古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
最近観た映画(2007.9.29)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作中の傑作
★★★★・・・十分に満足できた傑作
★★★・・・しっかりと楽しめた良作
★★・・・やや問題アリも、それなりに楽しめた作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_2357692.jpg『ブレイキング・ニュース』(2004/香港/中国)
【監督】ジョニー・トー
★★★
ケリー・チャンが大好きなので、ケリー・チャン目当てで観たが・・・ 本作のケリー・チャンはどうも良くない。 何が悪いのかよく分からないが、トーにかく残念!


c0073737_16311370.jpg『わが恋は燃えぬ』(1949/日本)
【監督】溝口健二
★★★
溝口作品群の中では凡作の部類に入ると思うが、ラストは意外と良い。



c0073737_23542273.jpg『少林寺三十六房』(1977/香港)
【監督】リュー・チャーリァン
★★★
少林寺での修行が、その後の戦闘で実際に活かされる等、とても丁寧に作られている。 全体的に硬派な作りになっており、その辺も好感が持てる。


c0073737_032866.jpg『wkw/tk/1996@7'55"hk.net』(1996/日本)
【監督】ウォン・カーウァイ
ウォン・カーウァイ監督の幻の短篇をついに観ることができた!この頃のカーウァイとドイルが生み出す映像は、やっぱりかっこよすぎ!浅野忠信も、まだキレ味の鋭さが残っており、これまた負けず劣らずかっこよかった。


c0073737_074940.jpg『幸福の設計』(1946/フランス)
【監督】ジャック・ベッケル
★★★★
前半を観た限りでは「ベッケル作品にしては珍しく凡作かも・・・」という感じだったが、終盤辺りから俄然盛り上がる。 最後のどんでん返しは、少し都合が良すぎるキライもあるが、なかなか良く出来ていた。


c0073737_0101673.jpg『武蔵野夫人』(1951/日本)
【監督】溝口健二
★★★
テンポが少々悪い気はしたが、話自体はなかなか面白い。 武蔵野が舞台とあって、野川のほとりや村山貯水池や恋ヶ窪などが登場して、非常に興味深く観ることができた。


c0073737_0151899.jpg『The Follow』(2001/アメリカ)
【監督】ウォン・カーウァイ
BMWのWeb Site上で公開されたショートフィルムらしい。ウォン・カーウァイらしい映像センスの良さがしっかり出ていた。それと、音楽がとても印象的だった。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2007-09-29 00:19 | ◆映画関連 その他 | Comments(6)
理想の女
c0073737_2312335.jpg理想の女』(2004)

上映時間: 93分
製作国: イギリス/スペイン/イタリア/アメリカ/ルクセンブルグ
ジャンル: ドラマ/ロマンス/コメディ

監督: マイク・バーカー

原作戯曲: オスカー・ワイルド 『ウィンダミア卿夫人の扇』
脚本: ハワード・ハイメルスタイン
撮影: ベン・セレシン
音楽: リチャード・G・ミッチェル

出演: スカーレット・ヨハンソンヘレン・ハント/トム・ウィルキンソン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/マーク・アンバース/ミレーナ・ヴコティッチ/ダイアナ・ハードキャッスル/ロジャー・ハモンド/ジェーン・ハウ/ジョン・スタンディング/ジョルジア・マセッティ

***********************************************
 オスカー・ワイルドの傑作戯曲「ウインダミア卿夫人の扇」を原作に、スカーレット・ヨハンソンとヘレン・ハントが夢の競演!1930年、南イタリアに咲いた、皮肉な愛の運命の物語。
(「TSUTAYA online」より)
***********************************************
 
c0073737_2330493.jpgヘレン・ハントとスカーレット・ヨハンソンが目当てで鑑賞。

二人とも期待通り美しかった!


でも、こんなに美しい二人が、まさかこんな関係だったなんて・・・



(以下、全面ネタバレ要注意)

ネタバレだけど読む!という方はコチラ
[PR]
by nijibabu | 2007-09-24 23:19 | ◆映画レビュー | Comments(4)
最近観た映画(2007.9.23)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作中の傑作
★★★★・・・十分に満足できた傑作
★★★・・・しっかりと楽しめた良作
★★・・・やや問題アリも、それなりに楽しめた作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1565739.jpg『リング』(1927/イギリス)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★★
随所に小技がきいて、「さすがだなぁ」と唸らされること、しばしば。 最後の一戦は本当にワクワクした。



c0073737_1594222.jpg『女優須磨子の恋』(1947/日本)
【監督】溝口健二
★★★
これは田中絹代に執着し、特別な感情を持つ溝口健二監督が、自己の感情と映画というものを混同した結果生まれた作品なのではないだろうか。



c0073737_232682.jpg『黄色い風土』(1961/日本)
【監督】石井輝男
★★
石井輝男監督は大好きな監督の一人である。 しかし、この作品はいただけない。 個人的には、石井作品の中ではワースト。



c0073737_275731.jpg『現金に体を張れ』(1956/アメリカ)
【監督】スタンリー・キューブリック
★★★★★
キューブリックの前作『非情の罠』と似たテイストの作品だが、それを上回る出来。



c0073737_281633.jpg『風櫃の少年』(1983/台湾)
【監督】ホウ・シャオシェン
★★
観た直後の感想としては、「退屈だったなぁ・・・」という印象。




c0073737_2185088.jpg『青い山脈/続・青い山脈』(1949/日本)
【監督】今井正
★★★
全編に渡りとても爽やかな風が吹いており、戦後から数年経ったその当時の開放感が、画面いっぱいに現れていて素晴らしかった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2007-09-23 02:18 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
ヤモリ発生!
我が部屋にヤモリが発生しました。

優しく手がつかまえてあげたら、「キューキュー」言っててかわいかったです(笑)
wikipediaによると、ニホンヤモリは「つかまえた時にしか鳴かない」そうです。)

映画地球で最後のふたりでは、ヤモリがキー・キャラクターとして何度か出てきますが、『地球で最後のふたり』を愛するあまり、ヤモリにも愛されてしまったのでしょうか・・・

だとすれば、“相思相愛”ですね^^;


(追伸)
ヤモリの画像を撮ろうと思いましたが、ヤモリ君の肖像権に関わるので止めておきました。


c0073737_023152.jpgc0073737_023892.jpg『地球で最後のふたり』
DVDの表ジャケットと裏ジャケット



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-09-21 23:46 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
「浅野忠信 作品リスト」を更新(57作品目)
「浅野忠信 作品リスト」を更新しました。

今回は57作品目となる『wkw/tk/1996@7'55"hk.net』を追加しました。
リンク先をご参照下さいませ。


管理人


(追伸)
長年追い求めてきた、ウォン・カーウァイ監督の幻の短篇をついに観ることができました!この頃のカーウァイとドイルが生み出す映像は、やっぱりかっこよすぎでした!この頃の浅野忠信も、まだキレ味の鋭さが残っており、これまた負けず劣らずかっこよかったです!
 
[PR]
by nijibabu | 2007-09-20 19:42 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
溝口健二のプロフィールを登録
日本最大の映画レビューサイト『みんなのシネマレビュー』をご存知でしょうか。

そちらのサイトにおいて、「溝口健二」のプロフィールを作成させて頂きました。

そのサイト内の左上にある「検索ウィンドウ」で、“溝口健二”と入力し、「人物名 日本語」を選択して頂ければ照合できます。

ご興味ある方は是非一度ご覧になって頂けると幸いです。


管理人
 

(追伸)
“代表作”として、個人的に好きな『祗園囃子』や『雪夫人絵図』をさりげなく入れたのはご愛嬌です(笑)



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-09-19 05:02 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
【映画DB②】双葉十三郎氏のベスト100(洋画)
データベース(DB)的な意味で、各氏・各雑誌の“ベスト100”等をこちらにアップしていきたいと思います。


第2弾は双葉十三郎氏(洋画)です。(氏のプロフィールについては、左記リンク先をご参照下さい。)

なお、管理人であるにじばぶが鑑賞済みの作品は赤字で示してあります。

**************************************************

月世界旅行/ジョルジュ・メリエス
大列車強盗/エドウィン・S・ポーター
國民の創生/D・W・グリフィス
カリガリ博士/ロベルト・ウイーネ
キッド/チャールズ・チャップリン
ドクトル・マブゼ/フリッツ・ラング
幌馬車/ジェームス・クルーズ
結婚哲学/エルンスト・ルビッチ
アイアン・ホース/ジョン・フォード
チャップリンの黄金狂時代/チャールズ・チャップリン
ビッグ・パレード/キング・ヴィダー
戦艦ポチョムキン/セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
アッシャー家の末裔/ジャン・エプスタイン
ラヴ・パレイド/エルンスト・ルビッチ
西部戦線異状なし/ルイス・マイルストン
モロッコ/ジョセフ・フォン・スタンバーグ
巴里の屋根の下/ルネ・クレール
會議は踊る/エリック・シャレル
街の灯/チャールズ・チャップリン
自由を我等に/ルネ・クレール
暗黒街の顔役/ハワード・ホークス
巴里祭/ルネ・クレール
仮面の米国/マーヴィン・ルロイ
グランド・ホテル/エドマンド・グールディング
四十二番街/ロイド・ベーコン
或る夜の出来事/フランク・キャプラ
商船テナシチー/ジュリアン・デュヴィヴィエ
たそがれの維納/ヴィリ・フォルスト
三十九夜/アルフレッド・ヒッチコック
オペラハット/フランク・キャプラ
我等の仲間/ジュリアン・デュヴィヴィエ
孔雀夫人/ウィリアム・ワイラー
舞踏会の手帖/ジュリアン・デュヴィヴィエ
望郷/ジュリアン・デュヴィヴィエ
大いなる幻影/ジャン・ルノワール
駅馬車/ジョン・フォード

スミス都へ行く/フランク・キャプラ
風と共に去りぬ/ヴィクター・フレミング
わが谷は緑なりき/ジョン・フォード
偽りの花園/ウィリアム・ワイラー
疑惑の影/アルフレッド・ヒッチコック
ヘンリィ五世/ローレンス・オリヴィエ
逢びき/デヴィッド・リーン
陽気な幽霊/デヴィッド・リーン
ダニーケイの天国と地獄/H・ブルース・ハンバーストン
天井桟敷の人々/マルセル・カルネ
荒野の決闘/ジョン・フォード
黄金/ジョン・ヒューストン
情婦マノン/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
悪魔の美しさ/ルネ・クレール
踊る大紐育/ジーン・ケリー/スタンリー・ドーネン
黄色いリボン/ジョン・フォード
第三の男/キャロル・リード
サンセット大通り/ビリー・ワイルダー
イヴの総て/ジョセフ・L・マンキウィッツ
戦慄の七日間/ロイ・ボールティング/ジョン・ボールティング
巴里のアメリカ人/ヴィンセント・ミネリ
河/ジャン・ルノワール
禁じられた遊び/ルネ・クレマン
恐怖の報酬/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
水鳥の生態/ジェームズ・アルガー
シェーン/ジョージ・スティーヴンス
バンド・ワゴン/ヴィンセント・ミネリ
ローマの休日/ウィリアム・ワイラー
グレン・ミラー物語/アンソニー・マン
波止場/エリア・カザン
ロミオとジュリエット/レナート・カステラーニ
現金に手を出すな/ジャック・ベッケル
悪魔のような女/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
エデンの東/エリア・カザン
赤い風船/アルベール・ラモリス
第七の封印/イングマール・ベルイマン
情婦/ビリー・ワイルダー
野いちご/イングマール・ベルイマン

魔術師/イングマール・ベルイマン
太陽がいっぱい/ルネ・クレマン
甘い生活/フェデリコ・フェリーニ

処女の泉/イングマール・ベルイマン
ウエスト・サイド物語/ロバート・ワイズ・ジェローム・ロビンス
突然炎のごとく/フランソワ・トリュフォー
アラビアのロレンス/デヴィッド・リーン
8 1/2/フェデリコ・フェリーニ
シェルブールの雨傘/ジャック・ドゥミ
戦争は終った/アラン・レネ
素晴らしき戦争/リチャード・アッテンボロー
アルジェの戦い/ジッロ・ポンテコルヴォ
バ-ジニア・ウルフなんかこわくない/マイク・ニコルズ
ロシュフォールの恋人たち/ジャック・ドゥミ
冒険者たち/ロベール・アンリコ
ベニスに死す/ルキノ・ヴィスコンティ

ジョニーは戦場へ行った/ダルトン・トランボ
叫びとささやき/イングマール・ベルイマン
スティング/ジョージ・ロイ・ヒル
フェリーニのアマルコルド/フェデリコ・フェリーニ

ザッツ・エンタテインメント/ジャック・ヘイリー・Jr
タワーリング・インフェルノ/ジョン・ギラーミン・アーウィン・アレン
ファニーとアレクサンデル/イングマール・ベルイマン
アマデウス/ミロス・フォアマン
霧の中の風景/テオ・アンゲロプロス
恋におちたシェイクスピア/ジョン・マッデン



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-09-18 20:50 | ◆各氏・各雑誌のベスト | Comments(2)
【映画DB①】蓮實重彦氏のベスト141
データベース(DB)的な意味で、各氏・各雑誌の“ベスト100”等をこちらにアップしていきたいと思います。


第1弾は蓮實重彦氏です。(氏のプロフィールについては、左記リンク先をご参照下さい。)

なお、管理人であるにじばぶが鑑賞済みの作品は赤字で示してあります。

**************************************************

ゲームの規則/ジャン・ルノワール
駅馬車/ジョン・フォード
晩春/小津安二郎
のらくら兵/ジャン・ルノワール
香も高きケンタッキー/ジョン・フォード
非常線の女/小津安二郎
十字路の夜/ジャン・ルノワール
周遊する蒸気船/ジョン・フォード
父ありき/小津安二郎
素晴らしき放浪者/ジャン・ルノワール
散り行く花/D・W・グリフィス
結婚行進曲/エリッヒ・フォン・シュトロハイム
キッド/チャールズ・チャップリン
キートンの蒸気船/バスター・キートン
スピオーネ/フリッツ・ラング
栄光/ラオール・ウォルシュ
サンライズ/F・W・ムルナウ
あるじ/カール・テオドール・ドライエル
港々に女あり/ハワード・ホークス
帽子箱を持った少女/ボリス・バルネット
紐育の波止場/ジョセフ・フォン・スタンバーグ
風/ヴィクトル・シェストレム
十月/セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
アッシャー家の末裔/ジャン・エプスタイン
イタリア麦の帽子/ルネ・クレール
パンドラの箱/ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険/レフ・クレショフ
アンダルシアの犬/ルイス・ブニュエル
ウィンダミア夫人の扇/エルンスト・ルビッチ
鉄路の白薔薇/アベル・ガンス
偉大なるアンバーソン家の人々/オーソン・ウェルズ
赤ちゃん教育/ハワード・ホークス
忘れじの面影/マックス・オフュルス
我輩はカモである/レオ・マッケリー
第3逃亡者/アルフレッド・ヒッチコック
丹下左膳餘話 百萬兩の壺/山中貞雄
踊らん哉/マーク・サンドリッチ
女性たち/ジョージ・キューカー
暗黒街の弾痕/フリッツ・ラング
祗園の姉妹/溝口健二
パームビーチ・ストーリー/プレストン・スタージェス
死刑執行人もまた死す/フリッツ・ラング
フィラデルフィア物語/ジョージ・キューカー
いちごブロンド/ラオール・ウォルシュ
牛泥棒/ウィリアム・A・ウェルマン
霧の波止場/マルセル・カルネ
脱出/ハワード・ホークス
曳き舟/ジャン・グレミヨン
偽れる装い/ジャック・ベッケル
デデという娼婦/イヴ・アレグレ
河/ジャン・ルノワール
夏の嵐/ルキノ・ヴィスコンティ
裸の拍車/アンソニー・マン
女の一生/アレクサンドル・アストリュック
この女たちのすべてを語らないために/イングマール・ベルイマン
バンド・ワゴン/ヴィンセント・ミネリ
女は女である/ジャン=リュック・ゴダール
暗殺のオペラ/ベルナルド・ベルトルッチ
パジャマゲーム/スタンリー・ドーネン
シェルブールの雨傘/ジャック・ドゥミ
ラルジャン/ロベール・ブレッソン
捜索者/ジョン・フォード
エル/ルイス・ブニュエル
ヴァニナ・ヴァニニ/ロベルト・ロッセリーニ
黄金の馬車/ジャン・ルノワール
イワン雷帝/セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
東京物語/小津安二郎
飾窓の女/フリッツ・ラング
めまい/アルフレッド・ヒッチコック
西鶴一代女/溝口健二
夜の人々/ニコラス・レイ
緑色の髪の少年/ジョセフ・ロージー
勝手にしやがれ/ジャン=リュック・ゴダール
大人は判ってくれない/フランソワ・トリュフォー

殺し/ベルナルド・ベルトルッチ
ポケットの中の握り拳/マルコ・ベロッキオ
アンナ・マグダレーナ・バッハの日記/ストローブ=ユイレ
時は止った/エルマンノ・オルミ
ミツバチのささやき/ヴィクトル・エリセ
ストレンジャー・ザン・パラダイス/ジム・ジャームッシュ
ママと娼婦/ジャン・ユスターシュ
さすらい/ヴィム・ヴェンダース

ラ・パロマ/ダニエル・シュミット
あんなに愛しあったのに/エットレ・スコーラ
カサノバ/フェデリコ・フェリーニ
クレールの膝/エリック・ロメール
恋のエチュード/フランソワ・トリュフォー
狩人/テオ・アンゲロプロス
オトン/ストローブ=ユイレ
拳銃王/ヘンリー・キング
ちゃちなブルジョワ/マリオ・モニチェリ
生き残るヤツ/アイヴァン・パッサー
ガルシアの首/サム・ペキンパー
リトアニアへの旅の追憶/ジョナス・メカス
アラモの砦/フランク・ロイド
不戦勝/イエジー・スコリモフスキー
夕なぎ/ジョセフ・ロージー
現金に体を張れ/スタンリー・キューブリック
キング・コング/メリアン・C・クーパー
クレオパトラ/ジョセフ・L・マンキウィッツ
華氏451/フランソワ・トリュフォー
ハメット/ヴィム・ヴェンダース
悪の塔/アベル・ガンス
シャイアン/ジョン・フォード
地獄の黙示録/フランシス・フォード・コッポラ
天国の門/マイケル・チミノ
断絶/モンテ・ヘルマン
ある女の存在証明/ミケランジェロ・アントニオーニ
ポパイ/ロバート・アルトマン
勇者の赤いバッヂ/ジョン・ヒューストン
不実な女/クロード・シャブロル
熱砂の秘密/ビリー・ワイルダー
乙女の星/クロード・オータン=ララ
挑戦/フランチェスコ・ロージ
ミュリエル/アラン・レネ
神秘の騎士/リカルド・フレーダ
リリー/チャールズ・ウォルターズ
成功の甘き香り/アレクサンダー・マッケンドリック
家族日誌/ヴァレリオ・ズルリーニ
夏の遊び/イングマール・ベルイマン
四十二番街/ロイド・ベーコン
傷心/クロード・オータン=ララ
ブーベの恋人/ルイジ・コメンチーニ
避暑地の出来事/デルマー・デイヴィス
君去りし後/ジョン・クロムウェル
弾痕/アンリ・ドコアン
秘めたる情事/フィリップ・ダン
さすらいの涯/ジーン・ネグレスコ
想い出/アナトール・リトヴァク
かくて我が恋は終りぬ/コンプトン・ベネット
荒野の女たち/ジョン・フォード
ガートルード/カール・テオドール・ドライエル
悲しみは空の彼方に/ダグラス・サーク
パサジェルカ/アンジェイ・ムンク
今は死ぬ時だ/B・ベティカー
日曜日が待ち遠しい!/フランソワ・トリュフォー
捕えられた伍長/ジャン・ルノワール
ルイジアナ物語/ロバート・J・フラハティ
ヒッチコックのファミリー・プロット/アルフレッド・ヒッチコック
スチームバス 女たちの夢/ジョセフ・ロージー
イノセント/ルキノ・ヴィスコンティ



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-09-17 08:47 | ◆各氏・各雑誌のベスト | Comments(0)
現金に体を張れ
c0073737_1017568.jpg現金に体を張れ』(1956)

上映時間: 85分
製作国: アメリカ
ジャンル: 犯罪/サスペンス

監督: スタンリー・キューブリック

原作: ライオネル・ホワイト
脚本: スタンリー・キューブリック
撮影: ルシアン・バラード
音楽: ジェラルド・フリード

出演: スターリング・ヘイドン/マリー・ウィンザー/コリーン・グレイ/ヴィンセント・エドワーズ/ジェイ・C・フリッペン/テッド・デ・コルシア/ティモシー・ケリー/エリシャ・クック・Jr

***********************************************
 5年の服役を終えたジョニーは、婚約者フェイとの生活のために、競馬場の売上金強奪を画策。全て計画通りに運ぶが、仲間の一人、ジョージの妻シェリーが計画を知ってしまう。欲深い彼女は、夫と仲間たちを見殺しにしてでも金を横取りしようとたくらむが…。ライオネル・ホワイトの推理小説を映画化したサスペンス・アクション。
(「TSUTAYA online」より)
***********************************************

c0073737_10174475.jpgキューブリックの前作『非情の罠』と似たテイストの作品だが、それを上回る出来の本作。

85分というたださえ短めな上映時間なのに、更にそれを短く感じさせるスリリングな展開。

序盤こそゆっくりと始まるものの、数分後にはすっかり劇中の世界に力強く吸引されてしまった。

心地よく引っ張られた85分。

濃密というより、スピード感あふれる作品であった。

***********************************************

c0073737_10172648.jpg印象的なシーンを一つ挙げると、仲間の一人である太ったおじさんが、酒場で暴れるシーン。

わざとらしく上着が破れ、上半身がはだける演出はご愛嬌。
その後の展開には、目をスクリーンに釘付けにされた。

『非情の罠』での“マネキン倉庫格闘シーン”もかなり迫力だったが、この太ったおじさんが暴れるシーンは、その迫力を更に上回っていた。

重みのある体をうまく活かし、止めに入る警官達を次々に跳ね除けていく痛快なアクション。

決して格好のいいアクションシーンではなかったが、体格をうまく活かした躍動感溢れる格闘シーンに、他にはないリアリティを感じた。

***********************************************

ラストシーンも、思わず唸りたくなる様な巧い終り方。

少し強引さは感じたが、作品の締め方としては完璧であろう。

観ているこっちも、「あ~~~~あぁ・・・・」と茫然自失し、感情移入できる素晴らしいエンディングであった。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-09-14 10:18 | ◆映画レビュー | Comments(2)
最近観た映画(2007.9.10)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作中の傑作
★★★★・・・十分に満足できた傑作
★★★・・・しっかりと楽しめた良作
★★・・・やや問題アリも、それなりに楽しめた作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_981151.jpg『エドワールとキャロリーヌ』(1951/フランス)
【監督】ジャック・ベッケル
★★★
ベッケルらしい安定した内容で、安心して観ることができた。スッキリ楽しめる良作であった。




c0073737_9191290.jpg『女性の勝利』(1946/日本)
【監督】溝口健二
★★★
法廷ものとしてみてもそれなりに楽しめるし、女性を中心に据えた人情ものとして見ても楽しめる。溝口監督の隠れた佳作。


c0073737_9202943.jpg『ストロベリーショートケイクス』(2006/日本)
【監督】矢崎仁司
★★★★★
予想以上の傑作。主人公の女性4人にどれだけ共感し、共鳴できるかが肝。


c0073737_92468.jpg『蝉しぐれ』(2005/日本)
【監督】黒土三男
★★★
お笑いタレントの起用、クドい演出、棒読みのセリフ回しなど難はアリだが、純愛モノに弱い私はラストシーンにグっときてしまった。


c0073737_936976.jpg『浪人街』(1957/日本)
【監督】マキノ雅弘
★★
タダごとならぬ迫真の演技に緊迫するも、どうも肌に合わず。


c0073737_9311793.jpg『大きな鳥と小さな鳥』(1966/イタリア)
【監督】ピエル・パオロ・パゾリーニ
★★
不条理なドタバタ喜劇。歌劇で過激なキリスト狂劇。カラスをどう動かしているかにずっと興味をおぼえながら観ていた・・・



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2007-09-10 09:32 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)