古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2008.6.10)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1965842.jpg(シネフィル・イマジカ「シネフィル・ショートショート」企画にて放映)
『最初が肝心』
(2006/フランス)
★★★★
「シネフィル・ショートショート」という企画においてオンエアされた短篇。 主演の女のコがカワイイ! そc0073737_19464238.jpgしてスーツにミニも抜群に似合っていて、キュート&セクシー。 しかし、哀しいかな、アゴが微妙に割れている。 これがなければ完璧な外見なのに・・・ 内容としては、エリート新卒として意気揚々と入社した女のコが、トイレに閉じ込められてしまうというもの。 かっこよく仕事をこなしてみたものの、トイレから出られなくなってしまっては格好がつかない。 どうにか脱出しようと孤軍奮闘、試みるがなかなか出ることができず。 最後はパンチラまで見せて脱出しようとまでする。 、、とまぁ、短い割にはなかなか観られる作品でした。

(その他、一緒にオンエアされた短篇)
『痛い思い出』(2004/アイルランド)★
『恐怖のドクター・バード』(2004/オランダ)★
『ラウル・ジ・ソウザ』(2005/ブラジル)★
『マリオンと王妃』(2006/アイルランド)★★
『639番目の人形』(2005/ハンガリー)★★
『バルボーザ』(1988/ブラジル)★★★


c0073737_1922544.jpg『小早川家の秋』(1961/日本)
【監督】小津安二郎
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_19215889.jpg『夢野久作の少女地獄(火星の女)』(1977/日本)
【監督】小沼勝

映画館にて、“わざわざ”鑑賞。 観るに足らない作品。 日活ロマンポルノのレベルの低さを初体験。 苦痛きわまりない。 特にヒロインがブサイク。 しかも女子高生に見えないほど老けている。 「火星さん」というあだ名も不快感だけが募る。 ラストも、上手く収めることができず、ぐちゃぐちゃになって、そのまま放置した感じ。 しょーもない映画だった。


c0073737_19265942.jpg『鏡心』(2005/日本)
【監督】石井聰亙
★★★★
石井聰亙が監督・脚本・撮影・製作・編集の全てを担当した、自主映画の様な作品です。 しかし、そこは石井聰亙監督の力ですから、凡作にはなっていません。 映像で語る作品なのですが、これが素晴らしい映像美! はっきり言って、出演者の演技とセリフはいらない感じ。 それだけ映像が綺麗で素晴らしい。 『狂い咲きサンダーロード』の様な荒削りな作品を撮った監督とは思えない、洗練された作品に仕上がっています。 万人にオススメできる作品ではないかもしれませんが、映像重視の映画ファンの方には絶対オススメしたい作品です。 もちろん石井聰亙ファンの方は必見です。


c0073737_19282844.jpg『プーサン』(1953/日本)
【監督】市川崑
★★★★★
伊藤雄之助がとにかく凄い! 男の哀愁が体全身に漂っています。 伊藤雄之助って、こんなにも凄い俳優だったんですね。 いやぁ、感服いたしました。 そして加東大介も、本作では特に魅力を発していました。 元々好きな俳優ですが、本作の加東大介は、事のほか良かったです。 院長室での伊藤雄之助とのやりとり、電車の中での女性二人に挟まれた時の表情などなど、面白すぎです。 市川崑監督の作品って、あまり本数観ていないんですが、初期にこの様な素晴らしい作品を撮っているんですね! なんかハマりそうな予感がします。


c0073737_19304346.jpg『雄呂血』(1925/日本)
【監督】二川文太郎
★★★★
80分という短い尺に加え、頭から最後までスピーディに見せるので、最後まで楽しむことができた。 バンツマがどうこうより、作品としてまず面白いし、出来が良い。 評判だけでイマイチだった『赤西蠣太』なんかよりは、評判に内容が伴っていて、素直に楽しめた。


c0073737_19324682.jpg『リリー・マルレーン』(1981/西ドイツ)
【監督】ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー

“夭折の天才監督”と称されるドイツ人監督であるライナー・ヴェルナー・ファスビンダーによる作品。 その呼び声には遠く及ばず、酷い出来。 音楽の入れ方、カットの割り方、映像センス、無意味なズームアップ、魅力を感じない出演陣・・・などなど、全てがダメダメ。 最後まで観るのが一苦労なレベルだった。 “夭折の天才監督”とは、フランスのジャン・ユスターシュの様な偉大な監督のことを言うのであって、決してファスビンダーのことを指すべきではない、と私は主張したい。 一言で本作を表現してしまえば、「地上波で深夜に適当に放送されてそうな洋画」といった感じだろうか。 眠れない日に、何とはなしにテレビでぼんやり観る分には問題ないが、わざわざレンタルしてまで観たので、かなり損した気分になった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-06-10 19:36 | ◆映画関連 その他 | Comments(16)
Commented by 青観 at 2008-06-10 20:07 x
にじばぶさん、こんばんは!相変わらず沢山見てますね。素晴らしい。ところで伊藤雄之助、良いねえ。川島雄三監督の「しとやかな獣」のあの父親ぶり、市川崑監督「プーさん」良いねえ。他にも山本薩夫監督の「にっぽん泥棒物語」に黒澤明監督の「生きる」に私が一番好きな伊藤雄之助は岡本喜八監督の「血と砂」この伊藤雄之助が一番です。にじばぶさんにも是非見て欲しいなあ!岡本喜八監督の素晴らしい戦争映画であり、喜劇であり、青春映画としても見事な傑作。伊藤雄之助の出てる映画は傑作が多い。
Commented by 青観 at 2008-06-10 20:16 x
連続ですいません。
市川崑監督でオススメは他には「犬神家の一族(1976)「悪魔の手毬唄」このテレビ版古谷一行のもオススメ。佐藤友美があんなことに。あっ!他に市川崑監督のでは「ビルマの竪琴(白黒の)」「東京オリンピック」黒い十人の女」「私は二歳」「股旅」など。
Commented by 青観 at 2008-06-10 22:46 x
またまたすいません。最近観たと言うより今見てました。暑くてバテ気味。そんな時はやっぱり寅さんに会いたい。そう思って先程まで寅さん見てました。やっぱり寅さんは良いなあ!なんか寅さん見ると元気になれる。こないだは豚カツ喰ったらとんかつ大将観たくなり、今回はさっきメロン喰ったら寅さん観たくなり、何か物凄く単純だなあ!
ところで四ッ谷、赤坂、麹町って合ってるのかな?お茶の水はかなり離れてますよね?
Commented by 老青年 at 2008-06-11 15:47 x
にじばぶさん。
伊藤雄之助お気に入りのようですネ。プーサン確かにユニークな映画でした。作られた時代を考えれば正に画期的な作品といえましょう。
伊藤雄之助でお薦めは「赤い陣羽織」です。新文芸座の香川京子特集でやりますね。同時上映は「人間の壁」どちらも山本薩夫監督。雄之助は両方に出ています。「人間の壁」はDVDもあるけど「赤い陣羽織」は未ビデオ化作品ですよネ。これは掘り出し物艶笑コメディーです。山本薩夫ってどらかと言うと重苦しい作品が多いですが、こういう軽いタツチの映画もうまいのでビックリ。後、香川ファンとしておさえておきたいのは「明日ある限り」でしょう。香川京子が20代から60代までを演じて頑張ってます。豊田四郎監督。もう予定に入ってます?
Commented by nijibabu at 2008-06-11 19:16
>青観さん
こんばんは。
『にっぽん泥棒物語』は新宿ツタヤにないので、レンタルは絶望的です。
観たいので、いずれ映画館で上映されるのを待ってみます。
月40本近く観ていますが、宿題映画がちっとも減りません^^;
最近は皆様からも推薦作品を数多く教えて頂いているので、余計に宿題映画がたまっています。
どんなにハイペースで観ても、観たい映画が減っていかない。
これは幸せなのか?地獄なのか?
時々、この無間地獄にわけがわからなくなります(笑)

とんかつはとんかつでも、やはりとんかつ弁当ときたら、『とんかつ大将』ですよね!
佐野周二が食べていた、あのとんかつ弁当を食べてみたい!

四谷、赤坂は合っていますが、麹町だけ電車で言えばはずれています。
御茶ノ水は赤坂の先ですが。
いつも思うんですが、なんで麹町が出てくるのか解りませんね。
だけど、寅さんの口上って、意味を細かく追求したら、意味不明なもの多いですけどね(笑)
Commented by nijibabu at 2008-06-11 19:18
>老青年さん
こんばんは。
新文芸坐は池袋にありますが、私の自宅や勤務先からだと、ちょっと行くのが苦しいんです。
行けないことはないですが、平日観に行くと、帰宅が0時近くになりますからね^^;
仕事に影響が出ると困るので、あまり行けません。
そんな中、『杏っ子』は観に行きましたし、『しいのみ学園』も観に行く予定です。
あとは厳しいかなぁ・・・
Commented by 愛猫家 at 2008-08-10 21:46 x
にじばぶさん 今晩は

「鏡心」凄かったです!!

ぞっとするくらいの映像美で、この世のものと思えない。
全身の産毛が逆立ってしまいました。

石井聰亙監督はこんな作品を撮るようになったんですか!?
おかげで昨晩は興奮して眠れませんでした。(笑)
こうゆう作品私は大好きです!

にじばぶさんの言うとおり台詞は要らない、いっそ邪魔。ただし、短編だから良いんでしょうね。これで2時間だとしんどいですよね。

にじばぶさんの紹介がなかったら見ることはなかったと思うので、いつもながら感謝!感謝!

これからもどうぞよろしくお願いします。



Commented by nijibabu at 2008-08-11 00:03
>愛猫家さん
どうも!どうも!今晩は!
『鏡心』ご覧になりましたか!
凄かったでしょ~!あの独特の映像美!
デジタルっぽさが、良い意味で突き抜けた映像でしたね。

石井聰亙監督、凄いですよね。
何が凄いって、どんな作品でも撮っちゃう、その懐の広さと才能の豊かさ。
石井監督には、これからも色んな作品にチャレンジしてほしいですね。

感謝だなんて!
こちらこそ、いつも私なぞが推薦した作品をご覧になって頂き、ありがとうございます!
とても嬉しいですよ♪
これからもどうぞよろしくお願いします!

P.S.) いつか愛猫家さんと一緒に映画観に行きたいです!いや、是非行きましょう!
Commented by よしぼう at 2010-01-09 15:49 x
こんにちは。にじばぶさん。
石井聰亙は「狂い咲き」や「逆噴射家族」が好きなので、「鏡心」ぜひとも観てみたいと思います。
あと、伊藤雄之助は、山本薩夫監督の「忍びの者」をオススメします。とんでもない役を、とんでもない演技でやっています。おそらく彼しかできない名演です。
ところで、小沼勝監督といえば「生贄夫人」ですよ。失敗作の「火星の女」をわざわざ映画館に観に行ったこと自体はいいですが、それで日活の映画全部を否定するのはどうでしょうか・・・
例えば、鈴木則文監督が日活で撮った「堕靡泥の星 美少女狩り」などは人間と神の問題を扱った大好きな一本ですし、田中登監督の「屋根裏の散歩者」、「(秘)色情めす市場」や「(秘)女郎責め地獄」などは芸術性の高さも指摘されています。いい作品もあるにはありますよ。(昔は一般映画の一流スタッフが当たり前に日活で仕事してました。若松孝二監督監督とか脚本家の田中陽造が代表的ですよ。)
Commented by よしぼう at 2010-01-09 18:07 x
連続になりますが、
「にっぽん泥棒物語」と伊藤雄之助ですか。「にっぽん泥棒物語」は三國連太郎の芸達者ぶりを楽しむものばかりと思っていました。DVD持っていますが、山本薩夫監督だけあって、ひねりの効いた社会派物ですね。コメディーという方も、法廷物という方もいます。以前、三國連太郎の”カメレオン俳優”ぶりに惚れて作品を観まくった時があります。その時にみた一本です。題材は松川事件のような戦後の陰謀でしょうか。素性を隠した泥棒が副業で出世して名士になる。ここまでならば少しわらえるジャンバルジャン物語ですが、泥棒をやっていた過去にある事件の関係者が無罪らしいことを知ってしまう。ここから少しコワくなります。若き千葉真一が今では考えられないクリーンな若手弁護士の役で出ていたりします。伊藤雄之助は刑事の役で、三國に執拗に絡んでくるいんしょうがあります。ラスト10分の法廷場面での三國の弁舌はユーモアにあふれていて演技派らしく実に見事です。確かに一度は観て欲しい作品ですね。
Commented by nijibabu at 2010-01-09 18:16
>よしぼうさん
こんにちは。
石井聰亙作品とは言っても、初期の頃の作品とは全く色合いが違います。
よしぼうさんに合うかどうか分かりませんが、是非ご覧になって感想お聞かせ下さい。

『忍びの者』、過去に観ました。
伊藤雄之助の動きが凄すぎました。
特に老け役だったので、その動きの速さとのギャップに、目が点になりました。

小沼監督、そして日活ロマンポルノ初心者である私が、日活ロマンポルノを否定するようなレビューを書いたのは、少し軽率だったようです。
ただ、去年の年末に、『キャバレー日記』を観て、その面白さにやられました。
今回のランキングをご参照頂ければ分かると思いますが、日活ロマンポルノである『キャバレー日記』、見事158本中、ベスト10に入っています。

上の記事を書いたのは1年以上前なので、それまでの間に多少、日活ロマンポルノに対するイメージは変わったかもしれません。

まだまだ映画好きとして発展途上にあり、しかも感じたことをストレートにレビューしてしまいがちな私ですので、不快に感じることがこれからもあるやもしれませんが、どうかご容赦下さいませ。
Commented by nijibabu at 2010-01-09 18:23
>よしぼうさん
『にっぽん泥棒物語』、私もDVD持ってます。
私がこの作品で、一番印象に残っているのは、三國連太郎ですよ。
最後の法廷における弁舌は、凄い迫力とユーモアがあり、三國連太郎の俳優としての凄さに打ちのめされたものでした。
Commented by よしぼう at 2010-01-09 21:53 x
たびたび、失礼します。
丁寧なご返事ありがとうございます。
ただ、偉そうなことを書いた割には、私も白状すると、日活初心者で、傑作をわざわざ探して観ています。ほとんどコメントに書いたものしか知りません。「キャバレー日記」もそのうちに観たいと思いながら、そのままにしている一本です。ご覧になったと聞いてうらやましいです。
日活はもちろんですが東映のお色気作品はどうですか。いい時代になって日活も東映もほとんどDVDで見る事ができますが、レンタルで観るのはキツイのが残念です。石井輝男監督などの異常性愛路線が飽きられた頃、東映は、どぎついお色気作品をいくつも発表しています。
例えば関本郁夫の『大奥浮世風呂』。
主人公が女装して便所から忍び込んで糞尿まみれになるとか、とても悪趣味ですが、最後は幼馴染が死んでしまって、主人公が将軍様のチンコ切り落として、道端に放り捨ててカラスに食わせるのが実にシュールでさえあります。
私もそんなに観ていませんが、日活では当時女優はスターだったのですが、東映ではお色気映画のためのコマでしかなったと聞くと、複雑な気持ちです。(記憶で書いているので、間違いがあったらスミマセン。)
Commented by nijibabu at 2010-01-11 14:11
>よしぼうさん
こんにちは。
『キャバレー日記』は、最高でした。
1970年代の新宿歌舞伎町、一番猥雑だった頃の、サラリーマンの欲求とストレスのはけ口として活躍していた、当時の風俗である「キャバレー」の実態を、余すところなく描写しており、エグさも相まって面白かったです。
森田芳光監督の『の・ようなもの』に似たテイストも感じました。

東映のお色気作品については、おそらくほとんど観たことがない気がします。
しかし、糞尿まみれとは、かなり際どいですね^^;
将軍様のチンコを切り落としカルビですか・・・・
カラスが食うというのも、なかなか後味のある締めかたですね。

石井輝男のイジョウセイアイ路線は大好きです!
Commented by よしぼう at 2010-01-14 00:27 x
にじばぶさん。こんばんは。
映画を観たい病がそろそろ始まりました。助けてください。
「勉強」のためとはいえ、ガマンするのは大変ですね。
>石井輝男のイジョウセイアイ路線は大好きです!
そういえば、石井輝男が「ポルノ」を撮っているのはご存知ですか。
「ポルノ」と言っても、東映が初めて使った、裸だらけのアクション映画という意味でです。主演は池玲子。まず、鈴木則文監督が、
「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」を撮り、続編の
「やさぐれ姐御伝 総括リンチ 」を石井監督が撮りました。
基本的にはヤクザアクションになるのでしょうが、鈴木監督の方には、主演女優が全裸でヤクザをバッサバッサと斬り捨てる名シーンがあるそうです。DVDは鈴木監督の方は国内版があるのに、石井監督の方には海外ばんしかない状態です。
こういうカルト映画って観てみたいと凄く思うんですよね。
「イジョウセイアイ路線」の影響は確実に東映の映画に影を落としているのでしょうね。(それがカルトの温床になっている!!)
Commented by nijibabu at 2010-01-14 23:04
>よしぼうさん
こんばんは。
週に1本とか、少しは観ないと勉強のはかどりも悪いかもしれませんね。

「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」は未見ではありますが、知っています。
石井輝男作品は大分観てますので、「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」もいずれ観たいですね。
<< 風の中の牝鶏 小早川家の秋 >>