
南部の人(ジャン・ルノワール)
モンパルナスの灯(ジャック・ベッケル)
アラブの盗賊(ジャック・ベッケル)
6IXTYNIN9 シックスティナイン(ペンエーグ・ラッタナルアーン)
シクロ(トラン・アン・ユン)
夏至(トラン・アン・ユン)
欲望の翼(ウォン・カーウァイ)
珈琲時光(ホウ・シャオシェン)
荒ぶる魂たち(三池崇史)
Helpless(青山真治)
茶の味(石井克人)
DEAD END RUN(石井聰亙)
いれずみ突撃隊(石井輝男)
異常性愛記録 ハレンチ(石井輝男)
直撃!地獄拳(石井輝男)
秋刀魚の味(小津安二郎)
宗方姉妹(小津安二郎)
出来ごころ(小津安二郎)
雪夫人絵図(溝口健二)
山椒大夫(溝口健二)
ある映画監督の生涯 溝口健二の記録(新藤兼人)
おかあさん(成瀬巳喜男)
妻として女として(成瀬巳喜男)
銀座化粧(成瀬巳喜男)
ひき逃げ(成瀬巳喜男)
あらくれ(成瀬巳喜男)
夫婦(成瀬巳喜男)
愉しき哉人生(成瀬巳喜男)
乱れる(成瀬巳喜男)
下妻物語(中島哲也)
運命じゃない人(内田けんじ)
ALWAYS 三丁目の夕日(山崎貴)
切腹(小林正樹)
となりのトトロ(宮崎駿)
ある殺し屋の鍵(森一生)
荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻(森一生)
キンスキー、我が最愛の敵(ヴェルナー・ヘルツォーク)
レザボアドッグス(クエンティン・タランティーノ)
猫と庄造と二人のをんな(豊田四郎)
雪国(豊田四郎)
フラガール(李相日)
男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(山田洋次)
遥かなる山の呼び声(山田洋次)
おとうと(山田洋次)
突撃(スタンリー・キューブリック)
現金に体を張れ(スタンリー・キューブリック)
バタフライ・マン(カプライス・キー)
SF Short Films(中野裕之ほか)
ハヴァ、ナイスデー(長澤雅彦、矢崎仁司、中野裕之、村松正浩、緒方明ほか)
ストロベリーショートケイクス(矢崎仁司)
太陽の坐る場所(矢崎仁司)
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式(馬場康夫)
洲崎パラダイス 赤信号(川島雄三)
とんかつ大将(川島雄三)
天使も夢を見る(川島雄三)
喜劇 とんかつ一代(川島雄三)
風船(川島雄三)
女であること(川島雄三)
裏窓(アルフレッド・ヒッチコック)
私は告白する(アルフレッド・ヒッチコック)
王将(1948)(伊藤大輔)
真空地帯(山本薩夫)
大菩薩峠(1966)(岡本喜八)
破れ太鼓(木下惠介)
今年の恋(木下惠介)
ゆれる(西川美和)
喜劇 逆転旅行(瀬川昌治)
プーサン(市川崑)
野火(市川崑)
処女の泉(イングマール・ベルイマン)
愛情萬歳(ツァイ・ミンリャン)
恋戦。OKINAWA Rendez-vous(ゴードン・チャン)
濡れた二人(増村保造)
「女の小箱」より 夫が見た(増村保造)
十階のモスキート(崔洋一)
その場所に女ありて(鈴木英夫)
悪の階段(鈴木英夫)
くちづけ(筧正典、鈴木英夫、成瀬巳喜男)
キートンのカメラマン(エドワード・セジウィック)
やくざ戦争 日本の首領(中島貞夫)
嘆きのテレーズ(マルセル・カルネ)
少女ムシェット(ロベール・ブレッソン)
バルタザールどこへ行く(ロベール・ブレッソン)
サイドカーに犬(根岸吉太郎)
バベル(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)
どっこい!人間節-寿・自由労働者の街(湯本希生)
愛妻記(久松静児)
タイヨウのうた(小泉徳宏)
朧夜の女(五所平之助)
ダンケルク(アンリ・ヴェルヌイユ)
おこんじょうるり(岡本忠成)
ヨコハマメリー(中村高寛)
海と毒薬(熊井啓)
ふくろうの河(ロベール・アンリコ)
最後のブルース・リー ドラゴンへの道(ブルース・リー)
宮本武蔵 一乗寺の決斗(内田吐夢)
つきせぬ想い(イー・トンシン)
早熟 ~青い蕾(つぼみ)~(イー・トンシン)
ぼくの最後の恋人(イー・トンシン)
東京裁判(小林正樹)
サマー・ソルジャー(勅使河原宏)
雨音にきみを想う(ジョー・マ)
リアリズムの宿(山下敦弘)
ふたりの人魚(ロウ・イエ)
ウンベルトD(ヴィットリオ・デ・シーカ)
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬(トミー・リー・ジョーンズ)
ポンヌフの恋人(レオス・カラックス)
UNloved(万田邦敏)
遠い道のり(リン・チンチェ)
カッコーの巣の上で(ミロス・フォアマン)
君さえいれば 金枝玉葉(ピーター・チャン)
パラダイス!(パトリック・ヤウ)
修羅の極道 蛇の道(黒沢清)
激突!殺人拳(小沢茂弘)
ふゆの獣(内田伸輝)
息もできない(ヤン・イクチュン)
チルソクの夏(佐々部清)
NANA(大谷健太郎)
パリのランデブー(エリック・ロメール)
マダムと泥棒(アレクサンダー・マッケンドリック)
ノーカントリー(ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン)
ある戦慄(ラリー・ピアース)
生きていた男(マイケル・アンダーソン)
あの頃、君を追いかけた(ギデンズ・コー)
スリー☆ポイント(山本政志)
地獄の英雄(ビリー・ワイルダー)
中国娘(グオ・シャオルー)


★参照★
作品レビュー目次
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2006-11-21 15:25 | ◆お気に入り映画リスト | Comments(12)
Commented by かっぱ太郎 at 2010-06-18 00:08 x
にじばぶさんこんばんは!
最近『ニュー・シネマ・パラダイス』を観ました。文句なしにとても楽しめたのですが、私が観たのは3時間の完全版の方で、レビューサイトによるとどうも2時間の劇場版とえらく解釈が変わってきちゃうみたいでなんすね。
 
Commented by nijibabu at 2010-06-18 22:11
>かっぱ太郎さん
こんばんは!
『ニュー・シネマ・パラダイス』ご覧になりましたか。
かなりメジャーな作品で、はずれはない作品だと思います。
3時間版は、要らないと部分まで入っていて冗長だという意見をよく聞きますね。
私は3時間版しか観ていないので、なんとも言えませんが。
Commented by かっぱ太郎 at 2010-10-17 01:09 x
にじばぶさんこんばんは!
前々から観たかった『荒ぶる魂たち』をついに観賞することができました!
これは隠れた名作ですね!三池監督にしてはかなり硬派に作られた作品でしたが、しかしその中でも監督ならではのアッと驚く演出の数々には痺れました。
特に序盤、剣崎たちがワゴン内でたわいもない会話しながら移動の途中、下車するやいなやいきなり銃での殴りこみ!で、車に戻ると何事もなかったかのようにまたたわいもない会話がはじまる。といったシーンには全くタメがない分意表をつかされました。
なんといっても加藤雅也がかっこいいですね!白竜の鬼畜さもすばらしい。
 
今回近所で偶然見つけた今にも潰れそうな小汚いレンタル店で(いまだVHSメインで、奥のAVコーナーがやたら充実してる)発見したのですが、この作品がVHSのみなのはもったいないですよね。
Commented by nijibabu at 2010-10-18 00:27
>かっぱ太郎さん
こんばんは!
まずは、『荒ぶる魂たち』のご鑑賞おめでとうございます!
ビデオしか出ていない、貴重な作品ですので、鑑賞できたのは非常におめでたいですね!

加藤雅也のかっこよさは、男もひかれるかっこよさですよね。
白竜も相変わらず、ダークな雰囲気を持った悪い男を演じさせたらピタっとはまります。


<今回近所で偶然見つけた今にも潰れそうな小汚いレンタル店

こういうレンタル屋って貴重ですよね。(笑)
ツタヤにおされまくって、壊滅寸前ですが^^;
そういえば私、そういうレンタル屋に近頃めっきり行っていないですねぇ。
古いVHSがあるお店なら、お宝ビデオが見つかるかもしれないですね。
足を運んでみたくなりました!

最後になりましたが、私のお気に入り映画のご鑑賞、そして感想頂きましてありがとうございました!
Commented by かっぱ太郎 at 2010-10-18 23:42 x
いえいえ、にじばぶさんのサイトにはお世話になりっぱなしです!

ちなみにそこのお店で、これも前から見たかった『オーディション』もレンタルがあったのでいずれ観てみたいと思います。
ほかにお宝というわけではないのですが、『人間革命』『ギニーピッグ』などのカルト映画もレンタルされてたのは衝撃を受けました。
“ダビング承ります”と怪しげな商売もやってました。
 
入り口の取っ手には鳥の糞がこびり付き、中に入ればヤニと便所の臭いに、内装には平気でくもの巣が張り付き、映画ポスターは日に焼けて真っ青に。昭和の歌謡曲が流れ、レジにはタバコ吸いながらテレビ観てる中年が一人座ってる。
実際はここまでひどくはありませんが(笑)古いレンタル屋何店か回ってみて総合的に感じた印象はこんな感じです。
そんな中でお宝を探すのは楽しいですね。気分はインディ・ジョーンズで(笑)
Commented by nijibabu at 2010-10-21 00:08
>かっぱ太郎さん
こんばんは!
私のサイトが少しでもお役に立っているようであれば、それはとても嬉しい限りです。

『オーディション』は、世界的にも有名な和製ホラーです。
ちなみに、三池監督の『オーディション』という検索ワードが、当ブログの歴代1位ヒット数を誇るGoogleの検索キーワードです。
Googleでは、有力サイトを押さえて、1位にヒットします。
私にとっては、一番の功績でしょうか(笑)。

古いレンタル屋のイメージ、凄すぎますね!(笑)
ますます行ってみたくなりました。
近場の古いレンタル屋、回ってみようかと思います。
ひょっとしたら、渋谷や新宿のツタヤにもないような貴重なビデオがあるかもしれないですしね。
『人間革命』は探してみたいと思います。
もちろん、インディ・ジョーンズ気分で!(笑)
Commented by かっぱ太郎 at 2011-01-29 21:55 x
にじばぶさんこんばんは!
『荒ぶる魂たち』に続いて『許されざるもの』も観ました!これもすごく面白かったです!
『新・仁義の墓場』、『荒ぶる魂たち』、『許されざるもの』の3作に言える事なのですが、手持ちカメラが本当いい仕事してるなぁと感じます。環境音や一部の照明なんかもきわめてナチュラルでドキュメンタリータッチな映像に見入ってしまいました。
『許されざるもの』では普通はタブーとされるズームの多用を逆手にとってうまい具合に覗きの視点が作られていてとても新鮮でした。(余談ですが『アイ・アム・サム』もいい感じにズームの多用をしてましたよ)

今作も加藤雅也はかっこいいですね!彼が真っ白で美木良介が真っ黒ってのが分かりやすくていいですね(笑)ストーリー、アクションも申し分ないです。
 
三池監督×武知脚本には隠れた良作が多いですね!次は『極道聖戦 ジハード』でも観てみようかなって~思ってます。三池監督は監修ですけど。
Commented by nijibabu at 2011-02-01 23:08
>かっぱ太郎さん
こんばんは!
返事遅れましてすいませんでした。

『許されざるもの』ご覧になりましたか!
よくも貴重な作品を探し出し、ご覧になりましたね~!
いやはや、私もそうですが、その執念には恐れ入るばかりです(笑)。

『新・仁義の墓場』には及びませんが、なかなか見応えのある面白い三池風ヤクザ映画でしたよね。
『荒ぶる魂たち』に似た感じの作品だったような気もします。

加藤雅也はかっこいいです。
男が惚れるほどのかっこよさですよね~

『極道聖戦 ジハード』は未見です。
聞いたことはありますが、三池監督が監修の作品なんですね。
Commented by かっぱ太郎 at 2011-02-05 23:08 x
>>よくも貴重な作品を探し出し、~
はい!先日に東京のツタヤへ遠征に行ったときに一緒に借りてきました。
三池監督は当たりはずれが大きいから宝探し的な楽しみがありますね!
 
今回の遠征では割と邦画のポルノ映画もたくさんに借りたのですが、中でも若松孝二監督の『13人連続暴行魔』はなかなか面白かったです。低予算で劣悪な画質、かつ超棒読みの役者たちという演出が功を奏したのか、はたまた奇跡のへたうまなのかは分かりませんが、それが妙に非現実的な世界観を作り出していてそこから生まれる瑞々しさが個人的にとても印象的でした。にじばぶさんにもきっとおすすめと思います!

若松監督も三池監督のようにあたりはずれが激しいので観る前にわくわくさせられます。
Commented by かっぱ太郎 at 2011-02-25 22:44 x
にじばぶさんこんばんは!
ついに『極道聖戦 ジハード』の第一部を観たのですが、これはハズレですね・・・。がっかりなクオリティでした。
言うならば凡百あるミュージアムソフトのVシネレベルです。映像も編集も脚本も。
一応残り2作も観ますが、こいつはオススメできません(笑)
 
あと、『おこんじょうるり』観ましたよ!
たった25分の作品なのに泣いてしまいました。
温かみを感じる人形たちのコマ撮りと寓話的ストーリーはとてもよく会いますよね。
これはすばらしいアニメです!
Commented by nijibabu at 2011-02-26 02:39
>かっぱ太郎さん
こんばんは!
若松監督の『13人連続暴行魔』、もしかしたら、明日レンタルできるかもしれません!
久しぶりに都内に連続で外出する機会があるので、明日レンタルして、明後日に返却しようかと目論んでいます。
都内にはちょくちょく出かけるのですが、その1週間以内にもう一度都内に・・・となると、なかなか機会がないもんですから^^;
郵送返却システムも始まったみたいですが、なんとVHSはダメだということで、貴重な作品をビデオ中心に都内のツタヤでレンタルする私としては、全く意味のない新サービスでした(苦笑)
Commented by nijibabu at 2011-02-26 02:42
>かっぱ太郎さん(続き)
『極道聖戦 ジハード』、凡作でしたか(笑)。
それでも、第二部、第三部と、一応観ようとするところなんかは凄いです(笑)。
まあ、私も一度観始めてしまった作品は、意地でも最後まで観ることが多いですがね^^;

『おこんじょうるり』、真面目なアニメではありますが、とにかく感動できるアニメだと思います。
音楽も個人的には好きですねぇ~
もちろん寓話的なストーリーも良いです。
観て頂いて、ありがとうございます!
<< フィリップ・ノワレ氏死去。 “ラーメン屋ランキング”更新、... >>