古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2008.9.7)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_719175.jpg『ガートルード』(1964/デンマーク)
【監督】カール・テオドール・ドライエル
★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_721599.jpg『冬冬の夏休み』(1984/台湾)
【監督】ホウ・シャオシェン
★★★
うーん、この頃のホウ・シャオシェン監督作品は良いものが多かったので期待して観たのですが、期待はずれ。 なんでかと思案したところ、ホウ監督作品に彩りを加えている印象的なBGMが本作にはない。 かろうじてラストで「赤とんぼ」が流れるも、時すでに遅し。 全体的に退屈な作品になってしまっています。 台湾の田舎を舞台に、子供の視点で綴られるドラマ。 台湾の気候と穏やかな雰囲気が良く伝わっているのは良かったのですが、なんか中途半端で残念です。 それにしても、胃の手術後で、その痛みに「アアアアアー」と叫びをあげるお兄さん。 あの声には笑いました。


c0073737_727214.jpg『眼には眼を』(1957/フランス・イタリア)
【監督】アンドレ・カイヤット
★★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_729453.jpg『実録三億円事件 時効成立』(1975/日本)
【監督】石井輝男
★★★
府中で実際に起きた「三億円事件」を“実録”と題し、サスペンスフルに綴った石井輝男作品。 未ビデオ化作品にて、池袋の「新文芸坐」で鑑賞した。 序盤に「三億円事件」が実際に再現される。 これはかなり面白い。 特に、私のような多摩地区生まれの人間にとっては、「府中」「西恋ヶ窪」「調布」「日野」などの地名が出てくるたび、なんか興奮してしまう。 しかし、その後がよくない。 事件を再現した後の展開が、どうもダルイのだ。 実録どころか、いかにも推理小説のようなわざとらしい展開。 後半は退屈してしまった。


c0073737_7315461.jpg『モンゴル』(2007/ドイツ・ロシア・モンゴル・カザフスタン)
【監督】セルゲイ・ボドロフ
★★★
浅野忠信がモンゴル人らしくないのが問題。 また、浅野忠信の魅力が出ていないというか、浅野忠信である必要があったのだろうかという疑問が先にたつ。 壮大なスケールの作品だが、その系統の作品はハリウッドに任せておけば良いわけで、『コーカサスの虜』という繊細な傑作をつくったセルゲイ・ボドロフが撮るべき作品のようには思えない。


c0073737_7324998.jpg『今年の恋』(1962/日本)
【監督】木下惠介
★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_7422283.gif『死の谷』(1949/アメリカ)
【監督】ラオール・ウォルシュ
★★★★
終り方はともかく、素直に楽しめる西部劇。


c0073737_7384674.jpg『御誂治郎吉格子』(1931/日本)
【監督】伊藤大輔
★★★
前半は話がわかりづらく、惰性で観ていたが、後半はよく理解できました。 まあ、本作は観て楽しむというより、ほぼ元のまま現存している貴重な作品を観るという部分に、観る価値があるのではないでしょうか。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-09-07 07:52 | ◆映画関連 その他 | Comments(6)
Commented by 青観 at 2008-09-07 23:11 x
にじばぶさん、こんばんは!上野までわざわざとんかつ食べに行ったその心意気に負けました。迷いに迷って笑を一票入れさせて頂きました。
Commented by nijibabu at 2008-09-07 23:46
>青観さん
こんばんは!
笑投票、ほんとありがとうございます!!
上野まで行ったのは、ほんと執念といいますか、「喜劇 とんかつ一代」という映画に対する尊敬の意味もこめて行ってまいりました。
この心意気を、青観さんに分かって頂けて、何より嬉しいです。
ありがとうございます(^_^)
Commented by 青観 at 2008-09-08 19:03 x
にじばぶさん、どう致しまして!良にしようか?笑にしようか?迷いに迷って笑にしたけどやっぱり良に変更させて頂きましたので宜しくお願いします。
しかし、喜劇・とんかつ一代を見てそのまま舞台になってる上野までとんかつ屋を探しに出向くとは、流石です。あの映画、何しろキャストが素晴らしいです。フランキー堺、森繁久彌、三木のり平に女優に目を向けると木暮実千代も出てるしね。フランキー堺はやはり主演を張ってこその俳優です。それは他の川島映画を見れば解るし、社長シリーズでのフランキー堺はフランキー堺の良さが出てません。まあ、社長シリーズはあれはあれで森繁久彌、三木のり平が面白いから好きですが
Commented by nijibabu at 2008-09-08 21:34
>青観さん
こんばんは!
良投票への変更です!

木暮実千代は出ていたんですけど、少し老けていましたよね(笑)
フランキー堺は主役ではなかったですが、トップクレジットの森繁をくう活躍ぶりだったです。
社長シリーズ、フランキー堺、あまり活躍していないんですか?
こりゃ、残念です。
「駅前シリーズ」はどうなんでしょうか??
Commented by 老青年 at 2008-09-11 16:03 x
にじばぶさん。
またまたご無沙汰です。
「また逢う日まで」のガラス越しの接吻(あえてキスとはいわず)ホントに素晴らしかったですネ。しかしあのシーンが生きたのは戦争という暗い背景があつたからではないでしょうか。これが普通のさわやか青春ドラマの中で演じられていたら、あんなに美しくも切ない名シーンにはならなかつた筈です。暗い話だからこそいっそう輝いたんだと思います。
ところで久我美子が語っているエピソードを一つ。あのシーンの本番直前、ガラスがすごく汚れているのに気付くき、通りかかった助監督にそのことを言うと、腰にぶらさげた真っ黒けに汚れたタオルでゴシゴシこすって行っちゃったので、仕方なくそのまま本番をやつたとか。
およそあのシーンに似つかわしくないお話ですネ。
では、また逢う日まで。
Commented by nijibabu at 2008-09-11 19:05
>老青年さん
こんばんは。
そうですね、確かに。
暗い戦争の影が背後にあったからこそ、あのシーンがいきてきたんだと思います。
でも、個人的には戦争映画は苦手です。
基本的に暗い話が多いですし、戦争の悲惨さは、映画を沢山観ていると、もう飽き飽きするくらい理解できるので、これ以上はあまり観たくない、というのが本音です。

久我美子のエピソード、面白いですね。
今じゃ考えられない不潔環境でのロケだったんですね。
老青年さんは、ほんとお詳しいですねぇ~
<< 最近観た映画(2008.9.8) 今年の恋 >>