古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最近観た映画(2008.9.11)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_19184830.jpg『荷車の歌』(1959/日本)
【監督】山本薩夫
★★★★
山本薩夫監督の作品って、どうも息苦しくて、それほど好みではないが、力作が多いため、力ずくでその作品に引き込まれてしまう。 本作も、紛れもなく力作であった。 三國連太郎の演技は相変わらず素晴らしい。 脇を固める出演陣も渾身の演技をみせる。 山本監督が、本作を完成させる為に、相当の労力を費やしたというのも頷ける、素晴らしい演出である。


c0073737_19185836.jpg『日本の悲劇』(1953/日本)
【監督】木下惠介
★★★
悲劇というより、世の殺伐たるを嘆いてる様かの内容。 他人を信じようとはせず、自分の殻に閉じこもる。 そんな世界観が作品内を支配していて、どうも好きになれない。


c0073737_19201993.jpg『また逢う日まで』(1950/日本)
【監督】今井正
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_19223837.jpg『狂熱の孤独』(1953/フランス・メキシコ)
【監督】イヴ・アレグレ
★★★★
ジェラール・フィリップの魅力あふれる本作。 ダンスを披露するが、これが何とも素晴らしい。 そして長い長い。 見ているこちらが息切れするくらいにハードに長く踊る。 そして、汚い身なりのジェラール・フィリップも、また新鮮。 これが意外と様になっていて、驚いた。 小奇麗な優男イメージがこれで払拭された。 話としてはなかなか深刻な内容だが、劇中でタフに活き活きと生きる主人公を観ていると、とても元気が湧いてくる。 そんな、愛すべきフランス映画だった。


c0073737_19232926.jpg『白熱』(1949/アメリカ)
【監督】ラオール・ウォルシュ
★★★
素直に楽しめる内容だが、やはりそこはアメリカ映画。 ご都合主義が目立った。


c0073737_19255732.jpg『黒衣の花嫁』(1967/フランス・イタリア)
【監督】フランソワ・トリュフォー
★★★★
フランソワ・トリュフォー19本目の鑑賞。 もう残りはあとわずか。 トリュフォーを沢山観ていくと、だんだんその雰囲気に心地が良くなってきます。 映像が優しく、居心地が良いのです。 本作はそんなトリュフォー作品らしい雰囲気が出ていて良かったです。 確かにストーリーには相当無理があります。 殺し方も説得力に欠けます。 ジャンヌ・モローは、「老け」「だぶついた二の腕」「微妙な脚線美」「似合ってない衣装」「目つきの悪さ」などなど、問題ありすぎですが、まあ何とか観れます。 トリュフォーの世界に酔いしれたいファンの方には十分満足できる作品だと思います。 それにしても、トリュフォーはやっぱりサスペンスは向いていないですね~。 ラブストーリーがメインの作品や、家族ものを撮らせると、ほんと巧い監督なんですが、変にヒッチコックに傾倒した影響で、晩年にサスペンスを撮りすぎたのが個人的に残念で仕方ありません。


c0073737_19284737.jpg『大江戸五人男』(1951/日本)
【監督】伊藤大輔
★★★
豪華キャストで見応え十分の内容だが、テンポはそれほど良いとは思えない。 又、時代劇につきものの、聞き取りにくい会話の数々。 それが災いして、どうも話が解りづらい。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-09-11 19:29 | ◆映画関連 その他 | Comments(3)
Commented by 探偵 at 2008-09-13 21:39 x
にじばぶさん、こんばんは。
記事とは関係なくてすみません。
本日?「罪の天使たち」をご覧になられたんですね。
レビューによると、どうやら楽しめなかったようですね。
そうですかブレッソンのスタイルが顕れるのは、この後からでしたか。
万が一DVD化された際には、十分気をつけたいと思います(笑)。

ところで私は、今回ブレッソン遠征するかわりに(というか、単に遠出したくなかっただけですが)その資金でDVDを注文しました。
にじばぶさんおすすめのアントニオーニ作品!(「太陽はひとりぼっち」がなかなか気に入ったので)「赤い砂漠」と「情事」です。(かなり高価でしたが・・・汗)
私のテリトリーではレンタルしてない作品でしたが、今の時代は動画サイトで映像の雰囲気だけは確認できるので便利ですね。それで「赤い砂漠」の冒頭を観てビビビッときまして(笑)。「情事」のほうは、にじばぶさんのレビューを見て今からちょっと心配しています(笑)。
まぁいずれにせよ観るのが楽しみです。(買っといてなかなか観ない私ですが・・・)
それではまた。
Commented by nijibabu at 2008-09-13 23:46
>探偵さん
こんばんは。
そうですね・・・『罪の天使たち』は不満が残りました。
同じ系統のブレッソン作品『ある田舎司祭の日記』は結構好きですけど。
探偵さんは、ブレッソンの遺作『ラルジャン』がお好きのようですので、デビュー作は時間軸的にもまさに対極にあたり、探偵さんもDVD購入は気をつけた方がいいかもしれません(笑)。

『赤い砂漠』は『太陽はひとりぼっち』を楽しめた人なら、ハズレはないと思います。
ただ、『赤い砂漠』よりも500円で販売されている(されていた?)『欲望』の方が個人的には好きです。
あとは『さすらいの二人』もいいですよ!

『情事』はまぁ・・・そのぉ、探偵さんの感想を楽しみにしたいと思います(笑)。

あ、そうそう!
もう一つ忘れてました!
『太陽はひとりぼっち』に最も近い感じのアントニオーニ作品では『夜』もいいですよ!
Commented by nijibabu at 2008-09-14 00:00
>探偵さん(続き)
あ、もう一つ!
私も最近、DVDをまとめ買いしました!
ブレッソンのDVD-BOXも買っちゃいました!
自身、生まれて初めて買うBOXです。(今まで買いたくても経済難で買えませんでしたので)

収録作品は、『少女ムシェット』『バルタザールどこへ行く』『スリ』です。
『スリ』は既に観たことがありましたが、抱き合わせで無理矢理買うハメになりました(苦笑)
『少女ムシェット』と『バルタザール』は、某レビューサイトのブレッソン作品の中で、平均評価が1位と2位の作品なので、すごく楽しみです。
もっとも、私もDVDを購入してから、なかなか観ないタイプですが^^;

その他、衝動買いも手伝って、合計10枚もDVDを購入してしまいました。
○万円は放出したと思います・・・・今月は、予算を全部つかいきりました。出かけることすらできそうにありません(汗)
<< DVD10枚を衝動的に購入! また逢う日まで >>