古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2008.6.19)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1921638.jpg『緑色の部屋』(1978/フランス)
【監督】フランソワ・トリュフォー
★★★
とても残酷な内容。 愛すべき人を失った場合、その亡くなった人を一生忘れない。 それはとても大切なことだが、それをずっと続けることが果たして幸せを生むのか?? それとも、時間が経つにつれ少しずつ亡くなった人を忘れていき、いずれ新たな人と新たな幸せをみつける。 こちらの方が幸せだが、果たしてそれでいいのだろうか? そんな問いかけをトリュフォーはしたかったのだろうが、どうも散漫な印象。 個人的には、その答えがどうなのかトリュフォーに示してほしかった。 それにしてもネストール・アルメンドロスによる映像美は見事というほかない。 幻想的なまでに美しい。 いかにもフランス映画的な美しさに満ち溢れた作品だ。 やはりネストール・アルメンドロスというカメラマンは、美しいフランス映画に欠くことのできないない存在である。


c0073737_19231290.jpg『風の中の牝鶏』(1948/日本)
【監督】小津安二郎
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_19254586.jpg『ピクニック』(1936/フランス)
【監督】ジャン・ルノワール
★★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_19264439.jpg『ステキな彼女』(1980/台湾)
【監督】ホウ・シャオシェン
★★★
ホウ・シャオシェン監督のデビュー作らしく、非常に素直で観やすい作品となっている。 後のホウ監督の作風とは全く違うので、「これが本当にホウ監督の作品なのか?!」と思ってしまった程だ。 ただし、とにかく古臭いし、野暮ったい。 特に音楽センスが抜群に悪い。 ヒロインの女性も可愛いとは言いがたい。 話も奇をてらったものが一切なく、面白味に欠ける。 しかし、全体的に爽やかな風が吹いており、不快感は全くない。 そこが唯一の救いか。


c0073737_1928509.jpg『灰とダイヤモンド』(1957/ポーランド)
【監督】アンジェイ・ワイダ
★★
灰とダイヤモンドとの分かれ目。 それは、ほんの些細な運命の別れ道。 そして男女の運命的な出会い・・・ まあ、内容はともかく、退屈な作品だ。 全体的に映像が暗すぎるのも観ていて疲れる。 長く感じた。 ただし、主演の女優さんはとても綺麗だった。


c0073737_19303540.jpg『キクとイサム』(1959/日本)
【監督】今井正
★★★★
まずは、北林谷栄が40代だったというのが驚き! しかも、まだご存命とのことですし。 こりゃ、凄い! 話はやや重くて暗いものがあるが、ユーモラスな描写も多く、なかなか楽しめた。


c0073737_19314333.jpg『雲ながるる果てに』(1953/日本)
【監督】家城巳代治
★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_19331891.jpg『剣』(1964/日本)
【監督】三隅研次
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-06-19 19:34 | ◆映画関連 その他 | Comments(17)
Commented by 青観 at 2008-06-20 22:09 x
にじばぶさん、こんばんは!
今井正監督では「青い山脈」と「にごりえ」が良かったです。
あっ!「キクとイサム」明日、ビデオ返しに行くのであれば借りてきたい。「剣」も借りてきたい。TSUTAYAではない。田舎のTSUTAYAには2つともない。違うレンタル屋さんも2つ会員に入ってますんでそのうちの一つの店には両方ともあるのは外回りの仕事中に確認済みです。ところでにじばぶさん、すっかりイングマル・ベルイマン監督にハマッてますね。かなり新規登録お願いしてるではありませんか!
Commented by 青観 at 2008-06-21 16:41 x
にじばぶさんは今頃は映画館で昔の映画でも見てる頃かな?
今井正監督の「キクとイサム」借りられてました。その変わり市川雷蔵主演の「剣」他全部で五本借りてきて、今、「剣」観ましたが何だか三隅研次監督の映画てより増村保造監督の映画を見ているようでして、詳しいことは私の「剣」に関するレビューを読んでくだされば解ると思います。
Commented by nijibabu at 2008-06-22 08:11
>青観さん
おはようございます!
今井正監督の『青い山脈』『にごりえ』共に良かったですよね。
二つとも世間的評価も高い作品ですし。
でも、私は佐藤忠男氏が推薦する、この『キクとイサム』の方が良かったです。
『青い山脈』や『にごりえ』の様に美しい作品ではないですが、泥臭くて今村昌平監督の作品の様な人情味が感じられる力作です。
是非、ご覧になってください!
レビュー、楽しみにしています(^_^)

ベルイマンにハマり中です。
というか正確には、前々からベルイマンの作品は可能限り全て観ようと思っていたので、ようやくその時間が取れるようになったという感じではありますが。
でも彼の映像世界はクセになります。

『剣』のレビュー拝見いたしました。
【良】票入れさせて頂きました!
Commented by 青観 at 2008-06-22 11:30 x
にじばぶさん、おはようございます。暑いですね。毎日毎日暑くてかないません。夏は若い女性が薄着になるぐらいしか楽しみがないなんてこれじゃ本当に益々スケベオヤジだな!
暑くて暑くて毎日ちっとも眠れない。私のプロフィールを見て貰えたら解ると思いますが、本当に寝不足な日が続いてましてバテ気味です。
ところで「キクとイサム」、いずれ必ず借りてきて見ます。あっ!「剣」の投票ありがとうございました。私も前もって投票させてもらいました。私の思ってることをにじばぶさんがそのまま書かれてました。
あっ!私のプロフィールの感想をまたまた聞かせて下さいませ。
Commented by 老青年 at 2008-06-22 18:54 x
にじばぶさん。ルノアールで一番お好きだという「南部の人」、貧農の話だと言う以外、すっかり忘れていたので観なおしました。最初はテープの画質の悪さも手伝って古めかしい映画かなと思いましたけど、どうしてどうしてとつても良かったです。これはルノアール版「怒りの葡萄」だぞと観ていたのですが、あれほど重苦しくはなく、のどかにさえ感じる場面もあつて、やはりルノアール的だと感心。ただ、ラスト30分はストーリーが先行して演出が若干駆け足になつた分、感動がもう一つと感じたのは私だけかな?ついでにもう一本のアメリカで作られた「スワンプ・ウォーター・沼地」というのも観直しました。これはあまりルノアール的ではなく、もろアメリカ映画って感じでしたが、でも、なかなか良く出来ていて面白かったです。しかし私の中ではやはり「大いなる幻影」が一番!。多感な時期に観たものは印象が強烈なんですね。でもこれらの作品を思い出させてくれたにじばぶさんに感謝!!ここに来るのはとっても刺激になります。
Commented by 定年間際 at 2008-06-23 08:42 x
老青年さん、nijibabuさん青観さんお早うございます!
新文芸座の「香川京子」特集終わりましたですね、わたくしめはもちろん‘出席’バ出来ませなんだが指くわえてたらレンタル屋(ツタヤじゃありませんよぉ)にあったんですバイ・・・観たかった『女の暦』が(感謝、感激
雨、霰)。恥ずかしながら私今の今までこの作品、題からして成瀬のものとばっかり思い込んでおりましてんねん、あの大御所「久松静児」様の作とはツユ知らず。老青年さんのおっしゃる通り隠れた名作ですバイ。ノスタルジーに浸れますよね~私が子供の頃の良き日本万歳~!
香川京子、初々しくて可憐でいいですねェ・・・その他の‘おばさん方’もなかなかの好演、田中絹代・・・・、やはりどの作品観ても演技抜群ですねモシ、5人の子持ちのくたびれたお母さん役、箸の上げ下ろしまでそのものになりきってますですハイ。天性かはたまた努力の人か?あ~あ、今はおりませんねぇこんな俳優(女優)・・・・。でもやはり成瀬チックな雰囲気の映画ではありますバイ。
ではまた

追伸
>老青年さん!私も「大いなる幻影」が一番だと思いますよ,歳とって観直すと別の感銘があるようです。

Commented by 青観 at 2008-06-23 18:07 x
にじばぶさん、定年間際さん、老青年さん、皆さん、こんばんは!
「大いなる幻影」あぁ~あれが私にとってのジャン・ルノワール作品初体験でした。あの映画ですっかりジャン・ルノワール作品にハマルことになった作品。あの映画をもし見てなかったら「フレンチカンカン」「ピクニック」も知らないままでいた筈。あっ!久松静児監督ていやあ「警察日記」「神坂四郎の犯罪」だ!どちらにも森繁久爺が出てるなあ!
Commented by 青観 at 2008-06-23 19:23 x
あっ!にじばぶさん、大阪の親戚から来週、三日間、用事があってうちに来るとのこと。その親戚、私以上に川島雄三作品見てます。51本中49本見ていて、見てないのは僅か2つだけだそうで、なんと大阪のレンタル屋にシミキンのスポーツ王あるから借りてきてやるとのこと。早く見たい。楽しみがまた一つ増えました。シミキンのスポーツ王見ればこれで川島雄三作品36本目だと思います。しかし、それでも残りまだ15本もあると思うと、川島雄三作品全部制覇は夢のような話かなあ?
Commented by nijibabu at 2008-06-23 20:27
>青観さん
こんばんは。
川島作品は、去年辺りに全作品フィルムセンターで上映しましたが、そういった大掛かりな企画がない限り、全制覇は困難なんでしょうね。
それか、日本映画専門チャンネル辺りで、成瀬特集と同様に放映してくれれば可能でしょうが。

シミキンのスポーツ王は観ましたが、特別は良くないです(笑)。
ただし、川島監督らしさは出ていると思いますので、観る価値は十分にあると思いますよ。
Commented by nijibabu at 2008-06-23 20:29
>老青年さん
こんばんは。
私が一番好きなルノワール作品は『ピクニック』ですよ。
その次が『南部の人』です。
『大いなる幻影』は、その次といったところでしょうか。

老青年さんに刺激を与えられたようで、光栄であります。
これからも映画好きの皆さんを刺激できるような記事、作品選びしていきたいですね。
Commented by nijibabu at 2008-06-23 20:31
>定年間際さん
香川京子特集は2本しか観に行けませんでした。
あの映画館は平日が多いので、サラリーマンに厳しいですね。

『女の暦』レンタル屋にありましたか!
羨ましいです!
ツタヤ新宿に置いてなかったので、私はいつ観られることやら・・・
Commented by nijibabu at 2008-06-23 22:35
>青観さん
プロフィール、たった今、拝見いたしました。
思わず笑ってしまいましたよ(笑)。

でも、それだけ綺麗な女優の名前を数えて眠りについたら、いい夢見れそうですね!
Commented by 老青年 at 2008-06-24 15:12 x
にじばぶさん。
「剣」とってもストイックで、プログラム・ピクチャーとしては良くできた映画でしたね。大映作品って他社に比べて映像間隔がシャープです。特に京都にその傾向大で、三隅研二、田中徳三、池広一夫、森一生皆好きな作品が二、三本ずつはあります。
監督といえば、若い時、断然好きだったのは今井正監督。「真昼の暗黒」「ここに泉あり」「米」。機会があつたら是非観て下さい。
Commented by 老青年 at 2008-06-24 15:47 x
定年間際さん。
「女の暦」喜んでもらえて何よりです。香川京子以外の四人も適材適所って感じで、楽しそうに演じているのが判ってそれがいいんですよネ。田中絹代ですが、ひきあいに出される山田五十鈴が天性の人なら、田中さんは常に役になりきる努力をされてたんだと思います。「おかあさん」でチャコちゃんがもらわれていくシーン。後姿の撮影なのに、田中さんの頬を涙が流れていたと、香川さんが『愛すればこそ」という本に書いています。まさに役になりきつていればこそで流石です。
ところで久松静児監督。もつと評価されてもいいと思います。特に沢山の人を裁くうまさは抜群です。スター女優11人出演の「女囚と共に」もそうでしたが、イチ押しは昭和30年の日活、壺井栄原作「月夜の傘」です。今は死語になつた井戸端会議の映画で、これぞ隠れた名作中の名作と思います。ご存知でしょうか。

Commented by 老青年 at 2008-06-24 16:03 x
青観さん。
毎晩眠れないとの事。でもお好きな芦川いづみを数えてたらそりゃ間違いなく朝になつてしまうでしょう。ならばいっそのこと徹夜覚悟で「芦川いづみさんの部屋」ってのをのぞいてみたら如何でしょうか?
私「乳母車」ポスターを探していてここをみつけました。余り見たことの無い写真なども沢山あってなかなか楽しいコーナーでしたよ。
それとも既にご覧になったでしょうか?
Commented by nijibabu at 2008-06-24 19:30
>老青年さん
こんばんは。
今井正監督の「真昼の暗黒」「ここに泉あり」については、愛読書である佐藤忠男氏の推薦作品に含まれているので、いずれ観るつもりでいます。

私も森一生は大好きですし、大映、特に京都撮影所特有のシャープな白黒作品は好きなものが多いです。
Commented by 定年間際 at 2008-06-25 00:04 x
老青年さん、今晩は!
田中絹代は「西鶴一代女」で随分演技を溝口にしごかれたそうですね!
それでその後の作品は演技にいっそうの磨きがかかっていたんですね。
「おかあさん」成瀬作品では一番好きですバイ。
「月夜の傘」題名だけは聞いたことがあります、でも当然日本中を駆け回ったって観られようはずはありゃんせんでしょうね?
<< 恋戦。OKINAWA Rend... 剣 >>