古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年下半期 鑑賞映画ランキング
去年(2007年)の下半期(7月から12月)に鑑賞した作品全てを順位付けしてみたいと思います。

完全に、個人的好みによるランキング付けですので、その内容については、どうかご容赦下さいませ。<m(__)m>

***********************************************

【2007年下半期ランキング】

c0073737_11293049.jpg1位『街の灯
(チャールズ・チャップリン)



c0073737_11314216.jpg2位『幕末太陽傳
(川島雄三)

にじばぶのレビュー

c0073737_11362627.jpg3位『晩菊
(成瀬巳喜男)



c0073737_11381491.jpg4位『洲崎パラダイス 赤信号
(川島雄三)

にじばぶのレビュー

c0073737_1140222.jpg5位『突撃
(スタンリー・キューブリック)



c0073737_1141493.jpg6位『ハヴァ、ナイスデー
(長澤雅彦/矢崎仁司/中野裕之/村松正浩/緒方明ほか)

にじばぶのレビュー

c0073737_11443767.jpg7位『ストロベリーショートケイクス
(矢崎仁司)

にじばぶのレビュー

c0073737_11425719.jpg8位『宗方姉妹
(小津安二郎)

にじばぶのレビュー

c0073737_11475655.jpg9位『とんかつ大将
(川島雄三)



c0073737_11463430.jpg10位『出来ごころ
(小津安二郎)



11位『現金に体を張れ』(スタンリー・キューブリック)
12位『妻として女として』(成瀬巳喜男)
13位『直撃!地獄拳』(石井輝男)
14位『Butterfly Man バタフライ・マン』(カプライス・キー)
15位『ひき逃げ』(成瀬巳喜男)
16位『銀座化粧』(成瀬巳喜男)
17位『ある殺し屋の鍵』(森一生)
18位『あらくれ』(成瀬巳喜男)
19位『裏窓』(アルフレッド・ヒッチコック)
20位『フラガール』(李相日)

21位『荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻』(森一生)
22位『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』(馬場康夫)
23位『深海 Blue Cha-Cha』(チェン・ウェンタン)
24位『恋恋風塵』(ホウ・シャオシェン)
25位『非情の罠』(スタンリー・キューブリック)
26位『河内山宗俊』(山中貞雄)
27位『抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-』(ロベール・ブレッソン)
28位『ビッグ・スウィンドル!』(チェ・ドンフン)
29位『アマデウス』(ミロス・フォアマン)
30位『驟雨』(成瀬巳喜男)

31位『女の座』(成瀬巳喜男)
32位『美の祭典』(レニ・リーフェンシュタール)
33位『現金に手を出すな』(ジャック・ベッケル)
34位『お引越し』(相米慎二)
35位『座頭市物語』(三隅研次)
36位『大阪物語』(吉村公三郎)
37位『斬る』(三隅研次)
38位『直撃地獄拳 大逆転』(石井輝男)
39位『犬神家の一族(1976)』(市川崑)
40位『理想の女』(マイク・バーカー)

41位『麗しのサブリナ』(ビリー・ワイルダー)
42位『素晴らしき休日(2007)』(北野武)
43位『青春の殺人者』(長谷川和彦)
44位『暗黒街の顔役』(ハワード・ホークス)
45位『第十七番』(アルフレッド・ヒッチコック)
46位『その夜の妻』(小津安二郎)
47位『妻の心』(成瀬巳喜男)
48位『赤い手のグッピー』(ジャック・ベッケル)
49位『幸福の設計』(ジャック・ベッケル)
50位『忍びの者』(山本薩夫)

51位『にごりえ』(今井正)
52位『戦争のはらわた』(サム・ペキンパー)
53位『四つの恋の物語』(豊田四郎/成瀬巳喜男/山本嘉次郎/衣笠貞之助)
54位『ワイルド・アット・ハート』(デヴィッド・リンチ)
55位『高校大パニック』(石井聰亙/澤田幸弘)
56位『かもめ食堂』(荻上直子)
57位『デルス・ウザーラ』(黒澤明)
58位『大日本人』(松本人志)
59位『エルストリー・コーリング』(アルフレッド・ヒッチコック)
60位『童年往事/時の流れ』(ホウ・シャオシェン)

61位『黄昏』(マーク・ライデル)
62位『未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』(蝶野博)
63位『野いちご』(イングマール・ベルイマン)
64位『夫婦善哉』(豊田四郎)
65位『グリード』(エリッヒ・フォン・シュトロハイム)
66位『ファニーとアレクサンデル』(イングマール・ベルイマン)
67位『鬼畜』(野村芳太郎)
68位『スパイシー・ラブスープ』(チャン・ヤン)
69位『青い山脈』(今井正)
70位『しとやかな獣』(川島雄三)

71位『人も歩けば』(川島雄三)
72位『ターンレフト ターンライト』(ジョニー・トー/ワイ・カーファイ)
73位『ウェディング・バンケット』(アン・リー)
74位『四つの恋の物語』(西河克己)
75位『大学は出たけれど』(小津安二郎)
76位『アラビアのロレンス/完全版』(デヴィッド・リーン)
77位『愛の集会』(ピエル・パオロ・パゾリーニ)
78位『幸福』(アニエス・ヴァルダ)
79位『稲妻』(成瀬巳喜男)
80位『河』(ジャン・ノルワール)

81位『スエーデンの城』(ロジェ・ヴァディム)
82位『噂の女』(溝口健二)
83位『華岡青洲の妻』(増村保造)
84位『晩春』(小津安二郎)
85位『麦秋』(小津安二郎)
86位『昼顔』(ルイス・ブニュエル)
87位『夕陽のギャングたち』(セルジオ・レオーネ)
88位『「エロ事師たち」より 人類学入門』(今村昌平)
89位『(ハル)』(森田芳光)
90位『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(ケヴィン・コスナー)

91位『淑女と髭』(小津安二郎)
92位『カビリア』(ジョヴァンニ・パストローネ)
93位『リッチ・アンド・ストレンジ』(アルフレッド・ヒッチコック)
94位『シベールの日曜日』(セルジュ・ブールギニョン)
95位『エドワールとキャロリーヌ』(ジャック・ベッケル)
96位『スキン・ゲーム』(アルフレッド・ヒッチコック)
97位『マンクスマン』(アルフレッド・ヒッチコック)
98位『学生ロマンス 若き日』(小津安二郎)
99位『青春の夢いまいづこ』(小津安二郎)
100位『浮草物語』(小津安二郎)

101位『第3逃亡者』(アルフレッド・ヒッチコック)
102位『肉体の冠』(ジャック・ベッケル)
103位『婦系図(1942)』(マキノ正博)
104位『リング』(アルフレッド・ヒッチコック)
105位『ニーベルンゲン/ジークフリート』(フリッツ・ラング)
106位『女性の勝利』(溝口健二)
107位『少林寺三十六房』(ラウ・カーリョン)
108位『イル・ポスティーノ』(マイケル・ラドフォード)
109位『雪之丞変化(1959)』(マキノ雅弘)
110位『少林寺武者房』(リュー・チャーフィ)

111位『ホーリー・マウンテン』(アレハンドロ・ホドロフスキー)
112位『wkw/tk/1996@7'55"hk.net』(ウォン・カーウァイ)
113位『菊豆(チュイトウ)』(チャン・イーモウ)
114位『熊座の淡き星影』(ルキノ・ヴィスコンティ)
115位『鰯雲』(成瀬巳喜男)
116位『女の園』(木下恵介)
117位『ブレイキング・ニュース』(ジョニー・トー)
118位『最後の人』(F・W・ムルナウ)
119位『モンスーン・ウェディング』(ミーラー・ナーイル)
120位『おもひでぽろぽろ』(高畑勲)

121位『アンナ・マグダレーナ・バッハの日記』(ジャン=マリー・ストローブ/ダニエル・ユイレ)
122位『マリア・ブラウンの結婚』(ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー)
123位『落第はしたけれど』(小津安二郎)
124位『朗かに歩め』(小津安二郎)
125位『アメリカの影』(ジョン・カサベテス)
126位『武蔵野夫人』(溝口健二)
127位『波影』(豊田四郎)
128位『大人の見る絵本 生れてはみたけれど』(小津安二郎)
129位『マリヤのお雪』(溝口健二)
130位『ハモンハモン』(ビガス・ルナ)

131位『最愛の夏』(チャン・ツォーチ)
132位『僕の恋、彼の秘密』(D・J・チェン)
133位『蝉しぐれ』(黒土三男)
134位『ロスト・ハイウェイ』(デヴィッド・リンチ)
135位『舞姫』(成瀬巳喜男)
136位『薔薇合戦』(成瀬巳喜男)
137位『錆びたナイフ』(舛田利雄)
138位『わが恋は燃えぬ』(溝口健二)
139位『女優須磨子の恋』(溝口健二)
140位『ニーベルンゲン/クリームヒルトの復讐』(フリッツ・ラング)

141位『雪之丞変化(1963)』(市川崑)
142位『芝居道』(成瀬巳喜男)
143位『巌窟の野獣』(アルフレッド・ヒッチコック)
144位『生きるべきか死ぬべきか』(エルンスト・ルビッチ)
145位『怪談』(小林正樹)
146位『監督・ばんざい!』(北野武)
147位『バートン・フィンク』(ジョエル・コーエン)
148位『世界残酷物語』(グァルティエロ・ヤコペッティ)
149位『磯の源太 抱寝の長脇差』(山中貞雄)
150位『怪盗白頭巾 前篇/後篇』(山中貞雄)

151位『女だけの都』(ジャック・フェデー)
152位『ジュノーと孔雀』(アルフレッド・ヒッチコック)
153位『農夫の妻』(アルフレッド・ヒッチコック)
154位『夜ごとの夢』(成瀬巳喜男)
155位『風櫃の少年』(ホウ・シャオシェン)
156位『大きな鳥と小さな鳥』(ピエル・パオロ・パゾリーニ)
157位『浪人街(1957)』(マキノ雅弘)
158位『シャンパーニュ』(アルフレッド・ヒッチコック)
159位『非常線の女』(小津安二郎)
160位『東京の女』(小津安二郎)

161位『東京の合唱(コーラス)』(小津安二郎)
162位『雪之丞変化 総集編(1935)』(衣笠貞之助)
163位『機動警察パトレイバー』(押井守)
164位『ユメ十夜』(市川崑/実相寺昭雄/西川美和ほか)
165位『黄色い風土』(石井輝男)
166位『永遠(とわ)の語らい』(マノエル・デ・オリヴェイラ)
167位『突貫小僧』(小津安二郎)
168位『殺人!』(アルフレッド・ヒッチコック)
169位『グレムリン』(ジョー・ダンテ)
170位『メトロポリス』(フリッツ・ラング)

171位『シンク』(村松正浩)
172位『市民ケーン』(オーソン・ウェルズ)
173位『必勝歌』(溝口健二)

*************************************************

なんか今回は半年で173本も観たらしく、ランキングするのにえらい時間がかかりました(汗)。
次回はもう、こんな面倒な事やらないかもしれないです(苦笑)。

でも、こうして整理してみると面白い自己発見もあります。

自分が成瀬巳喜男監督を好きなことは自覚していましたが、川島雄三監督や小津安二郎監督もかなり好きなんだな、と。

ま、どれだけの人が喜んでくれるか分かりませんし、単なる自己満足で終わるかもしれませんが、これだけのランキングを整理したという達成感はありますね。


今年もどうぞよろしくお願い致します<m(__)m>


管理人

⇒なお、2007年上半期ランキングはこちらにございます。



★参照★
作品レビュー目次
浅野忠信 作品リスト

お気に入り映画一覧
映画採点表
宿題映画リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2008-01-04 11:58 | ◆映画関連 その他 | Comments(34)
Commented by 青観 at 2008-01-04 13:57 x
うわ~凄い!凄すぎる。にじばぶさん、こんにちは!早速、ランキング拝見にやって来ました。私なんて、ランキング考えてたら三時間じゃ決まらない。夜も眠れなくなりそうですよ。1位にチャップリンの街の灯を持ってきてくれて大変嬉しいです。川島雄三作品も幾つも入れてくれてるし、本当感謝!感謝!あっ!感謝ていやあ、某映画サイトでのことも感謝でごさいます。
Commented by 青観 at 2008-01-04 14:08 x
あっ!因みに私の2007年に見た映画ベスト3だけは簡単です。2007年以前に一度は見てるものは除く。
では発表します。
1位「無法松の一生」(阪妻主演の方)
2位「おかあさん」
3位「王将」これも阪妻主演の方の。
Commented by 青観 at 2008-01-04 14:27 x
にじばぶさん、私もやってみようかな!
決まり次第、某映画サイトでの私のプロフィールにて発表させていただきますので決まったらまたお知らせします。
Commented by 青観 at 2008-01-04 16:02 x
にじばぶさん、やってみたけど、ちょっと趣向を変えて選んでみました。是非、プロフィールで確認してくださいませ。
Commented by nijibabu at 2008-01-04 21:59
>青観さん
いやぁ、一人にでも「凄い!」と褒めてもらえれば満足ですよ(笑)。
ランキング作成した甲斐があったってもんです!

今チェックしましたら、青観さんもチャップリンの『街の灯』は大好きだったんですね!
素晴らしい作品ですよね。
特にラスト。
あのラストシーンは忘れられません。

それと、遅らばせながら、「お気に入り監督」に川島雄三監督を追加させて頂きました。

あ、そうそう!
明日、映画館にマキノ正博監督の『鴛鴦歌合戦』を観に行くんです。
青観さんが高い評価をなさってる作品なんで、とても楽しみですよ^^

それと、青観さんのプロフィール拝見させて頂きました。
青観さんがベスト10に挙げていらっしゃる作品で、未見のものは全て観てみたいと思っています。
時間はかかるとは思いますが、全てみていずれレビューしますね!
Commented by るな。 at 2008-01-05 10:56 x
す、すげぇ~~~~~~!!
すごすぎる!!!!

初コメントで錯乱してしまい、失礼いたします。
浅野忠信の或る作品検索から此処を知り、以来半年拝読してきました。
このランキングはスゴイ。
色んな意味でスゴイ(笑)。来年もどうかヤッテクダサイ。
首をぶんぶん縦に振る嗜好性の共有感は、ああ、映画って良い。

幕末太陽傳は確かに指三本に入りますね。そして飽きない。
Commented by micchii at 2008-01-05 14:22 x
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

何が凄いって、半年で173本は凄すぎます。ほぼ1日1本ですよね、羨ましいです・・・。

数えてみたら、173本中23本しか観ておりません(恥)

172位に映画史の金字塔『市民ケーン』、それでこそにじばぶさんです!
Commented by nijibabu at 2008-01-05 15:22
>るな。さん
はじめまして、こんにちは!
コメントに、半年間のご愛読、嬉しい限りですよ^^

「凄すぎる!」
その一言が、私の労をねぎらう最大の賛辞であります(笑)。
どうもありがとうございます。

浅野忠信のとある作品ですか。
とても気になりますね。
浅野忠信といえば、最近は彼の作品をトンと観ておりません^^;
というか、近頃は微妙に出演作品数が減っているようにも思えますがね・・・

「首をぶんぶん縦に振る嗜好性の共有感」ですか。
非常にいい言葉ですね!
まさにおっしゃる通りです。
映画を観ること自体楽しいのに、観た後にもこういった共有意識による喜びが生まれる。
映画って、何て素晴らしいんでしょう!

これからも、どうぞよろしくお願いします。
コメントどんどんして下さいね♪
Commented by nijibabu at 2008-01-05 15:27
>micchiiさん
昨年中はとてもご贔屓にしていただき、ありがとうございました!
今年もどうぞよろしくお願いします<m(__)m>

さて、当ブログのコメント・キングこと、micchiiさんの2008年一発目のコメントですね^^

まあ、去年の下半期は色々ございまして、運よく沢山の映画を観ることができました。
今年は、かなり観れる本数が減ると思います^^;
哀しいです。
でも頑張ります!
1本でも多く観たいです。

23本ですか!
なかなかじゃないですか!
っていうか、それを数えるmicchiiさんもさすがです(笑)。
そんな芸当を出来るのは、当ブログの閲覧者の中でもmicchiiさんしかいらっしゃらないと思います。
でも嬉しいですよ。
私の173本全てに目を通してくれたという何よりもの証拠ですから!

『市民ケーン』は、凄い作品だからこそ、私のセンスとの油・水加減が半端じゃなかったというわけです。
まったく合いませんでしたね^^;笑
Commented by 青観 at 2008-01-05 19:25 x
にじばぶさん、こんばんは!
改めてここのにじばぶさんのコメント及びランク付けを見ると本当に凄い。この凄さをどう表現すれば良いのか?
例えるなら「古今亭志ん生」の「風呂敷」て落語ぐらい凄いって、解りにくいかな?
志ん生の「風呂敷」て落語を聞いてると何だかドダバタ喜劇を観ているような錯覚になるぐらいの凄さでして、それに匹敵するぐらいの凄さを感じます。
もっと簡単なもので例えるなら外れのほとんどないヒッチコックやワイルダー映画と同じぐらいの凄さ、素晴らしさてことかな!
そういや、イギリス時代のヒッチコック映画って昔、何本か観てるけど、未見のものも幾つかあるので、もう一度、全部観てみようかな!
ところで「鴛鴦歌合戦」5点とは厳しいなあ!
ミュージカルが苦手のことらしいけど、私も数年前までは苦手でした。今でも駄目なものもある。例えば世間的に評価の高い「ウエストサイド物語り」なんて全然、駄目です。
Commented by 青観 at 2008-01-05 19:32 x
あっ!私の選んだ例の十作品中、「フレンチカンカン」と「シェルブールの雨傘」はミュージカルです。もしかしたら、この二つも駄目かも?
取りあえずいつでも良いので観たら感想聞かせてくださいませ。
ところで、年々、昔の日本映画と前は観ようともしなかったフランス映画が好きになる(興味が沸く)一方でハリウッド映画が嫌いになる自分がいます。
但し、昔のハリウッド映画は今も好きです。
にじばぶさんも、おそらくそうじゃないかと?
Commented by 青観 at 2008-01-05 19:36 x
昔の日本の映画とヨーロッパ映画、特にフランス映画の持っている香り、匂い。雰囲気と言いますか?似ていると思うのですが、似てませんか?
Commented by nijibabu at 2008-01-05 21:30
>青観さん
こんばんは!

いやはや、そこまで絶賛されますと、照れますね^^;
でもありがとうございます<m(__)m>
やはり、私と青観さんは、映画の趣味、そして女優の趣味(特にコレ!笑)が他人とは思えない程、究極的に一致している。
だからこそ、私が何気なく書いた記事やコメントに共鳴して頂ける。
そんな気がします。
私も、青観さんの某レビューサイトのプロフィールについては、毎回楽しく共感させてもらってますし。

『鴛鴦歌合戦』ですが、ほんと点数とコメントを書くのに勇気が要りました(><)
なんせ、青観さんの超お気に入り作品ですからね・・・
私はミュージカル・アレルギーなだけですので、あまり気にしないで下さいね。
ま、そんなアレルギーもいつかは克服できればと思っております。
ルノワールの『フレンチカンカン』は今日レンタルしてきました。
明日にも観る予定でいます。
お待ち下さいませ^^
Commented by nijibabu at 2008-01-05 21:38
>青観さん
(続き)
フランス映画については、昔かなり集中して観た時期があります。
というか、フランス映画を入り口に映画の世界へと深く入っていきました。

フランス映画は確かに日本映画と同じ香りがする時があります。
ただし、個人的にはイタリア映画の方が、より日本人が共鳴できる作品が多いような気がします。
第二次世界大戦で、同じ敗戦国となり、戦後復興を映画文化と共に遂げた、そんな背景が、日本映画とイタリア映画の共通した土壌を作りあげたんじゃないかと勝手に思っています。

イタリア映画では、ミケランジェロ・アントニオーニが一番好きで、特に『太陽はひとりぼっち』が好きです。他にも同監督の作品では、『夜』『赤い砂漠』『さすらいの二人』『欲望』などがお気に入りです。

他のイタリア監督としては、フェデリコ・フェリーニが好きで、特にこの監督の初期の頃の作品、具体的には『青春群像』『寄席の脚光』『崖』などが好きです。
Commented by nijibabu at 2008-01-05 21:39
>青観さん
(続き)
おっと、フランス映画にもいくつか素晴らしい作品がありました。
ジャン・ユスターシュの全作品、そしてジャックベッケルの『穴』『モンパルナスの灯』辺りがそうですね。

青観さんも時間ができましたら、是非観て頂き、レビューをお聞かせ頂けると嬉しいですね!
Commented by 青観 at 2008-01-05 21:41 x
えっ?もう「フレンチカンカン」借りてきたのですか?
早いですなあ!
感想楽しみです。
あっ!「王将」観たんですね。わざわざ遠くの店にまで借りに行ったみたいで、ご苦労様です。
衛星というよりはスカパー(CS)の日本映画専門チャンネルで放送してました。
ところで「鴛鴦歌合戦」のお春さん(市川春代)ってあの人、私と同じ長野の出身なんですね。何だか凄く嬉しい。
Commented by nijibabu at 2008-01-05 21:44
>青観さん
あら、青観さんこそ、早い書き込みで!(笑)

ところで、前々から青観さんに質問したかったことがあるんです。
せっかくですから、今聞いちゃいます。

近々、衛星とCSに入会予定なんですが、貴重な日本映画を最も放映しているチャンネルは具体的にどのチャンネルですか??

日本映画専門チャンネルというのは、「チャンネルNECO」のことを指しているんですか??
ご教授願います<m(__)m>
Commented by 青観 at 2008-01-05 21:47 x
おっと!今、また新たに書き込んでいたところでして、了解です。
イタリア映画も私は好きですよ。
フェリーニというと「8 1/2」てありますよね。
あれ、中学生の時に見て以来、この監督さん、わけが解らん!と思ってたものの、「道」を高校時代に観て感動し、自分でもいまいちよく解らん監督さん!でも、この監督、興味があるんですよね。
イタリア映画ももっと観たいと思います。
イタリア映画と言うと「自転車泥棒」と「鉄道員」ていう映画が特に好きです。

Commented by 青観 at 2008-01-05 21:56 x
うわっ!停電中!パソコンいきなり消えた。部屋ん中、真っ暗。質問にお答えしますと、日本映画専門チャンネルを見る場合にはスカパーを契約する必要があります。あっ!電気着いた。携帯から
Commented by 青観 at 2008-01-05 22:00 x
すいません。チャンネルネコより断然日本映画専門チャンネルです。レンタル屋にはないような作品も放送しますよ。昔の日本映画が好きな片なら断然日本映画専門チャンネルを契約することをススメます。
あとは、時代劇専門チャンネルも良いかもしれません。
Commented by nijibabu at 2008-01-05 22:53
>青観さん
あ、私も失礼しました。
おっしゃる様に、最近のハリウッド映画は全く観る気がおきません。
もはや、生理的にダメです。
最近のハリウッドものを観る時間があったら、少しでも多くの古き良き映画や珠玉のアジア映画、欧州映画などを観たいですね。

停電大変でしたね!
パソコン大丈夫ですかね^^;

なるほど、日本映画チャンネルというのがNECOとは別にあるんですね。
情報ありがとうございます。
必ずや入ります。
ってか、早く入りたい!(><)ノ

フェリーニの『8 1/2』は苦手です。
だって、わけが分かりませんもの。
デ・シーカの『自転車泥棒』は私も観ました。
切ない映画でしたね。
ジェルミの『鉄道員』は宿題映画リストに入れてあります。
いずれ観ると思いますよ^^
Commented by 青観 at 2008-01-06 21:24 x
こんばんは!
昨日はお騒がせしました。
ところで、川島雄三を語れ!(日本映画)なる掲示板作ったのでもし、良ければ覗いてやってくださいな!
あっ!ついでにコメントも頂けると、とても嬉しいのですが
Commented by tanko at 2008-01-07 18:47 x
早速、ご返事有難うございます。今後、時々仲間入りさせてください。
CSに加入するとか。大賛成です。CSとNHKのBSは名画の宝庫です。
日本映画専門チャンネルは料金も安くお勧めですが,少々奮発すると
衛星劇場がイチ押し。最近は韓国ものが増えて、その分古い日本物が
すくなくなってはいるものの、松竹、東宝、大映,日活、新東宝の未ビデオ化のお宝作品が見られます。銀幕の美女シリ-ズなんて企画もあり、
咋秋には『香川京子」自選作品集などもあり、ロングインタビュ-の放映も
ありました。CSのよいところは一ヶ月ごとに契約できることです.月初めには来月のラインアツプも発表されるので、とくに観るべきものがなければお休みも自由。また、映画チャンネルをいくつかまとめると,安くなる
ので沢山見たい人にはお得です。
以上,お知らせいたしまして,ご挨拶にかえさせていただきます。

今後ともよろしく。
Commented by 青観 at 2008-01-07 21:03 x
にじばぶさん、こんばんは!
早速のご来場、ありがとうございます。
タイトルこそ「語れ!川島雄三(日本映画)」となってはいますが、川島作品以外の話も勿論、映画の話だったらどんな話も全部0Kです。
Commented by nijibabu at 2008-01-08 21:18
>tankoさん
メールどうもありがとうございました<m(__)m>

メールでも書かせて頂きましたが、当ブログはコメント大歓迎ですので、時々とおっしゃらず、いつでもコメント頂ければなと思います。
ブログを運営していて、一番のごちそうはコメントを頂けることですので、どんどんコメントして下さいね。
お待ちしております^^
Commented by nijibabu at 2008-01-08 21:18
>tankoさん
(続き)
さて、CSとNHK・BSですが、放送のラインナップを見て、唖然としました。
私がレンタル屋さんで苦労してレンタルしている様な作品は勿論のこと、ビデオ未発売の作品まで幅広く放映しているじゃないですか!
今までの苦労は何だったのか・・・と、思ってしまったくらいです。

私は今回、ケーブルテレビというので契約しましたので、63チャンネルがセットになっているみたいです。
「衛星劇場」というのが、そのセットに入っているか不安ですが、日本映画専門チャンネルと時代劇専門チャンネルは含まれているようです。
来週、設置されるんですが、楽しみで仕方ないです。

そして又、私もようやく「映画専門~」といった専門チャンネルで映画を堪能できるまでのところまで来たんだなぁ、と感慨にふけってしまいました。
ブログを通して知識を得たことも多く、映画とブログとは非常に相性が良い趣味だなぁ、と実感する毎日です。

情報ありがとうございました<m(__)m>
今後とも、当ブログをよろしくお願い致します。
Commented by nijibabu at 2008-01-08 21:20
>青観さん
短い書き込みで失礼しました<m(__)m>
でも、第一号の書き込みができて良かったです(^_^)

あちらの掲示板を通して、一人でも多くの映画好き、特に、川島雄三信者と交流を深められると良いですね!
Commented by ゴーシュ at 2008-01-08 23:39 x
あけましておめでとうございます.
本年もよろしくお願いいたします.
この年始のところで「洲崎パラダイス」を
再見したところです.
小生,今の東村山に越す前は,洲崎遊郭の
大門跡そばに住んでいました….
Commented by nijibabu at 2008-01-09 20:44
>ゴーシュさん
あけましておめでとうございます。
こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願い致します。

洲崎遊郭のお近くに住んでいらっしゃったのですか!
上にコメントを頂いた青観さんというか方が、大喜びされると思いますよ!
是非、青観さんの掲示板に遊びに行ってあげて下さいまし^^
(青観さんのお名前をクリックすれば行けるはずです)
Commented by tanko at 2008-01-10 11:16 x
にじばぶさん。
CS契約済みとのこと、来週が楽しみですネ。
ところで昨年下半期の173本とは恐れ入ります。それも劇場とレンタルでしょう?私も観る方ですが、田舎住まい故、劇場はゼロ、CS、BS、wowowと時々レンタルです。
でも古い映画は劇場よりテレビ放映の方がプリントの状態が良好なものが多いのも確かです。にじばぶさんのレビュ-で読んだ、成瀬作品の「あらくれ」ですが、録画してあったのを久しぶりに観たのですが、すこし画面が暗いものの、音とび、雨降りなど全く無かったですよ。
すごくおもしろくて好きな映画だけど、アレ当時興行的に失敗したんですって。そして続く『杏っ子」も失敗。それ以来、成瀬さんは自分で作品の選択ができなくなったとか。これ以降「鰯雲」とか完全に作風が変わりました。「杏っ子」観たいそうですけど、これってDVDは勿論、ビデオも未発売のままだと思います。私はCSで録画したのを持っています。これも大好きですが、確かに暗くて救いのない映画ではあります。
いま、日本映画専門チャンネルで成瀬映画を毎月二本ずつ放映中てすから、いずれやると思いますから楽しみに待っていてくださいネ。




Commented by nijibabu at 2008-01-10 21:10
>tankoさん
詳しい情報ありがとうございます<m(__)m>
去年下半期は時間に余裕がありましたので、173本もの作品を観ることができました。
とても有意義な半年だったと思います。
今年は忙しくなり、半年で100本観れれば御の字ですね。

『あらくれ』ですが、映画館で観たので、私が観たのもそんなに画像は悪くなかったです。
でも、確かにビデオですと相当画質悪いですよね。
レンタルだとテープが劣化している時が多いですし。

『杏っ子』ですが、かなり観たい作品であります。
日本映画チャンネルは金曜に成瀬巳喜男劇場というのが放映されているそうですね!
本当にこれは楽しみです。
来週の『母は死なず』を観るために、ケーブル会社に無理言って早く契約の日取りを取ってもらったんですよ。
それくらい成瀬監督の未ビデオ化作品は観たいんです。
Commented by 青観 at 2008-01-10 21:37 x
こんばんは!パソコン壊れたかもしれない。電源が入りません。何だか3日ぐらい前からおかしい。とうとう壊れたかな?
そんなわけでみんなのシネマレビューには行かれず。
以上、携帯から
自分のところは携帯からやるとするか。
今も携帯から書いてます。
Commented by 青観 at 2008-01-10 22:00 x
あっ!そうだ。私の携帯電話、PC専用サイトも見れる。こうなりゃ仕方ないなあ!かなり面倒だけど携帯からPC専用サイト経由で接続すれば何とか参加出来る。月5300円でPC専用サイトも接続、無定量、使い放題。携帯からPCサイトはあまり使わないけどこうなった以上は仕方ないなあ!
それにしても、やっぱりパソコン壊れたかもしれない。ソニーは壊れやすいてよく聞くけどそうなのかな?ソニー・コルレオーネもすぐかあっとなって壊れやすいしね。
Commented by nijibabu at 2008-01-10 22:18
>青観さん
こんばんは!
携帯からのアクセス、ありがとうございますね!
携帯からだと入力がさぞかし大変なことでしょう。
そんな状態で遊びに来て頂けるなんて、光栄至極でございますよ^^

あ、そうそう!
今日、川島監督の『シミキンのオオ!市民諸君』を観ました。
今までに観たことのない程、奇妙でおかしい作品でした。
口がアングリしてしまいましたよ^^;
<< 現金に手を出すな 裏窓 >>