古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧
“ラーメン屋ランキング”更新、203軒目。
<今回追加分>(2005.6.3)
・博多長浜とんこつラーメン・御天(杉並区) 7.4点

車で深夜0時過ぎに、杉並区内の街道沿いにある「博多長浜とんこつラーメン・御天」に行って来た。この店の人気メニューということで、『インド式ラーメン(930円)』を注文した。ところが、店内はそっち系(893)を思わせる人達でごった返していた(汗)。店長らしき人も、それらのお客さんの対応にてんやわんや。なかなか私のラーメン作りに着手してくれない。まあ、無理もないが(笑)。状況が状況だけに待つのは仕方ないのだが、雰囲気がちょっと・・・他にも女性客が居たが、明らかに居心地が悪そうだった。そして、ようやくラーメンが私の手元に到着。博多長浜ラーメンとカレーの融合が楽しめる一品らしい。スープは評判通り、かなり濃厚。今まで私が食べてきた博多系ラーメンの中で、最もパンチの効いたラーメンだった。又、カレーの風味もかなり強烈。辛さも相当なレベル。でも頑張って“替え玉”を注文。博多ラーメンなんだから、やっぱり替え玉をいかんことにはもったいない。替え玉を入れてもらった後でも、全く薄まらないそのスープの濃さに脱帽。とにかく強烈な博多ラーメンだった。ただ、注文した“インド式ラーメン”には、カレー味のそぼろ肉が入っており、これがいくらなんでもしょっぱ辛すぎ。本場博多の、容赦のないこてこてラーメンを、東京で食べられる稀有な店としては評価するが、今回食べた“インド式ラーメン”に対しては疑問符。お金を支払った後、怖い人が座っているイスの脚を誤って蹴ってしまった。「すいません。」と謝り、そっこー逃げた。怖かった(汗)。ということで、7.4点を献上。(謎)

(左側にあるカテゴリ欄から、“ラーメン屋ランキング”を選択すれば、ランキング表をチェックできます。)
[PR]
by nijibabu | 2005-06-03 01:36
“ラーメン屋ランキング”更新、202軒目。
<今回追加分>(2005.6.2)
・ブッダガヤ(神奈川県小田原市) 8.4点

神奈川県小田原市にある、「ブッダガヤ」という、くまもとラーメンのお店に行って来た。先日の“名古屋遠征”の帰り道、ラーメンを食べる為だけの理由で東名高速を途中で下りた。なんでそこまでして、ここのラーメンを食べたかったのかと言うと、まず第一に、小田原という、自宅からはとてもじゃないが行けない立地にあるお店だったからだ。自宅から高速で飛ばしても2時間近くかかってしまうのだ。今回の様に、何かのついでに立ち寄りでもしない限り、行けるような場所ではない。第二に、関東地区で食べることのできる「くまもとラーメンのお店」としては、“知る人ぞ知る”名店であるらしいからだ。小田原の人にとっては、普通のラーメン屋かもしれない。しかし、東京に住むラーメン好きの人達にとっては、その場所の不便さ故、難攻不落の、「知る人ぞ知るマニア向けラーメン店」として位置づけられているようだ。東名のインターを下りて、10kmくらい離れた場所にあった。比較的太い街道沿いにあったので、難なく見つけることができた。

c0073737_17311013.jpgc0073737_17312353.jpg←「外観」「内装」「ラーメン」の全てが“個性的”。

店の外観は、お世辞にも綺麗だとは言い難い。私は店の外観とか、店内の清潔さとかは、そんなに気にしないタチである。味さえ上等なら満足というラーメン食いだ。しかし、同行者が極端に顔をゆがめていた。どうやら、その不潔さに辟易してるようだ。食べる前から眉間にシワを寄せている。一緒に行った私としては、もっとラーメンそのものを評価してもらいたかったが、人それぞれ気にかける部分は違うので、これはいた仕方ない。さて、注文した品は、角煮入りの「ブッダガヤラーメン(900円)」。角煮が2,3個と、キャベツと、ゆで卵などがのっている。麺はやや太めの硬麺。あと、真っ黒な「マー油」がスープに混ざっている。スープはくまもとラーメンらしく、こってりとしていた。個性もはっきり出ており、さすがに有名店だけのことはあった。麺は噛みごたえがあって好きな部類の麺であったが、少々、粉っぽさが気になった。でも、これはスープのせいかもしれない。粉っぽさを感じた原因が、果たして麺そのもののせいなのか、スープのせいなのかは分からなかった。「桂花」というラーメン屋があるが、その系統のラーメンらしい。確かに似ていた。ただ、スープがぬるいのがマイナスポイント。やはりラーメンは熱々でなければならぬ。しかし、個性のあるラーメンであることを評価し、高得点である8.4点を献上。

c0073737_17465361.jpg←黒っぽく見えるのは、「マー油」が入っている為。

(左側にあるカテゴリ欄から、“ラーメン屋ランキング”を選択すれば、ランキング表をチェックできます。)
[PR]
by nijibabu | 2005-06-02 17:47