古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2008.5.14)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23391528.jpg『私は告白する』(1953/アメリカ)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_23422944.jpg『王将』(1948/日本)
【監督】伊藤大輔
★★★★★
これ実話モノなんですね。 個人的に、プロの将棋世界には昔から興味があったので、楽に理解することができました。 その点も、本作を楽しむに当たって、とても有利に働いたようです。 さて、主演のバンツマの演技ですが、とにかく素晴らしい! このバンツマの傑出した演技が本作を傑作にまで昇華させている。 それだけバンツマの演技は凄まじい。 そして脇役の斎藤達雄だが、小津監督のサイレント時代に何度も観たことがある俳優さんなので、トーキー映画で声を聞けてびっくり。 こんなソフトな話ぶりの方だったんですね。


c0073737_23435134.jpg『フレンチ・カンカン』(1954/フランス)
【監督】ジャン・ルノワール
★★★
すごい躍動感! 画面が踊り出すかの様だ。 ラストの怒濤の盛り上がり。 特に「運動会のマーチ」がかかり始めた時には鳥肌が立った。 ミュージカルは苦手だったが、本作は全く苦にならなかった。 ただし、ジャン・ギャバンは役柄に合ってない。 ミスキャスト。 最後、「女性よりも仕事を優先する」みたいな発言をするところで、少し悪い男風に。 これでこそ、ジャン・ギャバン。 やはり彼には悪い男がよく似合う。 これでジャン・ルノワールは6本目。 まだまだ観てみたい監督だ。


c0073737_2347348.jpg『ナイルの娘』(1987/台湾)
【監督】ホウ・シャオシェン
★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_23481465.jpg『シミキンのオオ!市民諸君』(1948/日本)
【監督】川島雄三
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_23501068.jpg『東京の宿』(1935/日本)
【監督】小津安二郎
★★★
まあ、内容としては小津サイレントの中でも平凡なレベルでしたね。 しかし、本作が小津最後のサイレント作品とは! つまり、これで視聴可能な小津サイレント作品のほとんどを観たというわけです。(まだ数本、未見のものがありますが) これには感慨無量です。


c0073737_23514845.jpg『誓いの休暇』(1959/ソ連)
【監督】グリゴーリ・チュフライ
★★★★★★
久しぶりに時間が経つのを忘れる程の凄い映画を観ました。 特に、主人公の青年と少女との恋を描いた部分が素晴らしいです。 旧ソ連の戦争モノには傑作が多いですね。


c0073737_23541861.jpg【監督】ヤン・シュワンクマイエル
『フード』(1992/イギリス)★★★
生理的に全く合いませんでした。
『石のゲーム』(1965/オーストリア)★
アートなんでしょうが、まったく興味がわきませんでした。

『ワイズマンとのピクニック』(1968/オーストリア)★
よく分かりませんでした。
『肉片の恋』(1989/イギリス/ドイツ/アメリカ)★★★
この監督の作品の中では唯一良かったですね。
『フローラ』(1989/アメリカ)★★
美しいんだかグロテスクなんだか、それすらも分からないです。
『スターリン主義の死』(1990/イギリス)★
チェコの歴史的背景は知らないし、興味もない。
『プラハからのものがたり』(1994)★★
ヤン・シュヴァンクマイエルのインタビューを交えたドキュメンタリー作品。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-05-15 00:04 | ◆映画関連 その他 | Comments(15)
Commented by 青観 at 2008-05-15 22:05 x
にじばぶさん、こんばんは!学生社長も見たんですね。あっ!誓いの休暇の星が6つ、いや~あの映画、早くランキング入りしてほしい。ところで、増村保造監督、若尾文子の「妻は告白する」コンビの「女の小箱より夫が見た」これ、すげ~~~~~~~~見たい。このコンビの作品では「華岡青洲の妻」「赤い天使」「青空娘」「清作の妻」「最高殊勲夫人」も良かったでのし!あと、未見のもので「偽大学生」「美貌に罪あり」「濡れた二人」が見たい。
Commented by 定年間際 at 2008-05-16 00:21 x
青観さん、にじばぶさん今晩は。
増村保造の「女の小箱~夫が見た」傑作ですよ!若尾&田宮がドバーと
激しいです。それと「濡れた二人」円熟期の若尾文ちゃん最高です。
監督さんチョットくたびれたかなって感じですが。
新しい(?)ところで「遊び」と原田美枝子の「大地の子守歌」、強烈に生きてますよ画面の中の皆さんが。是非観てくださ~い。
 
「芸術大全」HP拝見しました。「飢餓海峡」の中身読んで胸のつかえが
いっきに下りました。
最近の映画がつまらない理由・・ズバリ本当に同感です。
左幸子って女優さん本物の名女優ですね!けっして美人ではないですが、最近の学芸会レベルの俳優さん女優さん!チャラチャラせずにもっと勉強しろよなぁ、監督さん本気になって仕事しろよ!って大声で言いたいです。
彼女の「日本昆虫記」素晴らしいですよね。
ではまた
Commented by nijibabu at 2008-05-16 20:28
>青観さん
こんばんは!
私が今回観た川島作品は、『学生社長』ではなく『お嬢さん社長』ですよ。
『学生社長』はまだ見れていないんです。
もっと沢山の川島作品が見たい。
ほんとビデオ化されている川島作品が少なくて、青観さん同様、不満です。

増村作品もまだあまり見れていないので、もっと観たいんですが・・・
これだけのハイペースで観てるのに、観たい作品がちっとも減りませんヽ( ´ー`)ノ
どうしたものでしょうか・・・
Commented by nijibabu at 2008-05-16 20:30
>定年間際さん
こんばんは。
私も『藝術大全』のHPを観ました。
とても興味深いHPですよね。
『飢餓海峡』は私も大好きな作品です。
左幸子の演技はもちろん、三國連太郎もかなりいい味出してます。

『日本昆虫記』は見ましたが、どうも今村監督との相性が悪いようです。
今村監督の作品はどれも凡作に見えてしまうのです。

『濡れた二人』も見てみたいですね。
Commented by 青観 at 2008-05-17 07:58 x
にじばぶさん、定年間際さん、おはようございます。本当にあの映画の左幸子の演技力の前には最近の俳優、俳優と言えるのか?なぞ、爪のあかでも煎じて飲めと言いたくなりますよ。左幸子、日本一演技力のある女優です。幕末太陽傳のお染めも、毎日車の中で志ん生の「品川心中」聞いてますが、お染め=左幸子しか頭に浮かんできません。凄いことです。同じように金造=小沢昭一しか浮かびません。あの二人の映像が頭に浮かび上がります。左幸子といえば飢餓海峡は文句なし、にっぽん昆虫記も凄い演技力、あと、神阪四郎の犯罪も素晴らしいです。
Commented by 青観 at 2008-05-17 08:03 x
あっ!にじばぶさん、すいません。お嬢さん社長でしたね。学生社長と間違えてました。社長といえば社長シリーズは後半の作品より断然、前半をオススメします。ところで今日は小津特集2週目!東京物語を見に行ってきます。にじばぶさんの私も好きなあのお方も出てますね。あの方とは、にじばぶさんがかかとに惚れてらっしゃるあの方ですよ。勿論、解りますよね。
Commented by nijibabu at 2008-05-17 10:04
>青観さん
おはようございます!
休日、随分お早いのですねぇ。
私なんぞ、疲れて今頃起きました。トホホ。

社長シリーズはまだ一作目しか観られていないんです。
全部観たいですが、DVDが飛び飛びにしか出ていません。
順序よく一作目から観ていこうとしただけに、つまづいていますよ。
全作品DVD化して、ツタヤにズラーっと並べて欲しい。
そうすれば全部観られるのに・・・

『東京物語』行ってらっしゃいませ!
かかとに惚れたと言えば、もちろん京子ちゃんですよね!
いいですよね、近松物語の、あのかかと。
惚れちゃいます(><)ノ
Commented by 定年間際 at 2008-05-18 00:07 x
青観さん、にじばぶさん今晩は、
>青観さん、「太陽はひとりぼっち」いかがでしたか?アントニオーニの中では解り易いほうで、「赤い砂漠」「情事」「さすらい」になるともうダメダメ。私はこの映画を「神経衰弱3部作」と呼んでいますですはい。
結構良かったのが「欲望」!B・レッドグレーブもよかったし。
でも原題の「ブロウアップ」が何で「欲望」なんですかねぇ・・・・・・?

山本薩夫、大大大の苦手監督、「氷点」「白い巨塔」くらいしか拝見してませんですハイ。「真空地帯」なんぞ観ると病気になって1週間位寝込みそう。でも社会の醜い面に背を向けてはいけませんよ!ハイ。

「東京物語」の中で香川京子が「大人なんて皆自分勝手でキライ」なんて意味の事のたまうシーンが最後にあるんですが、そこであの永遠の処女原節子が「イヤでも皆そうなっていくものなのよ」となぐさめます、圧巻でした。大人の映画ですなあ・・・小津さんはやはり偉い!
ではまた
Commented by nijibabu at 2008-05-18 08:06
>定年間際さん
おはようございます。

『太陽はひとりぼっち』ですが、個人的には、映像的な部分で強いインパクトを感じたので、内容的な部分はあまり気になりませんでした。

単純に男女の意思疎通の難しさ、そして「核」というものが広がりつつあり、戦争に対する不安が拡がりつつあった時代背景というものが、画面に映しだされていたと解釈しました。

そこにあの無機質でスタイリッシュな物質が沢山出てくる。
更にそれで不安というか、孤独感が強調されているような気がします。
それを楽しめるか、単に退屈と感じるかは、それこそ好みの世界になってきますよね。

1点をつけてる人もいれば、私のように10点満点をつけている人もいるような、非常に好みが極端に分かれる作品かと思われます。
でもそれだけ異質で強烈な輝きを持った作品なんじゃないでしょうか。
Commented by nijibabu at 2008-05-18 08:10
>定年間際さん(続き)
『赤い砂漠』はとにかく原色の色使いが印象的で、少しエロチシズムと人間の汚さみたいものも演出されていたような気がします。

『欲望』は、かなり好きな部類に入る作品ですね。
ブローアップという原題をそのまま日本語にすると『引き伸ばし』になってしまって、日本人にウケが悪くなるから、エイヤ!と『欲望』に決めてしまったんですかね。
でも何の「欲望」なんですかね。
確かに解らないです。

『情事』はつまらなかったです。

『さすらい』は、あのふらつき感が良かったですね。

ちなみに『夜』が『太陽はひとりぼっち』『欲望』に次いで好きな作品です。


山本薩夫監督、お苦手ですか~
確かに暗くて精神的に追い込まれるような作品が多いですからね。
私も見ていて疲れることが多いですが、でもこの監督さんの作る作品はどれも力作揃いで、観た後に満足感は感じます。

原節子は、どうもあの笑顔が苦手です。
まあ単なる女性の好み的な話ですが(笑)。
Commented by 定年間際 at 2008-05-18 23:10 x
にじばぶさん、今晩は!
小津の「一人息子」もう少し点数をくださいな・・・・あ、でも好みの問題にもなるし難しいかな。
「一人息子」と山中貞雄の「人情紙風船」は忘れられない2本です。
息子が18の時大学浪人して投げやりな日々を送っていました。
手がつけられない時偶然この映画を家族で観たんです(意図的に選んだ訳ではなく)、千回の説教よりも効き目があった(?)らしく自分の道を見つけて進んでくれました。30ちかくになりますがいまでも時々この映画の事を口にします。
チョッとしめっぽくなりましたが「一人息子」の題名が見えたので簡単にエピソードをひとつ添えてみました。もちろん私も大好きな映画です。

ところでにじばぶさん!
にじばぶのレビューはどうやったら見られるんでしたっけ?
最近は物覚えが悪いのですぐ忘れてしまうんですよ、前一度読んだんですけどねぇ・・・・。
Commented by nijibabu at 2008-05-19 19:39
>定年間際さん
こちらでもこんばんは。
『一人息子』点数辛くてすいません(笑)
私の小津作品に対する好みは、かなり偏っていますので、どうかお気になさらないで下さいね。
世間的に評価の高い小津作品である『東京物語』『晩春』『麥秋』『生まれてはみたけれど』辺りは、個人的に「まあ普通」とかの評価をしている私なもので、好みがだいぶヒネクレているようであります。

ちなみに、小津で好きな作品は『出来ごころ』『秋刀魚の味』『宗方姉妹』です。

山中貞雄の『人情紙風船』は確かに凄い作品でした。
なんか雰囲気がただ事じゃない迫力があります。
でも個人的に一番好きな山中作品は『河内山宗俊』だったりします(笑)。


「にじばぶのレビュー」っていいますと、上の記事内にあるリンクのことでしょうか??
それならクリックすれば記事(このブログ内の記事です)に飛べるはずです。
もし飛べないようならおっしゃって下さい。
チェックしてみますので。
Commented by nijibabu at 2008-05-19 19:39
>定年間際さん(続き)

それとも私が登録している「みんなのシネマレビュー」のことをおっしゃっているんでしょうか??
もしそれなら、↓のURLになります。

http://www.jtnews.jp/cgi-bin/revper.cgi?REVPER_NO=25661
Commented by 定年間際 at 2008-05-20 00:20 x
にじばぶさん今晩は!
「みんなのシネマレビュー」のURL有難う御座います、足跡がありました

「スエーデンの城」モニカと映画音楽(ジャズ)だけに惹かれて観た記憶があります高校生の時に、内容は子供だったのでよく理解できなかったようです・・・・男女の愛のもつれがどうのこうの・・・あれ、ロジェ・バデムなんですね監督が!機会があったらまた観なくては。

「河内山宗俊」原節子18歳だそうですねぇ、しっかりしてますですねハイ
大人の雰囲気ですねもうすでに。山中の「丹下左膳余話百万両の壷」がどうしても観たくて今探してま~す。
ではまた
Commented by nijibabu at 2008-05-20 23:20
>定年間際さん
こんばんは!
いえいえ、「みんなのシネマレビュー」では、ここにアップしていない映画についても、簡単ではありますが沢山のレビューを書いています。
又、青観さんのレビューも読めるはずです。
青観さんのレビューは、とても素晴らしいものばかりですので、是非ご覧になってみてください^^

『スエーデンの城』はロジェ・バデムですね。
内容は確かに大人な映画でしたね。

『丹下左善余話百万両の壷』はまだご覧になったことはないのですか??
もし未見のようでしたら、DVDを購入してでもご覧になられることをオススメいたします!
大河内傳次郎の立ち回りが凄いですから!
<< Z 狂い咲きサンダーロード >>