古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧
鑑賞映画リストを更新。(2006.4.30)
鑑賞映画リスト(2004年以降鑑賞分)を更新しました。
(今回の追加分は緑色で記載してあります。)

近松物語』(溝口健二)
拝啓天皇陛下様』(野村芳太郎)

の2本です。
[PR]
by nijibabu | 2006-04-30 21:42 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
“ラーメン屋ランキング”更新、378-379軒目。
【378軒目】
<食べに行った日>(2006.4.28)
中華そば すずらん(渋谷区)★味噌つけそば<平打ち麺>  7.5点
東京都渋谷区渋谷3-7-5

c0073737_20501124.jpgc0073737_20502231.jpgc0073737_2050297.jpg
「渋谷」駅が最寄りのお店。“味噌つけそば”が看板メニューのようだ。又、“三種の自家製麺”もウリのようである。その三種類の自家製麺の中で、私は「平打ち麺」を注文した(メニューとしては、「味噌つけそば角煮トッピング(1250円)」を注文)。他の二種類はそのままの金額で食べることができるが、この“平打ち麺”だけはプラス100円かかる。幅がもの凄く広い麺で、“すする”というより“食いちぎる”といった感じの麺だった。幅が広いおかげで、麺のそのものの味を楽しむことができた。しかし歯ごたえや食感という観点においてはイマイチであった。味噌味のつけ汁は、突出する要素の全く見当たらない平凡なものだった。7.5点を献上。


【379軒目】
<食べに行った日>(2006.4.29)
もちもちの木<新宿店>(新宿区)  - 点
東京都新宿区西新宿7-7-25

c0073737_2133686.jpgc0073737_2133055.jpg埼玉にある有名店「もちもちの木」の支店である。最寄りは「新宿」駅。ビルの地下にあって、非常に立地が悪いが、そこそこ客は入っている模様。接客はなかなか感じがよく好印象。麺の湯きりがとても丁寧なのだが、麺自体に大した特徴もなく、魅力もそんなに感じなかった。スープは魚介の香りが強く出た茶濁系のもの。スープ自体の味はなかなかウマイが、麺との相性はイマイチのようだ。あとラードが無駄に多すぎるような気もした。全体のバランスを崩しているのだ。麺はただでさえあまりスープを持ち上げないのに、ラードが多いことによって余計にそれを助長してしまっている。それに、そもそも魚介系茶濁スープに大量のラードは合わない様な気がするのだが、いかがだろうか。


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

[PR]
by nijibabu | 2006-04-29 21:11 | Comments(0)
“ラーメン屋ランキング”更新、377軒目。
【377軒目】
<食べに行った日>(2006.4.24)
肥後のれん 本店(新宿区)  - 点
東京都新宿区新宿3丁目34−14

c0073737_13253248.jpg「昔行ったラーメン屋かもしれないけど、行ったかどうかいまいちはっきりしないお店を、ことごとく制覇するノスタルジック・シリーズ(謎)」の第八弾。最寄りは「JR新宿駅」。駅東口を出て2,3分歩いた場所にある。新宿駅周辺には沢山のラーメン屋が点在しているが、こちらはその中でも“老舗”の部類に入るお店。昨今のラーメンブームより以前からこちらで営業をしていた熊本ラーメンが食べられるお店だ。以前、学生時代に何回か食べたような気もするのだが、はっきりしないので食べてみることに。以前は普通に美味かったような記憶があるのだが・・・これだけラーメン屋が増えてしまった現在においては、味に関して特筆すべきことは全くなかった。むしろこれから存続していくことができるのか心配になってしまうほどの、パンチ力に欠ける熊本ラーメンであった。ここのラーメンを食べたことによって、やっと過去の清算を果たし、ノルマを達成した感じだ。


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

[PR]
by nijibabu | 2006-04-27 13:32 | Comments(0)
“ラーメン屋ランキング”更新、375-376軒目。
【375軒目】
<食べに行った日>(2006.4.22)
パワー軒(立川市)★油そば<塩>  8.5点
東京都立川市幸町2-35-3

c0073737_13221868.jpg“ジャンクな油そばを食べることのできる店”という口コミ情報をゲットしたので、こちらのお店へ。最近は定休日が月曜になったらしい。一度目に行った時は月曜日だったのでふられてしまい、本日は二度目の挑戦だった。メニュー表を見たら、“油そば(塩味)”とあったので、思わず注文してしまった。塩味の油そばって、初めて聞いた。でも、なかなか魅力的なメニューである。“油そばをシンプルな塩味でいただく”、想像しただけでもウマソウではないか。他にも工夫をこらしたメニューやトッピングも多く、店主のセンスの良さを感じる。油そばだが、非常に塩っぽさが強かったのが難点。それは決してマズイという意味ではなく、“健康面”を意識すると問題があるという意味だ。“健康面を一切に気にしなければ素直にウマイ”と思える一品であった。麺は濃い黄色をした縮れの強いやや太めの麺で、かなり硬めに茹でてある。デフォルトでも相当な硬さだ。しかし、この硬さが自分の好みとばっちり合った。油そばを三種類(醤油・塩・味噌)の味から選べる点といい、この硬さといい、店主と自分のラーメンの好みはほぼ合致していると言っていいだろう。立川市のはずれにあるこの渋いラーメン屋さんは、“自分とセンスのぴったり合うラーメン屋さん”だった。自分にとっての一番のラーメン屋という意味ではなく、あくまで“センスが合う”という意味である。更に味のレベルが上がれば、自分にとってのベスト10に食い込む店となるであろう。8.5点を献上。それにしてもこのパワー軒、今は亡き国分寺の「味太郎」を想い起こさせる。味が似ているという意味ではなく、“多摩地区で孤軍奮闘する個性派実力店”という意味においてだ。味太郎の方は残念ながらつぶれてしまったが、このパワー軒には末永く頑張ってもらいたいものである。


【376軒目】
<食べに行った日>(2006.4.23)
麺屋 空海(渋谷区)★支那そば<塩>  8.5点
東京都渋谷区代々木4-5-1

c0073737_13223132.jpgc0073737_13222520.jpgこちらも「口コミ」で知ったお店。こだわりの塩を使ったおいしい支那そばを食べさせてくれるらしい。最寄りは小田急線「参宮橋」駅。この駅の存在を今までは知らず、もちろん降りたのも初めて。ラーメン屋巡りをしていなかったら、一生乗り降りすることはなかったかもしれない。ラーメン屋巡りをしていると、こういうことがあるのでとても楽しい。ラーメン屋巡りは、ラーメンを食べれるという点だけでなく、色んな街に出会えるという点でも楽しいのだ。日曜の昼時とはいえかなりの混雑ぶりで、画像の様に凄い行列ができていた。しかし、この状態になったのは、私がラーメンを食べ終えて、店を出た後の話だ。私が店に着いた時は2人しか待っている人がいなかった。あと15分遅れたら大変なことになっていたところだ。さてラーメンだが、塩にこだわりを持っているだけあって、塩スープがとてもおいしい。麺は平凡な感じだが、シナチクは噛み応えがあってとてもうまい。しかも沢山入っている。シナチクのうまさだけで言えば、自分的にこの店はナンバー1かもしれない。シナチクそのものがウマイだけでなく、塩スープとの相性も素晴らしい。8.5点を献上。今回は、“口コミ店のニ連発”だったが、二軒とも大成功だった。やはり雑誌だけの情報でなく、口コミ情報も大切にしたい。


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

[PR]
by nijibabu | 2006-04-24 13:47 | Comments(2)
“Invisible Waves” by Pen-Ek Ratanaruang(再UP)
大好きな監督であるペンエーグ・ラッタナルアーンの、新作『Invisible Waves』の公開が待ち遠しい。

英語サイトだが、公式HPを発見した。
英語は読めずとも、ここを見れば大体の雰囲気は分かるので、これでも十分ありがたい。

あとは日本での公開日決定の知らせを待つのみだ。


★以下、今回の追加記事分(2006.4.22)
「予告編」をUPしておきます!

私が“史上最強に好きな監督”、ペンエーグ・ラッタナルアーン監督の最新作。
私にとっては、まさしく鳥肌モンの予告編でした。

彼を好きな方は勿論のこと、彼をご存知でない方も是非一度、予告編をご覧になってみて下さい!

ペンエーグ・ラッタナルアーン監督最新作『Invisible Waves』予告編

c0073737_13454449.jpg

[PR]
by nijibabu | 2006-04-22 10:45 | ◆映画関連 その他 | Comments(4)
まあ、ちょっとしたお知らせ・・・
最近、生活環境が少し変わりました。

簡単に言いますと、忙しくなった感じです。
いや、正確に言えば、“自分で忙しくした”って感じかもしれません。

ですので、今までの様なペースで更新をするのは難しくなるかと思います。
管理人のにじばぶとしましては、これから先はまったりとお付き合い頂ければな、と思います。

それとラーメンを食べにいくこと自体も、多忙の為、やや困難になってきました。
映画鑑賞についても同様です。

そういう題材的な意味でも、更新はやや滞るかと思います。


当ブログをいつも御ひいきにして頂いた方々には申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。


管理人


(P.S.)
しかし、ここで“おもしろい事実”が判明。

上にも書いた様に、ここ一週間は更新が少し滞っていた。

なのにこの一週間は、“にじばぶ日記史上、最高のアクセス数”を記録したのだ。
c0073737_091017.jpg

一日のアクセス数が「270」というのも過去最高ならば、週間アクセス数が「1119」というのも過去最高。

ブログを始めた頃は、こんなにアクセス数が伸びるとは思ってもいなかった。

比較的一般ウケする題材を扱っているならともかく、マニアックな話題が中心のこのにじばぶ日記が、ここまでアクセス数を伸ばしたことは、とても驚きである。
そして又、とても嬉しくもある。



しかし、なんと皮肉な結果だろうか。

ブログに関わる時間を削っていこうと決心したその週に、よりによって最高アクセス数を記録したのだ。

これは今まで通り、毎日更新しろという意味かな?(笑)
[PR]
by nijibabu | 2006-04-21 23:59 | Comments(4)
“ラーメン屋ランキング”更新、374軒目。
【374軒目】
<食べに行った日>(2006.4.17)
ラーメンおやじ 本店(神奈川県相模原市)★おやじ麺  7.9点
神奈川県相模原市中央4-5-6

c0073737_136341.jpgあるラーメン本に、「相模原地区、不動の人気店」と書いてあったので、行ってみることに。元々この日は、立川市内にある「パワー軒」に行くつもりだったが、閉まっていたので急遽こちらに切りかえた。14時過ぎという中途半端な時間帯だったとはいえ、店内には先客が4人しかおらず、ラーメン本の触れ込みには嘘偽りがあったようだ(爆)。まあ、“通し営業で年中無休”であることを考慮すれば、混んでなくとも人気店だと言える可能性は残ってはいるが。「おやじ麺」という、味噌味の人気メニューとおぼしきものを注文した。ちなみにここは札幌ラーメンのお店で、一人分ずつフライパンで丁寧に野菜を炒めている。そのせいか、先客が4人しかいないのに結構待たされた。麺は少し黄色身がかった、「西山製麺」を思わせる中太麺だった。例えが適切でないかもしれないが、うどんの“ホウトウ”を思わせる満足感のある一杯だった。味噌スープは無難においしく、これで700円ならお得感アリだ。7.9点を献上。


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

[PR]
by nijibabu | 2006-04-19 13:20 | Comments(4)
鑑賞映画リストを更新。(2006.4.17)
鑑賞映画リスト(2004年以降鑑賞分)を更新しました。
(今回の追加分は緑色で記載してあります。)

ぼくの小さな恋人たち』(ジャン・ユスターシュ)
不夜城 SLEEPLESS TOWN』(リー・チーガイ)
TAKESHIS’』(北野武)

の3本です。
(今回は、『ぼくの小さな恋人たち』に9点がつきました。)
[PR]
by nijibabu | 2006-04-17 22:35 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
ぼくの小さな恋人たち
c0073737_101695.jpgぼくの小さな恋人たち』(1974)
上映時間: 123 分
製作国: フランス
ジャンル: ドラマ

監督: ジャン・ユスターシュ
 Jean Eustache

製作: ピエール・コトレル
脚本: ジャン・ユスターシュ
撮影: ネストール・アルメンドロス
 
出演: マルタン・ローブ Martin Loeb
イングリット・カーフェン Ingrid Caven


*****************************************************
【解説】
 「ママと娼婦」のジャン・ユスターシュが監督・脚本を手がけた、少年の成長を描いた作品。13歳のダニエルは祖母と一緒にフランス南部の小さな村で友人たちに囲まれて幸せな日々を過ごしていた。そこへ突然、他の男と暮らしている母親が現れ、彼をナルボンヌの街に連れ去ってしまう。村とは違う都会の暮らしに戸惑うダニエル。母親は高校に行かす金はないと、ダニエルに働くことを命じ、ダニエルはバイクの修理屋で働き始める……。
(allcinema ONLINEより)

 13歳のダニエルは、祖母と一緒にフランス南部の小さな町ペサックに住んでいる。やさしい祖母や友人たちに囲まれ、幸せな日々を送っていた。両親はすでに離婚。ある日突然戻ってきた母は、男と暮らしているナルボンヌへ引っ越して一緒に暮らすよう、ダニエルに強制する。一人で汽車に乗り、町へ向かうダニエル。母の言いつけで学校へは行かず、彼のバイクの修理工として働く単調な日々が始まる…。
 「サンタクロースの眼は青い」のジャン・ユスターシュ監督による人間ドラマ。フランス南部の小さな村から都会へ移り住んだ少年・ダニエルの心の成長を描く。
(TSUTAYA onlineより)
*****************************************************

この作品は、自分のお気に入り映画の一つとなった。
(左側のProfile欄、“好きな映画作品”に追加しました。)


なんともいえない余韻を残す、ユスターシュの美しき遺作。

ジャン・ユスターシュという監督は、とのさんのブログで知るきかっけを得た監督である。
とのさんと知り合うことがなかったら、この監督の作品は観る機会が無かっただろう。

*****************************************************

あまり観ている人は多くないであろうユスターシュの作品。
フランス映画っぽいけど、他のフランス映画とはどこかが違う。

何が違うのかよく分からないけど、何故か観ていて飽きない。
フランス映画って、雰囲気は良くても、観ていて飽きてしまう作品が少なくない。
その中にあって、ユスターシュ作品は観ていても時間を感じさせないのだ。

でも、その理由は全く分からない。
摩訶不思議だ。

この不可思議さが、この監督の最大の謎であり魅力でもある。

*****************************************************

さて、本作はそのオープニングからして心を奪われた。

淡いピンク色の文字に、背景にはフランスの美しい村の映像。
そしてバックに流れるシャンソンな歌。

映像に関しては、ヴィスコンティ作品の様な豪奢感のあるTechnicolorでもないし、現代のDVD映像の様なシャープさがあるわけでもない。

だけど、それらにも劣らない美しさが本作にはある。
全く飾り気ないのに、それでいて美しいのだ。

センスがいい人が、ストレートに画を撮るとこうなるのかな。
とにかく観ていて心地のいい映像の数々。

そして、出演者がみな美しい。
男女に限らずだ。
来ている服もさり気なく美しいし、センスも抜群。

ココ・シャネルがどうのとか、モードファッションがどうのとか、そういう類いの“衣装”の美しさでは決してない。
あくまで出演者の着ている“服”が、自然でいてセンスがよく、ユスターシュが描く本作の世界観にマッチしているのだ。

特筆すべきは、主演の幼い男女二人。
とても画になる二人。
こういうのを観てると、自分が日本人に生まれたのを恨めしく思うね。(笑)

*****************************************************

思春期特有、特に男子に特有の「歯がゆさ」というか「やりきれなさ」みたいなものがうまく表現されている。
それは痛々しいほど繊細に描かれていて、観ているこっちも辛くなるほどだ。

これはユスターシュの自伝的作品であるとも言われており、彼の思春期の頃の想いを垣間見ることができる。

若くして自殺したユスターシュ。
あぁ、もっと彼の作品が観たかった。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-04-16 10:16 | ◆映画レビュー | Comments(8)
“ラーメン屋ランキング”更新、372-373軒目。
【372軒目】
<食べに行った日>(2006.4.13)
こんどう軒(中央区)  8.0点
東京都中央区日本橋2-6-7

c0073737_2013268.jpgc0073737_2013968.jpg70年以上の歴史を持つ日本橋の老舗に行って来た。最寄りは地下鉄「日本橋」駅。JRだと「東京」駅からも徒歩圏内だ。高島屋のすぐ裏にあった。ネオンの光る、何とも独特な店構え。店内はかなり年季が入っていた。この店の一番人気「焼豚ラーメン(700円)」を注文した。具はネギとチャーシューのみ。スープは画像にある様に、典型的な鶏ガラ東京ラーメン。麺は平凡な中細縮れ麺ではあるが、スープをよく吸い込み、とてもウマイ。チャーシューは脂身のほとんどない硬めのもの。チャーシューと言えば、世間のラーメン屋では「煮豚」がほとんど。それらとは明らかに一線を画した焼豚(チャーシュー)だった。おそらく食べる人が食べれば、絶賛に値するチャーシューだと思うが、やはり私は素人なので柔らかい煮豚の方が好みだ。だけど、これはこれでもちろんウマイ。たまにはこういうチャーシュー麺も良いかな。スープはオーソドックスな醤油スープながら、さすがは老舗の確かな味わい。少ししょっぱ目なのが気になったが、健康面を気にしなければ病みつきになるスープだろう。店員は建物と同じく年季の入ったおばちゃん(笑)。もの凄く愛想がなかった。愛想がないどころか、少し感じが悪い。愛想はいらないが、「ごちそうさま」って言ったら返事くらいしてほしい(汗)。客とかそういう問題以前の、人と人との挨拶の問題だ。ま、そういうのを気にしてはいけないのかもしれないけどね、この立地でこの安さならば。8.0点を献上。


【373軒目】
<食べに行った日>(2006.4.14)
らーめん 潤<蒲田店>(大田区)  7.8点
東京都大田区蒲田5-20-7

c0073737_20242916.jpg東京に居ながらにして、新潟の本格的な“燕三条ラーメン”を食べることのできる希少なお店。最寄りはJR京浜東北線「蒲田」駅。駅東口徒歩4,5分程度の場所にある。「中華そば」を“硬麺”“薬味ネギ増し”で注文した。背脂の量をかなり細かく指定できる模様。私はノーマルで注文。麺は自家製の極太麺。これが何よりのウリだ。透明感の高い多加水麺で、モチモチとした触感があった。スープ自体はそれ程コッテリとはしていなかった。背脂もノーマルのせいか、それ程大量には浮いていない。私は、今は亡き伝説の“環七沿い”のラーメン屋、「土佐っ子」のラーメンで産湯を浸かり、それで肉体を形成し成長した世代だ(謎)。こんな程度のコッテリ感ではびくともしない(嘘)。いや、この歳になったら、これくらいが丁度良かったね(弱)。7.8点を献上。(客の前で店員をやたらに叱り飛ばすのはやめましょう!)


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

[PR]
by nijibabu | 2006-04-14 20:32 | Comments(0)