古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「浅野忠信 作品リスト」を更新(59作品目)
「浅野忠信 作品リスト」を更新しました。

今回は59作品目となる『モンゴル』を追加しました。
リンク先をご参照下さいませ。


管理人
[PR]
by nijibabu | 2008-04-29 23:29 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2008.4.27)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_14472182.jpg『第3逃亡者』(1937/イギリス)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★★
邦題『第3逃亡者』に違和感あり。 しかし手軽に観られるヒッチサスペンス。 意外と楽しめた。 特にラストの真犯人を追い込むクダリ。 真犯人をじっくりアップにしていき、ドアップになったところで、「目をパチクリ」。 この演出には、さすがヒッチコックだと感じた。


c0073737_14502368.jpg『非常線の女』(1933/日本)
【監督】小津安二郎
★★
小津がサイレント期に挑んだ異色作。 人情劇や家庭劇ではなく、ヤクザ映画であり、恋愛ものでもある。 しかし、それは成功しているとは言い難い。 やはり、小津はこの作品を通して、この分野で力を発揮できないことを悟ったのではないだろうか。 田中絹代のズベ公役も言わずもがなミスキャスト。 全く、様になっていない。


c0073737_14515986.jpg『童年往事/時の流れ』(1985/台湾)
【監督】ホウ・シャオシェン
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_14532811.jpg『とんかつ大将』(1952/日本)
【監督】川島雄三
★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_14553821.jpg『ひき逃げ』(1966/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_14585640.jpg『浮草物語』(1934/日本)
【監督】小津安二郎
★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_1504057.jpg『巌窟の野獣』(1939/イギリス)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★★
チャールズ・ロートンが結局何の病気だったのか分からず、後で調べたら「心の病」だったとは・・・何とも分かりにくい作品だった。 “ヒッチコック作品を全て観る!”という目的がない限り、それこそ観る価値のない作品かもしれない。 それでもヒッチコック作品である以上、普通に楽しめてしまうところは凄い。


c0073737_1532227.jpg『東京の女』(1933/日本)
【監督】小津安二郎
★★
やはりカットされていたんですね・・・どうも話が短絡的すぎるというか、しっくりこない感じがありましたから。 違和感がある部分をあげればきりがないですが、検閲によるカットがなされた後の作品としてみれば、まあ仕方ないんでしょうね。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-04-27 15:04 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
浮草物語
c0073737_7441434.jpg浮草物語』(1934)

上映時間: 118分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: 小津安二郎

原作: ジェームス・槇(小津安二郎)
脚本: 池田忠雄
撮影: 茂原英朗

出演: 坂本武飯田蝶子/三井秀男/八雲理恵子/坪内美子/突貫小僧/谷麗光/西村青児/山田長正/青野清/油井宗信/平陽光/若宮満/懸秀介/青山万里子/池部光村/笠智衆

*****************************************************
c0073737_7403585.jpg1934年サイレント映画。旅役者一座の座長・喜八(坂本武)は、かつての自分の子どもを生ませた女おつね(飯田蝶子)が暮らす田舎町に興行へやってきた。子どもはすでに成人していたが、喜八は自分が父とは名乗らず、毎日のように女の家を訪ねていく。そんな喜八に、今の情婦でもある一座の主演女優おたか(八雲恵美子)は嫉妬し、妹分の女優を使って、喜八の息子を誘惑しようとする……。
アメリカ映画『煩悩』のストーリーを元に、小津安二郎監督が喜八という下町情緒あふれる男を主人公に据えた“喜八もの”として、哀感豊かに描いた人情ドラマの傑作。1959年には小津監督自身のメガホンで、大映で『浮草』としてカラー再映画化もなされている。
(「Amazon.co.jp」より。)
*****************************************************

c0073737_7445649.jpg活弁トーキー版を鑑賞。

無音より活弁ありの方が集中力を要さずに済むという長所がある反面、サイレントならではの微妙なニュアンスや雰囲気がぶち壊されかねないという短所があるように思う。

無音の方が後味は良いが、活弁ありの気安さも捨てがたい。

いずれにしても、現代においてサイレント作品を観るということは、エネルギーを少なからず使わなければならないらしい。

*****************************************************

c0073737_7451812.jpgさて、本作であるが、出来としてはまあまあ。

小津のサイレント作品の中では並なのではないだろうか。


しかし、本作でも八雲恵美子(理恵子)は綺麗だったなぁ・・・

おしとやかなのに艶っぽい。

真面目そうなのに、何故だか男を惑わす色気がある。

古風な女性の感じなのに、現代においても現代的であると感じることのできる外見。

あらゆる部分で多面性(両面性)を持った不思議な魅力と色気を持つ女優さんである。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-04-26 07:45 | ◆映画レビュー | Comments(15)
ひき逃げ
c0073737_23514765.jpgひき逃げ』(1966)
上映時間: 94分
製作国: 日本

監督: 成瀬巳喜男

脚本: 松山善三
撮影: 西垣六郎
音楽: 佐藤勝

出演: 高峰秀子/小沢栄太郎/司葉子/加東大介/中山仁/黒沢年男/賀原夏子/浦辺粂子/稲葉義男/加藤武/土屋嘉男/佐田豊/柳谷寛/小川安三/田島義文/中北千枝子/清水元/向井淳一郎/浦山珠美/出雲八重子/小宮康弘/平田郁人/小野松枝/記平佳枝

*****************************************************
 男の子をひき逃げしながら、夫の力で罪を逃れた重役夫人(司)が、家政婦としてやってきた被害者の母親(高峰)の手で追い詰められてゆく一種のサスペンス映画。時代の社会問題を好んで取り上げた松山善三が、成瀬のために選んだテーマは交通戦争であった。
(「フィルムセンター」解説より。)
*****************************************************

いやいや、この成瀬作品も面白かった!

成瀬らしからぬサスペンス作品。


高峰秀子が疲れ果てた未亡人を演じ、司葉子が若い燕に振り回される惨めな有閑マダムを演じている。

可憐な役回りを演じていた若き頃の司葉子しか知らなかったので、それだけでも新鮮味があった。


高峰秀子は、ひき逃げにより殺された我が子の無念を晴らす為、加害者の家に家政婦として忍び込み、復讐の機会をうかがう。

しかし、その家庭には殺された我が子と同い年の子供がいた。

そしてその子供が死んだ我が子に重なり、かわいくて仕方ない。

最初は殺してやろうと家に乗り込んだものの、どうしても殺せない。

しかし、ひき逃げをした罪悪感から、犯人の女性は我が子と無理心中してしまう。


とまあ、こんな感じで見事なサスペンス仕立てなのである。

成瀬監督が撮り慣れぬサスペンスを撮ったということで、不安な気持ちもあった。

しかし、観終えてみると、そこら辺のサスペンス映画(例えば野村芳太郎とか)なんかよりも、ずっと出来が良い。


成瀬監督の様な巨匠ともなると、作ろうと思えばどんなジャンルの映画でもちゃんと撮れてしまう。

やっぱり成瀬監督は凄かった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-04-20 23:56 | ◆映画レビュー | Comments(2)
とんかつ大将
c0073737_938166.jpgとんかつ大将』(1952)

上映時間: 95分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: 川島雄三

原作: 富田常雄
脚本: 川島雄三
撮影: 西川亨
音楽: 木下忠司

出演: 佐野周二/津島恵子/角梨枝子/三井弘次/美山悦子/高橋貞二/徳大寺伸/幾野道子/坂本武/小園蓉子/設楽幸嗣

*****************************************************
 亀の子長屋にすむ「とんかつ大将」の俗称で親しまれる青年医師が、長屋取り壊しを画策する悪徳弁護士と対決。
(「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

川島雄三の作品を傑作とそれ以外の二つに分けるとすれば、本作は間違いなく傑作の部類に入ると思われる。

まず『とんかつ大将』というタイトルからして秀逸。


c0073737_9404234.jpgそして主演の佐野周二。

元々好きな俳優だが、本作では特にいい味を出していた。


菊江役の角梨枝子。

私なら彼女を間違いなく選ぶであろう、色っぽさ。

木暮実千代にも似た色気を漂わせる女優だ。


ただし、本作にも難点はアリ。

まず、話が色んなところに拡散し過ぎ。

その為、全てを丸く収めてしまうラストは、かなり都合良すぎの感が否めなかった。


c0073737_941118.jpgでも、本作全体の出来としては相当なレベルなので、まあいいのではないだろうか。

そう思えてしまうほど、“とんかつ風味”満載のいい作品だった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-04-19 09:46 | ◆映画レビュー | Comments(2)
最近観た映画(2008.4.12)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_8205569.jpg『妻として女として』(1961/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_822524.jpg『黄昏』(1981/アメリカ)
【監督】マーク・ライデル
★★★★
観ている間、なんか不思議と心が安穏としました。 安心して観ることのできる作品です。 実際にも不仲だったフォンダ父娘が、本作を通して和解したというエピソードがとても素敵です。 映画ってやっぱり素晴らしいですね!


c0073737_826178.jpg『出来ごころ』(1933/日本)
【監督】小津安二郎
★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_8303441.jpg『銀座化粧』(1951/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★★★★
本作は地味ながらも、実にいい味が出ている。 銀座を中心とした風景描写も素晴らしい。 成瀬監督は、ほんとに風景描写がうまい。 そして香川京子。 成瀬監督の『おかあさん』では溌剌とした魅力をふりまいていたが、本作でもそれに匹敵する魅力を感じた。 特に、堀雄二と目を合わせた時の、あのはにかんだ表情。 あれは、当時の香川京子にしか出せない、とてつもない魅力を含んだ表情だった。 本作は、一般的には特別に評価の高い作品ではない。 しかし、地味ながらも紛れもない傑作であった。


c0073737_8381450.jpg『あらくれ』(1957/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★★★
映画館で鑑賞。 フィルムの劣化によるコマ飛びがヒドかった。 それにしても、キャストがあまりに豪華すぎ! 高峰秀子、上原謙、森雅之、志村喬、仲代達矢、加東大介、沢村貞子、東野英治郎、宮口精二という布陣。 というより、上原謙と森雅之が共演している時点で既にヤバすぎ。 ここまで豪華な作品は、そうはない。 この豪華キャストながらDVD化されていないのは、前述した劣化によるコマ飛びが原因であろう。 実に勿体ない話だ。 本作で最も光っていたのは、高峰秀子と加東大介の夫婦喧嘩のシーンだ。 コミカルなアクションが、もの凄いテンションで行われる。 これを観れるだけでも、本作には一見の価値があると思われる。 それと上原謙の陰険ぶりも凄い。 上原謙と言えば、優男で色男というのが定番的な役柄だが、本作では全く違う印象。 今まで優男役の上原謙しか見たことがなかったので、非常に興味深く観ることができた。 ラストシーンも、なかなかの素晴らしさ。 雨の中、傘も差さずに歩いていく高峰秀子。 これは圧巻だった。


c0073737_8484461.jpg『女の座』(1962/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★★★
高峰秀子の息子を死なせるのは必要がないように思ったが、全体的にはなかなかまとまっていて良かった。 司葉子はとても綺麗だし、草笛光子もキリっとしていてなかなか好み。 そして草笛光子と高峰秀子のバトルも凄まじかった。 女が男に惹かれる瞬間が上手に描かれていたのも素晴らしかった。


c0073737_8505840.jpg『舞姫』(1951/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★★
成瀬監督作品の中では、凡作の部類に入るのではないでしょうか。 1950年代の作品にしては、残念ながらパワー不足の感が否めません。 岡田茉莉子も特別好みではないので、印象が薄い。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-04-12 08:59 | ◆映画関連 その他 | Comments(17)
童年往事/時の流れ
c0073737_23145250.jpg童年往事/時の流れ』(1985)

上映時間: 138分
製作国: 台湾
ジャンル: ドラマ

監督: ホウ・シャオシェン

脚本: チュー・ティエンウェン/ホウ・シャオシェン
撮影: リー・ピンビン
音楽: 呉楚楚

出演: ユー・アンシュン/シン・シューフェン/ティエン・ファン/メイ・ファン/リー・ティエンルー
*****************************************************
c0073737_23211076.jpg『冬冬の夏休み』の侯孝賢監督が自らの幼少時代の思い出を情緒豊かに描いた自伝的作品。台湾が激動した50年代から60年代を舞台に、少年・阿孝の視点からみた社会と、そこで生きる家族を描く。初恋や別れを経験しながら成長していく阿孝の姿が胸を打つ。
(「DVD NAVIGATOR」より。)


*****************************************************

c0073737_23222339.jpg冒頭から既にホウ・シャオシェン色が全開。

ホウ監督にしか出せない自然な雰囲気、そして台湾の暑苦しさがリアルに伝わってくる。


風景をただ撮っただけと思わせながらも、実はホウ監督にしか映し出すことのできない不思議な暖かみを映像から感じる。

つくづくホウ監督は天才なんだなぁと感じる。


c0073737_23233630.jpgさて、本作ははっきり言って怖いくらいに情け容赦なく暗い内容である。


まず主人公の父親が肺病で血を吐いて死に、次に母親が舌癌で死ぬ。

そして挙句の果てには、おばあさんが畳の上で1ヶ月間放置され老衰死する始末。


しかし、全編を通して心和む素敵な音楽が流れている。

c0073737_23235469.jpgそのせいか、そこで起きている人が死ぬという悲劇を「ごくごく自然なもの」として受け入れることができた。

ホウ監督の音楽センスは理屈抜きに好きだ。

特に本作の音楽は素晴らしい。


日常に横たわる“死”という恐怖や別離というものを、特別に悲劇として誇張することなく、自然の摂理として表現してみせた本作。

暖かい映像美と相まって、暗い内容とは裏腹に「爽やかさ」さえ残した。

その絶妙なさじ加減。


やはりホウ監督を天才監督と認めざるを得ない。

*****************************************************

ホウ監督の作品は沢山観てきた。

そしてようやく、この監督の凄さと良さを感じることが出来た始めたように思う。

この監督は一筋縄では到底いかない。

それだけに、その凄さを一度でも感じてしまうと、また別の作品を観たくなってしまう。

そんな魅力が、この監督には確かにある。


c0073737_23242898.jpg




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-04-09 23:27 | ◆映画レビュー | Comments(0)
近視矯正手術(レーシック手術)受けました!!
昨日、東京は銀座で近視矯正手術(レーシック手術)を受けてきました。

横峯さくらが近視手術を受けたのと同じクリニックです。

結果は0.07→2.0!!


感動です(><)ノ
[PR]
by nijibabu | 2008-04-08 20:38 | Comments(4)
出来ごころ
c0073737_9395775.jpg出来ごころ』(1933)

上映時間: 100分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ/コメディ



監督: 小津安二郎

原案: ジェームス・槇(小津安二郎)
脚本: 池田忠雄
撮影: 杉本正二郎
美術監督: 脇田世根一

出演: 坂本武伏見信子/大日方伝/飯田蝶子/突貫小僧/谷麗光

*****************************************************
 “男はつらいよ”シリーズの礎となった “喜八もの”と呼ばれる小津監督得意の下町人情喜劇の決定版!裏長屋に住む男やもめの喜八は息子の富夫と二人暮らし。隣には気の合う次郎が住んでいる。ある日喜八は、身寄りのない娘春江と出会い、あれこれと世話を焼き、彼女にぞっこんとなる。が、春江は喜八の仕事仲間の次郎に思いを寄せていたが...東京の下町を舞台に、人情の機微、親子の愛と希望を描く、明日がきっと元気になる小津作品です。
(「すろ~しねま」より。)
*****************************************************

c0073737_9444940.jpgいやー、凄い、とても良いお話だった。

小津の巧さもとことん冴え渡り、そして江戸っ子風情がビンビンに伝わってくる、まさに傑作!

小津のサイレントの中ではナンバー1かも。




c0073737_9452683.jpg若い女を演じた伏見信子が、これまた良かった。

現代日本では絶滅したであろう、本物の“古風で純情可憐な”女性なのだ。

そういった女性を実写にしたら、まさしくこれ、みたいな感じの女性。

それがこの伏見信子であろう。


そして飯田蝶子

本作の時点では36歳のはずなのだが、何故だかおばあさんに見える!

「あの飯田蝶子の若かりし頃を見れる!」と意気込んで観てたのに、結局見れなかった(笑)。

いやはや、飯田蝶子にはやられました┐(´-`)┌


世評を読むと、「音が聞こえてきそうなサイレント」と本作を評していらっしゃいますが、まさにその通り。

サイレント作品は相当数観たが、本作ほど「音が聞こえてきそう」なサイレントは観たことがない。

つまり、本作は完成されたサイレント作品なのだ。


小津はやっぱり凄かった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-04-08 09:46 | ◆映画レビュー | Comments(4)
妻として女として
c0073737_9384918.jpg妻として女として』(1961)

上映時間: 106分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ



監督: 成瀬巳喜男

脚本: 井手俊郎/松山善三
撮影: 安本淳
助監督: 川西正純

出演: 高峰秀子淡島千景森雅之/星由里子/仲代達矢/水野久美/淡路恵子/飯田蝶子/丹阿弥谷津子/中北千枝子/関千恵子/藤間紫/賀原夏子/十朱久雄/大沢健三郎/中村伸郎/芝木優子/佐羽由子/西条康彦/大塚国夫/佐田豊/細川隆一/田辺和佳子/坂下文夫

*****************************************************
 ある中年の大学教授をめぐり、長い間愛人として尽くしてきた女と、子供ができない身体のため、その愛人の子を引き取って育てた妻との対立を描いた成瀬巳喜男作品。高峰、淡島の火花散る演技合戦はすさまじく、どっちつかずの男を演じる森雅之の圧倒的な存在感も強い印象を残す。三者が対面するクライマックスは圧巻。
(「eiga.com」より。)
*****************************************************

いや、これって成瀬監督の作品の中では比較的マイナーな方ですが、傑作なんじゃないでしょうか。

c0073737_9523733.jpg高峰秀子と飯田蝶子の掛け合いの面白さ、話が次々と展開されていき全てが分かっていくというストーリー展開の巧さ、女同士のバトルの凄み、相変わらず「イライラする男」を演じると素晴らしく巧い森雅之、仲代達矢の意外な(?)清々しさ、そしてラストの“親はなくとも子は育つ”的な終わらせ方など、全てにおいてハイレベルな本作です。


高峰秀子と森雅之が共演しているせいもあって、成瀬監督の代表作『浮雲』を連想してしまいました。

『浮雲』は救いようのなさ加減がまた逆に良かったんですが、それに対し本作は、最後に「子供は子供」みたいな救いがあって、とてもバランスが取れていました。

そういう意味でも、本作は『浮雲』より自分の好みに合った作品となりました。


結局「不倫」というものや、「浮気」という名の裏切りは、「悲劇」しか生まないということを本作は語っている様な気がします。

それと同時に、男女の仲というものは、なるようにしかならない、理屈では割り切れない、そういう“やるせなさ”も主張されているんではないかと思うわけです。

それらを観る者に散々訴えかけた後で、上にも書いた様な「親ななくとも子は育つ」的な救いのあるラスト。

いやぁ、実に味わいがあって、しかもバランスの取れた傑作ですね。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-04-05 09:53 | ◆映画レビュー | Comments(4)