古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
妻は告白する
c0073737_1933048.jpg妻は告白する』(1961)

上映時間: 91分
製作国: 日本
ジャンル: サスペンス/ミステリー

監督: 増村保造

原作: 円山雅也
脚本: 井手雅人
撮影: 小林節雄
音楽: 北村和夫

出演: 若尾文子/川口浩/馬淵晴子/根上淳/高松英郎/小沢栄太郎/大山健二/小山内淳/夏木章/此木透/飛田喜佐夫/森矢雄二/谷謙一/村田扶実子

*****************************************************
 若尾文子を、アイドルから日本映画史を飾る大女優の道へと導いた傑作。恐ろしいまでに強い愛に生き、遂には狂気へと陥っていく美しい女を、若尾文子が全身全霊で演じきる。登山中の3人の男女を襲った事故。1人の男の死…それは妻による夫殺害という恐ろしい事件だったのか?女は、生き残ったもう1人の男を心から愛していた…。人の心にそそり立つ疑惑の絶壁を大胆かつ絶妙に描いた増村監督の代表作。
(「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

c0073737_19726.jpg凄まじいまでの愛憎劇。


女の情念を、これほどまでに強烈にフィルムに焼き付けた作品があっただろうか。

少なくとも私は観たことがない。


法廷サスペンスものとしてみても一級品の出来栄え。

若尾文子の演技も凄いの一言!
c0073737_1972085.jpg

愛すべき人に対して、ここまで真っ直ぐに気持ちを持てるなんて凄い。

凄すぎる。


殺人は決して肯定できるものではないが、女が男を愛する気持ちは、そんな道徳観念すら殺してしまう。

c0073737_1973893.jpg男にはない女の情念。

それを雄弁にして、サスペンスフルに綴った本作。

いやぁ、アッパレでした。


(追記)
本作を観るきっかけとなったのは、映画評論家である佐藤忠男氏の『日本映画300』という文庫本に載っていたからです。
この本は本当に凄い。
ハズレがほとんどと言っていいほどない。
紹介されている作品は、どれも凄い作品ばかりなのです。
日本映画好きの方は必携の一冊だと思います。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-06-30 19:08 | ◆映画レビュー
サッド ヴァケイション
c0073737_22323737.jpgサッド ヴァケイション』(2007)

上映時間: 136分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ/犯罪

監督: 青山真治

原作: 青山真治
脚本: 青山真治
撮影: たむらまさき
音楽: 長嶌寛幸

出演: 浅野忠信/石田えり/宮崎あおい/板谷由夏/中村嘉葎雄/オダギリジョー光石研斉藤陽一郎/辻香緒里/川津祐介/とよた真帆/嶋田久作/豊原功補/山口美也子

*****************************************************
c0073737_22375927.jpg「レイクサイド マーダーケース」の青山真治監督が、「Helpless」「EUREKA ユリイカ」に続く“北九州サーガ”の集大成として撮り上げた人間ドラマ。行き場を失った者たちを寛容に受け入れる小さな運送会社を舞台に、そこに暮らす男女の人間模様と、偶然の再会を果たした母と息子の愛憎の行方を、ユーモアを交えつつ鋭い人間洞察で綴る。浅野忠信、宮崎あおい、光石研、斉藤陽一郎ら前2作の出演陣に、新たに石田えり、中村嘉葎雄、オダギリジョーらが加わり、実力派豪華キャストによるアンサンブルが繰り広げられる。
(「allcinema」より。)
*****************************************************

c0073737_22365363.jpg前作にあたる『Helpless』ほどの出来ではないにしろ、なかなか楽しめました。

青山監督の作品は、最近不作続きでしたが、やはりこの『Helpless』が良かっただけに、ここは外れませんでしたね。


キャストがなかなか豪華で、それも楽しめました。

又、斉藤陽一郎を出してくれたのが嬉しかったですね。
c0073737_22371134.jpg
光石研との掛け合いもサイコーでした。

ああいう力の抜けたやり取り、会話のシーンは自分好みです。

浅野忠信にそういう会話シーンをさせるピカイチなんですが、本作でのキャラがそれを許さなかったのが残念です。

c0073737_22373233.jpg
それにしても『ユリイカ』まで混ぜてしまう脚本はどうなんでしょうか?

やり過ぎの様な気もしましたが・・・

青山監督だから仕方ないですけどね(笑)。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-06-27 22:39 | ◆映画レビュー
最近観た映画(2008.6.24)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_19361663.jpg『魔像』(1952/日本)
【監督】大曾根辰夫
★★★
ベタベタのチャンバラ喜劇。 個人的に苦手な系統の時代劇。 ただし、津島恵子の美しさは特筆モノ! おかしいなぁ、彼女の出演作を観るのは初めてじゃないのに、今までこんなに美しいと感じたことはなかった。 これは監督の手腕のせいか?! 今一度、その美しさに注目したい女優となった。


c0073737_19375365.jpg『にあんちゃん』(1959/日本)
【監督】今村昌平
★★★★
今村昌平作品にしては、性描写が全くない。 これにまず驚き。 しかし、今村監督ならではの“泥くさい描写”は健在である。 田舎町の泥臭さをストレートに映像に焼き付けている。 「にあんちゃん」が貧しくて厳しい環境ながら、未来に希望をもって敢然と山を登るラストシーン。 これは北野武監督作品『キッズ・リターン』のラストシーンを思わせる素晴らしいシーンである。 どんな苦しい環境においても、「希望」を持ってさえいれば、人生が「終わった」ということにはならない。 苦境に立たされても、熱い「希望」を決して捨ててはならない。 「希望」を持つことこそが、生きる上で非常に大切であり、生きる喜びの源泉となり得ることを、本作は雄弁に物語っている。 力をもらえる、心に残る良作であった。


c0073737_19393789.jpg『バリー・リンドン』(1975/イギリス)
【監督】スタンリー・キューブリック
★★★
キューブリックは、やはり初期のモノクロ作品の方が良いですね。 本作は、『アマデウス』に似た作風である様な気がします。 音楽、映像は素晴らしいのですが、どうも役者陣に魅力を感じないのです。 個人的に、一代記モノがあまり好みではないというのも関係していますが、期待していたほどには満足できませんでした。


c0073737_1941199.jpg『ニノチカ』(1939/アメリカ)
【監督】エルンスト・ルビッチ
★★★
映像や演出は洗練されているが、いかんせん、テーマが悪い。 資本主義を手放しで褒めすぎ。 社会主義国を根本的に下に見ている。 そんな部分がどうも好きになれなかった。 グレタ・ガルボもトウがたっていて、魅力はさほど感じなかった。 主演の男優も、いかにもアメリカ人といった感じで好みに合わなかった。


c0073737_19425176.jpg『かくも長き不在』(1960/フランス)
【監督】アンリ・コルピ

なんというつまらなさ。 苦痛の100分だった。 もし本作が生まれて初めて観たフランス映画だったなら、二度とフランスを映画を観たいとは思わないでしょう。 なんでこんなに肌に合わないのか・・・と思案していたら、アラン・レネ監督の名を思い出した。後に本作について調べてみたが、やはり、この監督はアラン・レネ絡みだったのか^^; フランス映画は数多く観ているけど、自分的にフランス映画ワースト5に入る程の退屈さだった。


c0073737_19452579.jpg『恋戦。OKINAWA Rendez-vous』(2000/香港)
【監督】ゴードン・チャン
★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_2031048.jpg『歌麿をめぐる五人の女』(1946/日本)
【監督】溝口健二
★★
まあ、溝口作品の中では間違いなくレベルの低い作品ですね。 登場人物が誰が誰だか分からない。 田中絹代しか分からない。 そういった演出的部分も、物語に入っていく観客を阻害している要因の一つだと思われます。


c0073737_2041845.jpg『藍色夏恋』(2002/台湾/フランス)
【監督】イー・ツーイェン
★★★
まるで日本の連ドラをそのまま映画っぽくして、台湾映画風味を加えた様な作品。 映像・ストーリー・役者の魅力、全てにおいて突出したものは感じられませんでした。 ただ一つのプラスポイントとしては、台湾の緑が色鮮やかに映し出されていたことでしょうか。 台湾に行ったことがある人にとっては、その映像だけでも、(多少)は楽しむことができるかもしれません。 それにしても、ヒロインの女のコより、その友人の女のコの方が可愛かったけどなぁ・・・ 脚も綺麗だし(笑)。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-06-24 20:06 | ◆映画関連 その他
恋戦。OKINAWA Rendez-vous
c0073737_973683.jpg恋戦。OKINAWA Rendez-vous
』(2000)

上映時間: 99分
製作国: 香港
ジャンル: ロマンス/コメディ

監督/脚本: ゴードン・チャン

出演: レスリー・チャン/レオン・カーフェイ/フェイ・ウォン加藤雅也/ジジ・ライ/ヴィンセント・コック/ステファニー・チェ/樋口明日嘉


*****************************************************
 夏の沖縄に恋人とバカンスにやってきた香港警察のローは、空港で出会ったジェニーに一目惚れ。彼女に接近しようとするが、そこで偶然にも世界を股にかける怪盗 ジミーを発見する。手柄を取りたいローはジミーに近付くが、ジミーもジェニーに恋していて…。しかも、彼女はジミーの取り引き相手である日本ヤクザのドンの情婦だった!!
 全編沖縄ロケというリゾート気分満点の香港映画。出演は、レスリー・チャン、フェイ・ウォン、レオン・カーファイという豪華な顔ぶれに加え、脇を固める登場人物が皆個性的なキャラクターばかり。加藤雅也が女にめっぽう弱いヤクザのドン役で出演し、四角関係?五角関係へと展開していくラブ・アクション。
(「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

これはとても素晴らしいラブコメです。

c0073737_9125727.jpgこれほどまでにレスリー・チャンを身近に感じられた作品はありません。

それだけで、ムチャクチャ貴重な作品だと思いますね。




そしてフェイ・ウォン

c0073737_9135469.jpg彼女がこれほどまでに美しかったとは!

これほど魅力的なフェイ・ウォンは他の作品ではお目にかかったことがありません。

とにかく目が素敵!

スレンダーな体のラインも素晴らしいの一言です。


加藤雅也もかっこよかった。

あの赤シャツと、首にさがったネックレス。

これがニクイほど良く似合う。


キャスティング自体も見事ですが、キャスティングを活かしきった演出も見事です。

俳優や女優の演技、そして綺麗な映像を楽しむことができる。

それだけで賞賛に値する仕上がりになっています。


c0073737_9143283.jpg沖縄が舞台ですが、沖縄ならではの爽やかさも良く出ていたと思いますね。

まぁ、ヤクザであの車はあり得ませんが・・・^^;


気になったのが、マルシア似のおねーさん。

これが、かなーりセクシー。

かっこいい男とセクシーな女に溢れた、魅力溢れる作品でした。


ところで、DVDにオマケとして収録されているレスリー・チャンのインタビュー映像とプライベート映像。

これは貴重極まりないですねぇ。

爽やかな笑顔が印象的です。

c0073737_9152179.jpgこの数年後にまさか自殺するとは・・・

そういう目線で観ていたので、なんだか切なくもなりました。

貴重な俳優を失ったんだなぁ、と。


とにかくもっと評価されるべき作品だと思います。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-06-22 09:15 | ◆映画レビュー
最近観た映画(2008.6.19)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1921638.jpg『緑色の部屋』(1978/フランス)
【監督】フランソワ・トリュフォー
★★★
とても残酷な内容。 愛すべき人を失った場合、その亡くなった人を一生忘れない。 それはとても大切なことだが、それをずっと続けることが果たして幸せを生むのか?? それとも、時間が経つにつれ少しずつ亡くなった人を忘れていき、いずれ新たな人と新たな幸せをみつける。 こちらの方が幸せだが、果たしてそれでいいのだろうか? そんな問いかけをトリュフォーはしたかったのだろうが、どうも散漫な印象。 個人的には、その答えがどうなのかトリュフォーに示してほしかった。 それにしてもネストール・アルメンドロスによる映像美は見事というほかない。 幻想的なまでに美しい。 いかにもフランス映画的な美しさに満ち溢れた作品だ。 やはりネストール・アルメンドロスというカメラマンは、美しいフランス映画に欠くことのできないない存在である。


c0073737_19231290.jpg『風の中の牝鶏』(1948/日本)
【監督】小津安二郎
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_19254586.jpg『ピクニック』(1936/フランス)
【監督】ジャン・ルノワール
★★★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_19264439.jpg『ステキな彼女』(1980/台湾)
【監督】ホウ・シャオシェン
★★★
ホウ・シャオシェン監督のデビュー作らしく、非常に素直で観やすい作品となっている。 後のホウ監督の作風とは全く違うので、「これが本当にホウ監督の作品なのか?!」と思ってしまった程だ。 ただし、とにかく古臭いし、野暮ったい。 特に音楽センスが抜群に悪い。 ヒロインの女性も可愛いとは言いがたい。 話も奇をてらったものが一切なく、面白味に欠ける。 しかし、全体的に爽やかな風が吹いており、不快感は全くない。 そこが唯一の救いか。


c0073737_1928509.jpg『灰とダイヤモンド』(1957/ポーランド)
【監督】アンジェイ・ワイダ
★★
灰とダイヤモンドとの分かれ目。 それは、ほんの些細な運命の別れ道。 そして男女の運命的な出会い・・・ まあ、内容はともかく、退屈な作品だ。 全体的に映像が暗すぎるのも観ていて疲れる。 長く感じた。 ただし、主演の女優さんはとても綺麗だった。


c0073737_19303540.jpg『キクとイサム』(1959/日本)
【監督】今井正
★★★★
まずは、北林谷栄が40代だったというのが驚き! しかも、まだご存命とのことですし。 こりゃ、凄い! 話はやや重くて暗いものがあるが、ユーモラスな描写も多く、なかなか楽しめた。


c0073737_19314333.jpg『雲ながるる果てに』(1953/日本)
【監督】家城巳代治
★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_19331891.jpg『剣』(1964/日本)
【監督】三隅研次
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-06-19 19:34 | ◆映画関連 その他
c0073737_19501572.jpg』(1964)

上映時間: 95分
製作国: 日本
ジャンル: 時代劇

監督: 三隅研次

原作: 三島由紀夫
脚本: 舟橋和郎
撮影: 牧浦地志
音楽: 池野成




出演: 市川雷蔵/藤由紀子/川津祐介/長谷川明男/紺野ユカ/稲葉義男/河野秋武

*****************************************************
 剣の道に打ち込む剣道部主将・国分次郎(市川雷蔵)の純粋さゆえの悲劇を描いた、三島由紀夫の描き下ろし小説を映画化。『斬る』『剣鬼』と合わせて三隅研次監督が放つ「剣三部作」の第2作目。
(「DVD NAVIGATOR」より。)

 三島由紀夫の同名小説を、三隈研次監督が映画化。剣に対して純粋な愛情を抱きすぎるがゆえに、悲劇を引き起こしてしまったひとりの剣士を描く。市川雷蔵ほか出演の「剣」シリーズの2作目。
(「Oricon」より。)
*****************************************************

時代劇だと思って観始めたのに、実は現代劇だったということで、完全に予想を裏切られた。

でも、私は時代劇での市川雷蔵より、現代劇での市川雷蔵の方が好きなので、私にとってこれは良い意味での裏切りだった。


c0073737_2011424.jpg本作での雷蔵の役回りは、まさに三島由紀夫の生き写しの様なキャラ。

自分が命を賭けて取り組んだものに挫折を感じたならば、死すことも厭わない。


完全にスポコンものの本作であるので、雷蔵のキャラは熱血だ。

c0073737_202082.jpgクールな役柄が多い雷蔵なのに、見事に演じきっていた。

しかも、少しも違和感がない。

禁欲主義者で、女性の誘惑に一切乗らない。
女性に乗らないのだ(失敬)。

こういうキャラを演じても、少しも違和感がないのに、女好きの好色男を演じさせても違和感なくこなす雷蔵は、まさに天才だ。

熱血で禁欲的な男と、クールで女好きの男。

c0073737_2023797.jpgこの対極的な男を、完璧に演じ分けることのできる俳優、市川雷蔵。

前にも増してファンになった。


本作は、内容はまずまずのレベルだが、雷蔵ファンなら必見の三隅作品であろう。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-06-18 20:03 | ◆映画レビュー
映画館に観に行く予定の作品(2008.6.17)
映画館に行くスケジュールをまとめてみたいと思います。

6/21(土)神保町シアター 『わかれ雲』(1951) 監督:五所平之助
6/22(日)神保町シアター 『大阪の宿』(1954) 監督:五所平之助
6/22(日)フィルムセンター 『狂った一頁』(1926) 監督:衣笠貞之助
6/29(日)神保町シアター 『手をつなぐ子等』(1948) 監督:稲垣浩
6/29(日)フィルムセンター 『十字路』(1928) 監督:衣笠貞之助
7/6(日)フィルムセンター 『女優』(1947) 監督:衣笠貞之助
7/17(木)新文芸坐 『愛人』(1953) 監督:市川崑
7/26(土)新文芸坐 『股旅』(1973) 監督:市川崑


こんな感じです。
6/22の神保町からフィルムセンターまでの移動が間に合うかどうか不安です^^;
結構、強行スケジュールです・・・
 
[PR]
by nijibabu | 2008-06-17 20:26 | ◆映画関連 その他
雲ながるる果てに
c0073737_18513910.jpg雲ながるる果てに』(1953)

製作国: 日本
ジャンル: ドラマ/戦争/青春

監督: 家城巳代治

脚本: 家城巳代治/八木保太郎/直居欽哉
撮影: 中尾駿一郎/高山弥
音楽: 芥川也寸志

出演: 鶴田浩二/木村功/高原駿雄/沼田曜一/金子信雄/岡田英次/山田五十鈴

*****************************************************
 ベストセラーとなった学徒航空兵の手記集「雲ながるる果てに」を「山下奉文」の八木保太郎、他に家城巳代治、直居欽哉が共同脚色した。松竹退社以来はじめての家城巳代治監督作品である。「岸壁」の鶴田浩二、「プーサン」の木村功、「韋駄天記者」の沼田曜一、「魚河岸の石松」の金子信雄、「ひめゆりの塔(1953)」の岡田英次、「やっさもっさ」の山岡比佐乃、「赤穂城」の山田五十鈴その他が出演している。
(「goo 映画」より。)
*****************************************************

c0073737_18521499.jpg“カミカゼ特攻隊”の特攻までの数日をドキュメンタリー・タッチで描いた本作。

戦争の悲惨に関わる史実を、忠実に描いたことに関しては賞賛に値するし、何より反戦的な訴えも見事に表現されている。

しかしながら、そもそもお国の為に命を捧げるということ、それ自体に嫌悪感を持っている私は、最後まで感情移入できなかった。

こういう悲惨な事実が戦争中にはあった。

それはよく伝わるが、個人的好みとして、感情移入しがたい戦時中の「天皇万歳」的な悪しき風潮は、観ていて不快感が募りっぱなしであった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-06-16 18:52 | ◆映画レビュー
ピクニック(1936)
c0073737_754085.jpgピクニック』(1936)

上映時間: 40分
製作国: フランス
ジャンル: ドラマ

監督: ジャン・ルノワール

助監督: ジャック・ベッケル
ルキノ・ヴィスコンティ
イヴ・アレグレ
原作: ギイ・ド・モーパッサン
脚本: ジャン・ルノワール/ギイ・ド・モーパッサン
撮影: クロード・ルノワール
音楽: ジョセフ・コズマ

出演: シルヴィア・バタイユ/ジョルジュ・ダルヌー/ジャヌ・マルカン/ジャック・ボレル/ガブリエル・フォンタン

*****************************************************
 まさに父オーギュストの絵画的世界が現出したかのような、ジャン・ルノワール珠玉の掌編。明るい陽射しにむせ返るような自然美の中、パリから田舎にピクニックにやってきた一家の大はしゃぎの一日の傍ら、秘かに紡がれる若い男女の愛をみつめる。青年と娘は小舟に乗り川を流す。水面を舐めるようなカメラの動きが娘のひらめきを伝え、微妙に揺らぐ。いつしか二人は岸に上がり、森の小鳥のさえずりを聞くうち結ばれる。娘の顔に一粒の涙が光ると、雨雲は見る間に拡がって、川面に大粒の雨がいくつもの波紋を作り、あたかも乙女の流した涙に空がもらい泣きしたかに見えた。そして、ゆっくり溶暗の後、“月曜日のように悲しい日曜日がめぐり”と字幕が出て、結局、青年とは添い遂げられなかった娘の現実が寂しく映し出されるのである。モーパッサンの小説『野あそび』を元に'36年に撮影された作品だが、あまりの出来の良さに製作のブロンベルジェが長篇に仕立て直すことを画策したものの、結局ルノワールがイタリアを経てアメリカに亡命したこともあり、10年の後、助監督だったJ・ベッケルらが再編集して完成させた。
(「allcinema」より。)
*****************************************************

戦慄するほどの映像美!


こんなにも美しくて詩的な映像は久しぶりに観た気がする。

なんという凄まじき美しさだ。


c0073737_7141725.jpg河の流れのまぶしさに目を細める。

流麗に流れる音楽に心潤う。

心地よいウグイスのさえずりに心癒される。

シルヴィア・バタイユの可憐さに息をのむ。

切ない幕切れにため息をつく。

そんなこんなな40分。


c0073737_7144812.jpg短篇ながら、個人的にジャン・ルノワール作品の中ではベスト。

一般的にルノワール作品として映像的に評価の高い『河』を遥かにしのぐ美しさだった。

うーん、こりゃ、唸るしかない。


こういう映画をもっと沢山の人に観てもらいたい!

*****************************************************

ジャック・ベッケルが10年後に完成させた作品とのこと。

ベッケルはお気に入り監督の一人なので、その点も嬉しい。

ベッケルはやっぱり凄い!




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-06-14 07:15 | ◆映画レビュー
風の中の牝鶏
c0073737_20371681.jpg風の中の牝鶏』(1948)

上映時間: 84分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: 小津安二郎

脚本: 斎藤良輔/小津安二郎
撮影: 厚田雄春
美術: 浜田辰雄
音楽: 伊藤宣二

出演: 佐野周二田中絹代/村田知英子/笠智衆/坂本武/高松栄子/水上令子/文谷千代子/長尾敏之助/中川健三/岡村文子/清水一郎/三井弘次/千代木国男/谷よしの/泉啓子/中山さかえ/中川秀人/長船フジヨ/青木放屁

*****************************************************
 この作品も「長屋紳士録」同様、戦後直後ならではの題材が基になっている。戦争で夫を亡くしたと思って再婚したり、他の男と暮らしているところに、夫が復員してきたりといった悲劇はたくさんあったようですが、この作品の主人公である妻(田中絹代)と夫(佐野周二)も、いつまでも戦争の傷跡を引っ張ることになります。お互いに愛し合っているのに、忌まわしい過去の過ちのために、昔に戻れない夫婦。田中絹代が日本映画界において、名優と称される理由がこの映画を見れば納得できるでしょう。カメラワーク等、いつもの小津作品とは違う作風なのも見所です。
(「Amazon.co.jp」より。)
*****************************************************

c0073737_20372721.jpgこの作品は小津的ではなく、むしろ溝口的な作品である。

それは主演が田中絹代だからという理由によるものではない。

内容的に溝口的なのだ。


田中絹代演じる女性は、ひたすら健気である。

夫(佐野周二)がどんなに酷い仕打ちをしようとも、「自分が悪いのです」と言う。

これは観ていて辛い。

ここまで健気だと、観ていて辛いのだ。


c0073737_2038436.jpg途中まで「何と救いようのない暗い話だろう」と思って観ていたが、終わってみれば、心にじんわりしみいる、なかなかの良作であった。

夫婦の間で、どんな問題がおきようとも、「互いをより深く愛する気持ちを持て」ば、乗り越えられる。

c0073737_20382473.jpgラストで語られる佐野周二のこのセリフが胸を打った。


「深く愛する気持ち」。

確かに夫婦がより深く理解し、末永く幸せにやっていくには大切な姿勢なのではないだろうか。


とても考えさせられる作品だった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-06-13 20:39 | ◆映画レビュー