古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
また(×2)閉店・・・(汗)
私にとっての“最強ラーメン本”である取材拒否の激うまラーメン店に掲載されているラーメン屋を全制覇する為に日々精進しているのだが・・・

埼玉県川口市の『カポネ』に続き、またまたしても閉店していたお店があった。

それは、神奈川県横浜市にあった『宇宙らーめん』である。
(最寄り駅は京浜東北線の「新子安」駅。)

この本に載っているお店は、場末的なラーメン屋が多いのだが(それがこの本の魅力の一つ。)、その中でも圧倒的怪しさを放っていたのが、この『宇宙らーめん』だった。

はんつ遠藤氏のレポートからもその怪しさが伝わってくるこちらのお店。

自宅からかなり遠めのお店だったので、なかなか行けずじまいだった。

この本の掲載ラーメン屋全制覇も佳境に差しかかってきたのでそろそろ行こうかと決心し、念の為閉店していないか調べていたら・・・

; ̄ロ ̄)!!ガーン

嫌な予感的中。
やはり閉店していた。

これだけの怪しさを持ったお店なら、避けては通れない結末だったのかもしれないが、とても寂しい気分だ。

仕方ない、今日は他の店へ行こう。



(女性に好まれるご綺麗で無難な味を狙ったオサレなお店よりも、ラーメンおたくが集う様な無骨でいて、玄人好きのする場末なラーメン屋が大好きなにじばぶより。)
[PR]
by nijibabu | 2006-06-30 13:18 | Comments(0)
砂の女
c0073737_22375413.jpg砂の女』(1964)

上映時間: 147 分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: 勅使河原宏
原作・脚本: 安部公房
音楽: 武満徹
撮影: 瀬川浩
美術: 平川透徹
山崎正夫

 

出演: 岡田英次 Okada Eiji
岸田今日子

三井弘次
伊藤弘子
矢野宣
関口銀三
市原清彦

第17回カンヌ国際映画祭(1964年) 審査員特別賞(準賞)

*****************************************************
【解説】
 昆虫採集にやって来た男は、砂の穴の中にある未亡人の家に泊めてもらった。だが、そこから抜け出せなくなってしまう……。抽象的な原作を映画化した作品で、カンヌ映画祭審査員特別賞等を受賞している。
(allcinema ONLINEより)
*****************************************************

ようやくとのさんから聞いて知った勅使河原宏監督の作品を観ることができた。
まずそれが嬉しい。

そして予想通り楽しむことができた。

安部公房という作家が原作・脚本を担当、そこにあの『切腹』でも音楽を担当した武満徹が効果的な音楽を提供している。

岡田英次はアラン・レネ監督の『二十四時間の情事(ヒロシマモナムール)(1959)』を観た時に初めて知った俳優だが、アラン・レネの作品自体が趣味に合わなかったということも手伝って、あまり良い印象は持っていなかった。

しかし、本作『砂の女』においてはかなりの個性を発揮しており、その印象は“なかなか味のある俳優だなぁ”というものへと変わった。

そこに対するのは、私の年代の人達にとっても比較的著名な岸田今日子である。

もちろん、私が知っている彼女は“おばあちゃん”な岸田今日子。
こんなに若くて妖艶な彼女に出会ったのは、今回が初めてである。(笑)

*****************************************************

まずオープニング・タイトル(キャストとスタッフ等の表示)からしてインパクト大。
この時点で、本作に対しただならぬものを感じてしまった。

それは、強いて言葉で表現するならば、

“オープニングでキャスティング等が表示される度に、ハンコ(印鑑)がガツンガツンと表示され、そこに独特の効果音が重なる・・・”

というものなのだが、なかなか言葉では伝えにくい類いの演出なので、興味を持たれた方は一見して頂きたい。

かなりサスペンス的要素が強い作品であり、その点だけでも十分楽しめるのだが、最終的には人生哲学的なテーマにまで話が及んでいくという、広範な守備範囲を持つバランスのとれた逸品である。

この作品でもって、同じ勅使河原宏監督作品で、先述のとのさんイチオシでもある『他人の顔(1966)』という作品を観たくて仕方なくなった。

最近、この辺りの時代の日本映画にハマりつつある。
クセになりそうだ。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-06-28 23:11 | ◆映画レビュー | Comments(13)
ロベレ将軍
c0073737_10161441.jpgロベレ将軍』(1959)

上映時間: 132 分
製作国: イタリア

監督: ロベルト・ロッセリーニ
 Roberto Rossellini


脚本: セルジオ・アミディ 
ディエゴ・ファッブリ 
インドロ・モンタネッリ 
撮影: カルロ・カルリーニ 
音楽: レンツォ・ロッセリーニ 
 

出演: ヴィットリオ・デ・シーカ Vittorio De Sica

ハンネス・メッセマー Hannes Messemer

サンドラ・ミーロ Sandra Milo
ジョヴァンナ・ラッリ Giovanna Ralli
アンヌ・ヴェルノン Anne Vernon

第20回ヴェネチア映画祭(1959年) 金獅子賞(最高賞)

*****************************************************
【解説】
 第二次大戦末期、ナチスは一人の博奕打ちをイタリアのロベレ将軍に仕立てて、パルチザンのあぶり出しに利用しようとした。彼は命令のままに将軍としてミラノの刑務所に潜入したが……ベネチア映画祭金獅子賞を受賞した名作。
(allcinema ONLINE、TSUTAYA onlineより一部抜粋)
*****************************************************

ツタヤで“取り寄せリクエスト”なるものまで駆使して、執念で鑑賞することに成功した1本。

それだけにつまらない作品だったらどうしよう・・・という不安も大きかった。
しかししかし、そんな不安を吹き飛ばす、とてつもなく面白い作品だった。

*****************************************************

それはそうと、ロベルト・ロッセリーニ監督作品に対する自分の持つイメージは決していいものではなかった。

それまでに観た彼の作品といえば、代表作である『無防備都市(1945)』をはじめ、『戦火のかなた(1946)』『ドイツ零年(1948)』と、1940年代の作品ばかり。

このうち1つくらい観る分には、“イタリアン・ネオリアリズム”の空気を感じることができて楽しかったのだが、その後はみんな同じ様な感じで、“巨匠ロッセリーニは名ばかりで、面白くない作品ばかりを撮る古い監督”というイメージが増幅するばかりだった。

*****************************************************

本作『ロベレ将軍』は、ヴェネチア映画祭で金獅子賞(グランプリ)を獲っているにも関わらず、上記三作品と比べると知名度としては多少落ちるものがある。

しかも獲られた年代も1959年ということで、かなり後に獲られた作品だ。

全盛期的なイメージのある1940年代ですらあんまり楽しめなかったのだから、そんなに晩年の作品じゃあ大したことはないだろう・・・と踏んでいた。

しかし、映画好きの方々の評判をチェックすると、ロッセリーニ作品の中でも本作は、一際評価が高いのだ。(まあ、だからこそ、執念で本作を借りてきたのだが。)

*****************************************************

歴史的背景を熟知していないと、完全にはそのストーリーを理解することはできないであろう内容であり、私もそんなに世界史には精通していないので、ところどころ理解できない部分があった。

しかし、その様なレベルの鑑賞者さえも十二分に楽しませるだけのパワーがこの作品にはあった。

特に主演のヴィットリオ・デ・シーカの演技が素晴らしい。

デ・シーカと言えば名作『自転車泥棒』の監督というイメージが強く、まさかこんなに演技がうまいだなんて思ってもいなかった。

しかしそれは単に私が無知であっただけで、デ・シーカは元々、プロの俳優として映画界に入ってきたとのこと。

そして本作は、そのデ・シーカとロッセリーニが初めてタッグを組んだ作品でもあるのだ。

どこかのサイトで誰かがこう評していた。
「イタリアン・ネオ・リアリズモのニ大巨匠、ロッセリーニとデ・シーカが、イタリアとイタリア映画の意地を大いに見せ付けてくれた名作」
であると。

まさしくその通りに感じた。


又、デ・シーカ役の軍人と敵対する国の大佐を演じた、ハンネス・メッセマーの名演も光っていた。

これがとてつもなくかっこよい。
一発で彼のファンになってしまった。

*****************************************************

132分という長尺である為、さすがに途中で多少だれるが、後半はまた息を吹き返し、展開も一気に変わってくる。

前半と後半とで、主人公の雰囲気が全く変わってくるのも観ていて楽しかった。

最後はあっと言わせる展開があり、底知れぬ余韻を残す。

それはあの『無防備都市』をも上回る素晴らしいラストだった。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-06-25 10:55 | ◆映画レビュー | Comments(0)
エキサイト・ブログの画像UP容量が1GBに!
ずっと「30MB」だったエキサイト・ブログ(以下、エキブロ)の画像UP容量。
それがいつの間にか「1GB(1000MB)」になっていた!

今日、偶然気付いた(汗)
→ エキサイトネームカードを登録すると画像容量が最大1Gになります

「30MB」時代は常に画像のサイズ等を考慮しながらの画像UPで、記事を書いていても何となくスッキリしなかったし、世間的にも評判が悪かった。

これが「ネームカード」とやらを設定するという条件付で、大幅に容量UPされたわけだ。


又、この「ネームカード」を設定すると、「アクセス解析」機能がついてくる。

今までのエキブロのアクセス解析は大雑把過ぎてほとんど役に立たず、かといってエキブロ外のアクセス解析を設定しようにも、スクリプトタグ禁止により設定不可能だった。


こういう意味でも非常に有用な「ネームカード」だが、本来の使用方法である「名刺交換」的な使い方は一切していない。(笑)

下の方にダミー的に置いてあるだけなのだ・・・

まあそれはいいとして、とにかく画像UP容量「1GB」になったと今日偶然にも知ったわけで、これはブログに画像をUPするのが好きな私にとっては、ビッグニュースだったわけなのであった。
[PR]
by nijibabu | 2006-06-24 09:04 | Comments(0)
アンナ・マデリーナ
c0073737_1384687.jpgアンナ・マデリーナ』(1998)

上映時間: 97 分
製作国: 香港/日本
ジャンル: ロマンス

監督: ハイ・チョンマン
製作: クローディア・チャン
大里洋吉
脚本: アイヴィ・ホー 
撮影: ピーター・パウ 
音楽: チュー・ツァンヘイ 


 
出演: 金城武 Kaneshiro Takeshi
ケリー・チャン Kelly Chan


アーロン・クォック Aaron Kwok
レスリー・チャン Leslie Cheung
アニタ・ユン Anita Yuen
ジャッキー・チュン Jacky Cheung
エリック・ツァン Eric Tsang

*****************************************************
【解説】
 金城武とケリー・チャンが共演した切ないラブ・ストーリー。ピアノ調律師のガーフは、古びたアパートに住んでいた。ある日、小説家を名乗るモッヤンが転がり込み、二人は奇妙な共同生活をはじめる。やがて、上の階にマンイーという美女が越してくる。ガーフは彼女に一目惚れしてしまうが、内気なために告白もできない。だが、彼がもたもたしている間に、モッヤンが彼女に急接近してゆく。
(allcinema ONLINEより)
*****************************************************

大好きなケリー・チャン金城武の二人が共演する、香港を舞台にしたラブストーリー。

二人が共演している作品は、本作を含めて3作品のみ。
そのうち、世界の涯てにラベンダーは既に鑑賞済だったので、まだ観ぬ二人の共演作は、本作で最後となってしまった。

『世界の涯てに』『ラベンダー』共々、どちからと言えば主演二人の魅力を引き出すことをメインに作られていた感があり、作品としてみるといまひとつの感が否めなかった。

だけど、二人のファンである私にとっては、それで十分楽しむことができた。

*****************************************************

『世界の涯てに』においては、ケリー・チャン、金城武共々まだ初々しく、特にケリー・チャンの過剰なまでの“露出度の高さ”には頬が緩まずにはいられなかった。(笑)

そして『ラベンダー』に関しては、二人の女優・俳優としての成熟した魅力を堪能することができた。

特に、『ラベンダー』における彼女の美脚は、ファンならずとも思わず興奮せずにはいられない凄さがあったと思う。(こんなん表現ばっかですいません^^;笑)

この『ラベンダー』は、ケリー・チャンを魅力的にそして瑞々しく撮っているという意味では、インファナル・アフェアIII 終極無間と並んで、ベストな作品だと思う。

そして、この二つの作品とちょうど挟まれる形で、1998年に撮られたのが本作『アンナ・マデリーナ』である。

*****************************************************

ケリー・チャンはいつの時代の作品を観ても、そんなに極端には変わらない(全然歳を取らない!現在も尚美しい!)が、金城武は歳を重ねるに従い、雰囲気がかなり変わってきたように思う。

本作では、まだかなりの若々しさが残っており、まだヒゲもそんなに青くはない。(爆)

*****************************************************

本作での二人は、『世界の涯てに』『ラベンダー』と比べると、それほど綺麗に、又はかっこよくは撮られていないように感じた。

その代わり、作品自体の出来は、『世界の涯てに』『ラベンダー』より良かった。
何より、普通に楽しめたのが良かった。

ただ、細かい面を言えば、少し作りが雑かなぁ、と思えるシーンも多く、洗練度という点ではイマイチかもしれない。

後半で、金城武演ずる主人公の書いた“小説”の再現シーンが流れるのだが、これが作品全体のバランスとリズムを崩すくらい冗長だった。

でも、そういった荒削りな面はあるにせよ、最後は最後でなかなか感動させてくれるし、観た後の気分もなかなか良い。

これで『世界の涯てに』『ラベンダー』の様に、二人の魅力がうまく撮られていれば完璧だったのだが・・・

*****************************************************

2000年以降、ケリー・チャンと金城武の共演作は一つも撮られていない。

ケリー・チャンはまだまだ大丈夫そうだが、金城武が“おじさん”っぽくならないうちに、もう一作品くらい共演作を観てみたい。
二人のファンである私は、それを強く望んでいる。

関係ないが、インファナル・アフェア』(1作目)で、ケリー・チャンがレクサスの白いオープンカーで、颯爽と乗りつけるシーンがあるのだが、かっこよかったなぁ・・・

まさに“クールビューティ”という言葉を具現化したワンシーンであった。

*****************************************************
(P.S.)
ちなみに同じく大好きな俳優であるレスリー・チャン(故人)も本作ではチョイ役ながら出演している。

そういう意味でも、本作はかなりのお気に入り作品となった。

c0073737_14254070.jpg



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-06-22 13:39 | ◆映画レビュー | Comments(2)
鑑賞映画リストを更新。(2006.6.21)
「鑑賞作品一覧(洋画部門邦画部門)」を更新しました。
(今回の新規追加作品は、リスト内において緑色で表示しています。)

アンナ・マデリーナ』(ハイ・チョンマン)
ロベレ将軍』(ロベルト・ロッセリーニ)

の2本です。
[PR]
by nijibabu | 2006-06-21 13:27 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
TSUTAYAリクエスト商品到着!
TSUTAYAにて取り寄せのリクエストをしたことについては、この前書いた通りなのだが・・・
TSUTAYAの取り寄せリクエストについて

なんと、その中で最も観たかった作品を、運良く一番最初にゲットすることができた。

その作品は、ロベルト・ロッセリーニ監督作品、『ロベレ将軍』(1959年・イタリア)である。

132分と比較的長めであったが、期待以上に素晴らしい作品だった。

過去に観たロッセリーニ作品のどれよりも、満足することができた。
面倒な思いをしてまで取り寄せた甲斐があったもんだ・・・(涙)


(詳細レビューについては、後日アップ予定です。)


c0073737_001639.jpgc0073737_004969.jpg←ビデオの発売年は20年以上前という、年季の入ったビデオテープ。
一体、どこの店舗から取り寄せたのだろう・・・と思い、チェックしようとしたが、該当箇所にテープが貼ってあって、意図的に隠されており、チェックすることができなかった。
[PR]
by nijibabu | 2006-06-20 00:03 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
“ラーメン屋ランキング”更新、406軒目。
【406軒目】
<食べに行った日>(2006/6/18) 
とんがら亭(東大和市)  - 点

店の所在地を、一番分かりやすく“ラーメン通の人”に説明するとするならば、“『狼煙屋』の隣りのラーメン屋”という感じになるだろう(笑)。『狼煙屋』は東大和市内においては最強と言っても過言でないほどの人気店だが、その隣りにひっそりと佇むのがこちらのお店だ。昔から気になっていたので、その「人気の差」と「味の差」との相関関係を検証すべく入店することにした。かなり複雑な味のする豚骨スープだが、これといったウマミもキレも感じられない。具に関しても同様だった。やはり『狼煙屋』との集客力の差は仕方ないのかも。あと、ちなみに店員同士の”私語”が嫌いな人には向いてない店です(爆)。


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

宿題ラーメン店リスト

[PR]
by nijibabu | 2006-06-19 23:47 | Comments(0)
またもや閉店・・・
埼玉県川口市にある『カポネ』を探したのだが見つからない。
諦めて帰宅。

ネットで確認したところ、かろうじて“閉店(つまりは廃業)”の情報をゲットできた。

人知れず世から去ってしまうラーメン屋が多いが、その情報を入手するのはかなり困難だ。

都内であれば、大崎氏のサイトで比較的すばやく閉店情報はゲットできるが、都外ともなるとどうしようもない。

元々、この『カポネ』は私のラーメン版“教科書”ともいえる取材拒否の激うまラーメン店に載っていたので行こうと決めた。

この本は圧倒的にお気に入りのラーメン本なのだが、いかんせん、“場末的なラーメン屋の掲載率が高すぎるラーメン本”なので、早く訪問しないと店がつぶれて食べることができなくなってしまうのが、最大のネックだ。(苦笑)

c0073737_912523.jpg

[PR]
by nijibabu | 2006-06-17 09:00 | Comments(2)
“ラーメン屋ランキング”更新、405軒目。
【405軒目】
<食べに行った日>(2006/6/17) 
せきぐちラーメン<東金町>(葛飾区)  8.4点

敬愛する“はんつ遠藤”氏推薦の『せきぐちラーメン』の本店に相当する金町店に行くつもりだったのだが、お店が消滅していたので、やむなくこちらの“東金町”店の方へ行くことにした。葛飾区内では、取材拒否店でありながらかなり名の知れたお店で、根強い人気を持っているらしい。ラーメン(500円)を注文した。麺はかなり硬めに茹でられており、硬めが好きな私にとっては、本来、好みであるはずなのだが、どうも粉っぽすぎるというか生すぎるというか、イマイチ好きになれなかった。スープは塩ラーメンともとれるくらいの(そもそもメニュー表には醤油ラーメンとも塩ラーメンとも書いていなかったが)、塩味の立った味わいであった。しかしこれがまた、シンプルながらとてもウマイ。“豚骨一本槍の自称ラーメン通な学生連”には理解ができなさそうないぶし銀の味わいだ(爆)。ただ、いかにも地元の常連客向けという雰囲気の店内は、私の様な一見客にとってはかなり居心地の悪い空間でもあった。まあ、逆に言えば、常連客になりさえすれば、これ以上なく居心地の良いラーメン屋ということになるのだろう。8.4点を献上。葛飾区は総じてラーメン屋のレベルが高い様な気がする。それは、川向こうの千葉県松戸市にも言えることで、この近隣地域に住むラーメン好きの人達が羨ましい限りだ。どうも私の居住する“東京都下多摩地区”は、ラーメン屋のレベルが低い様な気がする・・・(もちろん、単発で美味しいラーメン屋はあるにはあるが。)


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

宿題ラーメン店リスト

[PR]
by nijibabu | 2006-06-17 00:28 | Comments(0)