古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2008.5.5)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_9282046.jpg『機動警察パトレイバー』(1989/日本)
【監督】押井守
★★
この系統のアニメには苦手意識があったが、果敢に鑑賞してみた。 やはり苦手。 ただし、首都圏に関するリアルな描写には驚いた。 これには感心させられた。 しかし、この感心ポイントは本作の見所とどこまで合致しているだろうか? つまり、私が興味をおぼえたポイントは、本作の見所とはズレた箇所である。 こう考えると、やはり私には合わなかった作品のようだ。 そして、登場人物達の声。 アニメだから仕方ないのかもしれないが、妙にやかましい。 アニメ好きでない限り、耳障りなこと間違いなし。 そしてバブル絶頂期に製作されたというのも興味深い。 あの頃の勢いなら、10年後にはこんなんなってるのでは?というノリだろうか。 全く能天気な時代だ、あの頃は。


c0073737_9301342.jpg『座頭市物語』(1962/日本)
【監督】三隅研次
★★★★
モノクロ映像がとてもシャープ。 そしてストーリーもシンプルで良い。 勝新もドスがきいた声でドスを振り回し、かっこよくないのにかっこよい。 不思議な魅力を持つ時代劇だ。


c0073737_9322622.jpg『20.30.40の恋』(2004/香港/台湾/日本)
【監督】シルヴィア・チャン
★★★
20代と30代と40代の女性の3人のラブストーリーが平行して描かれる。 前半はあまりにめまぐるしく三者の話が入れ替わるので、散漫な印象を受けた。 しかし、だんだんと一人一人の話がじっくりと描かれる形に移行していき、途中からそれなりにハマることができた。 特別に傑作とは思えないが、それぞれの話はなかなかにしっかりしていて、それなりに楽しめる佳作である。


c0073737_9333899.jpg『名刀美女丸』(1945/日本)
【監督】溝口健二
★★
現存する30本余りの溝口作品のうち残すはあと5本。 ついにここまで来てしまった。 とても寂しい気分だ。 さて、本作は『必勝歌』などと同時期、すなわち戦争終結前後に作成されたものである。 制約が多かったのであろう、出来はとても悪い。 少なくとも、溝口らしさは出ていない。 それにどうも話が飲み込みづらい。 文語体でのセリフが多すぎるからだ。 まあ、それは時代劇ではよくあることだ。 しかし、たださえ時代劇と相性悪めな溝口作品で、文語体のセリフ連発となると、ますますもって話を理解し難いものがあった。


c0073737_9354242.jpg『地下室のメロディー』(1963/フランス)
【監督】アンリ・ヴェルヌイユ
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_9365747.jpg『暗くなるまでこの恋を』(1969/フランス)
【監督】フランソワ・トリュフォー
★★★
サスペンス仕立てなのは『隣の女』に通ずるものがある。 後半はこういう破滅路線のフランス映画にありがちな収束をみせる。 『隣の女』よりは多少良かったものの、不満も感じた。 ベルモンドは相変わらずマッチョで、ドヌーヴは相変わらず足がキレイだった。


c0073737_9403071.jpg『母を恋はずや』(1934/日本)
【監督】小津安二郎
★★
最初と最後が欠落している点を抜きにしたとしても、それほど良い作品だとは思えませんでした。 小津監督のサイレント作品で現存するものはほとんどを観ましたが、その中でも出来は良くないほうだと思いますね。


c0073737_9425553.jpg『鴛鴦歌合戦』(1939/日本)
【監督】マキノ正博
★★★
東京は京橋の国立近代美術館フィルムセンターにて鑑賞。 16mmだったので、大スクリーンとは呼べず、又、かなりピンボケ画像だったのが残念。 さて内容だが、時代劇ミュージカルであり、歌って踊って、ちゃんばらもアリの内容。 楽しいが、ミュージカルを苦手とする私には相性が悪かったようだ。 しかしながら、お春さんのあまりに可愛すぎる言葉の数々には思わず顔がほころんだ。 「チェッ!」もサイコーでした。 私も言われてみたーい(><)ノ



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-05-05 09:44 | ◆映画関連 その他 | Comments(6)
Commented by 青観 at 2008-05-05 19:44 x
にじばぶさん、こんばんは!相変わらず素晴らしい映画に対する愛が感じられるコメント、ここに来るのが日課になってます。私の方はというと、相変わらず、少数派のコメントしかない。私だけとか、そんなばかり見てます。ところで、大分喜んでもらえたみたいで良かった。良かった。司葉子のあの腕時計になりたい気持ちはにじばぶさんと一緒。ではまた。ばはは~い!けろよ~ん!←これやらないとね。1日が終わりません。
Commented by nijibabu at 2008-05-06 12:34
>青観さん
こちらでも、こんにちは!
いやいや、青観さんにお褒め頂けるなんて恐縮です。
でも嬉しいです。
ありがとうございます(^_^)

青観さんの作品チョイスはすごいです。
私は自分をマニアックな映画ファンとか勝手に思っていますが、それでも、なかなかレビュー一人なんて作品はありませんので。

それでは、4連休最後の一日を楽しくお過ごしくださいませ!
ばはは~い!けろよ~ん!
Commented by tonbori-dr at 2008-05-06 21:35
『機動警察パトレイバー』はその2と共にオススメアニメ映画なんですけれど、nijibabuさんの感想は目からウロコでしたね。
>そして、登場人物達の声。 アニメだから仕方ないのかもしれないが、妙にやかましい。 アニメ好きでない限り、耳障りなこと間違いなし。
ただ吹替え声優さんの作品のご意見伺わないとまだちょっと纏まらないけれど、ジブリの鈴木Pが棒読みと揶揄されながらも一般の俳優さんをメインに据えるところがそういう部分にあるのかもとちょっと思いました。
Commented by nijibabu at 2008-05-07 23:18
>tonbori-drさん
パトレイバーは評判が良いアニメなので、観てみたのですが、どうも好みに合いませんでした。
というより、アニメそのものが好みに合わないようです。
作品としては決して劣っているとは思いませんので、どうか気を悪くなさらないようにお願いしますね<m(__)m>
しかし、映画批評ってのは難しいですね。
やはり、私が読む立場ならば、自分のお気に入り作品を酷評されると決して気分は良くないですから。
ですが、嘘を書いても仕方ないので、正直書くしかないという感じです。
だから、人によっては、気に入らなかった作品についてはレビューを書かないという無難な選択を取られる方もいるのだと思います。
私はかつてそういうスタイルをとっていたのですが、勇気を出して、最近観た映画のレビューを全て書くことにしたんです。

ジブリ作品についてのtonbori-drさんの考察は、鋭いものがありますね。
感心いたしました(^_^)
Commented by tonbori-dr at 2008-05-08 00:20
いや、そう恐縮されると(^^;
基本的に自分がオススメであっても面白いとダメなのはあると思いますので。もう気にせずやっちゃって下さい(^-^)b
自分も『リベリオン』っていう近未来ディストピアもの映画が好きなんですけれど作品的には超が付く駄作でして(苦笑)
単純にこの映画に出てくる拳銃を使った殺陣があまりにもすごくてそれで好きなんですけれど、SF映画好きの人に言わせるともうそれはケンもホロロです(^^;
ただ声の部分は自分も随分声優さん絡みのエントリを立てたんですけれど実際大人が観る時、作品が純粋に子供用ならいざ知らず、その辺りはちょっと考察に値するなと。(そのパトレイバーの監督さんが新作で声優でなく俳優を起用したこともありまして)後々このエントリにTBさせていただくやもしれません。その時はよろしくお願いします。

コメント乱文、長文になりましてすみません(^^;
Commented by nijibabu at 2008-05-08 23:34
>tonbori-drさん
そうですね、気にしていたらレビューなんてかけませんよね^^;

私の超お気に入りの作品ってのも、世間ではそれほど評価されていなかったりします。
やはり個性が強いからこそ、ある人にはツボにはまりますし、はまらない人には駄作に思えてしまうのかもしれません。

TBですが、スパムTBが多すぎて、TB拒否にしてしまっているんです。
申し訳ありませんが、しばらくはTBできない状態です。
ご了承くださいませ<m(__)m>
<< 当ブログへのコメント数ランキング発表 地下室のメロディー >>