古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


【訃報】ミケランジェロ・アントニオーニ監督が死去
c0073737_537171.jpgイングーマル・ベルイマン監督に続き、なんとミケランジェロ・アントニオーニ監督が亡くなったとのことです。→(記事)

ショックで言葉もありません・・・
それだけ私にとっては特別な監督でした。
最も好きな監督の一人でもありました。

とても残念です。
 
[PR]
by nijibabu | 2007-08-01 05:34 | ◆映画関連 その他 | Comments(8)
Commented by ゴーシュ at 2007-08-01 08:30 x
おはようございます. やはりプライオリティとしては,ベルイマン監督の
記事にまず…と思っていたら,今朝の新聞でこの続く訃報を目にし,
こちらに伺いました.
先日,拙ブログのにじばぶさんへのお返事で「王道」などと申しましたが,
まさにその道を行かれたお二人に心からご冥福をお祈りいたします.

フェリーニ監督よろしく,映画が人生を描くメディアだとすれば,
それを見る観客はその追体験に預かるということになります.
つまり人格と人格のぶつかり合いが,映画の本質なのでは
ないでしょうか.

作る側も見る側も,自らの人生や人格が否応なく露呈してしまう
からこそ,映画はその時代の世相ともリンクするのでしょう.
その基本に立ち返り,快楽と快適,そして葛藤と顔,抑揚が
わかりやすく一致する薄っぺらな映画や芝居をそろそろ真剣に
考え直せと,お二人から言われた気がします.

本当に残念ですね.

Commented by Tom5k at 2007-08-01 21:35
にじばぶさん、こんばんは。
にじばぶさんとのアントニオーニ監督のミラー対談を、ご存命中に出来ただけでも(自己満足かもしれませんが)アントニオーニ監督の映画から受けた影響への、ご恩の一端に報いることができたと考えたいところです。
それにしても、90代になっても映画を制作する生涯現役の実績は超人的であると思います。

そして、人間疎外を未だ克服できずにいる現代人にとって、残された映画作品の数々はまだまだ語り継いでいかねばならないと思います。
Commented by nijibabu at 2007-08-01 22:57
>ゴーシュさん
今回のベルイマン監督とアントニオーニ監督の相次ぐ訃報は、非常にショッキングでした。
特にアントニオーニ監督については、個人的に最も好きな監督の一人でもありましたので、衝撃は大きかったですね。

確かに、作品がその監督の体験を何らかの形で反映しているとすれば、観る側の我々がそれを追体験するというのはもっともな意見ですね。
「映画とは人格と人格のぶつかりあい。」
確かにおっしゃる通りですね!
その“ぶつかり方”がどうであるかで、その監督との相性も決まってくるんでしょうね。
Commented by nijibabu at 2007-08-01 23:40
>Tom5kさん
こんばんは!
いやぁ、本当におっしゃる通りですよ!
ご存命中に、あの様なミラー対談記事をアップできたのは幸いでした。
アントニオーニ監督からもらった感動を、少しでも恩返しできたような気がして(私も自己満足ですが^^;)良かったです。

アントニオーニ監督が、脳卒中で倒れても尚、90歳を超える高齢で映画を撮り続けてくれたことにまず感謝です。
賛否は分かれていますが、個人的には『愛の神 エロス』の中の短篇作品は、なかなか良かったので二重の喜びでした。

人間の持つ一種都会的な孤独感を、50年近くも前から描いてみせたアントニオーニ監督に、畏敬の念を持って哀悼の意を表したいと思います。
Commented by micchii at 2007-08-02 13:53 x
相次いで巨人が亡くなってしまいましたね・・・。
まともに観たことがないので語る資格はありませんが、90を超えて『愛の神 エロス』のあの映像を撮るところが、さすがイタリア人は違うなぁと思わされました。
合掌。
Commented by nijibabu at 2007-08-02 22:35
>micchiiさん
同日に亡くなったので、とても衝撃でしたよ。
アントニオーニ監督は90を超えていたので、「いつかは・・・」と覚悟はしていましたが、実際に訃報を耳にした時はショックでした。

『愛の神 エロス』の中の作品は、短いですしピーク時の作品ではないですから、是非、micchiiさんにもアントニオーニの全盛期の頃の作品を堪能してもらいたいですね^^
『太陽はひとりぼっち』は勿論ですが、『欲望』『さすらい』、そして少し後の作品になりますが『さすらいの二人』辺りが個人的オススメです。
機会があれば是非どうぞ^^
Commented by seha at 2007-08-06 23:15 x
こんばんは。『欲望』の感想文をトラックバックしました。
『太陽は一人ぼっちの』『欲望』あと、もう一本、劇場で見ました。
ゴダールは語りの部分が多くて難解だったが、
M・アントニオーニは突出した映像で訴えかけるところが理解できるように思えました。
『太陽~』の最後の建築物の映像は謎めいていて魅力的でした。

モニカ・ベッティという女優はひと目で覚えてしまえる顔ですね。
美人ながら、倦怠感ただようというのか。
いい女優を発掘したものです。
Commented by nijibabu at 2007-08-07 06:16
>sehaさん
おはようございます。
今からそちらにコメントに伺いますね!
<< しとやかな獣 直撃!地獄拳 >>