古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


幕末太陽傳
c0073737_22495815.jpg幕末太陽傳』(1957)

上映時間: 110分
製作国: 日本
ジャンル: コメディ/ドラマ/時代劇

監督: 川島雄三

助監督: 今村昌平
脚本: 川島雄三/今村昌平/田中啓一
撮影: 高村倉太郎
音楽: 黛敏郎
出演: フランキー堺/左幸子/南田洋子石原裕次郎/芦川いづみ/金子信雄/山岡久乃/岡田真澄/青木富夫/菅井きん/小沢昭一/西村晃/二谷英明/小林旭

ブルーリボン賞(1957年) フランキー堺(主演男優賞)

***********************************************
 古典落語の“居残り佐平次”を下敷きに、幕末の品川の遊郭に居座り続ける、お調子者で狡猾なひとりの男を描いたコメディの傑作。「雁の寺」「洲崎パラダイス・赤信号」の川島雄三監督、フランキー堺主演。
 リズミカルにして畳み掛けるようなスピーディな展開、それでいてメリハリの利いた演出と、観る者を一瞬たりとも飽きさせない川島雄三監督の代表作にして日本映画を代表する傑作の1本。
 特筆すべきは主役の佐平次を演じたフランキー堺の演技で、その流れるようなムダのない動きは、それ自体ある種の“芸術”の域にまで達しているといっても過言でない美しさを有していた。
 エピローグ、それまで全編を通してひたすらアクティブだったスクリーンが、明け方近くなり皆が寝静まり、佐平次がこっそり遊郭から抜け出そうとするシーンになって一転、強烈な静けさに包み込まれる。この動から静へのあまりにも見事な転換は映画史上屈指のエピローグではないだろうか。とにかく日本が誇る二人の類い希な天才が高次元で融合して産み落とした奇跡の映画である。
(「allcinema」より一部抜粋。)
***********************************************

満を持して、川島雄三監督の代表作にして、日本映画を代表する傑作『幕末太陽傳』を鑑賞することができた。

川島監督の作品はいくつか観てきたが、やはり本作のパワーとスピード感は別格だった。

日本映画史に名を残し、「日本映画ベスト10」といった企画等で常連である本作。

その実力を目の当たりにすることができた。

***********************************************

川島監督にハマりつつあるが、それと同時にフランキー堺にもハマりつつある。

フランキー堺の丸っこい体に似つかわしくない、その軽やかな動きに脱帽。
あの動きは確かに“芸術”の域にまで達している。


そして、とぼけた表情に、スピーディな軽い語り口。

外見的には決して二枚目ではないのに、劇中の女性に惚れられる役回りが多いが、確かにそれを納得させる人間的魅力を感じる。


ちなみに本作には、石原裕次郎も出演している。

主演はあくまでフランキー堺だが、石原裕次郎もさすがの存在感。

本作では意外と少ないこの二人のツーショットだが、その数少ないシーンの中で、二人がお風呂に浸かり、粋な会話を繰り広げる名シーンがある。

そのシーンの映像をアップしておきたい。

c0073737_2342994.jpg

***********************************************

その他のキャストも実に豪華。

c0073737_239647.jpg南田洋子、金子信雄、山岡久乃、岡田真澄、菅井きん、西村晃、二谷英明、小林旭・・・などなど。

特に岡田真澄のインパクトが大。

「若い頃は痩せていて、晩年とは全く違う感じだった」と誰かに聞かされた記憶があるが、確かにその通りであった。(右の画像は、DVD加工画像を切り出したものです。)

***********************************************

c0073737_23194713.jpg本作は、幕末の品川遊郭を舞台にしているので、沢山の女性が登場する。

その中でも中心的役割を演じた女性が南田洋子。
ご存知、長門裕之の奥さん。

これがとても美しくてビックリ!

南田陽子って、こんなに綺麗だったんだぁ・・・と感心してしまった。

これなら長門裕之も惚れるハズ。(笑)

***********************************************

フランキー堺の魅力あふれる演技と、豪華な脇役陣、美しい女性たち、そして「古典落語」を題材にした数々の面白いエピソードなど、見所を挙げればキリがない。

劇中の騒々しさとラストの静けさとの対比や、味わいのあるラストシーンも素晴らしく、“日本映画を代表する1本”という肩書きに偽りはなかった。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-08-19 23:24 | ◆映画レビュー | Comments(11)
Commented by 用心棒 at 2007-08-20 00:48 x
 にじばぶさん、こんばんは。
 この作品ほど凄みのある邦画にはなかなか出会えるものではありません。『飢餓海峡』『七人の侍』などとともに個人的な邦画オールタイムベスト10にずっと入っています。
 なんだかんだ30年以上映画を見ていますが、いまだにベスト10に入り続けているわけですから、気に入る映画と言うようなレベルではない「舌を巻く」映画に一本出会うには三年は掛るということなんでしょうかね。
 ではまた。
Commented by tonbori-dr at 2007-08-20 22:40
よく実現できなかった幻のラストが言われるんですけれど本編のラストも好きですね。(フランキーさんは晩年、監督と言うとおりにすれば良かったなとおっしゃっていたそうです)
川島監督作は実はこれしか観ていないんですが脳裏に刻まれた1作でした。
Commented by nijibabu at 2007-08-21 00:14
>用心棒さん
こんばんは。
確かに『飢餓海峡』辺りとタメを張る凄い映画でした。
それがまず率直な感想です。
「舌を巻く」映画って、そうそう出会えるものではないですが、それだけに出会えた時は、「映画好きで良かったなぁ・・・」としみじみ思えます。
巷で言われている極めて評価の高い日本映画は、大体観てしまったので、「舌を巻く」映画に出会える確率が低くなってきたかと思うと少し残念です。
Commented by nijibabu at 2007-08-21 00:24
>tonbori-drさん
お久しぶりです、こんばんは。
実現できなかった幻のラストですか・・・そんなエピソードがあったなんて、勉強不足で知らなかったです(><)ノ
(今、調べて分かりました。監督はとてつもない提案をしたんですね!)
川島作品は私も数作しか観ていませんが、他も力作揃いですよ^^
Commented by 用心棒(良い映画を褒める会。) at 2007-08-21 01:10 x
 にじばぶさん、こんばんは。
ブログの相互リンクの件ですが、よろこんでこちらからもお願いいたします。
 ただ、ぼくはあまりコンピューターは得意ではなく、リンクのやり方もあまり知りませんので、前にトムさんやオカピーさんとのリンクをする時にも手間取ってしまいましたのであしからず。出来るだけ早くできるようにしますね。
 舌巻き映画で、しかも邦画ですか?
 思いつくままに書いていきますと、『七人の侍』『用心棒』『蜘蛛巣城』などの黒澤作品、『晩春』『東京物語』などの小津作品、『雨月物語』『山椒大夫』『近松物語』など溝口作品、内田監督の『飢餓海峡』『宮本武蔵 一乗寺の決闘』、岡本監督の『日本のいちばん長い日』『独立愚連隊』『大菩薩峠』、本田監督の『ゴジラ(1954)』。

深作監督の『仁義なき戦い(最初のシリーズ)』、北野監督の『あの夏、いちばん静かな海』、山本監督の『忍びの者』、マキノ監督の『浪人街』、新藤監督の『人間』、森監督の『荒木又右ヱ門 決闘鍵屋の辻』。

Commented by 用心棒(良い映画を褒める会。) at 2007-08-21 01:11 x
<続きです>
 あとは作品名だけですが、『新幹線大爆破』『青春の殺人者』『お葬式』『家族ゲーム』『狂った果実』『雄呂血(板妻主演のサイレント映画)』『太平洋 奇跡の作戦 キスカ』『東京流れ者』などなど。

 思いつくままに書いただけですので、モレも相当あるとは思いますが、どれかまだ未見の作品があれば幸いです。おそらくほとんど見られているのではないでしょうか。ではまた。
Commented by nijibabu at 2007-08-21 15:39
>用心棒さん
リンクの件ですが、早速こちらからは張らせて頂きました。
了解しました。
そちらからのリンクは気長にお待ちすることにします。


邦画の舌巻き映画のご推薦ありがとうございます!

<おそらくほとんど見られているのではないでしょうか

いやいや、とんでもないですよ!
私なんぞ、巷でランキング上位にくるような典型的な名作しかおさえていません。
なので、今回用心棒さんからご推薦頂いた「真の舌巻き映画」は未見のものが多いです。
まだまだ修行が足りないようです。
Commented by 用心棒 at 2007-08-22 00:56 x
 にじばぶさん、こんばんは。
>リンクは気長に
 時間が掛かると思いきや、こちらも今回はすんなりとリンクを張れました。これからもよろしくお願いいたします。
>典型的な名作
 なんの、なんの!
 にじばぶさんが記事にしておられる作品群は貴重な作品ばかりです。『幕末太陽傳』を含め、『アンダルシアの犬』など古今東西の素晴らしいものを沢山観ておられています。ご謙遜されていますが、かなりの鑑賞眼をお持ちのことと思います。
 芸術作品は絵画にしろ、映画にしろ、凡庸なものを1000作品観るよりも、圧倒的にレベルの高いものを100本観るほうが得るものは多いですし、鑑賞眼は確実に育っていきます。
 ですから映画を何年観ているか、本数を何本観ているかではなく、質の良いものを何本観たかのほうが大事だと思いますよ。
 特撮ばかり観ている僕が言うのもあまり説得力がないのですがね。ただ今度機会があれば、ベスト10、フェイバリット10、カルト10などの発表もしてみたいなあとも思っています。
 ではまた。
Commented by nijibabu at 2007-08-23 11:43
>用心棒さん
リンクの件ですが、張って頂きましてありがとうございました
<m(__)m>
ただ、ブログ名が「にじばぶ日記」という旧ブログ名になってしまっているようです。
恐れ入りますが、お時間がある時で結構ですから、「にじばぶの映画」に修正して頂けると幸いです^^

私の場合、時間も経済的余裕もありませんので、どうしても鑑賞作品を厳選して観ていく他ありません。
それが結果として功を奏しているのかもしれません。

でも、黒澤作品、小津作品などで未見のものが多いので、まだまだこれからだと思っています。
Commented by 用心棒 at 2007-08-23 23:27 x
 にじばぶさん、こんばんは。
 たいへん申し訳ありませんでした。すぐに修正させていただきました。
 黒澤作品でしたら、時代物としては『七人の侍(映画ファンなら観るべしですね!)』『羅生門(音楽とカメラワーク)』『蜘蛛巣城(水墨画と能の共存)』『用心棒』『椿三十郎』『乱(カラーでは一番でしょう)』『隠し砦の三悪人(追跡シーンでの三台のカメラによる連続パンの凄み!)』『赤ひげ(黒澤美術の真髄です!)』は必見でしょう。
 個人的には時代物では『どん底(マルチカメラの面白さ)』も好きなのですが、これはどことなく『人情紙風船』に似たテイストがありますよ。山中監督は固定カメラで撮りましたが、活き活きとしていましたね。
 現代物では『生きる』『姿三四郎(はつらつとした楽しさ)』『天国と地獄(現代劇の最高傑作)』『酔いどれ天使(躍動する三船)』『野良犬(対位法)』の出来が素晴らしい。
 またまた個人的には『素晴らしき日曜日』『夢(特に笠智衆出演の最終エピソードが良い)』もお気に入りです。全三十作品のうち、16作品を書いてしまいました(笑)
 ではまた。
 
Commented by nijibabu at 2007-08-24 00:04
>用心棒さん
こんばんは。
いえいえ、修正して頂きまして恐縮です。
ありがとうございました。
お挙げ頂きました黒澤作品のうち、鑑賞済みのものは『七人の侍』『羅生門』『赤ひげ』の3つです。
というかまだその3作品しか観ていないです。
これからもお挙げ頂いた作品を中心に黒澤作品を鑑賞していきたいと思います。
あと13作品ですね。(笑)
<< 最近観た映画リスト(2007.... 河内山宗俊 >>