古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アラン・ドロンが30年ぶりにテレビ出演!
 
c0073737_21525618.jpgあのアラン・ドロンが30年ぶりに日本のテレビに出演しました!

番組が『SMAP×SMAP』だったのは少し残念ですが、まさかテレビで見られると思っていなかったので、感激しました。





c0073737_2153730.jpg番組の中で、アラン・ドロン自身が気に入っている出演作を5作品挙げていました。

せっかくですので、こちらにアップしておきますね。

太陽がいっぱい(1960)
山猫(1963)
高校教師(1972)
太陽が知っている(1968)
暗黒街のふたり(1973)

どれも名作ばかりですね!



SMAP中居正広のインタビューに対し、ドロンは、

リノ・ヴァンチュラジャン・ギャバンは役を作るタイプだったので、共演するのは難しかった」

と答えました。

c0073737_2224346.jpgそれに対し中居は、

「よく分からない・・・」

とつぶやきました。

なんてことを言うんだ、中居!
もっと勉強してから、インタビューせい!!

やはり出る番組として相応しくなかった模様です。


それに対して、香取慎吾はアラン・ドロンとの対面に感激しきり。
これこそ正しい反応です。

*******************************************

下の映像は、その番組内におけるものですが、テレビを直接に携帯カメラで撮ったので、少し見づらいかもしれませんが、ご了承下さいませ。


c0073737_2245932.jpgc0073737_225712.jpgc0073737_2254572.jpg

c0073737_226738.jpgc0073737_226158.jpgc0073737_2262259.jpg



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-10-08 22:07 | ◆映画関連 その他 | Comments(7)
Commented by 三船 敏郎 at 2007-10-09 17:33 x
貴記事、楽しく読ませて頂きました。

ところで、番組は ビデオに取りましたか?
残念ながら 記事の一部に誤りが有ります。
ドロンが挙げた“お気に入りの5本”に 「冒険者たち」、
「太陽が知っている」は なかったですよね。

「太陽はひとりぼっち」、「高校教師」 が正解ですが、
意図的に差し替えたのですか?
Commented by nijibabu at 2007-10-09 19:23
>三船 敏郎さん
コメントありがとうございます。
意図的に差しかえてはおりません。勘違いでした。

すいません、今、確認しました。
おっしゃる様に『冒険者たち』はなかったですね^^;
『高校教師』でした。
ご指摘ありがとうございます。

ところで、『太陽はひとりぼっち』ですが、確か5本の中に挙げられていなかったと思います。
こちらは『太陽が知っている』で合っていると思います。

修正いたしました。
ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by Tom5k at 2007-10-10 00:20
にじばぶさん!
素敵な記事をありがとう。
>『SMAP×SMAP』だったのは少し残念・・・
確かに軽い感じはしますが、ドロンのことです。高視聴率の番組での宣伝効果は十分視野に入れて、かつキャラクターも番組に合わせて作っていたように思います。

>アラン・ドロン自身が気に入っている出演作を5作品・・・
これは意外でしたね。わたしが中学校のときの来日(昭和52年ころ)のときには『太陽がいっぱい』と『若者のすべて』と言っていたんですが、ヴィスコンティものでも『山猫(1963)』とはね。日本のファンの嗜好に合わせていたのか、時代とともに自らの感覚も異なってくるのか、大いに興味深いところです。
きっと、『山猫』は、ヴィスコンティとランカスター、『太陽が知っている(1968)』は、ジャック・ドレーとロミー・シュナイダー、そしてモーリス・ロネ、『暗黒街のふたり』は、ジョゼ・ジョヴァンニとジャン・ギャバン・・・、彼の敬愛するすでに亡き人たちとの思い出もあるのではないでしょうか?わたしは何だか切なくて少し涙が出てくるような気持ちです。
Commented by Tom5k at 2007-10-10 00:23
>続き
『太陽がいっぱい(1960)』は当然でしょう。
最も意外だったのが、『高校教師(1972)』でした。てっきり『サムライ』が入ると思っていましたよ。
怖いのは翻訳の誤りがなかったかどうかです(笑)。

>「リノ・ヴァンチュラやジャン・ギャバンは役を作るタイプだったので、共演するのは難しかった」
これも意外でしたね。特にギャバンは、役作りというよりドロンと同様に役を生きるタイプのように思っていたので。

『太陽がいっぱい』『冒険者たち』『レッド・サン』は、ナイス・センスの選択でしたね。
ドロンが三船を敬愛していたことも再確認できました。

いやあ、実に興味深いひと時でした。しかし同時に、疑問点も多くあり、今後の課題にしていきたいと思います。
では、では。
Commented by nijibabu at 2007-10-10 08:11
>Tom5kさん
コメントありがとうございます。
そしてパソコンへの復帰おめでとうございます^^

なるほど、あのハイテンションは作られたキャラなのですね。
少し安心しました。
もう少し渋いイメージがあったもんですから。(笑)

確かに、年齢と共に自身のおきにいり作品も変化していくのかもしれませんね。
さすがアラン・ドロンに造詣の深いトムさんらしい解釈ですね!

三船を敬愛していたことは今回初めて知りました。
勉強になりますね。

疑問点ですが、どの様な部分に疑問を感じられたんでしょうか。
興味がありますね。
いずれ記事にでもして頂けると嬉しいですね。
もちろん、お時間に余裕のある時で結構ですので。
楽しみにしております。
Commented by Tom5k at 2009-12-05 13:03
にじばぶさん、おひさです。
あれっ、TBとめてるのですか?恐らくスパム対策?
ところで、スマスマ記事、今頃になって一部アップしましたので、お知らせします。
今回は、ミフネ&ドロンの記事です。時間がかかっても、あの番組の内容は今後も引用・参考していこうと思っています。
ところで、にじばぶさんは、黒澤明などはどうですか?案外、記事がないような・・・?
結構お薦めの作品もあるんで、記事のアップなどされたら、などと余計なことをコメしてすみません。
では、また。
Commented by nijibabu at 2009-12-05 18:12
>トムさん
おひさしぶりです。
トムさんのスマスマ記事、既に拝見しました。
三船敏郎に関するコメントは、私もいまだ記憶に残っております。
世紀の美男子アラン・ドロンにかっこいいと言わしめたミフネは誇るべき日本人ですよね!

黒澤明監督の作品は、それなりには観ています。
10本くらいでしょうか。
それほど好みの監督ではないこと、既に周知で著名な監督であり、当ブログであえて取り上げる動機がないこと、などの理由が邪魔をして、今まで確かにそんなには黒澤明関連の記事はアップしてこなかったです。
でも、いずれ、黒澤の代表作と呼ばれるものは全て観る予定ですので、短いかもしれませんが、近い将来必ずアップするとは思います。
<< 最近観た映画(2007.10.10) 大日本人 >>