古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:◆映画関連 その他( 629 )
龍城恋歌(1996/中国)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1264049.jpg『龍城恋歌』(1996/中国)
【監督】ヤン・フォンリャン
★★★★
中国映画らしい重厚感に満ちた内容。 室内の雰囲気も良く出ているし、自然の雄大さも感じられる。 この作品の狙うところは、そのメッセージ性。 「殺し合いや敵討ちからは何も生まれない」と主張する一方で、「大切な人間を殺されたら、やり返すのが人間の本能だ」というメッセージも感じ取れる。 おそらく他人事ならば「殺し合いには意味がない」で済まされるだろうけど、実際に大事な人間を殺されたら、そうも言ってられないのではないか? 他人に「意味がない」とか言われても、私なら殺り返すと思う。 そこに「意味」など介在しない。 ただ怨念あるのみ。 だが、その敵にも家族がいて、その家族は何ら無害だとしたら、どうなるだろうか。 それでも殺るか? この辺のテーマと迷いが、巧く問題提起されている。 だけど、やっぱり私が当事者ならば、殺り返すだろうなぁ・・・ そう考えると、人から恨みをかう様なことはすべきではない。 だけど、過去に犯した罪は、消し様がない。 たとえそれが、若かりし頃の出来心だったとしても・・・




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2014-08-10 01:23 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
劇場版NHKスペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ(2013/日本)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_2359081.jpg『劇場版NHKスペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ』(2013/日本)
★★★
元々ダイオウイカには興味があり、ドキュメンタリー映画も好きなので、鑑賞した。 ダイオウイカを10年も追い続け、それをカメラにおさめた記録映画。 ダイオウイカに遭遇した瞬間の、スタッフの感動はとてもよく伝わってきた。 ダイオウイカって、マッコウクジラと同じくらいの大きさとか思われているけど、そんなことはない。 実際にこの映画で映されたダイオウイカも、10mすらなかった。 だが、最大の深海生物であることに嘘偽りはない。 特に眼が大きい! ドキュメンタリー映画として評価すれば、とるにたらない映画だ。 全くもって工夫がない。 ただ単に、生きているダイオウイカを見たい人に贈る映画だろう。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2014-07-13 23:58 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
シャニダールの花(2012/日本)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1051391.jpg『シャニダールの花』(2012/日本)
【監督】石井岳龍
★★
前知識なしで鑑賞したのが悲劇の始まり・・・ こんなにもファンタジーな内容とは思いもよらなんだ! 突飛なストーリーに、戸惑った。 だがある意味、石井監督の新境地とも言えよう。 ストーリーはともかく、映像も透き通っていて、とても良い。 今作は、個人的にはハズレだったが、石井監督の、常に新しい映画を作ろうとするチャレンジ精神は、いまだ衰えを知らず、そういった意味では、とても安心した。 次回作に期待!!




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2014-06-18 10:55 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
観たいけど観れない映画リスト<2014.5.22更新>
ずっと観たい観たいと思っていても、なかなか鑑賞の機会に恵まれない作品たちです。

***************************************************
<2014.5.22更新>

仮面/ペルソナ(イングマール・ベルイマン)
愛と殺意(ミケランジェロ・アントニオーニ)
異邦人(ルキノ・ヴィスコンティ)
華やかな魔女たち(ヴィスコンティ/パゾリーニ/デ・シーカ)
幻の殺意(沢島忠)
砂のミラージュ(アルマンド=ロブレス・ゴドイ)
生きていた男(マイケル・アンダーソン)
酔っぱらった馬の時間(バフマン・ゴバディ)
上海の月(成瀬巳喜男)
勝利の日まで(成瀬巳喜男)
母は死なず(成瀬巳喜男)
白い野獣(成瀬巳喜男)
太陽の子(阿部豊)
警視庁物語全国縦断捜査(飯塚増一)
新版大岡政談(伊藤大輔)
情熱の詩人啄木(熊谷久虎)
ブワナ・トシの歌(羽仁進)
歌舞伎役者片岡仁左衛門(羽田澄子)
ねむの木の詩がきこえる(宮城まり子)
夜のたわむれ(マイ・ゼッタリング)
ラザロ -LAZARUS-(井土紀州)
今、僕は(竹馬靖具)
怪盗ルパン(ジャック・ベッケル)
エストラパード街(ジャック・ベッケル)
七月のランデブー(ジャック・ベッケル)
むかしの歌(石田民三)
台北カフェ・ストーリー(シアオ・ヤーチュアン)
安重根と伊藤博文(オム・キルソン)
十字路の夜(ジャン・ルノワール)
 
***************************************************

みなさま、ごきげんようー!
いかがお過ごしですか?
私は相変わらず、映画生活から隔離されています。
いつ頃復活できるか、全く見通しがたちません(涙)。

さぁ、今回は『台北カフェ・ストーリー』を消化できたので、よしとしましょうか。

まったくもって、月一ペースな映画鑑賞です。
かなしいばかりです・・・



管理人
にじばぶ 2014.5.22記


 
[PR]
by nijibabu | 2014-05-22 21:24 | ◆映画関連 その他 | Comments(20)
最近観た映画(2014.4.18)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1717572.jpg『パプリカ』(2006/日本)
【監督】今敏
★★★★
夢を自在に操りたい、そんな科学者の野心を描いたファンタジーアニメーション。 随所にエロティックなシーンがあったりで、大人向けのアニメ。 細かいところに、ちょっとした願望が映像化されていたりして、なんともニクイ演出の数々。 才色兼備な女性が、見た目がひどい男に惚れる。 これって現実にあることだけど、この映画では、それが一つの夢として現実化されている。 まさに夢と現実がつながっている。 色々な要素が凝縮されて表現されているので、難解なイメージも拭えない。 だけど、実はシンプルで、大人の願望、寝ている時に夢見る願望を、映像化したアニメの様な気がする。 大人が夢にみる願望を、可能な限り映像化したという点において、実に魅力的なアニメであり、アニメでしか表現できない魅力を持った作品である。 特筆すべきは、平沢進の音楽。 夢独特の浮遊感、壮大なファンタジー絵巻を実によく表現しており、耳に心地良い感触を残す、見事な楽曲だ。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2014-04-18 17:17 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2014.4.10)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_22251587.png『子供の四季 春夏の巻』(1939/日本)
【監督】清水宏
★★
子供は嫌い、、、というわけではない。 だが、子供主役に据える映画は好きじゃない。 しかも、この時代の子役は演技が下手だ。 私の父親が生まれた頃の、日本の原風景を観ることができるのは楽しい。 馬がパカパカと軽快な音を鳴らしながら歩くシーンも忘れがたい。 だがしかしだがしかし、しつこいようだが、ヘタクソなガキが主役な映画は大嫌い。 これは誰になんと否定されようが否定しない。


c0073737_22253055.png『子供の四季 秋冬の巻』(1939/日本)
【監督】清水宏
★★
四季の移り変わり、それがそれほど作品に反映されていない。 季節は四つあるので、当然本作の作りも四章構成になっている。 だから長く感じるし、実際、尺も長め。 これじゃあ飽きる。 しかも演技がダメなガキどもが主役とくれば尚更のこと。 特筆すべきは、1930年代の日本映画界において、主役クラスで活躍しまくった坂本武のゆる~い演技。 本作でもそれは炸裂。 戦後に脇役に回ってばかりになってしまった坂本武。 何故なんだろう、イケメンじゃないからか?それともサイレント向きの俳優だったとか? 理由は何にしろ、これだけ戦前・戦中に映画に出ずっぱりだった坂本武が、戦後はしょぼい役しかできなかったことが寂しい。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2014-04-10 22:25 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2014.2.17)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23502152.jpg『デス・プルーフ in グラインドハウス』
(2007/アメリカ)
【監督】クエンティン・タランティーノ
★★★★
アメリカ映画の良さが出た一本。 広大な荒野にはしる一本の道。 この道を車が疾走する。 この疾走感がたまらない! アメリカ映画の醍醐味が感じられる。 それと同時に、タランティーノ作品としての個性も存分に感じられる点も良い。 リーを演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッド。 いやぁ、ため息の出るスタイルとキュートな顔。 本作の雰囲気の中で浮いているだけに、余計にその魅力が引き立つ! 後半、殺人犯が容易に追い詰められてしまうところは残念。 ここはアメリカ映画としての悪い面が出た。 ワルモンがカカト落としでTHE END。 まあ爽快感はあるけど、ちと安易かな。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2014-02-17 23:51 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2014.2.5)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_2337181.jpg『ふたり』(1991/日本)
【監督】大林宣彦

石田ひかり第一回主演作品、らしい。 石田ひかりは最近ほとんど見かけなくなったが、これは嬉しいことだ。 なぜなら、石田ひかりに女優としても女性としても全く魅力を感じないからだ。 若い頃の本作の石田ひかりはどうだろうか? やはり魅力を感じない。 それどころかウザイ。 本作に関して、全体的にキャスティングが好みに合わない。 大林宣彦監督と、とことん生理的に合わないようだ。 エンドロールでテーマソングを歌ってる男は、まさか大林宣彦監督じゃないよねぇ?! だとしたら、最高にウザイ。 ウザイ事てんこ盛りの作品。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2014-02-05 23:39 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2014.1.3)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_0364653.png『霊魂の不滅』(1921/スウェーデン)
【監督】ヴィクトル・シェストレム
★★★
念願叶っての鑑賞。 まだ観ていなかった最後の大物サイレント作品。 サイレントの中で比較すると、『鉄路の白薔薇』に勝るとも劣らないダイナミックなサイレント作品だった。 数章仕立てになっていて、そこが案外分かりにくかったりするわけだが、最終的に話が収束していく感じは、作品としてのスケールを感じさせる作りになっている。 まあしかし、時代が時代だけに、かなり都合が良い展開のストーリー。 そこに難あり。 あそこまでの悪人が、ああなるかねぇ・・・ その妻も即、夫を許してしまうかねぇ・・・ 難ありだが、サイレント特有の魅力があり、画質も綺麗なところは特筆ものだ。 鑑賞後、帰宅してネット調べて知ったのだが、この作品の監督であるヴィクトル・シェストレムって、イングマール・ベルイマンの、かの名作『野いちご』の主人公イサクを演じた爺さんだったとは・・・ その事実を知った時、時の流れもダイナミックに感じた瞬間だった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2014-01-03 23:30 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
2013年鑑賞映画総括
今年も残すところ、あとわずかとなりました。
皆様は、2013年の最終日をいかがお過ごしですか?

私はというと、ほとんど映画を観ることのできなかった今年一年でした。
年間31本くらいを観たでしょうか。
勿論本数だけではないのですが。

年間31本というだけあって、厳選にチョイスした感はあります。
※以下、2013年に鑑賞した日付と映画全タイトル。

2013-12-15
台北カフェ・ストーリー
2013-11-13
ねむの木の詩がきこえる
2013-11-12
浦島太郎の後裔
2013-10-30
月とチェリー
2013-09-30
サーカス五人組
2013-09-16
エルドラド(1963)
2013-09-06
シャニダールの花
2013-08-29
劇場版 NHKスペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ
2013-08-28
恋するトマト
2013-08-27
龍城恋歌
2013-07-18
子供の四季 秋冬の巻
子供の四季 春夏の巻
2013-07-15
パプリカ(2006)
2013-07-12
デス・プルーフ in グラインドハウス
ふたり(1991)
2013-07-03
霊魂の不滅
2013-06-15
幸福の黄色いハンカチ
黄色い大地(1984)
2013-05-22
花の影
2013-04-19
ぼっちゃん
2013-03-27
引き裂かれたカーテン
2013-02-18
はつ恋(2000)
2013-02-11
ミュージックボックス
2013-02-03
シルビーの帰郷
2013-01-23
人斬り
ワカラナイ
2013-01-16
TOKYO EYES
2013-01-13
劇場版 フランダースの犬
2013-01-06
ヘヴンズ ストーリー
2013-01-05
奇跡(1955)
2013-01-03
蛇にピアス


『ねむの木の詩がきこえる』や『霊魂の不滅』、『奇跡(1955)』、『子供の四季』、『台北カフェ・ストーリー』は、ずっと観てみたかった映画で、観ることができただけでも嬉しい1年でした。
特に、一年の締めくくりで鑑賞した『台北カフェ・ストーリー』を観ることができたのは、素晴らしく感動的でした。

印象に残った映画としては、『ヘヴンズ ストーリー』でしょうか。
非常に尺の長い作品で、これ1本で何本分もの労力と時間を要した作品でした。
長いだけあって、その映画世界に浸れる心地よさは、特筆すべきものがありました。

『TOKYO EYES』も、一昔前の邦画ならではのチープさが体感できる、小粒ながら個性光る作品でした。

『花の影』や『龍城恋歌』は、アジア映画大好きな私を満足させてくれる作品でした。
アジアの倦怠感を具現化した作品としても、オススメです(決して、内容は楽しいものではないので、ご了承下さい)。

『シャニダールの花』は、映画館で観た作品ですが、今年のワーストでしょう(笑)。
自宅でDVDなんかで観たのなら、それほどインパクトには残らなかったでしょうが、映画館まで観に行って、この出来だと、かなりダメージは大です。
それほど、つまらなかった、というか、石井聰互(石井岳龍)大丈夫か?と、心配したくなるような内容でした。


来年は、どういう一年になるのでしょうか?
映画的には、今年に続き苦戦が予想されます。
もしかしたら、30本すら観れないかもしれません。
そんな中、数少ない鑑賞本数の中で、素晴らしい映画に出会えることを楽しみにしています。

皆さんにとっては、2013年、映画的にどんな一年でしたか?
又、来年にぜひ観てみたい映画は何ですか?
コメント頂けると嬉しいです。

今年も、当ブログをご贔屓頂きまして、誠にありがとうございました。
来年も、よろしくお願い致します。



管理人
にじばぶ
 
[PR]
by nijibabu | 2013-12-31 17:57 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)