古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2008.6.24)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_19361663.jpg『魔像』(1952/日本)
【監督】大曾根辰夫
★★★
ベタベタのチャンバラ喜劇。 個人的に苦手な系統の時代劇。 ただし、津島恵子の美しさは特筆モノ! おかしいなぁ、彼女の出演作を観るのは初めてじゃないのに、今までこんなに美しいと感じたことはなかった。 これは監督の手腕のせいか?! 今一度、その美しさに注目したい女優となった。


c0073737_19375365.jpg『にあんちゃん』(1959/日本)
【監督】今村昌平
★★★★
今村昌平作品にしては、性描写が全くない。 これにまず驚き。 しかし、今村監督ならではの“泥くさい描写”は健在である。 田舎町の泥臭さをストレートに映像に焼き付けている。 「にあんちゃん」が貧しくて厳しい環境ながら、未来に希望をもって敢然と山を登るラストシーン。 これは北野武監督作品『キッズ・リターン』のラストシーンを思わせる素晴らしいシーンである。 どんな苦しい環境においても、「希望」を持ってさえいれば、人生が「終わった」ということにはならない。 苦境に立たされても、熱い「希望」を決して捨ててはならない。 「希望」を持つことこそが、生きる上で非常に大切であり、生きる喜びの源泉となり得ることを、本作は雄弁に物語っている。 力をもらえる、心に残る良作であった。


c0073737_19393789.jpg『バリー・リンドン』(1975/イギリス)
【監督】スタンリー・キューブリック
★★★
キューブリックは、やはり初期のモノクロ作品の方が良いですね。 本作は、『アマデウス』に似た作風である様な気がします。 音楽、映像は素晴らしいのですが、どうも役者陣に魅力を感じないのです。 個人的に、一代記モノがあまり好みではないというのも関係していますが、期待していたほどには満足できませんでした。


c0073737_1941199.jpg『ニノチカ』(1939/アメリカ)
【監督】エルンスト・ルビッチ
★★★
映像や演出は洗練されているが、いかんせん、テーマが悪い。 資本主義を手放しで褒めすぎ。 社会主義国を根本的に下に見ている。 そんな部分がどうも好きになれなかった。 グレタ・ガルボもトウがたっていて、魅力はさほど感じなかった。 主演の男優も、いかにもアメリカ人といった感じで好みに合わなかった。


c0073737_19425176.jpg『かくも長き不在』(1960/フランス)
【監督】アンリ・コルピ

なんというつまらなさ。 苦痛の100分だった。 もし本作が生まれて初めて観たフランス映画だったなら、二度とフランスを映画を観たいとは思わないでしょう。 なんでこんなに肌に合わないのか・・・と思案していたら、アラン・レネ監督の名を思い出した。後に本作について調べてみたが、やはり、この監督はアラン・レネ絡みだったのか^^; フランス映画は数多く観ているけど、自分的にフランス映画ワースト5に入る程の退屈さだった。


c0073737_19452579.jpg『恋戦。OKINAWA Rendez-vous』(2000/香港)
【監督】ゴードン・チャン
★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_2031048.jpg『歌麿をめぐる五人の女』(1946/日本)
【監督】溝口健二
★★
まあ、溝口作品の中では間違いなくレベルの低い作品ですね。 登場人物が誰が誰だか分からない。 田中絹代しか分からない。 そういった演出的部分も、物語に入っていく観客を阻害している要因の一つだと思われます。


c0073737_2041845.jpg『藍色夏恋』(2002/台湾/フランス)
【監督】イー・ツーイェン
★★★
まるで日本の連ドラをそのまま映画っぽくして、台湾映画風味を加えた様な作品。 映像・ストーリー・役者の魅力、全てにおいて突出したものは感じられませんでした。 ただ一つのプラスポイントとしては、台湾の緑が色鮮やかに映し出されていたことでしょうか。 台湾に行ったことがある人にとっては、その映像だけでも、(多少)は楽しむことができるかもしれません。 それにしても、ヒロインの女のコより、その友人の女のコの方が可愛かったけどなぁ・・・ 脚も綺麗だし(笑)。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-06-24 20:06 | ◆映画関連 その他 | Comments(7)
Commented by 青観 at 2008-06-25 17:49 x
いや~相変わらず、素晴らしい。沢山の映画を見てらっしゃる。本当に素晴らしい。にじばぶさん、今村昌平監督はご存知ではあると思いますが川島雄三監督の弟子です。師匠と弟子と言えば市川崑監督が師匠で増村保造監督が弟子になります。最近知りました。今村昌平作品で私が一番好きなのは「豚と軍艦」でして、この映画の最後の方が川島雄三監督のある映画のラストと同じ雰囲気になってます。何と似てるかは見て貰えたら解りますよ。続く
Commented by 青観 at 2008-06-25 17:55 x
続き。にじばぶさん、今日は朝からずっと会社の車ん中で移動中ラジオ聞いてるとサザンの曲きり流れてきて、どうやら今から30年前の今日サザンがデビューした日らしいけどサザンていやあ、ほとんどの人は桑田佳祐の名前を最初に挙げるだろうけど私に言わせりゃサザンていやあ山茶花究で決まりです。川島雄三好きならそう答えるべきです。桑田佳祐と若い頃の長門裕之そっくりだ。
Commented by nijibabu at 2008-06-25 19:57
>青観さん
いや、ところが最近、仕事疲れで微妙に鑑賞ペースが落ちてます。
ここ半年は毎月40本弱観ていましたが、今月は30本ちょっとになりそうです。
まあ、その分、映画館には何回か行きましたが。

市川崑の弟子が増村ってのは初耳ですね。
年齢的に逆のような気もしますがね。
増村監督は、溝口健二に師事していたという話も聞きますが、どうなんでしょうか。

『豚と軍艦』は観たいのですが、かなり先になるかもです。

私はサザンと言えば、直接、長門裕之を思い出します。
なんでかって言いますと、私の父親が大の長門ファンでして、私の名前も裕之からとっているんです。
昔から私の父親が「長門の若い頃はクワタとソックリだった」と言っていたので、サザンと聞くと必ず長門裕之を思い出すんです。
Commented by 定年間際 at 2008-06-25 23:48 x
nijibabuさん青観さん今晩は!
そうです、そうなんですバイ桑田佳祐と長門裕之は腹違いの(?)兄弟みたいですなや。いつも誰かに似てる~って思っとりましたですタイ。
長門裕之で思い出したんだけんど「丹下左膳余話百万両の壷」の源三郎役沢村国太郎、長門裕之&津川雅彦にそっくり!・・・・・それもそのはずお父さんだってぇ~・・・・聞いた事あるようなないような。アノ時代にしてはかなりのイケメンですバイ。
ではまた

追伸
増村が溝口健二に師事していたというのは本当でしょう。ものの本に書いてあったのを覚えています。
Commented by nijibabu at 2008-06-25 23:58
>定年間際さん
こんばんは。
沢村国太郎は、長門裕之と津川雅彦の父親ですからね。
でも一番似ているのは、やはり兄弟である沢村国太郎と加東大介のような気がします。

そこにマキノ正博や牧野省三、そして沢村貞子などが血縁関係で絡んでくるので、関係を把握するのが大変なくらいの芸能一家ですよね。

増村が溝口に師事していたのは、やはり本当でしたか。
ウソを書いてなかったようで、一安心です(笑)。
Commented by 青観 at 2008-06-26 21:09 x
にじばぶさん、定年間際さん、老青年さん、皆さん、こんばんは!
モニカ~~~!
あっ!吉川晃司じゃないよ。
ヴィッティ、惚れた。惚れた。「赤い砂漠」あの白い肌、目付き、気だるそうな感じから何から何まで惚れた。あんな女に誘われてみたい。すいません。今夜はこれでお許しを!
Commented by nijibabu at 2008-06-27 22:24
>青観さん
こんばんは!
モニカの『赤い砂漠』ごらんになられましたか!
ビッティ、綺麗でしょ~
気だるさの中に色気を漂わせていますよね!
モニカ出演作でイチオシは『スエーデンの城』です。
とっても綺麗ですよ!
<< サッド ヴァケイション 恋戦。OKINAWA Rend... >>