古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
「宿題映画リスト」を更新(2006.8.29)
宿題映画リスト」を更新しました。(以下、新規追加作品)


イタリア麦の帽子(ルネ・クレール)
女だけの都(ジャック・フェデー)
となりのトトロ(宮崎駿)
紅の豚(宮崎駿)
もののけ姫(宮崎駿)
千と千尋の神隠し(宮崎駿)
最後の人(フリードリヒ・ウィルヘルム・ムルナウ)
ニーベルンゲン/ジークフリート(フリッツ・ラング)
ニーベルンゲン/クリームヒルトの復讐(フリッツ・ラング)
おもひでぽろぽろ(高畑勲)
無法松の一生(1958)(稲垣浩)
逢びき(デヴィッド・リーン)
地下室のメロディー(アンリ・ヴェルヌイユ)
かくも長き不在(アンリ・コルピ)
黒いオルフェ(マルセル・カミュ)
幸福(アニエス・ヴァルダ)
グッドモーニング・バビロン!(パオロ・タヴィアーニ/ヴィットリオ・タヴィアーニ)


管理人
[PR]
by nijibabu | 2006-08-29 01:28 | ◆映画関連 その他
鑑賞映画リストを更新。(2006.8.28)
「鑑賞作品一覧(洋画部門邦画部門)」を更新しました。
(今回の新規追加作品は、リスト内において緑色で表示しています。)

山椒大夫』(溝口健二)
ライムライト』(チャールズ・チャップリン)
ミモザ館』(ジャック・フェデー)

の3本です。



【参考】
宿題映画リスト

[PR]
by nijibabu | 2006-08-28 08:52 | ◆映画関連 その他
“ラーメン屋ランキング”更新、439-442軒目。
【439軒目】
<食べに行った日>(2006/8/25) 
中華料理 進来軒(千葉県千葉市)  8.3点

c0073737_191720.jpg東京最古のラーメン屋“来来軒”の末裔である店主が営む由緒正しきお店。片道2時間40分をかけて制覇した。ラーメンを食べるためだけに要した時間としては自己TOP3に入る所要時間となった。JR千葉駅からモノレールを乗り継いで「穴川」駅で下車。そこから更に10分近く歩いてやっとたどり着くことができた。事前に電話で、「今日は営業してますか?」と問い合わせての来店だったが、注文の際、声を発した時に何となくジロジロ見られた様な気がして気まずかった。おそらく電話した主だとばれていたと思われる(苦笑)。ラーメンは“中華料理屋系ラーメン”であったが、その美味さときたらハンパない。おそらく“中華料理屋系ラーメン”としては最強であろう。480円という価格からも分かる様に、極めてシンプルなラーメンながら、恐ろしく美味い。さすがに麺に関しては、昔ながらの単なる中華麺という感じであったが、スープがあまりある程に美味いので問題ナシ。究極の“中華料理屋系ラーメン”を食べたければ、間違いなくこちらのお店であろう。8.3点を献上。接客が素晴らしく、その辺もかなりのプラスポイント。掛け声がデカイだけの最近のラーメン屋や、敬語だけ使いつつ何となく感じの悪いラーメン屋が多い中、心の通ったサービスをするこういうお店は非常に貴重である。ちなみに食後にはアイスクリームがサービスで付く。


【440軒目】
<食べに行った日>(2006/8/25) 
北海道ラーメン 好 旭川(千葉県船橋市)★塩ラーメン  7.9点

c0073737_1195590.jpgこの日の二軒目はJR「津田沼」駅で途中下車。“加藤製麺”を出す旭川ラーメン系のお店に寄ってみた。看板メニューらしい「塩ラーメン」を注文した。麺は北海道から直送しているらしく、極めて個性が強いモノ。麺そのものに味が付いていると思うくらい(実際付いているのかもしれないが)、スープと関係なく麺をすすった時に独特の味わいが感じられる。これだけでも食べる価値はアリ。スープは塩ラーメンとは思えない複雑な味わい。店主のこだわりが感じられる。7.9点を献上。


【441軒目】
<食べに行った日>(2006/8/26) 
はじめ(神奈川県藤沢市)  8.4点

乗り換えること4回、所要2時間以上かけて制覇したこちらのお店。最寄りは小田急江ノ島線「藤沢本町」駅。駅のすぐ近くにある。「醤油ラーメン大盛り」を注文した。豊島区の『べんてん』を思わせる一杯で、ボリュームもあり麺もモチモチしていてとてもウマイ。『べんてん』は油も多く少ししょっぱいのがネックだが、こちらのお店はそういったこともなくとてもバランスが取れている。そして特筆すべきはチャーシューの美味さ。かなりのストライクなチャーシューであった。店主はとても感じが良く、丁寧な仕事ぶり。もう少し麺は硬くてもいいような気はしたが、これはこれでいいのかもしれない。8.4点を献上。


【442軒目】
<食べに行った日>不明
リンガーハット(東京小平店)(小平市)★ちゃんぽん  - 点

過去に行ったお店として追加。


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(8.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点~7.9点)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満又は未採点)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

宿題ラーメン店リスト

“あなたイチオシのラーメン屋さん”募集!!

[PR]
by nijibabu | 2006-08-27 01:28
“ラーメン屋ランキング”更新、436-438軒目。
【436軒目】
<食べに行った日>(2006/8/21) 
つけそば 丸永(埼玉県所沢市)★つけそば  7.9点

“ラーメン不毛の地”と個人的に認識している市、「埼玉県所沢市」にあって唯一評判がいいお店なので、行ってみることに。ただし、営業時間が鬼の様に短い。11時半から13時半(実質)のたった2時間なのだ。駐車場探しに手間取り、店内に入ったのは13時20分台。その後に一人だけ客が来たが、その直後の13時半前に「閉店」の立て看板が外に立てられてしまった。ふぅ、危なかった(冷汗)。しかしこんなに短い営業時間で営業が成り立つのであろうか。それとも道楽でやっているのか。いや、余計なお世話だな(笑)。「つけそば」を勿論注文。つけ汁はゴマが漂う和風なつくり。醤油色そのものの外観だ。麺はきらびやかな太麺。つけ麺の麺としては多少細い方かも。「上品で適度に太い」という点において、讃岐うどんを連想させる感じの麺である。つけ汁はあっさり目ながら確かな味わいがあり、美味。特別なインパクトを残さない部分でやや不満は感じられるものの、明らかにその辺のつけ麺はよりは上等であろうということで、7.9点を献上。


【437軒目】
<食べに行った日>(2006/8/22) 
らーめん 陣(東久留米市)★つけ麺  - 点


【438軒目】
<食べに行った日>(2006/8/23) 
中華そば キリン食堂(神奈川県相模原市)★潮ソバ  7.2点

c0073737_1423141.jpg藤沢の取材拒否店「はじめ」にフラれ、厚木の「麺や 食堂」にもフラれたので行ってみることに。駐車場が広く、どちらかと言うと味ではなく利便性で勝負するタイプのお店かな。「横濱家」とかみたいに。「潮ソバ」という塩ラーメン系のモノを注文。同行者は醤油ラーメンを注文していたが、こちらのスープの方がうまかった。微妙に及第点な7.2点を献上。



★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(8.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点~7.9点)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満又は未採点)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

宿題ラーメン店リスト

“あなたイチオシのラーメン屋さん”募集!!

[PR]
by nijibabu | 2006-08-24 01:42
山椒大夫
c0073737_4293352.jpg山椒大夫』(1954)

上映時間: 124分
製作国: 日本
ジャンル: 文芸/ドラマ

監督: 溝口健二

製作: 永田雅一
企画: 辻久一
原作: 森鴎外
脚本: 八尋不二、依田義賢
撮影: 宮川一夫
美術: 伊藤憙朔
衣裳: 吉実シマ
音楽: 早坂文雄
擬闘: 宮内昌平
助監督: 田中徳三
 
出演: 田中絹代
花柳喜章
香川京子
進藤英太郎 ほか

ヴェネチア国際映画祭(1954年) サン・マルコ銀獅子賞

*****************************************************
’54年ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞作。「安寿と厨子王」で有名な森鴎外の名作を基に製作した、溝口映画の最高傑作の呼び声も高い文芸大作。
(Amazon.co.jpより)
*****************************************************

溝口健二作品は、『雨月物語』『近松物語』『残菊物語』に次いで4作品目。
早くも完全に溝口映画の虜になっている。

本作はヴェネチア国際映画祭で賞もとった国際的にも評価の高い作品である。
個人的には『残菊物語』と並んで溝口作品の中では最もお気に入りな作品となった。

*****************************************************

オープニングのキャスト表示からして胸躍る。
重厚な音楽と共に、これから溝口作品が始まることを教えてくれる。

これからも溝口作品を観るにつけ、まるで『男はつらいよ』のオープニングを観るかの様に、条件反射的に胸躍ってしまうに違いない。

そして宮川一夫撮影による芸術的な映像美は言うまでもなく美しい。
単に美しいだけでなく、その映像を通してその世界に引き込まれていくような感覚を覚える。

この感覚がクセになってしまったので、もはやそう簡単には溝口映画から抜け出せそうにない。

*****************************************************

そして出演陣では、香川京子に目を奪われた。

美しいというか、かわいいというか。

他の作品で何度か香川京子を観たことがあるが、この作品の香川京子が一番魅力的だった。
足の先まで可愛らしかった。

ワンダフルライフ』での“おばあちゃん”香川京子を観てしまっているだけに、少々気分は複雑だが(笑)、今だ存命でいらっしゃるのは嬉しい限りだ。

*****************************************************

『残菊物語』でもそうであったが、正直、中盤でダレル部分があるにはある。

しかし、これも『残菊物語』と同じく、“ラストの怒涛な展開”がそんな不満を木っ端微塵に吹き飛ばしてくれる。

本作のラスト15分はそれだけ凄まじい印象を残し、涙無しでは観ることができなかった。

こういったラストの怒涛な盛り上がりが、更に溝口作品へのハマりを助長する。
ますます溝口から抜け出せない。
困ったもんだ。

9月から始まる恵比寿ガーデンシネマの溝口特集上映、そして10月末から始まる東京国立近代美術館フィルムセンターの溝口特集上映と、足しげく通うことになるだろう。

むちゃくちゃ忙しい毎日なのに、困ったもんだ。
あー、困った。
溝口健二には困った。


これから一つでも多くの、美しすぎる溝口作品を観ていきたいと思う。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-08-20 04:56 | ◆映画レビュー
「宿題映画リスト」を更新。
宿題映画リスト」に溝口作品を大量追加しました。(リスト内参照)

以下、溝口作品以外のリスト追加作品。


サンセット大通り(ビリー・ワイルダー)
麗しのサブリナ(ビリー・ワイルダー)
お熱いのがお好き(ビリー・ワイルダー)
アパートの鍵貸します(ビリー・ワイルダー)
マンマ・ローマ(ピエル・パオロ・パゾリーニ)
愛の集会(ピエル・パオロ・パゾリーニ)
大きな鳥と小さな鳥(ピエル・パオロ・パゾリーニ)
ターンレフト ターンライト(ジョニー・トー)
幸福の黄色いハンカチ(山田洋次)
シェルブールの雨傘(ジャック・ドゥミ)
生きるべきか死ぬべきか(エルンスト・ルビッチ)
美しき諍い女(いさかいめ)(ジャック・リヴェット)
君のいた永遠(とき)(シルヴィア・チャン)
初恋(エリック・コット)


管理人
[PR]
by nijibabu | 2006-08-20 04:46 | ◆映画関連 その他
“ラーメン屋ランキング”更新、433-435軒目。
【433軒目】
<食べに行った日>(2006/8/16) 
ゴリララーメン(府中市)    - 点


【434軒目】
<食べに行った日>(2006/8/18) 
長八(千葉県流山市)  8.7点

前回、高速(外環)を飛ばしていったにも関わらず“麺切れ早仕舞い”にてフラれたお店へ再挑戦。今回はどうしても食べたかったので、11時半の開店時刻を目指して出かけた。1日限定100食にもみたない手打ちラーメンを出すお店だけに期待は膨らむ。店の前に着き、暖簾のかかってるのを見た時、思わず声が出てしまうくらい嬉しかった。お盆の時期だし、かなりリスクも高かっただけにだ。「ラーメン大盛り」を注文した。手打ち麺だけを純粋に、たらふく味わってやろうという寸法だ。まず見た目だが、醤油色の強いスープで結構和風寄りな感じ。ラーメン本の写真では、逆に豚骨っぽい感じに写っていただけに、想像とはかなり違っていた。麺もラーメン本の「太麺縮れ麺」っぽい画像とは異なり、「中太ストレート麺」だった。ここまで違うと、ラーメン本の発売された頃と現在とで違うラーメンを出すようになったのかな?と思ってしまう。実際どうなんだろう。麺をすすったが、生まれて初めて感じるその独特な食感にまず感動。硬めに茹でられているが、決して生っぽくはなく、弾力もあって味わいも豊かだ。もしかしたら、自分が生涯味わってきた“麺”の中で最強の美味さかもしれない。もっとも、これは麺だけの話であって、スープに関して言えば、中の上といったところか。ただし麺にはそこそこ合っていたようには思う。8.7点を献上。


【435軒目】
<食べに行った日>(2006/8/19)
とんこつラーメン よかろうもん(墨田区)  - 点


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(8.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点~7.9点)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満又は未採点)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

宿題ラーメン店リスト

“あなたイチオシのラーメン屋さん”募集!!

[PR]
by nijibabu | 2006-08-20 04:07
鑑賞映画リストを更新。(2006.8.16)
「鑑賞作品一覧(洋画部門邦画部門)」を更新しました。
(今回の新規追加作品は、リスト内において緑色で表示しています。)

異常性愛記録 ハレンチ』(石井輝男)
第七の封印』(イングマール・ベルイマン)
ゲームの規則』(ジャン・ルノワール)

の3本です。



【参考】
宿題映画リスト

[PR]
by nijibabu | 2006-08-16 23:46 | ◆映画関連 その他
“ラーメン屋ランキング”更新、430-432軒目。
【430軒目】
<食べに行った日>(2006/8/13) 
骨豚亭(青梅市)  7.2点

麺を太麺・細麺の2種類から選ぶことができる。太麺を選択した。店の名前を冠した「骨豚亭らーめん」は黒いマー油の浮かんだラーメン。しかしマー油の量が少なく、あんまり入っている意味は感じられなかった。別皿にデフォで「ジュレ」というのがついてくる。これは魚介風味を後から追加する為のもの。ジェル状になっていて、好みでちょっとずつスープに溶かしていく寸法だ。7.2点を献上。


【431軒目】
<食べに行った日>(2006/8/14) 
流星軒(神奈川県横浜市)  8.1点

横浜市内にある「支那そば」のお店。麺は自家製麺。『ShiNaChiKu亭』には及ばないものの、なかなか美味しい支那そばを食べさせてくれる。8.1点を献上。


【432軒目】
<食べに行った日>(2006/8/14)
奇珍楼(神奈川県横浜市)  - 点

横浜中華街から山手方面に抜けていくと広い道沿いに「奇珍」の文字が見えてくる。店内は大正モダンな雰囲気で居心地は良い。ただ、おばちゃん店員の対応には難アリだが。中華料理屋なのでラーメンはあくまで脇役。「竹の子そば(700円)」を注文したのだが、むしろ他の中華料理を食べてみたかった。もっとも、ラーメンを食べにわざわざ横浜まで出向いたのだから浮気をするわけにはいかない。ここの「竹の子」は名物らしく、確かにビジュアルも味付けもかなり個性的。角材の様に豪快に切られており、味付けはかなり甘め。ただし、スープ自体の味が薄いというかコクがイマイチなので、竹の子の美味さも活きていないような気がした。スープがもっと美味しければ、竹の子の個性も良い意味で際立ったに違いない。麺は自家製の極細麺だが、細すぎるせいかコシがイマイチだった。


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(8.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点~7.9点)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満又は未採点)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

宿題ラーメン店リスト

“あなたイチオシのラーメン屋さん”募集!!

[PR]
by nijibabu | 2006-08-15 13:10
異常性愛記録 ハレンチ
c0073737_12243569.jpg異常性愛記録 ハレンチ』(1969)

上映時間: 89分
製作国: 日本
初公開年月: 1969/02/21
リバイバル: 2006/8/12
ジャンル: ドラマ/エロティック


監督/脚本: 石井輝男
 
出演: 若杉英二
橘ますみ

吉田輝雄
青山ジミー
尾花ミキ
三笠れい子
小池朝雄 ほか

*****************************************************
【解説】
 『徳川女系図』発表以来、その生々しい描写と大胆なタッチで、常に世の話題をにぎわし、嵐のような反響を巻き起こし続けていた石井輝男監督。
あまりにも煽情的なタイトルと“エロ・グロ・バイオレンス”を前面に押し出した強烈な描写で、キワモノのレッテルを貼られ続けてきた本作は、長年、再映もテレビ放映もされなかった。
剥き出しの欲望と徹底した残虐性に、人間の本性をえぐり出す冷徹な視点。成人娯楽映画の体裁を保ちつつ、歪んだ欲望を野放しにして平然としている社会の実像を暴いてみせた本作は、舞台を現代に置き換えても違和感無く成立する、極めて現代的な視点で描かれている。
まさに【幻の傑作】と言える本作が今、オリジナル・ニュー・プリントで鮮烈によみがえる!!

京都木屋町のバー「ノン」のママ典子は、異常な性癖を持つ染物会社社長深畑との肉体関係を断てずにいた。やがて典子は妊娠し、中絶に苦悩するが、深畑は典子の苦悩をよそに、芸者やゲイボーイとの異常な性交渉を続ける。
デザイナーの吉岡に心惹かれていた典子は、吉岡に助けを求め湖畔の宿で一夜を共にする。それを知った深畑の典子に対する責めは益々エスカレートしていく。
(「テアトル新宿」公式サイトより)
*****************************************************

いやー、楽しかった!!

それがまず第一の感想。
多忙の為、直前まで観に行こうかどうしようか迷っていたが、観に行った甲斐があった。
石井輝男作品の中では『網走番外地』に次いで好きな作品となった。

館内には女性一人客やカップルなどもちらほら。
単なる成人娯楽映画でないことは客層からも伺える。

21時20分からの上映ということだったが、70歳過ぎのオールド・ファンな方もいて、改めて石井輝男の底力的人気を感じた。

*****************************************************

主演は若杉英二。
いかにも不健康そうなオヤジさん俳優で、元プロ野球の東尾修氏に似ている感じのお人だ。

それに対するは石井輝男作品のミューズ、橘ますみ。
いつ見ても綺麗だし、可愛らしい。

この二人の組み合わせの時点で既に興奮してしまうわけだが、内容は更に凄く、橘ますみは90分間陵辱の限りを受ける、と表現しても嘘にはならない程の内容。

途中、さすがに飽きも出てきたところで、展開がうまい具合に変わる辺りはさすがの演出。
その後、一気に怒涛(?)のクライマックスへ。

見所は沢山ある。
まずは橘ますみのとっかえひっかえの衣装。

今見ると時代遅れ的なファッションセンスだが、それが期せずしていい味を出している。
そんな服が存在したんか、というような奇妙な衣装を颯爽と着こなす橘ますみ。
これは見ていて純粋に楽しめた。

また若杉英二のちょっとした動作も面白い。
部屋の埃を指先でチェックする辺りの動作とか。

特にラストシーンで雷に打たれるシーンがあるが、あそこは爆笑してしまった。(場内にも爆笑の渦が起こった)

本来なら爆笑すべきシーンでないところで、爆笑を誘う独特の面白さがあり、これは石井輝男の他の作品に通ずる魅力でもある。

また、途中で登場するオカマに目を惹かれてしまった。(危)
青山ジミーというオカマさんらしく、当初は有名なあのカルーセル麻紀が出演するところを代打で出たらしい。

さすがに体は気色悪かったが、目もとがとてもお美しく、これまた興奮。(笑)

青山ジミーで検索してみたが一切の詳細は得られなかった。
その筋に詳しい方はご一報下さいませ。

*****************************************************

上映終了後だが、館内には拍手が巻き起こった。

そして周囲のお客さんはみんな笑みを浮かべている。
かくいう私も、顔には笑みが浮かんでいた。

ホール内には、「いやー、良かったー」「楽しいネー」の声。
みんな笑顔で談笑している。

みんなを幸せにする映画、『異常性愛記録 ハレンチ』。

流行の映画を観て「アー、タノシカッタァー」もいいけれド、そんな人達にこそ是非観て欲しい映画だナ。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-08-13 12:24 | ◆映画レビュー