古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2008.5.28)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23413682.jpg『赤い風船』(1956/フランス)
【監督】アルベール・ラモリス
★★★
例えれば、「少年と赤い風船のプチ・ロードムーヴィ」か。 何とも切ないお話である。 30分ちょっとの間に雄弁に語られる少年と赤い風船の物語。 時に哀しく、時にユーモラスに。 テクニカラーの独特なカラー映像、街に映える風船の鮮やかな赤。 いかにも映画といった映画で、音楽と映像、そしてストーリーが、赤い風船の摩訶不思議な動きと相まって、不思議な感動を呼び起こす。 メルヘンな雰囲気が好きな人なら気に入るはず。


c0073737_23461992.jpg『父ありき』(1942/日本)
【監督】小津安二郎
★★★★
小津作品を年代順に観てきたが、本作でかなりの「完成」を感じた。 小津スタイルが確立された頃のような気がした。 音声の劣化が酷く、まともに視聴できる状態でないのが悲しい。 しかしながら、笠智衆の演技が抜群に良い。 小津サイレント時代の常連俳優、坂本武も脇で良い味を出していた。


c0073737_23481393.jpg『三十三間堂通し矢物語』(1945/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_2349524.jpg『破れ太鼓』(1949/日本)
【監督】木下惠介
★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_23592538.jpg『橋』(1959/西ドイツ)
【監督】ベルンハルト・ヴィッキ
★★★★
前半は退屈極まりない。 本サイトでの高得点に疑問を持ちながら鑑賞を続けた。 しかししかし、1時間を経過する辺りから様相が一変。 非常な緊迫感の持続する終盤へと突入した。 ここからは固唾をのんで鑑賞した。 見事、その作品に引き込まれた。 この引き込まれる感覚。 これこそが映画鑑賞の醍醐味。 あー、楽しい。 楽しいけど、内容はそれとは正反対。 残酷な終幕。 戦争の虚しさと愚かさ、命の儚さ。 そんなことが映像だけを通して雄弁に語られる。 戦争映画としては硬派な部類に入り、派手さはないが、間違いなく傑作だ。


c0073737_23533855.jpg『戸田家の兄妹』(1941/日本)
【監督】小津安二郎
★★★★
前半は面白くなかったが、しり上がりに良くなった。 特に、ラスト付近の佐分利信が軽薄な兄妹たちを豪快に追っ払うシーン。 そして、熱心に母や妹を説得し、中国の天津に希望を持って誘うシーン。 これらのシーンはとても良かった。 でもこういう家族内のいざこざや女性同士の問答を内容とする作品であれば、成瀬巳喜男監督なら、もっと上手く撮ったのではないか。 小津監督は、カラっとしたコメディタッチなものを撮らせると最高に上手い監督だし。 成瀬監督は沢山の作品を撮っているから、本作の様なテーマと似た作品を既に撮っているかもしれないけど、本作の成瀬バージョンを観てみたい気がする。


c0073737_2356061.jpg『ツィゴイネルワイゼン』(1980/日本)
【監督】鈴木清順
★★
第一に面白くない。 そしていかにもな映像センスが自分とは合わない。 更に、原田芳雄が苦手。 大楠道代も楠田枝里子の様で気持ちが悪い。 だけど、不思議と印象に残る作品だ。 この特別な印象こそが、本作が高く評価される源なのかもしれないが、その良さを十分には理解できなかった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-05-28 23:57 | ◆映画関連 その他 | Comments(7)
Commented by 青観 at 2008-05-29 19:45 x
にじばぶさん、こんばんは!
「お嬢さん乾杯」見たみたいで、良かったでしょ。
あっ!にじばぶさん、鈴木清順、苦手なんですか?
確かにツィゴイネルワイゼンはさっぱり解らない。私も昔まだ小学生のガキだった頃、親父と見てたけどまるで解りませんでした。私にとってあの映画はフェリーニの「8 1/2」と同じです。鈴木清順なら「河内カルメン」など如何でしょう?
Commented by 青観 at 2008-05-29 19:51 x
にじばぶさん、連ちゃんすいません。
三歳になるかならないかの甥っ子に「飢餓海峡」の左幸子みたいに「戻る道ないぞ~」てやって遊んでたら泣かれてしまいましたので「乱れ雲」の司葉子みたいに「ばはは~い!けろよ~ん!」てやってみたら笑ってもらえて良かった。良かった。本当に良かったのか?
あっ!そういや、あの挨拶しばらくやってませんでしたね。
「ばはは~い!けろよ~ん!」
Commented by 青観 at 2008-05-29 20:12 x
三谷すいません。あっ!三谷は「しとやかな獣」の若尾文子様でした。三度すいません。
「誓いの休暇」あと四人でランキング入りです。早くランキング入りしないかな!早くランキング入りしないかな!と思う作品リストをプロフィールにて書いてきました。感想よろしくお願いします。では、今度こそ今日はこれにて失礼!「ばはは~い!けろよ~ん!」
Commented by nijibabu at 2008-05-29 23:54
>青観さん
こんばんは。
『お嬢さん乾杯』、とても良かったです。
何しろキャスティングが良い!
佐野周二と佐田啓二が兄弟分なんて、かっこよすぎる!
これだけで、既にツボにハマりました。

雰囲気も、木下作品というより、どこか川島作品的で、魅力がありました。

『ツィゴイネルワイゼン』は、ワケが解らないのもそうですが、俳優や女優はもちろんのこと、映画全体の雰囲気が生理的に合わなかったです、ハイ。

『飢餓海峡』ネタで、子供さんをいじめちゃいましたか!(笑)
これには、爆笑してしまいました。
毎度、笑わせて頂き、ありがとうございます(笑)。
仕事の疲れが少し和らぎました!
それにしても、子供さんに「戻る道ないぞ~」は、シャレがきつすぎますよ!(笑)
「ばはは~い!けろよ~ん!」は、子供受けしそうです。
でも、やっぱり、私や青観さんが「ばはは~い!」やるより、司葉子にやってもらうのが一番ですけどね!
Commented by nijibabu at 2008-05-29 23:55
>青観さん(続き)
『河内カルメン』、主演の女優さんがどうも苦手なので、敬遠してます。
でも、いずれ観ると思います。
何しろ、有名な作品ですし^^

『誓いの休暇』、早くランキング入りしてほしいですね!
素晴らしい作品ですからね。
しかも、『バック・トゥ~』を絶賛している方でも、理解できるような受け口の広い作品ですから、更に評価が高まりそうですし。

プロフィール、今から見に行ってきま~す!

それでは、ばはは~い!けろよ~ん!
Commented by Scarface at 2014-01-16 19:15 x
にじばぶさん、どうも初めまして。
私も「戸田家の兄妹」には感動しました。
小津作品は最初苦手だったのですが、コレと「生まれては見たけれど」「長屋紳士録」「浮草」「非常線の女」はとても良い作品でした。
「父ありき」は見逃していた作品です。今から見るのが楽しみです・・・。

私も木下恵介のコメディ映画は好きですねー。
でも「女」といった短編も捨てがたい。

あー「ツィゴイネルワイゼン」は私も苦手な方です。凄いのは確かですが・・・鈴木清順は「けんかえれじい」の頃が一番良かったかも知れません。

フェリーニの「8 1/2」・・・確かに(笑)
まあ私はそんなフェリーニが好きだったり・・・「悪魔の首飾り」が一番好きですかねー。
Commented by nijibabu at 2014-01-21 23:18
>Scarfaceさん
はじめまして。
小津作品は、初期のも面白いですが、晩期作品の方が更に好きです。
遺作の『秋刀魚の味』なんか大好きです。
サイレントは、小津独特の雰囲気がありますよね。
他のサイレントに似つかない独特の魅力が。

木下惠介監督作品は、まだそれほど作品を観ていないので、今後の課題です。

鈴木清順監督は、基本的に合いません(笑)。
<< あにいもうと(1953) 破れ太鼓 >>