古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
名古屋遠征リポート(5/30~5/31)
昨日の昼過ぎに、車で名古屋へ出かけた。

完全な思いつきの旅だ。
決して、「愛・地球博」とかが目的ではない。
あくまで目的なしの旅。

c0073737_20381382.jpg←しかし、出発時は雨。
天気予報では、名古屋地方は雨が降ってないとのことで、気にはならなかった。


c0073737_21171523.jpgc0073737_21173182.jpg←中央自動車道・国立インターから高速道路へ。
途中、「駒ケ岳PA」で休憩。
これが“駒ケ岳”なの?!
わからん・・・(笑)

夜8時ちょっと前に、名古屋へ到着。
とりあえず宿を探す。
お手ごろなホテルを発見。
中心地にありながら、一泊7000円弱とのこと。
綺麗なホテルでこの値段なら納得ということで、宿泊先は決定。
その後、名古屋の栄という繁華街を散策。

c0073737_20442349.jpg←でも、その前に腹ごしらえ。
まずは、名古屋名物「味噌カツ」からいくぞ、と。(謎)


お腹が満たされたところで、再び、名古屋の夜の街を散策。
夜9時だというのに、意外にも寂しい雰囲気。
まだこんな時間だというのに、もう店仕舞いを始めている“居酒屋”がちらほらと目に入り、ややビックリ。
お酒はもっと遅くまで飲まな・・・(独り言)

c0073737_20473572.jpg←これはテレビ塔らしい。
かなりの高さにやや興奮。(笑)
でも、ライトアップが少し地味かも。
あと、夜の9時に既に閉館(閉タワー?)というのは頂けない。
夜景が観れんじゃないの・・・(独り言2)

c0073737_21264074.jpg“愛・地球博”の文字が、街のいたるところに躍っていた。

c0073737_20515411.jpg←あと、夜の名古屋・栄地区を散策していて、一番驚いたのが、その「路駐」の多さと激しさ
「歩道の上へ堂々と路駐」には、かなりビックリ。
あと、交差点内にもガンガン路駐が・・・
ちょっとは取り締まらないと、ヤバイんじゃないのかなぁ・・・(独り言3)

というわけで、散々、好き放題ケチをつけたところで、ホテルに戻った。
でも、これが名古屋なんだと思った。
自分の価値観を基準に、物事をはかってはならない。
それに、ちょっとしたカルチャーショックこそが、こうした旅の醍醐味でもある。
あと、東京があまりに味気なく取り締まりをし過ぎなのかもしれない。
ある意味、名古屋という街のいい部分を見た様な気もした。

そして一晩明けて、翌日は朝の6時半に起床。
早々にホテルをチェックアウトした。
向かった先は、愛・地球博ではなく、“中部新空港”。
ちょっとした観光地ともなっている場所だ。

c0073737_2058386.jpg平日だというのに、ものすごく混んでいた。
明らかに、飛行機に乗る人達ではない。
単なる、空港を遊び場としてる人達ばかりだ。
私も含めて。(笑)


c0073737_21155916.jpgc0073737_21161330.jpg←そして、空港内のお店で、念願の“ひつまぶし”を堪能。
自身、二回目の“ひつまぶし”であったが、やっぱり美味しかった!
ちょっと、値は張るけども・・・^^;

そんなこんなで、名古屋を出た。
帰りは東名高速を使った。
途中、とある有名ラーメン店に寄る為だけに、小田原で高速を下りた。
(このラーメン屋については、後日、詳細をUP予定!)

夜7時過ぎに無事、帰宅。
全般、ほとんど渋滞に巻き込まれず、快適な旅路であった。
思いつきの計画無し旅行にしては、成功の部類かな・・・

c0073737_2153854.jpg←高速道路及び有料道路で、お金を支払った分のチケットを、帰宅してから数えたら、10枚(!)に達していた。
お金もかかったが、払う回数が多かったなぁ・・・という印象。
ETCって、便利なんだろうなぁ。。

以上、「名古屋遠征」リポートでした。(完)
[PR]
by nijibabu | 2005-05-31 21:20 | Comments(6)
“ラーメン屋ランキング”更新、200軒目。
<今回追加分>(2005.5.29)
・麺屋武蔵・青山(港区) 8.4点

「麺屋武蔵・青山」に昨日、車で行ってきた。場所は港区の南青山にある。店のある辺りは緑豊かな都内の一等地。近くの駐車場に車を停め、店まで歩いたのだが、とても気持ちが良かった。新宿本店では醤油味を食べたので、こちらでは塩味を注文した。チャーシューと味玉をトッピングしたが、値段が1200円(!)を超えてしまった。いくらなんでも高すぎる。でも、味はさすが武蔵・本店の味を受け継ぐ「青山」だけあって、かなりの高レベル。麺も本店と同じ、モチモチとした太めの麺で素晴らしい味わい。ただ、塩味より醤油味の方が美味しいと感じた。それとスープがややしょっぱく感じた。チャーシューは、とても柔らかく、まさに自分好みだった。ちなみに、場所は港区の青山(あおやま)にあるが、店名の読み方は「せいざん」らしい。新宿本店の醤油味(8.4点)に対し、こちらの塩味にも8.4点を献上。これにて、“武蔵系列店の完全制覇”を達成した。
武蔵本店“musashi”【新宿】、青山“seizan”【青山】、二天“niten”【池袋】、武骨“bukotsu”【上野】、虎洞“kodo”【吉祥寺】の5店舗。2005年5月現在。)


※一番右の画像は、「東京23区コラム魂」が騒ぎ、思わず撮ってしまった一枚。(謎)
「港区南青山」って、雰囲気も好きだし、その地名の「響き」も大好きだ。
ラーメンとは直接、関係の無いショットだが、お許しを。(笑)

c0073737_1123057.jpgc0073737_1141241.jpgc0073737_1175017.jpg

(左側にあるカテゴリ欄から、“ラーメン屋ランキング”を選択すれば、ランキング表をチェックできます。)
[PR]
by nijibabu | 2005-05-29 01:09 | Comments(0)
“ラーメン屋ランキング”更新、199軒目。
<今回追加分>(2005.5.28)
・ラーメン一福(渋谷区) 7.6点

「ラーメン一福」に昨日、行ってきた。ありとあらゆる雑誌にまんべんなく載っている、「玄人に評価の高い」有名店。知名度では超一線級とまではいかないが、ラーメン本掲載率でいけばトップクラスの店だと思われる。ここの売れ線は「味噌ラーメン」らしい。というわけで、初めての今回は、「味噌ラーメン」を注文した。スープは評判通り、とても美味しい。麺もなかなかの味わい。しかし、何かがおかしい。麺とスープ、それぞれはとても美味しいのに、相性がよろしくないのだ。それぞれが孤立してしまっている。それぞれの良さが際立っているというより、お互いが馴染んでいない感じ。この点は、にじばぶ的に減点対象。しかし、クルトンのような固形物や、白ごまがたっぷり入ったスープなどは好印象。よって、それらを差し引きし、7.6点を献上。

(左側にあるカテゴリ欄から、“ラーメン屋ランキング”を選択すれば、ランキング表をチェックできます。)
[PR]
by nijibabu | 2005-05-28 14:21 | Comments(2)
ファンキー・モンキー・ティーチャー3~康平の微笑
c0073737_0155845.jpg

先日、『ファンキー・モンキー・ティーチャー3~康平の微笑』という、観たくもない作品をわざわざレンタルしてきた。(謎爆)
これも全ては、「浅野忠信出演作、完全制覇」の為だ。(笑)

浅野忠信出演作としては、『四姉妹物語』『パンツの穴5☆キラキラ星みつけた!』と並ぶ、“目を覆いたくなる様な”邦画だった。(爆)
(“浅野忠信 TA FREAK!”というサイト内で、「日本映画の夜明け前を思わせる映画」と評されていたが、まさにその通り!)

なんと、本作における浅野忠信出演シーンは、1カット2セリフのみ。
しかも、遠目に映っている程度。
なお且つ、グラサン着用という念の入れ様。(汗)

出演しているという前知識がない限り、浅野忠信と気付くことはまず不可能なレベルの、“超”チョイ役だった。(というか、エキストラ状態。)


浅野忠信出演作、全制覇まであと少し!!
(ちなみに、出演作は40作品を超えている。)

相変わらず、誰にも評価されないノルマを自分に課すのが好きな、にじばぶなのであった・・・


c0073737_0232266.jpg←「その他大勢」の中にさりげなくクレジットされた、浅野忠信の文字。(一番左上)
一番先頭に来てるのは、意図的なのか?!
五十音順でもなさそうだが・・・



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2005-05-27 00:25 | ◆映画レビュー | Comments(7)
『沖縄移住記』連載10回突破!
本日で、『沖縄移住記』の連載が10回に到達しました。
これからも、ご愛読頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。                        管理人


沖縄移住記バックナンバー 【No.1】~【No.10】

[PR]
by nijibabu | 2005-05-25 12:31 | Comments(2)
ダウン・バイ・ロー
c0073737_1423812.jpgダウン・バイ・ロー』(1986)
上映時間: 107 分
製作国: アメリカ/西ドイツ
ジャンル: ドラマ

監督: ジム・ジャームッシュ Jim Jarmusch
製作: アラン・クラインバーグ
脚本: ジム・ジャームッシュ Jim Jarmusch
撮影: ロビー・ミューラー Robby Muller
音楽: ジョン・ルーリー John Lurie
 
出演: トム・ウェイツ Tom Waits
ジョン・ルーリー John Lurie
ロベルト・ベニーニ Roberto Benigni
ニコレッタ・ブラスキ Nicoletta Braschi
エレン・バーキン Ellen Barkin

*****************************************************
【解説】
舞台はニューオリンズ。ザックとジャックが、それぞれ警察がらみの罠にひっかかってOPP刑務所の同じ房に入れられる。そこに不思議な仲間、イタリア人旅行者のロベルトが加わって、脱獄からどことも知れぬどこかへ、3人は地獄とも天国ともつかぬ冒険の旅を重ねてゆく……。映画全編にジャームッシュ独特の奇妙な可笑しさが広がり、やはり同じくその全体に頽廃的な香りが漂う、ジャームッシュ・ワールドの王道的作品。ウェイツ(担当している音楽も秀逸)、ルーリー、ベニーニら出演陣も素晴らしい。(allcinema ONLINEより)
*****************************************************
最近、ジム・ジャームッシュ監督作品にどっぷりハマっている。
しかし、『ナイト・オン・ザ・プラネット』以降、どうも自分のツボにはまる作品に出会えてなかった。
その不満を見事に解消してくれたのが、この作品。
評判がいい作品なので、期待はしていた。
でも、こんなにいい作品だったとは・・・
特に、最後のシーンは大好きだ。
ああいうシーンは、なんかジーンとくる。(敢えてネタバレしないように書きました。興味のある方は是非、レンタルしてみて下さい。最後のシーンだけでなく、全体的にも素晴らしい作品だと思います。)
基本的には「ロード・ムービー」路線なのだが、退屈感がまったく無く、最後まで気持ちよく観れた。
久しぶりに2時間という時間を感じさせない映画だった。
これぞまさに、ジム・ジャームッシュの魅力だ。
全編、ぼぉーっとした感じのまま引っ張られていく感が最高に心地良い。
モノクロ画像の効果なのか?!
ジム・ジャームッシュ作品の中では、『ナイト・オン・ザ・プラネット』に次いで好きな作品となった。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2005-05-23 13:58 | ◆映画レビュー | Comments(2)
気狂いピエロ
c0073737_13533385.jpg気狂いピエロ』(1965)
上映時間: 109 分
製作国: フランス/イタリア
ジャンル: ドラマ/アート

監督: ジャン=リュック・ゴダール

製作: ジョルジュ・ドゥ・ボールガール
ディノ・デ・ラウレンティス
原作: ライオネル・ホワイト
脚本: ジャン=リュック・ゴダール
台詞: ジャン=リュック・ゴダール
撮影: ラウール・クタール
美術: ピエール・ギュフロワ
音楽: アントワーヌ・デュアメル
 
出演: ジャン=ポール・ベルモンド
アンナ・カリーナ
グラツィエラ・ガルヴァーニ
ダーク・サンダース
ジミー・カルービ
サミュエル・フラー
レイモン・ドボス

*****************************************************
【解説】
ジャン=リュック・ゴダールの描く、「勝手にしやがれ」と並ぶヌーヴェル・ヴァーグの代表的作品。映画的文法に基づいたストーリーというものはなく、既成の様々な映画の要素を混ぜ合わせ、光・色・音等を交差させて、引用で組み立てられた作品。「勝手にしやがれ」のジャン=ポール・ベルモンドを主演にして、ただただ破滅へと向かってゆく主人公の姿を描いた本作は、今にしてなおファンの間では“伝説”とされる、最も過激で刹那的なアナーキー映画である。主人公が顔中にダイナマイトを巻き付けて自爆するラストシーンは圧巻であり、同時に“美しい”映画史に残る名場面。原作はライオネル・ホワイトの『十一時の悪魔』。(allcinema ONLINEより)
*****************************************************

1965年といえば、今から40年も前の作品である。
しかし、映像的にちっとも古臭くない。
いかに前衛的な作風とはいえ、これはすごいことである。
フランス映画、それもゴダール作品ということで、ハナから「難解な映画」だと決め付けてから観たわけだが、その期待を裏切らない「難しさ」だった。
期待していた通りに、あまりに難解だったので、逆に気分がいいくらいだった。
しかし、事前情報を知らずに、「ちょっとオシャレなフランス映画」みたいなノリで観てしまった人は、さぞかし腹を立てるであろう。
それだけ解釈の難しい映画だと思う。
最後のシーンは少しだけビックリできたので、まずまず満足。
しかし、もう一回観たいとは思えないが・・・(笑)



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2005-05-23 13:52 | ◆映画レビュー | Comments(2)
背筋痛。(激痛)
昨日、仕事をしていたら突然、背中に激しい痛みが。(汗)
普通に歩くだけでも痛い。
小さい頃から虚弱だったので、背中が痛くなったりすることはたまにあった。
慣れているとはいえ、かなり辛い。(><)

というわけで、昨日はブログの更新をお休みしてました。
なんせ、パソコンに向かうのも難儀でございます。

今日は一日中、寝てる予定。
観なきゃいかん映画が2本たまっていたので丁度、よいかなと。

ちなみにどんな映画かと言うと、

☆ジャン・リュック・ゴダール監督作『気狂いピエロ』(1965年・フランス、イタリア)
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD13805/index.html

☆ジム・ジャームッシュ監督作『ダウン・バイ・ロー』(1986年・アメリカ、西ドイツ)
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD5721/index.html

の2本。
いずれも洋画だ。
[PR]
by nijibabu | 2005-05-22 09:06 | Comments(7)
“ラーメン屋ランキング”更新、198軒目。
<今回追加分>(2005.5.20)
麺屋武蔵・虎洞(武蔵野市) 7.3点

「麺屋武蔵・虎洞」に本日行ってきた。その名の通り、「麺屋武蔵」の兄弟店。こちらのお店は5号店となり、現時点では「麺屋武蔵」の中で最新の店舗だ。最寄り駅はJR中央線、吉祥寺駅。金曜の18時過ぎに行ったので、吉祥寺の街自体は非常に混雑していたが、行列は出来ていなかった。「麺屋武蔵」系列の店にしては人気がないのが気になった。実際に食べてみた感想としては、「普通においしかった」という感じだった。麺屋武蔵の看板を掲げているだけに期待していたのだが、他の店舗に比べると自分の舌に合わなかった。麺は細めのストレート麺。スープは和風な感じだが、結構、コッテリとしている。アクセントとして「あげ玉」「ガリ」などが入っており、そのアイデアと独自性はさすがの一言。でも、少しスープがしょっぱいかな。というわけで、「麺屋武蔵」系列のお店としては、初の「8点未満」である、7.3点を献上。

(左側にあるカテゴリ欄から、“ラーメン屋ランキング”を選択すれば、ランキング表をチェックできます。)
[PR]
by nijibabu | 2005-05-20 20:49 | Comments(0)
体重。
68kg台がやっと視野に入ってきました!(謎)
自分でも驚きの69.2kg!!
沖縄から東京に帰って来た頃(去年の6月)は76kgを超えていたので、10ヶ月で7kgの減量に成功したことになります。
体重を一気に落とすことは簡単なんですが、それをやっちゃうと体にダメージ(筋肉が細る、骨がスカスカになる、体力が落ちる、etc...)が出てしまうので、運動をしながら(美味しいものを食べながら)ちょっとずつ体重を落としていくことを心がけていました。(一月に最大で「-2kg」を目安。)
しかも、この一年間はずっと筋力トレーニングを続けてきたので、1年前と比べるとかなりの筋肉がつきました。
学生時代、67~69kgくらいだった時期はありましたが、その頃に比べると実質的にはスリムになったと思われます。(脂肪より筋肉の方が重いからです。)
そして体力もつきました。

、、、という単なる自慢というか、自己満足的な記事になってしまいました。(汗)
まあ、それだけ嬉しいってことです^^;笑

今後の目標は、65kg付近まで体重を落とし、筋肉をもっとつけて「基礎代謝」を上昇させ、太りにくい体質を造り上げることです。
私と一緒に健康バカになってくれる人、募集中です。(笑)
共に歩き、時には走り、腹筋を鍛えましょう!
そして、ウマイもんをいっぱい食べましょう!
[PR]
by nijibabu | 2005-05-19 19:17 | Comments(8)