古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
カレーの店 スマトラ@東京都港区
c0073737_21531735.jpg行ってきました!
この顔のこの看板のこちらのカレー屋へ。

こちらのお店は、マルル一等兵さんのところで知ったお店です。

カレー通を唸らせるどころか、カレー通に議論を巻き起こす稀代なカレー屋として知られています。


とかく言われていることは、“好みが二極分化するカレー屋”であること。

私はしょっぱ過ぎるインドカレー以外は、カレーとあらば何でも美味しいと感じる大のカレー好きです。

その好きな度合いときたら、ラーメンの比ではありません。

なので、自分に「合わない」と言わせるカレーが登場するか否か、とてもわくわくドキドキしながら、店に入りました。


店内はある意味、殺風景。
だけど、それがまたいい雰囲気を醸し出しています。

メニューは、普通と大盛りくらいしかありません。
みんな「普通」とか「大盛り」とか言うかたちで注文しています。
私は「普通」を注文しました。

カウンターの上に、福神漬や紅しょうがや他の添え物が大きいお皿に並べなれていて、これもまた愉快で独創的です。

そして、学校や会社の食堂並みの早さでカレーが出てきました・・・


「ウヒョー。」
これがまず第一の感想。

見事にやられました。

どうやられたかって??

そらまぁ、好みに合わなかったのです。

まだ修行が足りませんでした。
自分はどんなカレーでも美味しく頂けると勘違いしていたのです。

だけど、決してレベルが低いカレーだとは思いませんでした。
単に好みに合わなかったという感じ。

みなさんが口を揃えておっしゃる「ルーのざらつき感」はそんなに気になりませんでした。

しかし、香辛料というか胡椒というか、それがあまりにストレートに感じられすぎて、むしろカレーの風味が損なわれていた様に感じたのです。


ただ、お店の雰囲気を含め、かなり独創的な味わいを持つカレーですので、マルル一等兵さんをはじめ、このカレーの虜になるその気持ちは十二分に理解できました。

それとスパイシーさ加減は半端じゃありませんので、その辺のカレーとは違い、相当なこだわりを感じます。

でも逆に悪い表現を使えば、“立ち食いそば屋の小麦粉っぽいカレーに、胡椒とスパイスを入れまくった感じ”と言い表すこともできます。(爆)


「カレーの店 スマトラ」。
それはやはり、カレー好きに「カレーとは何か?」を投げかける偉大なカレー屋でした。


c0073737_22263463.jpg『カレーの店 スマトラ』
東京都港区新橋1−16−10
営業時間 不明
定休日 不明
最寄駅 新橋

[PR]
by nijibabu | 2006-10-28 22:09 | Comments(2)
とんかつ藤乃木@東京都小平市
c0073737_22565115.jpgラーメン卒業が視野に入り始めたところで、新たなカテゴリ“【その他】グルメ”を作成してみました。

そこで早速、一軒ご紹介してみたいと思います。


お店の名はとんかつ藤乃木
(画像は「上ロースかつ定食」です。)

最寄り駅は西武多摩湖線『一橋学園』駅となります。
(JR中央線『国分寺』駅から、乗り換えとなり、一つ目のローカル駅です。)

この近くにはかつて一橋大学の寮があり、教育学部もあったことから、ちょっとした学生街でした。

その関係から、安くてボリュームがあって美味しいお店が結構ありました。

現在は学生街と呼べなくなってしまいましたが、それでもかつての名残りで、何気にいい店おいしい店が残っていたりします。

そんな中で、こちらの『とんかつ藤乃木』は、かつて一橋大学生に最も人気のあった食事処の一つでした。


私は小学校に上がる前から、こちらのお店にはお世話になっており、かれこれ20年以上も前からの付き合いになります。

今でも年に2,3度はコンスタントに通っています。
そして最近、嬉しいことがありました。

お会計を済ませて帰ろうとすると、マスターから「小さい頃からよく来て頂いてたお客様ですよね?」と声がかかったのです。

今までずっと通い続けていたのに、何故に今更声をかけてきたのか不明ではありますが(笑)、覚えていてくれた事は、とても嬉しかったですし、感激しました。


こちらの人気メニューは、上のリンク先でも紹介されている通り、「ふぶきとんかつ」です。
ロースとヒレが選べますが、個人的には断然ロースの方を推奨いたします。

大根おろしがとんかつの上にかかっており、そこの上から急須に入ったダシ汁をかけて頂きます。

個人的によく食べるメニューとしては、「上ロースかつ定食」「かにクリームコロッケ定食」があります。

「上ロースかつ定食」の方は、少々値は張りますが、ボリュームたっぷりで、とても柔らかくてウマイです。

「かにクリームコロッケ定食」は、リーズナブルでいて、とろけるようなウマサとボリュームがあり、オススメです。


小平市という土地柄、こちらで紹介しても食べに行く人は皆無だとは思いますが(笑)、一応、わたくし縁(ゆかり)のお店の一つなので、紹介してみました。


『とんかつ藤乃木』
東京都小平市学園西町1-20-6
AM11:30~PM3:00
PM5:00~PM9:30
休日 毎週火曜日
最寄駅 一橋学園

[PR]
by nijibabu | 2006-10-27 23:12 | Comments(0)
鑑賞映画リストを更新。(2006.10.24)
「鑑賞作品一覧(洋画部門邦画部門)」を更新しました。
(今回の新規追加作品は、リスト内において緑色で表示しています。)

人情紙風船』(山中貞雄)
天井桟敷の人々』(マルセル・カルネ)

の2本です。
 
[PR]
by nijibabu | 2006-10-24 22:52 | ◆映画関連 その他 | Comments(3)
“ラーメン屋ランキング”更新、464-465軒目。
【464軒目】
<食べに行った日>(2006/10/22) 
麺屋 雄(江戸川区)★しおめん  - 点

最寄りは都営新宿線「一之江」駅。駅前の環七通りを北上し、7~8分程度歩いた環七通り沿いにある。かなりの混雑ぶりで、地元での人気の程が伺える。ここで気になったのが、店員の年齢層。特に麺上げをしている店員は、中学生にも見える幼い感じの少年。実際には高校生になってるのかもしれないが、これには驚いた。しかもやたらにテンパっている。更に湯切りがめちゃくちゃ適当で、店主からかなり厳しく叱られていた。塩味の「しおめん」を注文。全体的にバランスの取れた一杯であったが、麺もイチマチだしそれ程の魅力は感じなかった。ところで、店員関連で気になったことをもう一つ。紅一点で女性店員が一人いたのだが、これが自分の好みのほぼど真ん中寄りだった(笑)。かわいいなーとか思ってて、ラーメンを待ちつつじっと見てたら、気持ち悪かったらしくチラっと見られてしまった(笑)。でも現場を仕切っているのはその女性で、見た目と裏腹に結構気が強い感じ。ハイ、全くラーメンとは関係のないハナシでしたヽ( ´ー`)ノ


【465軒目】
<食べに行った日>(2006/10/22) 
にゃがにゃが亭<一之江店>(江戸川区)  8.4点

本日の二軒目は、同じく「一之江」駅最寄りのこちらのお店へ。更に同じく環七沿いにある。だけど更に駅から遠く、電車で行くにはかなり無理のあるラーメン屋かも。「らあめん」を注文した。“キムチ食べ放題”との情報があったが、廃止されたらしい。残念だ。豚骨と魚介のダブルスープらしいが、これがなかなかウマイ。意外とアッサリしているが豚骨らしさも十分出ているし、魚介のいい香りもする。麺は細めのツルツルとしたもので、ツルツルとすすって楽しい食べてオイシイという“一粒で二度おいしい”麺だった。飯田橋店は閉店したとのことで、こちらまで遠征したのだが、とても美味しかったので飯田橋店が閉店したのはとても残念である。


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(8.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点~7.9点)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満又は未採点)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

宿題ラーメン店リスト

“あなたイチオシのラーメン屋さん”募集!!

[PR]
by nijibabu | 2006-10-24 22:33 | Comments(2)
“ラーメン屋ランキング”更新、462-463軒目。
【462軒目】
<食べに行った日>(2006/10/17) 
新福菜館(モザイクモール港北店)(神奈川県横浜市)  - 点

京都の本店で食べた、あの味が忘れられず、横浜まで執念の遠征。「チャーシュー麺・炒飯セット」を注文した。最初の二口・三口くらいは美味しく感じたのだが、中盤からかなりの飽きが発生。おかしいな、本店はこんなんじゃなかったような・・・私の勘違いか、それとも実際に味が違うのかは不明。もし味が違うとすれば、敢えて味を変えているのか、それとも再現したくても出来ていないだけなのか。一切分からず。というか興味湧かず。「やはり新福菜館は本店に限る。」という結論に達しただけであった。それと、炒飯はかなり“ビチャビチャ”しており、むやみに油っこく、醤油っぽさが強すぎて非常に頂けない。


【463軒目】
<食べに行った日>(2006/10/18) 
初代けいすけ(文京区)★黒味噌らーめん  - 点

普通に美味しく頂けたが、話題づくりにご執心な感じが随所にみられ、味というよりも、話題性優先な「ラーメン屋づくりコンセプト」全般が自分の肌に合わず。普通に焦がし味噌でいいのに、炭の効用とかを掲げつつ炭を入れてどうのこうのとか、後から色んなものをかけてみたりのっけてみたりとか、2号店・3号店のコンセプトとかetc...ただし、これで600円程度というのは、かなり食べ得感があるのも事実。割高なラーメンを出してくるラーメン屋が都内には多い中、これは評価に値する、、と最後にフォローしてみる。


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(8.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点~7.9点)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満又は未採点)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

宿題ラーメン店リスト

“あなたイチオシのラーメン屋さん”募集!!

[PR]
by nijibabu | 2006-10-20 14:01 | Comments(0)
珈琲時光
c0073737_2395724.jpg珈琲時光』(2003)

上映時間: 108 分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: ホウ・シャオシェン Hou Hsiao-Hsing

脚本: ホウ・シャオシェン Hou Hsiao-Hsing
チュー・ティエンウェン Chu Tien-wen
撮影: リー・ピンビン Lee Ping-bin
編集: リャオ・チンソン
主題歌: 一青窈  『一思案』
 
出演: 一青窈
浅野忠信

萩原聖人
余貴美子
小林稔侍

***************************************************
【解説】
 世界的名匠・小津安二郎の生誕100年を記念して製作されたヒューマン・ドラマ。小津を信奉する映画監督のひとり「悲情城市」「戯夢人生」のホウ・シャオシェンが、そのオマージュとして、独自の視点で捉えた現代日本の人間模様を静かなタッチで繊細に描く。主演は映画初出演の歌手・一青窃。共演に「座頭市」の浅野忠信。
 2003年、東京。台湾から戻ったばかりのフリーライター・陽子は、神保町の古書店の物静かな二代目主人・肇のもとを訪ねた。2人は陽子が資料探しのため古書街へ足を運んでいたことがきっかけで親しくなり、しばしば喫茶店で珈琲を飲みながら穏やかな時間を共有している。陽子は幼い頃、両親が離婚してしまったため、北海道に住む目の不自由な親戚に育てられた。今では実父と継母とも良い関係を築いている。そんなある日、彼女はお盆で久々に高崎の実家へ戻った際、突然両親に自分が妊娠していることを告げるのだった…。
(allcinema ONLINEより)
***************************************************

TSUTAYA新宿店において、『珈琲時光』に対する扱いがグレードアップされてました。

在庫数が2本から4本へ増やされていたのです。

公開年は2003年ですし、決してメジャーな部類に入る作品でもありません。

しかしこの時期に在庫数を増加したのは、口コミ評判が良かったからだと思われます。

実際、その様なことが在庫増加の理由として書かれていました。

かく言う私も、何を隠そう映画館を出た直後は、「久しぶりにつまらない消化不良な作品を観てしまった・・・」と思ったのです。

それが日を追うにつれ、私の『珈琲時光』という作品に対する評価はぐんぐんと高まっていきました。

再見したわけでもないのにです。
これは不思議な感覚でしたね。

再見したわけでもないのに、観た直後としばらく経った後とで、これ程までに評価の上昇した作品は後に先にもこの作品だけです。

娯楽性の高い“一度観たら終り”系統の作品には決してみられない現象です。

結果として、滅多にDVDを買わない(買えない)私がDVDを購入してしまった程のハマり様です。

東京に住んだことのない人にとっては、なかなかその魅力の伝わりにくい作品でして、そこが最大の難点ではあります。

しかしながら、こういう不思議な魅力を持つ作品は一人でも多くの方に観て頂きたく思い、紹介した次第です。

喫茶店で珈琲を飲みつつ本を読みつつ、まったりしたりするのが好きな人には特におすすめの作品です。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
映画採点表
宿題映画リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-10-15 23:14 | ◆映画関連 その他 | Comments(4)
カレーや プーさん@武蔵小金井 閉店情報
武蔵小金井の超有名店「カレーや プーさん」が跡形もなくなっていた。

どうやら再開発に伴う建て直しのようだが、既に同じ場所に建物が建築されており、再開発とはどう考えても関係ないっぽい。

再開発のためなら再開発事業が終わってからの出店になるはずだし、連雀通りより駅寄りが再開発地域と聞いているので。

だけど、とにかく再開してくれるのなら、それでノー・プロブレム!

私にとっての“ベストなカレー屋”というわけではないが、“体に良いカレーを出すお店”としてはナンバー1だと思っているので、貴重なカレー屋だった。自宅からも近いし。

なので、一日も早い復活を待ち望んでおります。


ちなみに私にとっての“ベストなカレー屋”は、高田馬場の『夢眠』
最近は各所に支店が出来たが。

あの頃(『えぞ菊』の隣りにあった頃)の『夢眠』ゆかりの地である高田馬場で『夢眠』カレーを食べていると、不思議と落ち着くのだ。

そして、あの頃の色々と困難だった青春時代を想い出すのだ・・・(笑)
[PR]
by nijibabu | 2006-10-13 18:50 | Comments(2)
“ラーメン屋ランキング”更新、460-461軒目。
【リピート】
<食べに行った日>(2006/10/10) 
大勝軒<小金井>(小金井市)  - 点

コメント省略。

【460軒目】
<食べに行った日>(2006/10/11) 
らーめん神田 山形家(千代田区)★みそらーめん  - 点

コメント省略。


【461軒目】
<食べに行った日>(2006/10/11) 
栄屋ミルクホール(千代田区)  - 点

最近、不発続きなのでどうしても“二軒食い”したくて近くにあったこちらのお店へ。こちらは“老舗”の部類に入る元軽食屋で、現在はラーメン屋。都内の色んな老舗でラーメンを食べたが、それらと比べるとやや弱いかな。スープは決してまずくはないが、それほど切れ味もなく、かといって深みやインパクトがあるわけでもない。全体的にやや小ぶりな印象。麺はややざらつきを感じるもので、唯一評価できるものではあったが、それでも特別魅力を感じる程でもない。店内は常連の溜まり場と化していた。


【リピート】
<食べに行った日>(2006/10/12) 
宝華(小金井市)★タンメン  - 点

月に2,3度は通う地元で一番大好きな“中華料理屋”である『宝華』のレビュー。最寄りはJR中央線「東小金井」駅。南口を出て階段を降りたらすぐ左側線路沿いにある。夕食時は行列必至、それ以外の時間帯でも常に混雑傾向という、類い稀な中華料理屋である。私もこのお店の味に惚れた口で、上にも書いた様にコンスタントに通いつめている。大体いつも注文するのは「レバにら炒め」「肉野菜炒め」等のご飯モノ。そしてたまに看板メニューの「宝ソバ(油ソバ)」を注文したりしている。今日は初めて「タンメン」を注文した。一応ラーメンなのでレビューを書こうかと思ったが、やはりこのお店は“ご飯モノ”を食べるべきお店である。学生や一見客、遠方客、ミーハー客等は「宝ソバ」を注文しがちだが、このお店がここまで安定した人気を有しているのは、“ご飯モノ”のウマサが突出していることに起因すると思われる。もちろん「宝ソバ」は大好きだし、おいしいと思うが、それだけでこの店を片付けてしまうのは勿体ないという意味である。タンメンであるが、基本的には美味しいのだが、やはり麺類では「宝ソバ」が断然魅力的。よって、評点の更新はならず。ちなみに裏注文として“宝ソバ・カイワレ増し”ってのがお気に入り。あとは、テーブルのメニュー表にはなく、何故だか壁にしか貼ってない「カレー宝ソバ」も変り種として面白い。麺類以外では「納豆入り南国チャーハン」もボリュームがあってなかなか面白い。ちなみに、いつもホール担当をしていた“東南アジア風”の店員はご卒業されました。新しく二人の「熟年」店員が入店された模様。以上、『宝華』の最新情報でした(笑)。


★参照★
制覇ラーメン屋ランキング(8.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点~7.9点)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満又は未採点)

地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

宿題ラーメン店リスト

“あなたイチオシのラーメン屋さん”募集!!

[PR]
by nijibabu | 2006-10-13 17:47 | Comments(0)
「浅野忠信出演作オールガイド」を更新(51作品目)
[浅野忠信]出演作オールガイドを更新しました。

今回は51作品目に当たる、『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』を追加しました。
リンク先をご参照下さいませ。


管理人
[PR]
by nijibabu | 2006-10-10 14:16 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
鑑賞映画リストを更新。(2006.10.10)
「鑑賞作品一覧(洋画部門邦画部門)」を更新しました。
(今回の新規追加作品は、リスト内において緑色で表示しています。)

宮本武蔵』(溝口健二)
マルホランド・ドライブ』(デヴィッド・リンチ)
エリ・エリ・レマ・サバクタニ』(青山真治)

の3本です。



【参考】
宿題映画リスト

[PR]
by nijibabu | 2006-10-10 13:47 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)