古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
おとし穴
c0073737_21362132.jpgおとし穴』(1962)

上映時間: 97分
製作国: 日本
公開情報: 劇場公開(勅使河原プロダクション=ATG)
ジャンル: ホラー/ドラマ

監督: 勅使河原宏


原作: 安部公房
脚本: 安部公房
撮影: 瀬川浩
音楽監督: 武満徹

出演: 井川比佐志/宮原カズオ/大宮貫一/田中邦衛/矢野宣/佐々木すみ江/松尾茂/観世栄夫/佐藤慶/金内喜久夫/松本平九郎/奈良あけみ/袋正/島田屯

***********************************************
 不況に追い込まれた北九州炭鉱地帯。炭鉱の労組、第一組合と第二組合の反目を利用して組合潰しを目論む会社が、ある貧しい炭鉱夫(井川)を雇う。第二組合長(井川・二役)の替え玉として、顔がそっくりな炭鉱夫を殺し屋X(田中)に殺させ、疑心暗鬼に陥った両組合長が殺し合い自滅するという筋書きである。事態は目論見どおりに進むが、炭鉱夫の息子が一部始終を目撃していた・・・。安部公房の短編「煉獄」をベースに安部自身が脚本化。勅使河原宏監督の長編劇映画デビュー作。
(「日本映画専門チャンネル」より。)
***********************************************

c0073737_21423420.jpg勅使河原宏監督は、大好きな監督であるが、本作は例外的に面白くない。

同監督の同じモノクロ作品として有名な『砂の女』は面白い作品だし、『他人の顔』は傑作である。


これらの同じモノクロ作品と比べて、本作の知名度が低い理由が分かった気がした。

井川比佐志が幽霊を演じていたりするのも、非現実的過ぎて興ざめ。


c0073737_2141497.jpg又、田中邦衛が“X”という不気味な男を演じているのだが、田中邦衛のキャラからして少し無理がある。

設定とキャスティングに問題のある失敗作だ。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-01-30 21:42 | ◆映画レビュー | Comments(0)
【映画DB⑫】佐藤忠男氏のベスト300(邦画)
データベース(DB)的な意味で、各氏・各雑誌の“ベスト100”等をこちらにアップしていきたいと思います。


第12弾は佐藤忠男氏(邦画)です。(氏のプロフィールについては、左記リンク先をご参照下さい。)

なお、管理人であるにじばぶが鑑賞済みの作品は赤字で示してあります。

**************************************************

娘々廟會/芥川光蔵
太陽の子/阿部豊
警視庁物語全国縦断捜査/飯塚増一
雲ながるる果てに/家城巳代治
異母兄弟/家城巳代治
お葬式/伊丹十三
マルサの女/伊丹十三
赤西蠣太/伊丹万作
プーサン/市川崑
愛人/市川崑
ビルマの竪琴/市川崑

炎上/市川崑
野火/市川崑
ぼんち/市川崑
おとうと/市川崑
破戒/市川崑
私は二歳/市川崑
雪之丞変化/市川崑
太平洋ひとりぼっち/市川崑
東京オリンピック/市川崑
股旅/市川崑
犬神家の一族/市川崑
細雪/市川崑
病院で死ぬということ/市川準
ガキ帝国/井筒和幸
忠次旅日記/伊藤大輔
新版大岡政談/伊藤大輔
御誂治郎吉格子/伊藤大輔
王将/伊藤大輔
瞼の母/稲垣浩
無法松の一生(1943)/稲垣浩
手をつなぐ子等/稲垣浩
青い山脈/今井正
また逢う日まで/今井正
どっこい生きている/今井正
山びこ学校/今井正
ひめゆりの塔/今井正
にごりえ/今井正
ここに泉あり/今井正
真昼の暗黒/今井正
キクとイサム/今井正
あれが港の灯だ/今井正
豚と軍艦/今村昌平
にっぽん昆虫記/今村昌平
赤い殺意/今村昌平
人間蒸発/今村昌平
神々の深き欲望/今村昌平
復讐するは我にあり/今村昌平
生命の冠/内田吐夢
限りなき前進/内田吐夢
土/内田吐夢
血槍富士/内田吐夢

宮本武蔵(全5部作)/内田吐夢
飢餓海峡/内田吐夢
キューポラのある街/浦山桐郎
愛と希望の街/大島渚
青春残酷物語/大島渚
日本の夜と霧/大島渚
白昼の通り魔/大島渚
日本春歌考/大島渚
絞死刑/大島渚
少年/大島渚
儀式/大島渚
愛のコリーダ/大島渚
戦場のメリー・クリスマス/大島渚
AKIRA/大友克洋
君の名は/大庭秀雄
さびしんぼう/大林宣彦
ふたり/大林宣彦
青春デンデケデケデケ/大林宣彦
独立愚連隊/岡本喜八
江分利満氏の優雅な生活/岡本喜八
肉弾/岡本喜八
ジャズ大名/岡本喜八
おこんじょうるり/岡本忠成
ニッポン国古屋敷村/小川紳介
1000年刻みの日時計牧野村物語/小川紳介
泥の河/小栗康平
伽倻子のために/小栗康平
死の棘/小栗康平
淑女と髯/小津安二郎
東京の合唱/小津安二郎
生れてはみたけれど/小津安二郎
出来ごころ/小津安二郎
浮草物語/小津安二郎
東京の宿/小津安二郎
一人息子/小津安二郎
父ありき/小津安二郎

長屋紳士録/小津安二郎
晩春/小津安二郎
麥秋/小津安二郎
東京物語/小津安二郎

彼岸花/小津安二郎
お早よう/小津安二郎
小早川家の秋/小津安二郎
秋刀魚の味/小津安二郎
緋牡丹博徒 花札勝負/加藤泰
戦ふ兵隊/亀井文夫
洲崎パラダイス 赤信号/川島雄三
幕末太陽傳/川島雄三

詩人の生涯/川本喜八郎
狂った一頁/衣笠貞之助
十字路/衣笠貞之助
女優/衣笠貞之助

地獄門/衣笠貞之助
四谷怪談/木下惠介
カルメン故郷に帰る/木下惠介
少年期/木下惠介
日本の悲劇/木下惠介
女の園/木下惠介
二十四の瞳/木下惠介
野菊の如き君なりき/木下惠介
楢山節考/木下惠介
兄いもうと/木村荘十二
忍ぶ川/熊井啓
サンダカン八番娼館 望郷/熊井啓
海と毒薬/熊井啓
情熱の詩人啄木/熊谷久虎
阿部一族/熊谷久虎
一条さゆり 濡れた欲情/神代辰巳
四畳半襖の裏張り しのび肌/神代辰巳
赫い髪の女/神代辰巳
執炎/蔵原惟繕
人間動物園/久里洋二
Keiko/クロード・ガニオン
竜馬暗殺/黒木和雄
TOMORROW 明日/黒木和雄
姿三四郎/黒澤明
一番美しく/黒澤明
虎の尾を踏む男達/黒澤明
わが青春に悔なし/黒澤明
素晴らしき日曜日/黒澤明
酔いどれ天使/黒澤明
野良犬/黒澤明
羅生門/黒澤明
白痴/黒澤明
生きる/黒澤明
七人の侍/黒澤明
生きものの記録/黒澤明
蜘蛛巣城/黒澤明
どん底/黒澤明
用心棒/黒澤明
天国と地獄/黒澤明
赤ひげ/黒澤明
どですかでん/黒澤明
影武者/黒澤明
夢/黒澤明
二つのハーモニカ/神山征二郎
白い手/神山征二郎
マダムと女房/五所平之助
伊豆の踊子/五所平之助
朧夜の女/五所平之助
わかれ雲/五所平之助
煙突の見える場所/五所平之助
大阪の宿/五所平之助
人間の条件/小林正樹
切腹/小林正樹
化石/小林正樹
東京裁判/小林正樹
月はどっちに出ている/崔洋一
子宝騒動/斎藤寅次郎
東京五人男/斎藤寅次郎
どついたるねん/阪本順治
ひばり捕物帖 かんざし小判/沢島忠
あさき夢みし/実相寺昭雄
乾いた花/篠田正浩

心中天網島/篠田正浩
はなれ瞽女おりん/篠田正浩
瀬戸内少年野球団/篠田正浩
少年時代/篠田正浩
母と子/渋谷実
本日休診/渋谷実
隣の八重ちゃん/島津保次郎
浅草の灯/島津保次郎
兄とその妹/島津保次郎
有りがたうさん/清水宏
風の中の子供/清水宏
子供の四季/清水宏
蜂の巣の子供たち/清水宏
小原庄助さん/清水宏
原爆の子/新藤兼人
縮図/新藤兼人
裸の島/新藤兼人
母/新藤兼人
裸の十九歳/新藤兼人
ある映画監督の生涯 溝口健二の記録/新藤兼人
竹山ひとり旅/新藤兼人
けんかえれじい/鈴木清順
ツィゴイネルワイゼン/鈴木清順
三等重役/春原政久
魚影の群れ/相米慎二
お引越し/相米慎二
おもひでぽろぽろ/高畑勲

ウンタマギルー/高嶺剛
眠らない街 新宿鮫/滝田洋二郎
路傍の石/田坂具隆
土と兵隊/田坂具隆
女中ッ子/田坂具隆
陽のあたる坂道/田坂具隆
冷飯とおさんとちゃん/田坂具隆
湖の琴/田坂具隆
人妻集団暴行致死事件/田中登
生きている画像/千葉泰樹
水俣 患者さんとその世界/土本典昭
砂の女/勅使河原宏
書を捨てよ町へ出よう/寺山修司
田園に死す/寺山修司
泣蟲小僧/豊田四郎
小島の春/豊田四郎
大日向村/豊田四郎
夫婦善哉/豊田四郎
エノケンの頑張り戦術/中川信夫
櫻の園/中原俊
狂った果実/中平康
妻よ薔薇のやうに/成瀬巳喜男
はたらく一家/成瀬巳喜男

おかあさん/成瀬巳喜男
稲妻/成瀬巳喜男

妻/成瀬巳喜男
晩菊/成瀬巳喜男
浮雲/成瀬巳喜男

愛染かつら/野村浩将
張込み/野村芳太郎

砂の器/野村芳太郎
青春の殺人者/長谷川和彦

不良少年/羽仁進
ブワナ・トシの歌/羽仁進
痴呆性老人の世界/羽田澄子
歌舞伎役者片岡仁左衛門/羽田澄子
ゆきゆきて、神軍/原一男
サード/東陽一
警察日記/久松静児
遠い一本の道/左幸子
仁義なき戦い/深作欣二
仁義の墓場/深作欣二
蒲田行進曲/深作欣二
まってました転校生!/藤井克彦
支那の夜/伏水修
雄呂血/二川文太郎
ニッポン無責任時代/古沢憲吾
アラスカ物語/堀川弘道
ゴジラ/本多猪四郎
マタンゴ/本多猪四郎
忠臣蔵/牧野省三
浪人街/マキノ正博
婦系図/マキノ正博
次郎長三国志/マキノ正博
くもとちゅうりっぷ/政岡憲三
二百三高地/舛田利雄
巨人と玩具/増村保造
妻は告白する/増村保造
座頭市物語/三隅研次
斬る/三隅研次

滝の白糸/溝口健二
浪華悲歌/溝口健二
残菊物語/溝口健二
元禄忠臣蔵/溝口健二

お遊さま/溝口健二
西鶴一代女/溝口健二
雨月物語/溝口健二
祗園囃子/溝口健二
山椒大夫/溝口健二
近松物語/溝口健二

ねむの木の詩がきこえる/宮城まり子
風の谷のナウシカ/宮崎駿
となりのトトロ/宮崎駿

魔女の宅急便/宮崎駿
紅の豚/宮崎駿
月山/村野鐵太郎
家族ゲーム/森田芳光
それから/森田芳光
日本沈没/森谷司郎
八甲田山/森谷司郎
さらば愛しき大地/柳町光男
火まつり/柳町光男
長靴をはいた猫/矢吹公郎
博奕打ち 総長賭博/山下耕作
なつかしい風来坊/山田洋次
男はつらいよ/山田洋次
幸福の黄色いハンカチ/山田洋次
遥かなる山の呼び声/山田洋次
息子/山田洋次
学校/山田洋次
丹下左膳餘話 百萬兩の壺/山中貞雄
河内山宗俊/山中貞雄
人情紙風船/山中貞雄

綴方教室/山本嘉次郎
馬/山本嘉次郎
ハワイ・マレー沖海戦/山本嘉次郎
真空地帯/山本薩夫
荷車の歌/山本薩夫
あゝ野麦峠/山本薩夫
エロス+虐殺/吉田喜重
暖流/吉村公三郎
安城家の舞踏会/吉村公三郎
夜明け前/吉村公三郎
足摺岬/吉村公三郎
夜の河/吉村公三郎
胎児が密猟する時/若松孝二
怖がる人々/和田誠



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-01-27 07:42 | ◆各氏・各雑誌のベスト | Comments(0)
【映画DB⑪】黒澤明監督のベスト100
データベース(DB)的な意味で、各氏・各雑誌の“ベスト100”等をこちらにアップしていきたいと思います。


第11弾は黒澤明監督です。(氏のプロフィールについては、左記リンク先をご参照下さい。)

なお、管理人であるにじばぶが鑑賞済みの作品は赤字で示してあります。

**************************************************

散り行く花/D・W・グリフィス
カリガリ博士/ロベルト・ウィーネ
ドクトル・マブゼ/フリッツ・ラング
チャップリンの黄金狂時代/チャールズ・チャップリン
アッシャー家の末裔/ジャン・エプスタン
アンダルシアの犬/ルイス・ブニュエル
モロッコ/ジョセフ・フォン・スタンバーグ
会議は踊る/エリック・シャレル
三文オペラ/G・W・パプスト
未完成交響曲/ウィリ・フォルスト
影なき男/W・S・ヴァン・ダイク
隣の八重ちゃん/島津保次郎
丹下左膳餘話 百萬兩の壺/山中貞雄
赤西蠣太/伊丹万作
大いなる幻影/ジャン・ルノワール
ステラ・ダラス/キング・ヴィドア
綴方教室/山本嘉次郎
土/内田吐夢

ニノチカ/エルンスト・ルビッチ
イワン雷帝(第1部/第2部)/セルゲイ・エイゼンシュテイン
荒野の決闘/ジョン・フォード
素晴らしき哉、人生!/フランク・キャプラ
三つ数えろ/ハワード・ホークス
自転車泥棒/ヴィットリオ・デ・シーカ
青い山脈/今井正
第三の男/キャロル・リード
晩春/小津安二郎
オルフェ/ジャン・コクトー
カルメン故郷に帰る/木下惠介
欲望という名の電車/エリア・カザン
嘆きのテレーズ/マルセル・カルネ
西鶴一代女/溝口健二
イタリア旅行/ロベルト・ロッセリーニ
ゴジラ(1954)/本多猪四郎
道/フェデリコ・フェリーニ
浮雲/成瀬巳喜男
大地のうた/サタジット・レイ
足ながおじさん/ジーン・ネグレスコ
誇り高き男/ロバート・D・ウエップ
幕末太陽傳/川島雄三
若き獅子たち/エドワード・ドミトリク
いとこ同志/クロード・シャブロル
大人は判ってくれない/フランソワ・トリュフォー
勝手にしやがれ/ジャン=リュック・ゴダール
ベン・ハー/ウィリアム・ワイラー
おとうと/市川崑
かくも長き不在/アンリ・コルピ
素晴らしい風船旅行/アルベール・ラモリス
太陽がいっぱい/ルネ・クレマン
地下鉄のザジ/ルイ・マル
去年マリエンバートで/アラン・レネ
何がジェーンに起ったか?/ロバート・アルドリッチ
アラビアのロレンス/デヴィッド・リーン
地下室のメロディー/アンリ・ヴェルヌイユ
鳥/アルフレッド・ヒッチコック
赤い砂漠/ミケランジェロ・アントニオーニ
バージニア・ウルフなんかこわくない/マイク・ニコルズ
俺たちに明日はない/アーサー・ペン
夜の大捜査線/ノーマン・ジュイソン
遥かなる戦場/トニー・リチャードソン
真夜中のカーボーイ/ジョン・シュレシンジャー
M★A★S★H/ロバート・アルトマン
ジョニーは戦場へ行った/ダルトン・トランボ
フレンチ・コネクション/ウィリアム・フリードキン
ミツバチのささやき/ヴィクトル・エリセ
惑星ソラリス/アンドレイ・タルコフスキー
ジャッカルの日/フレッド・ジンネマン
家族の肖像/ルキノ・ヴィスコンティ
ゴッドファーザーPARTⅡ/フランシス・フォード・コッポラ
サンダカン八番娼館 望郷/熊井啓
カッコーの巣の上で/ミロス・フォアマン
旅芸人の記録/テオ・アンゲロプロス
バリー・リンドン/スタンリー・キューブリック
大地の子守歌/増村保造
アニー・ホール/ウディ・アレン
機械じかけのピアノのための未完成の戯曲/ニキータ・ミハルコフ
父/パードレ・パドローネ/パオロ・タヴィアーニ/ヴィットリオ・タヴィアーニ
グロリア/ジョン・カサヴェテス
遥かなる山の呼び声/山田洋次
トラヴィータ -1985・椿姫-/フランコ・ゼフィレッリ
ファニーとアレクサンデル/イングマール・ベルイマン
フィツカラルド/ヴェルナー・ヘルツォーク

キング・オブ・コメディ/マーティン・スコセッシ
戦場のメリークリスマス/大島渚
キリング・フィールド/ローランド・ジョフィー
ストレンジャー・ザン・パラダイス/ジム・ジャームッシュ
冬冬の夏休み/ホウ・シャオシェン
パリ、テキサス/ヴィム・ヴェンダース
刑事ジョン・ブック 目撃者/ピーター・ウィアー
バウンティフルへの旅/ピーター・マスターソン
パパは、出張中!/エミール・クストリッツァ
ザ・デッド「ダブリン市民」より/ジョン・ヒューストン
友だちのうちはどこ?/アッバス・キアロスタミ
バグダッド・カフェ/パーシー・アドロン
八月の鯨/リンゼイ・アンダーソン
旅立ちの時/シドニー・ルメット
となりのトトロ/宮崎駿
あ・うん/降旗康男
美しき諍い女/ジャック・リヴェット
HANA-BI/北野武



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-01-22 20:52 | ◆各氏・各雑誌のベスト | Comments(12)
ONE TAKE ONLY ワン・テイク・オンリー
c0073737_20503387.jpgONE TAKE ONLY ワン・テイク・オンリー』(2001)

上映時間: 90分
製作国: タイ
ジャンル: ドラマ/青春/犯罪
R-15

監督: オキサイド・パン

脚本: オキサイド・パン
撮影: デーチャー・スリマントラ
音楽: オレンジ・ミュージック

出演:
パワリット・モングコンピシット
ワナチャダ・シワポーンチャイ

***********************************************
 バンコクのストリートを舞台に繰り広げられるピュアで破滅的な青春ドラマ。ひょんなことから出会った若い男女が危険な道へのめり込んでいく姿を、ユーモアを織り交ぜスタイリッシュかつリアルに描く。監督は「レイン」「the EYE 【アイ】」のオキサイド・パン。主演は同じく「レイン」のパワリット・モングコンピシット。なお、タイトルは撮影自体がほぼワンテイクのみで行なわれたことに由来しているという。
(「allcinema」より。)
***********************************************

オキサイド・パン監督作品としては一番好きな本作。

タイ映画として観ても、バンコク映画として観ても、非常に楽しめる。


今や結婚して一児の母となってしまった主人公の女性だが、とても可愛らしく、タイ人女性はやっぱりいいなぁと感激しきり。

ゴーゴーバーの音楽もノリノリでいいし、全体的にすっきりとしていてスピーディなのも良い。


本作の様な、タイの首都・バンコクを舞台にした、いわゆる“サイアム系”ムービーは大好きだ。

ちなみに、「サイアム」とはタイ・バンコクにある流行発信基地の地名で、日本で言えば、東京の原宿か渋谷に当たる様な場所だ。


本作は映像センスも素晴らしく、とても透明感がある。

監督のオキサイド・パンは、『the EYE』というホラー作品の興行的成功により、以降はホラー映画ばかり撮る監督になってしまった。

本作の様な、良質のドラマをもっと撮ってもらいたいのになぁ。
もったいない。


c0073737_20585327.jpg



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-01-21 21:00 | ◆映画レビュー | Comments(4)
female フィーメイル
c0073737_21113355.jpgfemale フィーメイル』(2005)

上映時間: 118分
製作国: 日本
ジャンル: ロマンス/エロティック/コメディ
R-18

監督:
篠原哲雄 「桃」
廣木隆一 「太陽のみえる場所まで」
松尾スズキ 「夜の舌先」
西川美和 「女神のかかと」
塚本晋也 「玉虫」
夏まゆみ 「Dance Part」

出演:
c0073737_2112741.jpg長谷川京子「桃」
池内博之「桃」
野村恵里「桃」
大塚ちひろ「太陽のみえる場所まで」
石井苗子「太陽のみえる場所まで」
片桐はいり「太陽のみえる場所まで」
高岡早紀「夜の舌先」
近藤公園「夜の舌先」
大塚寧々「女神のかかと」
c0073737_211240100.jpg森田直幸「女神のかかと」
石田えり「玉虫」
加瀬亮「玉虫」
小林薫「玉虫」
根津奈穂子「Dance Part」
***********************************************
 コンピレーション・フィルム「Jam Films」シリーズの女性版としてフェミニン色を前面に打ち出した5編のオムニバス。5人の人気女性作家が“女性”をテーマに書き下ろした作品を、気鋭の監督たちが映像化。年齢も境遇も様々な5人の主人公の物語を、それぞれ時にエロティックに、時に爽やかに、時にコミカルに描く。
(「allcinema」より。)
***********************************************

オムニバス作品ですが、中でも西川美和監督の「女神のかかと」が最高に素敵でした!

c0073737_211345.jpg大塚寧々演じるおかあさんのかかとが素敵すぎる!
そしてエロイ!

過激なシーンはないのに、あのかかとだけでここまで興奮させる西川美和監督、やはりタダ者じゃないです。


今や『ゆれる』でブレイクし、メジャー監督なりつつある西川美和監督ですが、この頃から私は目をつけてました。

これからの活躍に期待したい女流監督ですね!



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-01-18 21:13 | ◆映画レビュー | Comments(2)
直撃地獄拳 大逆転
c0073737_2361321.jpg直撃地獄拳 大逆転』(1974)

上映時間: 86分
製作国: 日本
ジャンル: アクション/コメディ

監督: 石井輝男

脚本: 橋本新一/石井輝男
撮影: 出先哲也
音楽: 鏑木創

出演: 千葉真一/佐藤允/郷えい治/中島ゆたか志穂美悦子室田日出男山城新伍安岡力也/葉山良二/丹波哲郎池部良嵐寛寿郎

***********************************************
c0073737_2312263.jpg甲賀忍法の使い手・甲賀、金庫破りの達人・桜、元刑事の隼の三人組がマフィア組織に乗り込み、奪われた六億円の宝石を奪い返すという内容の空手映画のふりをしたコメディ作品

(「allcinema」より。)
***********************************************

c0073737_23135051.jpg地獄拳シリーズの第2弾にして最終作品。
前作同様、石井輝男ワールド全開!

不謹慎なシーン程笑えてしまう石井マジックが本作でも拝見できる。

特に、千葉真一がフケをコーヒーの中に落とすシーン
くだらないけど、とにかく大爆笑してしまった。
あの手の動きの早さったら・・・(><)
c0073737_23141995.jpg
あー、ストレス解消!
石井輝男監督万歳!

やっぱり、石井監督の作品はサイコーです。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-01-14 23:15 | ◆映画レビュー | Comments(8)
最近観た映画(2008.1.13)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作中の傑作
★★★★・・・十分に満足できた傑作
★★★・・・しっかりと楽しめた良作
★★・・・やや問題アリも、それなりに楽しめた作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_16492613.jpg『最愛の夏』(1999/台湾)
【監督】チャン・ツォーチ
★★★
いかにも台湾作品といった感じで、日々の生活が淡々と画面に流される。 ラストシーンは不要と感じた。 あのまま終わった方が自然でよい。


c0073737_1773251.jpg『淑女と髭』(1931/日本)
【監督】小津安二郎
★★★
小津のサイレント作品でも初期の頃はコメディ要素が強すぎるきらいがあった。 しかし本作は、コメディ要素の中に人間味が加わり、バランスの良さが格段に上がっていた。 しかし、あの大げさな髭には笑った。 いかにも作り物じゃないか!


c0073737_16524884.jpg『デルス・ウザーラ』(1975/ソ連)
【監督】黒澤明
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_1655487.jpg『リッチ・アンド・ストレンジ』(1931/イギリス)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_16571354.jpg『噂の女』(1954/日本)
【監督】溝口健二
★★★
久しぶりの溝口作品! それだけで既にワクワク。 オープニングも溝口作品らしく素敵。 しかしながら、内容的には突出したものは感じられず、少し不満あり。 溝口監督らしさは十分に出ていたと思うが、この不足感はいかんともし難い。 これで現存する溝口作品の全制覇まで、あと7作品となってしまった・・・ あー、寂しい(><)


c0073737_16584657.jpg『裏窓』(1954/アメリカ)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_1705121.jpg『現金に手を出すな』
(1954/フランス/イタリア)
【監督】ジャック・ベッケル
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-01-13 17:02 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
現金に手を出すな
c0073737_22485954.jpg現金に手を出すな』(1954)

上映時間: 96分
製作国: フランス/イタリア
ジャンル: アクション/ギャング

監督: ジャック・ベッケル

原作: アルベール・シモナン
脚本: ジャック・ベッケル/モーリス・グリフ/アルベール・シモナン
撮影: ピエール・モンタゼル
音楽: ジャン・ウィエネル

出演: ジャン・ギャバンリノ・ヴァンチュラ/ルネ・ダリー/ジャンヌ・モロー/ポール・フランケン/ミシェル・ジュールダン/ドラ・ドル/デリア・スカラ


ヴェネチア国際映画祭(1954) ジャン・ギャバン(男優賞)

***********************************************
 初老のギャング、マックスは、親友のリトンと組んで、5千万フランの大金強奪に成功した。そのことを知った敵対するギャングは、リトンを捕らえマックスから金を奪おうとする。親友を誘拐されたマックスは、最後の仕事としてリトンの救出に向かうが……。大金をめぐる暗黒街の男たちの闘争を描くアクション。
(「TSUTAYA online」より。)
***********************************************

c0073737_2252724.jpgあああ・・・これで鑑賞可能なジャック・ベッケル作品は全て鑑賞してしまった。
とても寂しい。


本作は、ジャン・ギャバンリノ・ヴァンチュラの対決が柱となっているギャング映画である。

終始、淡々と進むが、そこはベッケル作品。
そつなく楽しませてくれる。


そして本作で初めてジャン・ギャバンを心からかっこいいと思った。

貫禄十分のジャン・ギャバン。
男なら誰もが憧れるはず。

c0073737_22523835.jpg

更に忘れてはならないのが、ベッケル作品の十八番“平手打ち”

本作では一回だけでなく、そこかしこでバチッ!バチッ!バチッ!
もう、平手打ちの出血大サービス。

ベッケル作品の平手打ちシーンは、ファンへのサービス?!と感じてしまったほどの、もう見事と言うしかない激しいものだ。

そして、何故だか分からないが、思わず「クスッ」と笑えてしまうのだ。

まさに、ベッケル作品の平手打ちマジックである。


本作は、「ベッケル作品=平手打ち」という図式が最もはっきり分かる作品とも言えるわけであります。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-01-10 22:53 | ◆映画レビュー | Comments(30)
2007年下半期 鑑賞映画ランキング
去年(2007年)の下半期(7月から12月)に鑑賞した作品全てを順位付けしてみたいと思います。

完全に、個人的好みによるランキング付けですので、その内容については、どうかご容赦下さいませ。<m(__)m>

***********************************************

【2007年下半期ランキング】

c0073737_11293049.jpg1位『街の灯
(チャールズ・チャップリン)



c0073737_11314216.jpg2位『幕末太陽傳
(川島雄三)

にじばぶのレビュー

c0073737_11362627.jpg3位『晩菊
(成瀬巳喜男)



c0073737_11381491.jpg4位『洲崎パラダイス 赤信号
(川島雄三)

にじばぶのレビュー

c0073737_1140222.jpg5位『突撃
(スタンリー・キューブリック)



c0073737_1141493.jpg6位『ハヴァ、ナイスデー
(長澤雅彦/矢崎仁司/中野裕之/村松正浩/緒方明ほか)

にじばぶのレビュー

c0073737_11443767.jpg7位『ストロベリーショートケイクス
(矢崎仁司)

にじばぶのレビュー

c0073737_11425719.jpg8位『宗方姉妹
(小津安二郎)

にじばぶのレビュー

c0073737_11475655.jpg9位『とんかつ大将
(川島雄三)



c0073737_11463430.jpg10位『出来ごころ
(小津安二郎)



11位『現金に体を張れ』(スタンリー・キューブリック)
12位『妻として女として』(成瀬巳喜男)
13位『直撃!地獄拳』(石井輝男)
14位『Butterfly Man バタフライ・マン』(カプライス・キー)
15位『ひき逃げ』(成瀬巳喜男)
16位『銀座化粧』(成瀬巳喜男)
17位『ある殺し屋の鍵』(森一生)
18位『あらくれ』(成瀬巳喜男)
19位『裏窓』(アルフレッド・ヒッチコック)
20位『フラガール』(李相日)

21位『荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻』(森一生)
22位『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』(馬場康夫)
23位『深海 Blue Cha-Cha』(チェン・ウェンタン)
24位『恋恋風塵』(ホウ・シャオシェン)
25位『非情の罠』(スタンリー・キューブリック)
26位『河内山宗俊』(山中貞雄)
27位『抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-』(ロベール・ブレッソン)
28位『ビッグ・スウィンドル!』(チェ・ドンフン)
29位『アマデウス』(ミロス・フォアマン)
30位『驟雨』(成瀬巳喜男)

31位『女の座』(成瀬巳喜男)
32位『美の祭典』(レニ・リーフェンシュタール)
33位『現金に手を出すな』(ジャック・ベッケル)
34位『お引越し』(相米慎二)
35位『座頭市物語』(三隅研次)
36位『大阪物語』(吉村公三郎)
37位『斬る』(三隅研次)
38位『直撃地獄拳 大逆転』(石井輝男)
39位『犬神家の一族(1976)』(市川崑)
40位『理想の女』(マイク・バーカー)

41位『麗しのサブリナ』(ビリー・ワイルダー)
42位『素晴らしき休日(2007)』(北野武)
43位『青春の殺人者』(長谷川和彦)
44位『暗黒街の顔役』(ハワード・ホークス)
45位『第十七番』(アルフレッド・ヒッチコック)
46位『その夜の妻』(小津安二郎)
47位『妻の心』(成瀬巳喜男)
48位『赤い手のグッピー』(ジャック・ベッケル)
49位『幸福の設計』(ジャック・ベッケル)
50位『忍びの者』(山本薩夫)

51位『にごりえ』(今井正)
52位『戦争のはらわた』(サム・ペキンパー)
53位『四つの恋の物語』(豊田四郎/成瀬巳喜男/山本嘉次郎/衣笠貞之助)
54位『ワイルド・アット・ハート』(デヴィッド・リンチ)
55位『高校大パニック』(石井聰亙/澤田幸弘)
56位『かもめ食堂』(荻上直子)
57位『デルス・ウザーラ』(黒澤明)
58位『大日本人』(松本人志)
59位『エルストリー・コーリング』(アルフレッド・ヒッチコック)
60位『童年往事/時の流れ』(ホウ・シャオシェン)

61位『黄昏』(マーク・ライデル)
62位『未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』(蝶野博)
63位『野いちご』(イングマール・ベルイマン)
64位『夫婦善哉』(豊田四郎)
65位『グリード』(エリッヒ・フォン・シュトロハイム)
66位『ファニーとアレクサンデル』(イングマール・ベルイマン)
67位『鬼畜』(野村芳太郎)
68位『スパイシー・ラブスープ』(チャン・ヤン)
69位『青い山脈』(今井正)
70位『しとやかな獣』(川島雄三)

71位『人も歩けば』(川島雄三)
72位『ターンレフト ターンライト』(ジョニー・トー/ワイ・カーファイ)
73位『ウェディング・バンケット』(アン・リー)
74位『四つの恋の物語』(西河克己)
75位『大学は出たけれど』(小津安二郎)
76位『アラビアのロレンス/完全版』(デヴィッド・リーン)
77位『愛の集会』(ピエル・パオロ・パゾリーニ)
78位『幸福』(アニエス・ヴァルダ)
79位『稲妻』(成瀬巳喜男)
80位『河』(ジャン・ノルワール)

81位『スエーデンの城』(ロジェ・ヴァディム)
82位『噂の女』(溝口健二)
83位『華岡青洲の妻』(増村保造)
84位『晩春』(小津安二郎)
85位『麦秋』(小津安二郎)
86位『昼顔』(ルイス・ブニュエル)
87位『夕陽のギャングたち』(セルジオ・レオーネ)
88位『「エロ事師たち」より 人類学入門』(今村昌平)
89位『(ハル)』(森田芳光)
90位『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(ケヴィン・コスナー)

91位『淑女と髭』(小津安二郎)
92位『カビリア』(ジョヴァンニ・パストローネ)
93位『リッチ・アンド・ストレンジ』(アルフレッド・ヒッチコック)
94位『シベールの日曜日』(セルジュ・ブールギニョン)
95位『エドワールとキャロリーヌ』(ジャック・ベッケル)
96位『スキン・ゲーム』(アルフレッド・ヒッチコック)
97位『マンクスマン』(アルフレッド・ヒッチコック)
98位『学生ロマンス 若き日』(小津安二郎)
99位『青春の夢いまいづこ』(小津安二郎)
100位『浮草物語』(小津安二郎)

101位『第3逃亡者』(アルフレッド・ヒッチコック)
102位『肉体の冠』(ジャック・ベッケル)
103位『婦系図(1942)』(マキノ正博)
104位『リング』(アルフレッド・ヒッチコック)
105位『ニーベルンゲン/ジークフリート』(フリッツ・ラング)
106位『女性の勝利』(溝口健二)
107位『少林寺三十六房』(ラウ・カーリョン)
108位『イル・ポスティーノ』(マイケル・ラドフォード)
109位『雪之丞変化(1959)』(マキノ雅弘)
110位『少林寺武者房』(リュー・チャーフィ)

111位『ホーリー・マウンテン』(アレハンドロ・ホドロフスキー)
112位『wkw/tk/1996@7'55"hk.net』(ウォン・カーウァイ)
113位『菊豆(チュイトウ)』(チャン・イーモウ)
114位『熊座の淡き星影』(ルキノ・ヴィスコンティ)
115位『鰯雲』(成瀬巳喜男)
116位『女の園』(木下恵介)
117位『ブレイキング・ニュース』(ジョニー・トー)
118位『最後の人』(F・W・ムルナウ)
119位『モンスーン・ウェディング』(ミーラー・ナーイル)
120位『おもひでぽろぽろ』(高畑勲)

121位『アンナ・マグダレーナ・バッハの日記』(ジャン=マリー・ストローブ/ダニエル・ユイレ)
122位『マリア・ブラウンの結婚』(ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー)
123位『落第はしたけれど』(小津安二郎)
124位『朗かに歩め』(小津安二郎)
125位『アメリカの影』(ジョン・カサベテス)
126位『武蔵野夫人』(溝口健二)
127位『波影』(豊田四郎)
128位『大人の見る絵本 生れてはみたけれど』(小津安二郎)
129位『マリヤのお雪』(溝口健二)
130位『ハモンハモン』(ビガス・ルナ)

131位『最愛の夏』(チャン・ツォーチ)
132位『僕の恋、彼の秘密』(D・J・チェン)
133位『蝉しぐれ』(黒土三男)
134位『ロスト・ハイウェイ』(デヴィッド・リンチ)
135位『舞姫』(成瀬巳喜男)
136位『薔薇合戦』(成瀬巳喜男)
137位『錆びたナイフ』(舛田利雄)
138位『わが恋は燃えぬ』(溝口健二)
139位『女優須磨子の恋』(溝口健二)
140位『ニーベルンゲン/クリームヒルトの復讐』(フリッツ・ラング)

141位『雪之丞変化(1963)』(市川崑)
142位『芝居道』(成瀬巳喜男)
143位『巌窟の野獣』(アルフレッド・ヒッチコック)
144位『生きるべきか死ぬべきか』(エルンスト・ルビッチ)
145位『怪談』(小林正樹)
146位『監督・ばんざい!』(北野武)
147位『バートン・フィンク』(ジョエル・コーエン)
148位『世界残酷物語』(グァルティエロ・ヤコペッティ)
149位『磯の源太 抱寝の長脇差』(山中貞雄)
150位『怪盗白頭巾 前篇/後篇』(山中貞雄)

151位『女だけの都』(ジャック・フェデー)
152位『ジュノーと孔雀』(アルフレッド・ヒッチコック)
153位『農夫の妻』(アルフレッド・ヒッチコック)
154位『夜ごとの夢』(成瀬巳喜男)
155位『風櫃の少年』(ホウ・シャオシェン)
156位『大きな鳥と小さな鳥』(ピエル・パオロ・パゾリーニ)
157位『浪人街(1957)』(マキノ雅弘)
158位『シャンパーニュ』(アルフレッド・ヒッチコック)
159位『非常線の女』(小津安二郎)
160位『東京の女』(小津安二郎)

161位『東京の合唱(コーラス)』(小津安二郎)
162位『雪之丞変化 総集編(1935)』(衣笠貞之助)
163位『機動警察パトレイバー』(押井守)
164位『ユメ十夜』(市川崑/実相寺昭雄/西川美和ほか)
165位『黄色い風土』(石井輝男)
166位『永遠(とわ)の語らい』(マノエル・デ・オリヴェイラ)
167位『突貫小僧』(小津安二郎)
168位『殺人!』(アルフレッド・ヒッチコック)
169位『グレムリン』(ジョー・ダンテ)
170位『メトロポリス』(フリッツ・ラング)

171位『シンク』(村松正浩)
172位『市民ケーン』(オーソン・ウェルズ)
173位『必勝歌』(溝口健二)

*************************************************

なんか今回は半年で173本も観たらしく、ランキングするのにえらい時間がかかりました(汗)。
次回はもう、こんな面倒な事やらないかもしれないです(苦笑)。

でも、こうして整理してみると面白い自己発見もあります。

自分が成瀬巳喜男監督を好きなことは自覚していましたが、川島雄三監督や小津安二郎監督もかなり好きなんだな、と。

ま、どれだけの人が喜んでくれるか分かりませんし、単なる自己満足で終わるかもしれませんが、これだけのランキングを整理したという達成感はありますね。


今年もどうぞよろしくお願い致します<m(__)m>


管理人

⇒なお、2007年上半期ランキングはこちらにございます。



★参照★
作品レビュー目次
浅野忠信 作品リスト

お気に入り映画一覧
映画採点表
宿題映画リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2008-01-04 11:58 | ◆映画関連 その他 | Comments(34)
裏窓
c0073737_19531048.jpg裏窓』(1954)

上映時間: 113分
製作国: アメリカ
ジャンル: サスペンス

監督: アルフレッド・ヒッチコック

製作: アルフレッド・ヒッチコック
原作: コーネル・ウールリッチ
脚本: ジョン・マイケル・ヘイズ
撮影: ロバート・バークス
音楽: フランツ・ワックスマン

出演: ジェームズ・スチュワート/グレイス・ケリー/レイモンド・バー/セルマ・リッター/ウェンデル・コーリイ

***********************************************
c0073737_19521188.jpgニューヨークのアパートで、足を骨折したカメラマンが、ひまつぶしに窓から近所を覗き見していた。偶然殺人事件を目撃したことから巻き込まれていく様子をスリリングに描く。緊迫した状況のサスペンスに、グレース・ケリーの凛とした美しさが華を添える。

(「TSUTAYA online」より。)
***********************************************

c0073737_19544271.jpgいやー、面白い!

特に終盤の畳み掛ける様な細かい展開。
まさしく傑作です。

ヒッチコック作品の中では今のところナンバー1ですね。


それと怖い怖い。

特に、窓の向こうの人間と目が会った瞬間のドキリ感や、廊下をコツコツと歩いてくる間の緊迫感。

c0073737_1956459.jpgサスペンス色を十二分に見せながらも、ストーリー展開も見事で、バランスの取れた作品でした。


ヒロインのグレース・ケリーも美しい、、いや、ヒッチコックがとても美しく巧く撮ってますね。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-01-01 19:55 | ◆映画レビュー | Comments(6)