古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
眼には眼を
c0073737_1151989.jpg眼には眼を』(1957)

上映時間: 113分
製作国: フランス/イタリア
ジャンル: サスペンス

監督: アンドレ・カイヤット

原作: ヴァエ・カッチャ
脚本: アンドレ・カイヤット/
ヴァエ・カッチャ
撮影: クリスチャン・マトラ
音楽: ピエール・ルイギ


出演: クルト・ユルゲンス/フォルコ・ルリ/パスカル・オードレ/レア・パドヴァニ

*****************************************************
 医者の誤診のため妻を亡くした男の復讐劇を、緊迫感溢れる映像でスリリングに描く。結末近く、砂漠での男と医者の心理的対決が強烈な印象を残す。
(「VIDEO INSIDER JAPAN」より。)
*****************************************************
【以下、全面ネタバレ】

ラストの俯瞰ショットにはマジでやられた。


これは凄い作品だ。

凄いというしか表現のしようがない。


冒頭で、ドクターが手を洗うシーンがある。

手を洗った後も、水をとめない。

私は思った。

「なんで水をとめないんだ?水がもったいないじゃないか。」

と。

この冒頭のシーンに、深い意味があるとは知らず、そう私は思った。


本作は、「巻き込まれ型サスペンス劇」だ。

そしてそこに復讐劇の要素も加わっている。

最愛の妻を殺された男は、復讐をする。

愛というものは、ここまで人間を狂気にする。

愛というものが、人にとってどれほど大切なものか。

それが痛烈に伝わってくる傑作だ。


細かいことを言えば、所々でリアリティを欠く部分があるにはある。

だが、それは「最愛の女性を殺された男が、復讐という想像を超えるパワーを身につけた」と解釈すれば、納得することも可能だ。


しかし、主人公のドクターだが、直接には女性を殺していない。

なんで部下である担当医が狙われずに、このドクターが復讐の的になったのか?

そこが納得いかないと言えば納得いかない。


c0073737_1153758.jpgだが、これほど面白ければ、そんなことを気にする必要はないであろう。

あー、面白かった。

本作を沢山の人に勧めたい。


あ、そうだ、水を飲んでおこう・・・




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-08-30 11:05 | ◆映画レビュー | Comments(8)
ガートルード(ゲアトルーズ)
c0073737_19494619.jpgガートルード(ゲアトルーズ)』(1964)

上映時間: 112分
製作国: デンマーク
ジャンル: ドラマ

監督: カール・テオドール・ドライエル
(カール・テオドール・ドライヤー)
Carl Theodor Dreyer

(別名表記)
(カール・T・ドライエル Carl T. Dreyer)
(カール・ドライエル Carl Dreyer)
(カール・ドライヤー Carl Dreyer)


脚本: カール・テオドール・ドライエル
撮影: ヘニング・ベンツェン

出演: ニーナ・ペンス・ローデ/ベント・ローテ/エッベ・ローデ/バール・オーウェ


*****************************************************
 ガートルードは夫との結婚に幻滅し、若きピアニストに愛を求める。しかし、恋人はあまりに若く、愛の深みなど理解しようとはしなかった…。遺作でありながら、映画表現としての若々しさを失わない名作。
(「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

c0073737_19511320.jpg小さな水玉の様な、まだら模様のモノクロ映像にまず驚いた。


そして、登場人物がそれぞれアサッテの方向を向いて会話する。

そんなダイアローグが延々と続く拷問の様な映画。


冒頭、冷え切った関係にある夫婦のダイアローグから始まる。

妙な長回しで、なんか観ていて妙な疲れが出る。

それが嫌というくらいに続いた後で、屋外のシーンへ。
c0073737_19515441.jpg

ここで一瞬ホッとするも、そこでも閉塞的な会話が続けられ、一瞬の解放感は間違いだったと気付く。

その様な息の詰まるシーンが脈々と続いていく・・・


「緊迫感」というテーマを主題に置いているんじゃないかというくらいに、緊迫感、圧迫感、閉塞感を終始感じた。

c0073737_1952135.jpg楽しさは皆無で、ひたすら目の前に広がる観たことのない映画世界に吸引されるのみ。

観ているこちらとしては、強引に受身にさせられる。


本作は決して楽しい映画ではなく、苦しい映画なのである。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-08-27 19:52 | ◆映画レビュー | Comments(0)
最近観た映画(2008.8.25)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_22435525.jpg『黄金の馬車』(1953/イタリア・フランス)
【監督】ジャン・ルノワール
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_22455095.jpg『人間魚雷回天』(1955/日本)
【監督】松林宗恵
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_2247374.jpg『踊る大捜査線 THE MOVIE』(1998/日本)
【監督】本広克行
★★
コメントの書きようがないほど、普通のテレビ映画です。


c0073737_22494268.jpg『隣りの八重ちゃん』(1934/日本)
【監督】島津保次郎
★★★
期待が大きすぎたせいか、そこまで特別なものは感じなかった。 ただし、八重ちゃんの可愛らしい嫉妬、好きな男と一緒にいる時のはしゃぎ様、とても純粋な振る舞いで、観ていて心が和んだ。 心の安らぎを得ることのできる良作だ。 それにしても助監督に豊田四郎と吉村公三郎、撮影助手に木下惠介という布陣は凄いなぁ。


c0073737_22505246.jpg『ヘッドライト』(1955/フランス)
【監督】アンリ・ヴェルヌイユ
★★★
要するに不倫の話。 個人的には嫌いなテーマだ。 しかし、雰囲気作りがとても良い。 長距離トラック運転手の寂寥感と退廃的な雰囲気が哀しく、そして巧く描かれていて見事。 最後、トラックは道に迷い、田舎の袋小路に停車する。 そこでは妊娠中絶で瀕死の女性がトラックに乗っており、ジャン・ギャバンはふらふらと家の灯りを頼りに、救急車を呼ぼうと農家に向かう。 この時の何たる侘しさよ。 絶望感に包まれながら、ジャン・ギャバンは深い夜霧の中を彷徨い歩く。 こういった雰囲気作りはフランス映画特有の魅力が感じられたが、「不倫=破滅」という、どうにもならないテーマが個人的には合わなかった。


c0073737_22531585.jpg『担え銃』(1918/アメリカ)
【監督】チャールズ・チャップリン
★★★★
戦争という重いテーマを扱いながらも、笑いと平和への願いとを絶妙に配した傑作短篇。 冒頭のガニ股行進の時点で、爆笑。 木の格好をして敵を次々にやっつけるところや、水浸しになったベッドでの寸劇は素晴らしいの一言。


c0073737_22551664.jpg『冬の光』(1962/スウェーデン)
【監督】イングマール・ベルイマン
★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-08-25 23:03 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
冬の光
c0073737_108840.jpg冬の光』(1962)

上映時間: 86分
製作国: スウェーデン
ジャンル: ドラマ

監督: イングマール・ベルイマン


脚本: イングマール・ベルイマン
撮影: スヴェン・ニクヴィスト
音楽: ヨハン・セバスチャン・バッハ



出演: グンナール・ビョルンストランド/マックス・フォン・シドー/イングリッド・チューリン/グンネル・リンドブロム/アラン・エドワール

*****************************************************
 漁村で牧師をしているトマスは、自分の信仰に自信が持てなくなっていた。ある日、神経衰弱の夫を持つ夫人が現われ、夫の悩みを取り去ってくれという。トマス自身、愛人との関係に疲れ、ありきたりな言葉でしか答えられない。やがて、その夫が自殺したという知らせが届いて・・・。
「鏡の中にある如く」に続く、巨匠 イングマール・ベルイマンが”神の存在”をテーマにした3部作の第2弾!!
(「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

c0073737_10162819.jpg非常に深淵なる宗教的作品で、観ていて苦しくなるほどだ。


主演のメガネ女優がとてもウザったく思えたが、なんとそれはイングマール・ベルイマンの意図したものだった。

それは主演の男のセリフによって解る。

c0073737_10171947.jpg「近視までもが嫌だ。」と、男は言う。

これは酷い。

だけど、観ている私もそう思った。

凡才の監督が、意図せず不快な人物を作品上に造りあげたのではなく、不快な人物をベルイマンは意図して造り上げたのだ。

やはりベルイマン監督は偉大だ。


c0073737_10174292.jpgベルイマン監督の作品は、面白いとか面白くないとかの言葉では表現できない。

ただただ凄いというしか表現の仕様がない。


ベルイマン監督の作品には、面白いと言える作品は少ないかもしれない。

むしろ陰鬱だったり陰惨だったり。

だけど、何故かクセになる深い味わいがある作品が多い。


だから私はこれからも可能な限り彼の監督作品を貪欲に観続けることだろう。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-08-24 10:18 | ◆映画レビュー | Comments(0)
映画館に観に行く予定の作品(2008.8.20)
映画館に行くスケジュールをまとめてみたいと思います。


8/21(木)新文芸坐
水俣 患者さんとその世界〈完全版〉』(1971) 監督:土本典昭

8/23(土)フィルムセンター
女優と名探偵』(1950) 監督:川島雄三
天使も夢を見る』(1951) 監督:川島雄三

8/24(日)フィルムセンター
グラマ島の誘惑』(1959) 監督:川島雄三

8/30(土)フィルムセンター
青べか物語』(1962) 監督:川島雄三

9/6(土)有楽町朝日ホール
海の沈黙』(1947) 監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
野蛮な遊戯』(1983) 監督:ジャン=クロード・ブリソー
最後の切り札』(1942) 監督:ジャック・ベッケル

9/7(日)フィルムセンター
喜劇 とんかつ一代』(1963) 監督:川島雄三

9/13(土)有楽町朝日ホール
罪の天使たち』(1943) 監督:ロベール・ブレッソン

9/13(土)ラピュタ阿佐ヶ谷
花影』(1961) 監督:川島雄三



こんな感じです。
全て貴重な作品ばかりでして、仕事をサボってでも観に行くべき作品たちばかりです。

今回も映画館間の移動がちと厳しいスケジューリングで、ケツカッチンですが、踏ん張りたいと思います(笑)。


なお、詳細情報はリンク先にございます。
ご参照下さいませ。



管理人
[PR]
by nijibabu | 2008-08-20 20:19 | ◆映画関連 その他 | Comments(9)
鈴木英夫Retrospective(於:アテネ・フランセ文化センター)
本日、東京は御茶ノ水にあるアテネ・フランセ文化センターに行ってきました!

お目当ては、鈴木英夫特集!
今日観たのが『その場所に女ありて』という作品。

これが素晴らしかった。
何がって、司葉子のクールビューティさ加減と、スーツ姿にスカート、そして腕時計が!!
うがーーー!!という感じ。

久しぶりに満足できた邦画でした。


c0073737_2048182.jpg

 
[PR]
by nijibabu | 2008-08-17 20:54 | ◆映画関連 その他 | Comments(7)
人間魚雷回天
c0073737_19511415.jpg人間魚雷回天』(1955)

上映時間: 87分
製作国: 日本
ジャンル: 戦争/ドラマ

監督: 松林宗恵

原作: 津村敏行
脚本: 須崎勝弥
撮影: 西垣六郎
音楽: 伊福部昭

出演: 岡田英次木村功津島恵子/宇津井健/高原駿雄/和田孝/沼田曜一/原保美/加藤嘉/細川俊夫/信欣三/殿山泰司/小高まさる/佃田博/坪内美子

*****************************************************
 昭和19年秋、日本海軍は特攻機と共に最期のはかない望みを秘密兵器「回天(人間魚雷)」に託した。そして、そこには50名の学徒をはじめとする若き青年将校たちがいた。本作は、彼らの悲惨な運命の記録であり、生命のギリギリの場に置かれた人間の苦悩を見事に描いた超大作。
(「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

『雲ながるる果てに』を観た後では、残念ながら同じ展開に少し飽きがきたのは事実。

しかし、凄まじいまでの反戦映画だ。

青少年諸君はこの様な反戦映画をもっと観るべき。

c0073737_2083712.jpgどんな説教や授業なんかよりも、よほど真に迫るものがある。

戦争がいかに残酷で無用なものかを、ここまでハッキリと観る者に訴えかけてくる作品はそうにない。


こういった救いようのない話は、個人的好みには合わない。

しかし、一度は観るべき作品として、皆様に推奨したい作品である。


そういった救いようのない話の中で、唯一、純粋に心打たれたのが、木村功の海辺での最後のロマンス。

これにはまいった。

あまりに哀しすぎる。

平和な時代に生まれた有り難味を、非常に実感することができた。

愛する人を大切にしたい。

生きていることの喜びをもっと堪能したい。

明日への活力をそういった意味で得ることができた。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-08-15 20:09 | ◆映画レビュー | Comments(5)
黄金の馬車
c0073737_5195267.jpg黄金の馬車』(1953)

上映時間: 103分
製作国: フランス/イタリア
ジャンル: 歴史劇/ドラマ

監督: ジャン・ルノワール

原作: プロスペル・メリメ
脚本: ジャン・ルノワール/ジャック・カークランド/レンツォ・アヴァンツォ/ジュリオ・マッキ/ジネット・ドワネル
撮影: ロドルフォ・ロンバルディ/クロード・ルノワール
音楽: アントニオ・ヴィヴァルディ

出演: アンナ・マニャーニ/オドアルド・スパダーロ/ポール・キャンベル/ダンカン・ラモント/ラルフ・トルーマン

*****************************************************
 18世紀、スペインの植民地だった南米を舞台に、イタリア人の旅芸人一座と土地の総督が織り成す人間模様。フレンチ・ノワールにイタリア喜劇を加味した傑作。
(「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

最後は素晴らしいまでの大円団。

とてもよく出来た脚本だ。

アッパレ。


c0073737_520639.jpgそれにしても、主演のアンナ・マニャーニがどうしても魅力的に見えない。

他の作品でも何度か観たことのある女優だが、どうしても魅力を感じない。


3人の男をここまで手玉に取るほどの魅力があるんだろうか。

女優としての魅力なのか?

よく解らない。

この部分が解らないと、男性として感情移入するのは難しい。

そこが個人的な本作の難点だった。


テクニカラーの映像はとても美しい。

やっぱりジャン・ルノワールという監督は、画的に見栄えのする作品を撮らせたら天才だ。


『ピクニック』のモノクロ映像も素晴らしかったが、『河』や本作の様なカラー映像も素晴らしく美しく撮る。

それが凄い。


モノクロで美しい映像が撮れる監督でも、カラー作品を撮った途端、凡庸な映像がしか撮れなくなってしまう監督が多い中、これは凄いことだ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-08-13 05:20 | ◆映画レビュー | Comments(4)
ベッケル、ブレッソンなどの幻の作品が上映決定!!
私が最も敬愛する映画監督の一人、フランスのジャック・ベッケル

ベッケル作品は今までに7本を鑑賞してきた。
しかし、これ以上はどうしても鑑賞のチャンスに恵まれなかった。
懸命にデータを集めたが、どうしてもこれ以上のベッケル作品を観ることができず、ベッケル作品は7本で終りかと、諦めかけていた今日この頃。

なんと、まだ観ぬベッケル作品の上映が決定されたではないか!!
これは、何たる喜び。
映画、特にフランス映画を掘り下げてきた私にとって、これはこれ以上ないビックニュースだ。

場所は、東京・有楽町。
つまりは銀座。
上映日は、9/6と9/14の二日間。
しかも土日という親切さ。
あーよかった。
もしこれで平日上映とかだったら、悔しくてのた打ち回っただろうに・・・(笑)


詳細はこちら


c0073737_0214447.jpg『最後の切り札』
Dernier atout

1942年/105分/35mm/白黒
監督:ジャック・ベッケル
(Jacques Becker 1906~60)




(P.S.)
あ、そうそう!ロベール・ブレッソンジャン=ピエール・メルヴィルの作品も同映画館で上映されます。
これらも絶対に観に行かなければ!!
[PR]
by nijibabu | 2008-08-11 00:23 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
最近観た映画(2008.8.8)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_0513492.jpg『川の流れに草は青々』(1982/台湾)
【監督】ホウ・シャオシェン
★★★★
内容はベタだし、最後は都合良くまとめ過ぎだし、題名通り「青臭い」内容なんですが、これがまた心がとても和む作品です。 まるで『男はつらいよ』シリーズを観ている時の様な、落ち着いた良い気分になれます。 やはりホウ監督の作品は音楽が良いです。 台湾の田舎を舞台に爽やかな人々の日常風景が映し出され、そこに爽やかな音楽がタイミング良く流れます。 ホウ監督は後に作風を変えますが、ホウ監督初期のこういった作品群もまた別の意味で良いですね。


c0073737_0522295.jpg『私は貝になりたい』(1959/日本)
【監督】橋本忍
★★★★
これは真に迫った物凄い作品だ。 日本軍の末端たる二等兵が、上官からの命令により人を殺し、その罪が問われて死刑に処せられる。 縦社会の日本軍内で、上官に逆らうことなどできようはずもない。 つまり、フランキー堺演ずる主人公は、死刑というものから逃れようもなかったわけだ。 何たる悲劇。 戦争の愚かさと残酷さを、深刻に考えさせられた。 だが、何分、後味が悪すぎる。 戦争の何たるかについて真剣に考えさせられるし、フランキー堺の名演もあって、素晴らしい作品だが、とにもかくにも後味が悪すぎる。 あー、辛い。


c0073737_054324.jpg『鏡の中にある如く』(1961/スウェーデン)
【監督】イングマール・ベルイマン
★★★
精神病が不治の病という設定になっているので、現代の感覚からするとどうも入り込みにくいですね。 精神病患者の身の回りに起る出来事や心理的葛藤を解りやすく描いていますが、それでも解りにくいのです。 最後は神という言葉が連発し、観ているこちらは段々と頭が混乱してきます。 まるで、自分も精神病患者になったかの様に・・・ ベルイマン作品としては、特別映像が綺麗な方ではなかったのが残念です。


c0073737_0552280.jpg『シシリアン』(1969/フランス)
【監督】アンリ・ヴェルヌイユ
★★★
エンニオ・モリコーネの調べが間抜けな本作。 さて、最大の見所はやはりキャスティングでしょう。 ジャン・ギャバン、アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ。 この3人が揃った時点ですごいのに、脚本にジョゼ・ジョヴァンニまで布陣する豪華さ。 しかし、キャスト・スタッフ負けしている。 どうも全体的に間延びしているし、緊迫感も中途半端。 それとジャン・ギャバンが度を超えて老けすぎ。 元々、俊敏なタイプの俳優ではないが、それにしても衰えすぎ。 セリフをしゃべるだけでかったるそうなギャバンが哀しい。 ジャック・ベッケル作品の様な鋭さもなければ、ジャン=ピエール・メルヴィル作品の様な陰鬱さもない。 アンリ・ヴェルヌイユって、どうも中途半端だなぁ。


c0073737_0564917.jpg『彼岸花』(1958/日本)
【監督】小津安二郎
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_0582218.jpg『ビルマの竪琴』(1956/日本)
【監督】市川崑
★★★★
市川崑監督の代表作に恥じない高いレベルの作品でした。 桟橋において、あの距離でかつての同志とすれ違ったなら、さすがに気付くでしょうに、ってツッコミは置いておいて、2時間たっぷり楽しめました。


c0073737_059561.jpg『雪国』(1957/日本)
【監督】豊田四郎
★★★★
岸恵子の演じた駒子。 これがどうも好みに合わない。 こういう女性は苦手。 妙に女くさすぎるというか。 しかし、それとは関係なく、豊田四郎の撮る映画は、実に「モノクロ映画」らしい叙情に溢れており、魅力は十分。 モノクロ映像による美しい雪国。 それを堪能できただけでも満足だ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-08-08 01:04 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)