古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


晩菊
c0073737_2133962.jpg晩菊』(1954)

上映時間: 102分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: 成瀬巳喜男

原作: 林芙美子
脚本: 田中澄江/井手俊郎
撮影: 玉井正夫

出演: 杉村春子/沢村貞子/細川ちか子望月優子上原謙/小泉博/有馬稲子/見明凡太郎/沢村宗之助/加東大介/鏑木ハルナ/坪内美子/出雲八枝子

*****************************************************
 かつて芸者だったきん(杉村春子)は、現在金貸しを営みながら生活している。そこにしょっちゅう出入りするのは、彼女の元朋輩たち(細川ちか子、望月優子、沢村貞子)。そしてきんは、昔熱愛していた男(上原謙)が自分に会いたいと言ってきたので、美しく化粧を施してその来訪を待つのだが、彼の目的は借金の催促に過ぎなかった……。
名匠・成瀬巳喜男監督が林芙美子の3つの短編小説『晩菊』『水仙』『白鷺』をひとつにまとめて原作とし、もう若くはない女たちの日常を、哀しくもユーモラスに描いた秀作。4人のベテラン女優ひとりひとりの安定した演技を繊細にすくい上げ、ほのかな魅力を描出していく成瀬演出は、ここでも絶好調であった。
(「Amazon.co.jp」より。)
*****************************************************

「晩菊」とは、年頃をすぎた女性を意味している。

通常は脇役を務める杉村春子が主演を演じた、成瀬巳喜男作品の中でも異端の位置を占める作品。

それが功を奏し、いぶし銀的魅力を存分に発揮しており、成瀬監督の代表作『浮雲』と表裏対を成す出来栄えとなっている。

成瀬監督による隠れた名作である。

*****************************************************

成瀬巳喜男監督作品はそれなりに観てきたが、本作は今まで観た成瀬作品の中でもベスト。

元芸者達の行く末、まさしく“晩菊”を飾り気無く辛辣に、そしてユーモアに描いており見事。


c0073737_219845.jpg杉村春子をはじめ、普段は脇役を演じることの多い女優達が主たる役を演じている。

その為、とても地味な仕上がりなのだが、その地味さを逆手にとっており、そこが本作の傑作たる所以となっている。


成瀬監督の傑出した風景描写は、本作でも健在であり、その点も観るに値する。


それにしても、細川ちか子という女優さんは美しいなぁ。

なんというか、“枯れた美しさ”が飛びぬけて良いのだ。


そしてラストシーン。

望月優子が道行く若い女性の歩き方を真似て、腰をくねくねさせて歩くシーン。

これには、思わず笑みがこぼれてしまった。

c0073737_21105011.jpg本作には、こういった思わず笑みをこぼさずには居られないシーンが随所に散りばめられている。

シビアなテーマとは裏腹に、ユーモアあふれるこれらのシーンが、コントラストをはっきり浮かび上がらせ、深みのある面白さを発揮している。

それが何とも言えず見事だった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-03-24 21:14 | ◆映画レビュー | Comments(10)
Commented by 青観 at 2008-03-25 23:27 x
にじばぶさん、こんばんは!これも良さそうだけど近くの店には置いてない。どうも成瀬作品も川島作品同様、品数が少な過ぎる。こうなりゃ成瀬好きの親戚にお願いしてみるしかないか!
ところで私はやっぱり「おかあさん」が一番好き。次いで「稲妻」と「乱れ雲」にあっ!「流れる」も良い。上原謙ていやあ、来月「有りがたうさん」のDVD発売決定!あの上原謙が私は一番だなあ!桑野通子って女優も良い味出してました。
Commented by nijibabu at 2008-03-27 20:42
>青観さん
こんばんは!
『晩菊』は間違いなく傑作ですよ!
成瀬作品の中でも『おかあさん』『乱れ雲』と並んで大好きな作品です。

『流れる』はまだ観ていないので楽しみです。
溝口監督作品でもそうでしたが、全ての作品を観てしまうと楽しみがなくなってしまうようで複雑な心境です。
溝口作品はあと5本となってしまいました・・・

『有りがたうさん』も良い作品でしたね。
ホノボノしていて良かったです。
桑野通子も印象的でした。
Commented by 大日 at 2009-04-01 01:20 x
お初にお目にかかります、大日でございます。
宜しくお願いいたします。

成瀬巳喜男といえば、仰るとおり、観れば観るほどに味が出ると申しますか、以前見えてこなかったものが見えてくる面白さがあり、ついついはまってしまいます。邦画を観るにあたり、一度は通っておきたいように思います。

で、成瀬巳喜男といえば、「おかあさん」も「驟雨」も「乱れ雲」も「女の中に~」も「ひき逃げ」も良いのですが、わたくしの中ではこちらが一番。
最も洗練された脚本がお見事で、展開が見事なまでに決まっております。

題名が見事です。正に遅咲きの花が開く瞬間がラストのくねくね歩くシーンに見事に調和していて、無性にほっとさせられます。


成瀬作品は面白い特徴がありまして、公共図書館、TSUTAYA各所、どこも置いている品目がばらばらでして、うまくこれらを渡ってゆけば40本は何とか観られそうです。その先はもはや日本映画専門チャンネルに頼るしかなさそうです。。。


地方に比べると都内はやはり貴重映画が詰まっているようで。荒川区立図書館なんか、貴重品そろいで羨ましい限りです。
Commented by nijibabu at 2009-04-01 19:40
>大日さん
はじめまして、こんばんは。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

大日さんのコメント、大変興味深く読ませて頂きました。
いやぁ、ほんと、成瀬映画に対する私の感じ方、考え方と共通なものを感じます。
大日さんのような方に遊びに来て頂けて、大変、嬉しいです。

最近は、当ブログもアクセス数が増え、批判的な書き込みも増えてきました。
これは一種の有名税的なものと考えて、気にしないようにはしています。
それよりも、大日さんの様な、私と似た映画観をお持ちの方に来て頂けるメリットを重視したいと思っています。
そういう意味で、大日さんの初コメント、ほんと嬉しいわけです。
Commented by nijibabu at 2009-04-01 19:49
>大日さん
(続き)
さて前置きが長くなりました。

成瀬映画ですが、映画通の中でも、実力の割りには評価されていない気がします。
偉大な日本人監督TOP10とかで、やっと入るくらいで、トップになることなんかは、ありません。
でも、私個人的には、日本人監督の中で、最も大好きな監督です。

それは、大日さんのおっしゃる通り、かめばかむほど味が出る、絶妙な作風ですね。
あと、ハズレがないのも、大きな特徴かと思います。

私は成瀬作品で一番好きなのは、遺作にあたる『乱れ雲』ですが、次に好きなのが、この『晩菊』です。
とにかく脚本が素晴らしい。
そして、杉村春子をはじめとする普段は脇役に座ることの多い出演者達がその見えざる魅力を、存分に見せているのが素晴らしいです。
Commented by nijibabu at 2009-04-01 19:50
>大日さん
(続き2)
話は変わりますが、都内で貴重な日本映画、特に成瀬映画を探そうとすると、行動力さえあれば、かなりの本数を観ることができます。
大日さんのまさにおっしゃる通りで、公共図書館、ツタヤ、映画館、CS放送などを駆使すると、沢山の成瀬映画にお目にかかれることになります。
恥ずかしながら、公共図書館巡りは最近発見した貴重作品の発掘方法で、かなりハマっています。
荒川区南千住図書館、台東区中央図書館、清瀬駅前図書館、小平中央図書館辺りなんかは、貴重な日本映画の宝庫ですね。

だけど、今は何と行っても、日本映画専門チャンネルの「成瀬巳喜男特集」でしょうか。
総ての作品を最終的には放映するそうなので、これだけでも、成瀬映画を全制覇できることになりますね。


いずれにしても、ここまで似た価値観でもって、日本映画や成瀬作品について語れる方が遊びに来てくれたこと、ほんと嬉しいです。
これからも、どうぞ当ブログをご贔屓くださいませ。
よろしくお願い致します。
Commented by 大日 at 2009-04-02 23:09 x
おはようございます。
何だか連続投稿状態になってしまい、申し訳ありません。

今のところ、都内では清瀬駅前図書館が最もこちらの観たい邦画が詰まっているようです。

残念ながらこちらは都外の在住で、当然ながら東京都公共図書館めぐりは夢のまた夢の状態です。

実の所、無理を覚悟の上によるAVブースによる貴重邦画鑑賞を考えておりまして、荒川区立南千住図書館を狙っておりました。ここはAVブースが無いらしく、じかによる鑑賞ができないとのことで、かなりへこんでおります。清瀬駅前図書館はAVブースがあるかいなかも不明、HPには未掲載、質問もできない悲惨な状態で、にんともかんともです。


成瀬巳喜男作品ですが、どうも大雑把に申しますとビデオ化作品の方が当たりが多い印象に感じております。
成瀬監督はどうも巨匠なのか否かよくわからない評価がなされているような感じですね。これはわたくしにとっては好感度を増す要因となります。
余りにも多くの人に評価されていると、何だかやる気をなくすと申しますか、何か「ちょっと待てよ?」となっちゃうんですよね。
Commented by nijibabu at 2009-04-03 01:48
>大日さん
おはようございます。
連続投稿、大歓迎ですよ。
どんどんコメントしてくださいな(^_^)

清瀬駅前図書館は確かに、かなりの実力を誇っていますね。
他にも、いい図書館はあるんですが、稲城とか町田とかは、都内在住でも近隣市部の住人にしか貸さないというケチなルールを作っているので、私は借りることができません。
都区内の図書館のように、もっと広域の人達に借りる権利を太っ腹に解放してもらいたいものです。
ほんと多摩地区はケチくさい!

私は図書館に電話して聞くようにしています。
清瀬駅前図書館に電話してみて、都外の住人でもAVブースを利用できるかどうか、質問してみてはいかがでしょうか?


確かに、黒澤明のように評価されていたら、やる気をなくすかもしれません。
好きな人にしか分からない成瀬映画の魅力、それに惹き付けられているのかもしれませんね。

でも、成瀬映画は、誰がなんといっても、日本で最強です!
Commented by かっぱ太郎 at 2010-05-09 22:18 x
にじばぶさんこんばんは!
私も図書館めぐりにはまっています。それで幸運にも『晩菊』を見つけたので東京まで行く手間がなくなりました(笑)。
いや~、いい映画でした。私が杉村春子が出ている作品をあまり知らないせいか、上原謙との再会時の態度の変わりようにニヤニヤしっぱなしでした。
Commented by nijibabu at 2010-05-09 23:43
>かっぱ太郎さん
こんばんは!
図書館めぐり楽しいですよね。
地域に関係なく、珍しい作品を借りられるチャンスがあるのも利点です。
しかも無料ですし。
東京のツタヤにさえ置いてない作品を発見した時は興奮します。

『晩菊』ご覧になりましたか!
古い映画ですし、巷の評価が特別高い作品ではないので、不安でしたが、気に入って頂けたようで何よりです(^_^)
<< 最後の人 最近観た映画(2008.3.21) >>