古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
キンスキー、我が最愛の敵
c0073737_1311778.jpgキンスキー、我が最愛の敵』(1999)

上映時間: 95分
製作国: ドイツ/イギリス
ジャンル: ドキュメンタリー

監督: ヴェルナー・ヘルツォーク
撮影: ペーター・ツァイトリンガー
音楽: ポポル・ヴー
 
出演: クラウス・キンスキー
ヴェルナー・ヘルツォーク
クラウディア・カルディナーレ



*****************************************************
 映画史上に残る怪優クラウス・キンスキー。「フィツカラルド」「アギーレ・神の怒り」「コブラ・ヴェルデ-緑の蛇」「ヴォイツェック」「ノスフェラトゥ」。彼を多くの自作に起用したヘルツォーク監督。本作は監督自身がクラウス・キンスキーとの宿命ともいえる長年にわたる交流を語ったドキュメンタリー。キンスキーの撮影現場での数々の奇行やその偉大さが、様々な証言により明らかにされる。
(allcinema ONLINEより)
*****************************************************

ドイツが生んだ奇人監督ヴェルナー・ヘルツォークと、彼の作品に何度も出演した“映画史上に残る怪優”クラウス・キンスキーの愛憎渦巻く人間関係を、怪しげに描いたドキュメンタリー映画の傑作。

ヘルツォーク作品の中でも、キンスキー主演のものを観た後に、本ドキュメンタリーを鑑賞されることをお勧め致します。

キンスキー主演モノのヘルツォーク作品を1本でも観ていると、本ドキュメンタリーの楽しさも格段と上がってくると思いますので。

中でもオススメは『フィツカラルド』や『アギーレ、神の怒り』です。

*****************************************************

まずはジャケット画像を見て頂きたい。

掴みかかっている方がクラウス・キンスキー。
なんともいい画ではないか。笑

このDVDジャケットだけでも、本作の魅力が伝わるというもの。


どこまでがやらせで、どこまでが本当なのか。

それは観ている人には分からないし、キンスキー亡き後、“死人に口なし”状態でこのドキュメンタリーを撮ったヘルツォークの胡散臭い発言の数々を信用するわけにもいかない。


本作の中でヘルツォークはこう語る。

「私は変人ではない」

と。(笑)

自身が作成したドキュメンタリーの中で、真面目な顔をしてこんな言い訳を淡々とされると、思わず噴出してしまう。

やはり、このドキュメンタリーは傑作中の傑作。

*****************************************************

その他、いたるところでヘルツォークが「自分はマトモ」的な立ち位置でこちらに語りかけてくる。

しかし、ヘルツォークが自身のことをマトモと主張すればする程、逆に「本当かなぁ・・・」という気持ちにさせられる。

キンスキーが奇人であることは映像が雄弁に語るが、ヘルツォークもそれに負けず劣らず奇人であることは明らか。

これは彼ら二人も本ドキュメンタリーの中で認めていることだが、彼ら二人は“似た者同士”なのである。

*****************************************************

映画史上まれにみる奇人二人がタッグを組んで全力で映画を撮ると、こんな映画ができますよ、といったものが『フィツカラルド』という作品。

本ドキュメンタリーの中でも『フィツカラルド』の撮影シーンが沢山出てきて興味深い。

それにしてもキンスキーは常にキレている。
少なくとも、ヘルツォークが撮ったこのドキュメンタリーの中では。

特に冒頭のキンスキーがキレながら大衆に向かって演説をするシーンが興味深い。
迫真の映像で、これを観るだけでも十分楽しめる。

*****************************************************

ひたすらこのドキュメンタリーではヘルツォークがしゃべりまくるのだが、時折り感情を露わにしながら話すことがあり、これがまた面白い。

本当に憎しみや蔑みをこめてキンスキーのことを語るのだ。
この部分にかけてはヤラセではなく、マジであることが彼の表情から伝わってくる。

同時に、いかに彼がキンスキーという一人の俳優を愛していたかも伝わってくる。
じゃなければ、この様なドキュメンタリーを撮らなかったであろうし。

“可愛さ余って憎さ百倍”

ヘルツォークのキンスキーに対する感情はこの一言で言い表すことができよう。

*****************************************************

ラスト・シーンは特別に印象的。
こんなに不思議に心温まる映像は観たことがない。


c0073737_17585451.jpgアマゾンの大自然の中に一羽の蝶がいる。
それがキンスキーの体にとまる。

しかし蝶は逃げない。
逃げるどころか、彼に吸い付いて離れないのだ。

彼がいかに常人離れしているかという隠喩がうまく込められた素晴らしいラストの映像だ。

アマゾンの蝶に愛されるキンスキーも凄いが、この映像を撮って最後に持ってきたヘルツォークも凄い。


ヘルツォークの自己中な語りに苦笑させられ、キンスキーの狂った言動に口をあんぐりさせられ、最後に蝶のシーンで心を温められるという、素晴らしいドキュメンタリー。

皆さんに是非オススメしたい。


(P.S.)
本作でも流れるポポル・ヴーの音楽は最高です!
クラウディア・カルディナーレは、おばあちゃんになっても派手で素晴らしい!



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-01-31 13:40 | ◆映画レビュー
500軒制覇達成記念「ラーメン屋何でもランキング」
さて、先般お知らせしました通り、500軒制覇を記念しまして、「ラーメン屋何でもランキング」を発表致します。

私が実際に制覇した500軒の中から、様々なカテゴリ別にランキングを発表していきたいと思います。

***************************************************

「総合」部門
1位 ひるがお 世田谷区 
2位 珉珉(みんみん) 墨田区
3位 金竜 千葉県松戸市


まずは総合ランキングから。1位は世田谷の『ひるがお』。こちらの「塩チャーシューつけ麺」がベスト。2位の『みんみん』は化学調味料のパンチ力とジャンクさが魅力。3位の『金竜』は感動的な「味噌ラーメン」を出すお店。この中では特に『金竜』でもう一度「味噌ラーメン」が食べたい。


「味噌ラーメン」部門
1位 金竜 千葉県松戸市
2位 味噌屋せいべえ 港区
3位 すみれ 豊島区
4位 ねぎぼうず 町田市
5位 どさん子娘 千葉県市川市


「味噌ラーメン」ランキング。個人的に好きなラーメンなので、TOP5まであげてみた。この中では5位の『どさん子娘』をプッシュしたい。地元に愛される個性豊かなラーメン屋。こちらの味噌ラーメンはボリュームたっぷりで、しかもチャーシューが飛び切りウマイ!!味噌ラーメン好きは必食のラーメン屋。


「塩ラーメン」部門
1位 珉珉(みんみん) 墨田区
2位 麺や食堂 神奈川県厚木市
3位 ぜんや 埼玉県新座市


一応「塩ラーメン」もついでに。「総合」で2位にランク付けした『みんみん』は醤油で評価したが、実は「塩」でも感動した。とにかく見た目が美しく、「パーコー」との相性も抜群。化学調味料がしびれるウマさ(笑)。3位の『ぜんや』は有名どころなので省略。特筆すべきは2位の『麺や食堂』。老舗だが、これが群を抜いた素晴らしい一杯を出す。醤油ラーメンもうまかった。比較的、マスコミ露出度の低いラーメン屋なので、強くプッシュしたい。厚木まで行く価値は十分にアリ。


「つけ麺」部門
1位 ひるがお 世田谷区
2位 ひるがお 新宿区
3位 勢得(閉店) 荒川区
4位 麺や 葵 荒川区
4位 麺匠 むさし坊 埼玉県さいたま市
4位 麺屋 賢太郎 杉並区


3位の『勢得』だが、閉店が悔やまれる。いつか復活しないかな。復活情報をご存知の方がいらっしゃいましたら、情報提供お願いします<m(__)m>


「チャーシュー」部門
1位 どさん子娘 千葉県市川市
2位 ちゃーしゅー屋 埼玉県越谷市
3位 らーめん飛鷹 豊島区



「麺」部門
1位 麺屋 賢太郎 杉並区
2位 長八 千葉県流山市
3位 江戸壱 杉並区


「味玉」部門
1位 俺の空 新宿区


「しなちく」部門
1位 ShiNaChiKu亭 神奈川県横浜市


「多摩地区」部門
1位 みんみんラーメン 八王子市
2位 ねぎぼうず 町田市
3位 味太郎(閉店) 国分寺市
4位 でうら 八王子市
5位 九州ラーメン 火の国 町田市


1位の『みんみんラーメン』。ホッとできる味なのに、感激も出来るという「八王子系ラーメン」の老舗である。大盛りでむしゃむしゃ食べてみたい。3位の『味太郎』だが、伝説を残して数年前に忽然と姿を消したお店。いやー、うまかった。麺は柔いがそれ以外はほぼ好みど真ん中。豚は小さいがうまかったなぁ・・・


「ギトギト度」部門
1位 韃靼ラーメン 一秀 豊島区
2位 平太周 板橋区
3位 めんくい 練馬区


1位の『韃靼ラーメン 一秀』の「特製ラーメン」は特に強烈。2位の『平太周』と3位の『めんくい』だが、共にコテコテの「東京豚骨ラーメン」を出してくれる。板橋区や練馬区、足立区といった場所の「環七沿い」には何故だか強烈にコッテリしたラーメンを出すお店が昔から多い。


「油そば」部門
1位 ぽっぽっ屋(水道橋店) 千代田区
2位 花月(チェーン店) ※「初代もんじゃそば」
3位 珍々亭 武蔵野市
4位 パワー軒 立川市


実はかなり「油そば」は好きだったりする。「油そば」と聞くと安易に『珍々亭』か『宝華』辺りを1位に据えたくなるところだが、そこは「油そば好き」として敢えてやめておいた。悪い評判を多く聞くチェーン店の『花月』の“初代もんじゃそば”を敢えて「油そば部門の1位」に推したい。「初代」のもんじゃそばは、とても臭く、そしてジャンクだった。大盛りを頼むと、決まって後半は気持ち悪くなり、ゲリをする確率も高かった。だけど、ハンパな油そば好きを跳ね除ける“あのニオイと毒々しさ”に、私はトリコだった。私以外にも、あの頃の『花月』の“初代”もんじゃそばにハマっていた人はいたハズ。(2007.11.1追記)ぽっぽっ屋の「油めん」強烈でした!見事、1位奪取です!


「変り種ラーメン」部門
1位 山茂登 埼玉県所沢市

このお店の「山茂登ラーメン」は強烈、圧巻。内容は「納豆にニンニクを混ぜたモノをすり鉢で混ぜてドロドロにしてラーメンにかける」というもの。店の雰囲気もヤバメだし、凄いお店。


「汚いラーメン屋」部門
1位 下頭橋ラーメン[旧:土佐っ子](閉店) 板橋区
2位 麺 池谷精肉店(移転) あきる野市


1位の『下頭橋ラーメン』は、汚いというより“腐って黒くなった異臭を放つ背脂がカウンターの目の前にあった”ので1位に。鼻がまがりました(汗)。まさに“ヘド橋ラーメン”です(寒)。2位の『麺 池谷精肉店』は移転してしまい新しくなって“しまった”そうです(笑)。


「好みの女性店員さんがいたラーメン屋」部門
1位 麺屋 雄 江戸川区
2位 中華そば いまむら(閉店) 神奈川県横浜市


これは完全に好みによるものであり、説明しても意味がないので、説明は省かさせて頂きます(笑)。


「私語が多いラーメン屋」部門
1位 中華めん処 道頓堀 板橋区
2位 とんがら亭 東大和市

3位 ラーメン二郎 小滝橋通り店 新宿区

多いだけなんで、人によっては「わきあいあいの楽しいラーメン屋」と感じる可能性があります。よってコメントは省略。

***************************************************

長くなってきたので、以下は簡易ランキングとします。


お店の雰囲気が独特
①イレブンフーズ(全てが独特)
②テールラーメン(哀愁に満ちています)
③福寿(雰囲気がホンモノのレトロ)
④がんこ総本家(“家元”も独特、入り口も独特)
⑤かおたんラーメンえんとつ屋(居心地は良い)

店主が個性的
①大石家(伝説の“マシンガン・トーク”は掛け値ナシに凄かった!感動した!)
②ラーメン一番<引退>(体型も凄かった)
③らーめん勇(ホクロから髯が生えている。女性店員は明らかに店主の・・・謎)

店主が怖い
①藍華(怒られるワケではありません。見た目が怖いだけです。)
②だんちょうてー(上に同じく)
③ラーメン一番<引退>(店員をしゅっちゅう叱ってました。現在は、息子さんとおぼしきローリー寺西似の方が、奥さんとおぼしき方とお店を切り盛りしていらっしゃいます。)

高いラーメン
①鴨シャブ・鴨らーめん竹亭(1900円)
②桃桜林(1200円)
③MIST(1100円)

閉店した名店
①味太郎(また食べたい・・・)
②ラーメン迎賓館(ここのつけ麺は誰が批判しようとも、最高だった・・・)
③勢得(つけ汁が特に好みだったのに・・・)

路地裏度TOP3
①時計台(銀座)
②めとき
③くぼ田

しょっぱさレベル
①ラーメンビッグ(鼻柱がとても痛くなります。)
②がんこ総本家
③まこと家


★参照★
地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

制覇ラーメン屋ランキング(8.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点~7.9点)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満又は未採点)

宿題ラーメン店リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-01-30 15:06
“ラーメン屋ランキング”更新、510-516軒目。
【510軒目】
<食べに行った日>(2007/1/18) 
共楽(中央区)  7.0点

「東銀座」界隈に数多く存在する有名ラーメン店の一つ。こちらはその中でも昔ながらのラーメンを出すお店としてサラリーマンに人気のあるお店。そんなに洗練されたラーメンとは思わなかったが、安心して食べることのできる体に優しい一杯。7.0点を献上。


【511軒目】
<食べに行った日>(2007/1/18) 
時計台(中央区)★麦みそらあめん  7.1点

c0073737_12331277.jpg本日の2杯目は同じく「銀座」界隈のこちらのラーメン屋へ。こちらは“老舗”とは言っても筋金入りの老舗。戦後間もない頃から銀座の地で札幌ラーメンを出しているらしい。それだけでも凄い。しかもお店の周りの雰囲気も凄い。銀座という地名からは想像もできない汚くて落ちぶれた雰囲気。まさに“銀座の裏街角”といった趣き。こういうロケーションはいつまでも銀座に残っていて欲しいものだ。「麦みそらあめん」を注文。出てきた瞬間にギクリとしてしまった。2杯目に食べるにしては多すぎる量だったからだ。かなりのボリューム。麺が盛り上がっている感じ。麺はかなり強烈に縮れていて面白い。こういう個性のある麺は評価に値する。スープは残念ながら昔ながらの単調な味わいだったが、行ってみる価値は十分アリの銀座の老舗。7.1点を献上。


【512軒目】
<食べに行った日>(2007/1/20) 
支那そば屋 こうや(新宿区)★わんたんめん  8.3点

c0073737_12333447.jpg「四ツ谷」駅最寄りの有名店。「わんたんめん」を注文。店内は広めで開放的。なかなかくつろげる雰囲気。わんたんめんは1000円近く高価だが、十分なボリュームで高さを感じさせない。スープは穏やかながらも非常にウマい!冬の冷えた体にはこういう優しくてじんわいウマいラーメンが最高に合う。8.3点を献上。

【513軒目】
<食べに行った日>(2007/1/22) 
東京とんこつ ましこ亭(足立区)
★黒豚霜降りホホ肉大とろチャーシューらーめん  7.6点


c0073737_12335780.jpg「黒豚霜降りホホ肉大とろチャーシューらーめん」という、とんでもなく長いネーミングの高級限定ラーメンを注文してみた。1日20杯限定らしい。相当高級な肉を使っているらしく2枚しかのっていないので、満足はできず。スープは“東京とんこつ”とはいっても、多少背脂が浮いている程度でアッサリ目。スープ自体はいい味が出ているが“東京豚骨ラーメン”としてのパンチ力を期待してしまうと今一つ。7.6点を献上。


【514軒目】
<食べに行った日>(2007/1/24)
支那そば ふうや(府中市)★海老ワンタン麺  7.7点

府中市内の数少ない有名店の一つ。浜田山の名店『たんたん亭』で修行した方がご主人らしい。接客はとても良好。ただしやや不衛生。あまりにカウンターから調理台が近すぎる。あとタオルの上に置いた麺を取る際に、タオルを何度もむしるのは止めてほしい。スープは塩味のきいた美味しいスープ。やや濁りがあったが『たんたん亭』も濁っていたっけなぁ。7.7を献上。


【515軒目】
<食べに行った日>(2007/1/27) 
高揚<東中野店>(中野区)  8.5点

JR総武線「東中野」駅が最寄り。「新宿」駅からは2駅で着く。他の店舗で元々“1000円オーバー”で出されていたラーメンをこちらでは1000円以下で食べることができる。それだけに高級感漂う一杯だった。アッサリ醤油ラーメンでこれだけ美味しい一杯に出会ったのは久しぶりで、アッサリ醤油としては群を抜いてうまい。やはり高いなりのことはある。『MIST』みたいに地代のせいで1000円オーバーとは訳が違う。まして『桃桜林』のように“1日何杯しか作れないから”とかいう理由で1000円オーバーとも勿論違う。あんまりマスコミや雑誌では紹介されないラーメン屋だが、こういう実力店はもっと紹介されるべき(武内伸風)。ラーメン屋新規開拓卒業前に行っておいて良かった。高得点の8.5点を献上。


【516軒目】
<食べに行った日>(2007/1/27) 
博多ラーメン まるきん<春日店>(文京区)  - 点


★参照★
地域別ランキング(東京23区・前半)
地域別ランキング(東京23区・後半)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

制覇ラーメン屋ランキング(8.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点~7.9点)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満又は未採点)

ラーメン屋何でもランキング

 
[PR]
by nijibabu | 2007-01-28 12:56
鑑賞映画リストを更新。(2007.1.25)
「鑑賞作品一覧(洋画部門邦画部門)」を更新しました。
(今回の新規追加作品は、リスト内において緑色で表示しています。)

眠狂四郎 殺法帖』(田中徳三)
キンスキー、我が最愛の敵』(ヴェルナー・ヘルツォーク)

の2本です。



【参考】
宿題映画リスト

お気に入り映画一覧
[PR]
by nijibabu | 2007-01-25 22:53 | ◆映画関連 その他
500軒制覇記念特別企画
500軒制覇を祝しまして、大型特別企画を打ち出したいと思います。

500軒の中から、ありとあらゆる“TOP3”を独断と偏見で選出しようという企画です。

いい意味でのTOP3だけを選出するのではなく、“悪い意味”でのTOP3をもランク付けするつもりです。

「美味しかった味噌ラーメンTOP3」
「ギトギトTOP3」
「チャーシューがうまいTOP3」
「味付玉子がうまいTOP3」
「シナチクがうまいTOP3」
「多摩地区のラーメン屋TOP3」
「待った時間TOP3」
「汚いラーメン屋TOP3」
「店員の態度が悪いラーメン屋TOP3」
「好みの女性店員さんがいたラーメン屋TOP3」(女性店員自体少ないが)
「待った時間TOP3」
「高かったラーメンTOP3」
「変り種ラーメンTOP3」

とか、
その他思いつく限り、ランク付けしていきたいと思っています。

何か一つくらい、グッとくる(?)ランク付けがあると思いますので、どうか暖かくこの“ラーメン屋新規開拓卒業特別企画”を見守って頂ければ幸いです。
[PR]
by nijibabu | 2007-01-22 01:53
“ラーメン屋ランキング”更新、505-509軒目。
【505軒目】
<食べに行った日>(2007/1/12) 
萬福(中央区)  - 点


【506軒目】
<食べに行った日>(2007/1/12) 
函館ラーメン 船見坂(中央区)★塩そば  8.0点

ムジャキフーズ”系の代表格的存在のお店。先入観的には決していいイメージは持っていなかったのだが、これが意外にも(?)もうまかった。「塩そば」を注文。塩分は比較的抑え目ながら、いい味が出ている。塩ラーメン系統ってなかなかいい味を出せてないお店が多い中、こちらのお店はかなりの完成度。しかも東銀座という立地の割に「600円」という価格は安い。麺もツルツルしていてなかなか良い。8.0点を献上。


【507軒目】
<食べに行った日>(2007/1/13) 
井上(中央区)  7.9点

c0073737_23554982.jpg築地ナンバー1の超繁盛店。私が行ったのは土曜の昼時だったから混雑はピーク。もの凄い状況。この混乱した状況は他のラーメン屋では味わえないレベルのものだった。自分の経験の中で言えば全盛期の土佐っ子に次ぐ凄さ。しかも一杯当たりのラーメン作りスピードが半端じゃない。10分に8杯程度のペースでコンスタントにラーメンを提供している。しかもスペースは1坪程しかない。「面積あたりの毎時売り上げ金額」は都内ナンバー1の可能性アリ(分かりにく過ぎるランキングだあね)。しかも化学調味料の投入量も半端じゃない。相当な量の白い砂が丼の中にふりかけられ、それがスープでかぶされていく。化学調味料ラーメンは大好きなので問題ないのだが、人によっては悪い印象を持つかもしれない。チャーシューは5枚も入っているが、お世辞にもウマイとは言いがたい。チャーシューは1枚でいいから、600円ではなく500円以下にしてもらいたいものだ。7.9点を献上。


【508軒目】
<食べに行った日>(2007/1/14) 
柳麺 ちゃぶ屋(文京区)★塩味(リニューアル後の味)  7.5点

復活したということで、自身にとっての最後の大物『ちゃぶ屋』へ初入店。味的には『黒船』や『MIST』と同じ。麺も同じ。7.5点を献上。それにしても「護国寺」の冬の夜は寂しくて寒すぎる。なんて無機質で変に気取った街なんだ。金持ちっぽい女性しかおらんし。あんま好きな街じゃないなぁ。7.5点を献上。


【509軒目】
<食べに行った日>(2007/1/15) 
ラーメン専門店 凪(渋谷区)★ジャンク醤油  7.6点

月曜限定の日替わりメニュー「ジャンク醤油」ラーメンを注文。期待していたほどではなかった。味的には練馬区の『めんくい』的な趣き。ただし、そちらのお店ほどには洗練されていない。平日の18時台に訪問したが、客は私の他には無し。雑誌で専門家筋に、ネットではラーメンオタク達に好評のこちらのお店だが、一般受けとなると厳しいらしい。店員さんはやりすぎぐらいに親切(笑)。帰りはドアを開けてもらい、二人から「ありがとうございました」を受けました(苦笑)。7.6点を献上。ちなみに駅から歩くと、坂が辛いですよ。


★参照★
地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

制覇ラーメン屋ランキング(8.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点~7.9点)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満又は未採点)

宿題ラーメン店リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-01-16 23:42
『博多まるきん@渋谷』見当たらず・・・
今年はラーメン屋探しがらみで失敗続き。

都内で結構有名な部類に入る博多ラーメンのお店『博多まるきん』の渋谷店に行こうと、『凪』の帰り道に探したのだけど、全然見当たらない。

「あ、あった!!」

と思って近づいたら、『博多天神』だし。
しかもそれもつぶれているし。(苦笑)

『博多まるきん渋谷店』見当たりません。
情報モトム!!(またかい)

っていうか無いのは間違いないので、「亀戸店」か「板橋店」辺りに行くしかないな・・・
[PR]
by nijibabu | 2007-01-15 23:22
『共楽』二度連続フラレ。
東銀座の老舗ラーメン屋『共楽』に二度連続でフラれました。

昨日は金曜日で開いてるハズなのに何故か真っ暗。
そして本日土曜日も真っ暗。

情報モトム。
[PR]
by nijibabu | 2007-01-14 01:22
鑑賞映画リストを更新。(2007.1.13)
「鑑賞作品一覧(洋画部門邦画部門)」を更新しました。
(今回の新規追加作品は、リスト内において緑色で表示しています。)

フィツカラルド』(ヴェルナー・ヘルツォーク)
裁かるゝジャンヌ』(カール・テオドール・ドライエル)

の2本です。



【参考】
宿題映画リスト

お気に入り映画一覧
[PR]
by nijibabu | 2007-01-13 00:44 | ◆映画関連 その他
“ラーメン屋ランキング”更新、504軒目。
【リピート】
<食べに行った日>(2007/1/6) 
満北亭<小平駅北口>(小平市)★塩バタラーメン

おそらく『満北亭』系列店を全部合わせると、今まで500杯以上は食べているハズ。いや1000杯以上かも。つまり、自分が今まで食べてきたラーメン総数の半分以上は『満北亭』。物心つく前から食べてきたのだ。こちらの店舗でも相当食べていると思う。今回は「塩バタラーメン」を注文。確か「バタ」だったような(笑)。かなりしょっぱく感じた。年齢によるものだろう。昔はこれを夢中になって食べてたもんだ。あー、懐かしい。


【リピート】
<食べに行った日>(2007/1/7) 
中国ラーメン揚州商人(目黒区)★スーラータンメン  8.4点

こちらも同じく“リピート”で。最寄りはJR「目黒」駅。都内に何軒かある「揚州商人」系列の本店にあたるお店。「スーラータンメン」を注文した。これがかなりウマイ。予想以上にウマかった。『揚州商人』、何気に実力あるかも。スッパ辛さがたまらない。単純に辛いだけでなく、汗が噴出す香辛料が魅力。冬には特に向いている一杯。


【504軒目】
<食べに行った日>(2007/1/8) 
火の国ラーメン てっぺん<人形町店>(中央区)★たーこーめん  8.3点

最寄りは地下鉄の「人形町」駅。駅からすぐの場所にある。「たーこーめん」を注文した。要するに「角煮ラーメン」。新宿の有名店『桂花』の様にキャベツがのっている。麺はバキバキポキポキ系で、硬めでウマイ系統の麺。スープは適度に濃厚。熊本ラーメン系は好きなので、無難に8.3点を献上したい。


★参照★
地域別ランキング(東京23区)
地域別ランキング(東京多摩地区)
地域別ランキング(東京以外)

制覇ラーメン屋ランキング(8.0点以上)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点~7.9点)
制覇ラーメン屋ランキング(7.0点未満又は未採点)

宿題ラーメン店リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-01-08 23:42