古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
緑茶
c0073737_1936479.jpg緑茶』(2002)

上映時間: 89分
製作国: 中国
ジャンル: ロマンス/ドラマ

監督: チャン・ユアン

脚本: チャン・ユアン/ジン・レンシュン
撮影: クリストファー・ドイル


出演: ヴィッキー・チャオ/チアン・ウェン/ファン・リジュン/ワン・ハイジェン


*****************************************************
 孤独な男女の恋の駆け引きを描くスタイリッシュなラブ・ストーリー。ヴィッキー・チャオが内気な学生と奔放なピアニストというニ役を魅力的に演じている。緑茶で相手との相性が分かると信じる内気な性格のファンと誰とでも関係してしまう奔放な性格のランラン。顔はそっくりな二人と知り合い、心が揺れるミンリャンだったが……。(「eiga.com」より。)
*****************************************************

c0073737_19445151.jpgある女と男は見合いをした。

女は見合いを繰り返す内気な性格。
それに対し、男は見合いは初めてで、そんな内気な女性に興味を持ち、執拗にまとわりつく。

そんな矢先、男はその見合い相手の女性とそっくりなピアニストと出会い、やがて男は、この二人の女が同一人物なのでは、と疑い持つようになるが・・・

世界を股にかける名カメラマン、クリストファー・ドイルが撮影を担当し、緑茶のごとき清涼感と苦味を味わえる作品である。

*****************************************************

c0073737_23455225.jpgDVDジャケットの雰囲気や、撮影をクリストファー・ドイルが担当しているところなど、期待は大きすぎるほどに膨らんだ。

期待を十分に満たしてくれたとは言い難いものの、それでも並の作品ではなかった。

実に余韻を残すストーリーで、ドイルの映像と相まって、鮮烈な印象を残した。

この監督の他の作品も是非観てみたくなったほどだ。


c0073737_19435568.jpg主演女優のヴィッキー・チャオは、それほど好みの顔立ちではないが、実に画的に映える女優だ。

ドイルの映像とのコラボレーションは、それになり成功していたのではないだろうか。


c0073737_19454627.jpg又、特筆すべきなのが、その音楽。

ラストで流れるアップテンポな音楽には、何か胸躍るものを感じた。

終り方の余韻もなかなかで、幾度かの鑑賞にも耐え得るレベルの作品だと思われる。


c0073737_23442689.jpgストーリーは、ロマンス色よりもミステリー色の方が強く出ている為、謎かけ話が好きな人にとってはそれなり楽しめる内容だが、ムーディなロマンス劇を期待すると、少し物足りないかもしれない。



いずれにしても、本作がアジア映画ならではの魅力を放っていることは間違いないし、自分の好みど真ん中ではなかったにしても、並の作品からは決して感じられぬ空気感を、感じ取ることができた作品であった。


又、日本だとこういう作品は創れないだろうなぁ、とも思うわけで、アジア映画の良さを満喫できたという点については、十分満足のいく作品であった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2009-11-29 19:46 | ◆映画レビュー
ロベール・ブレッソンのDVD-BOXを購入!
ロベール・ブレッソンDVD-BOX「1」の方を購入した。

既に、DVD-BOX「2」の方は購入済みだったが、「1」の方も思い切って購入した。

まあはっきり言って経済的に余裕ナシなので、血を流しての購入だったが・・・^^;


注目は、「初ソフト化」と銘打たれた、『湖のランスロ』『たぶん悪魔が』の2本。

『湖のランスロ』は、カンヌ映画祭・国際批評家連盟賞受賞作品、『たぶん悪魔が』は、ベルリン国際映画祭・銀熊賞受賞作品で、それぞれ評価を受けている作品である。

ロベール・ブレッソン作品でまだ観ぬ作品があること自体が、自分にとっては新鮮な発見で、それに最近気付いて、思い切ってこのDVD-BOXを購入した次第だ。

こう思うと、ジャック・ベッケルとか、ジャン・ユスターシュとかの貴重なDVD-BOXとか発売されればいいのになぁ、と思ってしまう。

ごく一部のコアなファン向けに、多少高価でもDVD-BOXを発売すれば、それなりに儲かるとは思うのだが、なかなかこれが発売されない。


あ、そうそう!

ジャック・ベッケルの作品で、かねてから観たいと思っていた『偽れる装い』、これも単品DVDを予約した。

しかし、本当に届くんだろうか、と不安になってしまう。
貴重なDVDの場合、既に在庫ナシなのにネット上で売りに出ていることが、しばしばあるので。

まあ、余計なことは考えずに、気長に待つとしますかね(^_^)


c0073737_1253798.jpgc0073737_1254891.jpg

 
[PR]
by nijibabu | 2009-11-26 01:26 | ◆映画関連 その他
最近観た映画(2009.11.23)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23284076.jpg『たそがれ酒場』(1955/日本)
【監督】内田吐夢
★★★
酒場という閉鎖的な空間の中で、巻き起こる数々の人間ドラマ。 まさか内田吐夢監督が、この時代にこんな群像劇を撮っていたなんて、まずそれが驚きだ。 ただ、個人的には、話が散漫になりがちな群像劇はそんなに好きではないので、まずまず満足できた程度だった。


c0073737_23295325.jpg『真昼の暗黒』(1956/日本)
【監督】今井正
★★
警察の拷問による強制的自白、そして自白を主な証拠とすることにより誘発される冤罪。 それらの問題点を分かりやすく世に提示した勇気ある作品。 その社会的功績の大きさは凄まじいものがあるだろうし、それを実現させた今井正監督の勇気と心意気には感服するが、作品の面白味としてみてみると、いまいちな内容である。 なんでかと言えば、とにかく内容が固いのだ。 社会派劇は嫌いではないが、ここまで真面目に突っ走られると、観ていてどうしても飽きがきてしまう。 それに出演陣に華がない。 美しい女性が出てこない! それが大問題! 菅井一郎に山村聰当たりも辛気くさいし、飯田蝶子や左幸子もくどかった。


c0073737_2334978.jpg『パサジェルカ』(1963/ポーランド)
【監督】アンジェイ・ムンク
★★★
アンジェイ・ムンク監督の未完の遺作。 アウシュビッツ収容所における、女性看守と女性囚人との個人的関係を深く丁寧に描いている。 女性看守は、女性囚人に対して、基本的には同情の念を持っているが、それをすんなり受け入れない女性囚人に対して、時に辛く当たったりする。 まるで片想いの異性に対する接し方の様だ。 一方的な他人に対する関心は、恋愛感情に限らず、得てしてこうなりがちで、そういった人間関係の機微を感じ取ることができた。 そういう意味で、アンジェイ・ムンクの魂が込められた作品に仕上がっている。 それだけに未完で中途半端な出来具合というのが残念でならない。


c0073737_23415643.jpg『エノケンの法界坊』(1938/日本)
【監督】斎藤寅次郎
★★
『エノケンの頑張り戦術』と比べてしまうと、かなり物足りない。 エノケン独特のスピーディな動きを、ほとんど見られなかったのも残念だ。 ただ、そんな本作においても、エノケンの唄う歌は面白い! ヘタクソだが、それがまた良い。 それにしても、エノケン演じる法界坊が終盤で死んでしまうのにはびっくらこいた! だけど、そこからお化けになるくだりがどうも非現実的過ぎて・・・ コメディだから、その辺割切れば楽しめるとは思う。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-11-23 23:38 | ◆映画関連 その他
最近観た映画(2009.11.22)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_074952.jpg『雨音にきみを想う』(2005/香港)
【監督】ジョー・マ
★★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_09386.jpg『肉弾』(1968/日本)
【監督】岡本喜八
★★★
岡本喜八監督の独自のセンスが光る戦争映画。 ユーモアもあるが、それ以上にやっぱり暗い。 何故って、やっぱり戦争、それも日本の敗戦を描いた内容だからだ。 それにしてもあの死に方は、これ以上なく残酷。 まるで宇宙を永遠に彷徨う人工衛星に取り残されてしまったかの様だ。 名も無き一人特攻隊。 一瞬で散っていった「神風」や「回転」などの、名のある特攻隊の方が全然楽だと思えてしまう程の、究極の孤独死である。 合掌。


c0073737_0111220.jpg『アラン』(1934/イギリス)
【監督】ロバート・J・フラハティ
★★★
鮫を捕獲するシーンが延々と続く。 その撮影の困難さと自然の荒波の凄さに驚嘆した。 しかし、観た後に感動するには至らなかった。 「あー、この映画は撮影大変だったろうなぁ。」 「自然の前には人間は何て無力なんだろう。」 、という月並みな感想しか浮かばない。


c0073737_013272.jpg『藍色愛情 A Love of Blueness』(2000/中国)
【監督】フォ・ジェンチイ
★★★
映像の美しさは、まあそこそこ。 恋愛の映画としては、決してベタに寄り過ぎず、かといって妙ちくりんな設定を設けたりせず、バランスは取れている。 ただ、満足のレベルまではいかなかった。 主演の男はそんなにかっこよくはない。 だけど、そこそこ印象に残る。 主演の女は、それほど美人ではないし、スレンダーではあるが、少しだけ姿勢というか体のラインがよろしくない。 主演二人のレベルと、カリスマ的魅力が十分なら、もう少し感動できたかもしれない。 後半は少し話が分かりづらくなるのがネックだった。 変に話を膨らめ過ぎず、主演二人の男女間における恋愛心理的な動きをもっと丁寧に深く描いた方が良かったかも。 ラストシーンはイマイチかなぁ。 話を締めくくり、余韻を残すという点においては、少し足りない感のあるラストだった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-11-22 00:15 | ◆映画関連 その他
来週は映画館で4本鑑賞予定。
来週は、自分の中でずっと観たかった映画が連発して映画館で上映されます。
忙しいですが、これは何とも言えず楽しみです。
映画館で楽しみにしている映画を観ることのできる喜びは、映画ファンにとってかけがえのないものですよね。

さて、個人的鑑賞スケジュールです。


11/22(日)川崎市民ミュージアム
『三里塚 辺田部落』(1973/日本) 監督:小川紳介

11/23(月)川崎市民ミュージアム
『ニッポン国古屋敷村』(1982/日本) 監督:小川紳介

11/25(水)シネカノン有楽町1丁目
『ニンフ』(2009/タイ) 監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン

11/29(日)新文芸坐
『精神』(2008/日本) 監督:想田和弘


全て楽しみな作品ばかりです。
特に、小川紳介のドキュメンタリー2本は、両方ともずっと観たかった作品で、待ちに待った上映です。

11月の下旬に上映スケジュールが集中して嬉しい悲鳴ですが、有休もばっちし取ったことですし(笑)、準備万端です。


そういえば、2009年下半期鑑賞映画オールランキングの季節が近づいてきました。

今半期は、いまいちベスト10が自分的に層が薄い状態なので、これから11月、12月の1ヶ月ちょっとで、良さそうな作品を狙って観ていきたいと思っています。


管理人
にじばぶ

 
[PR]
by nijibabu | 2009-11-19 22:14 | ◆映画関連 その他
雨音にきみを想う
c0073737_22303419.jpg雨音にきみを想う』(2005)

上映時間: 102分
製作国: 香港
ジャンル: ロマンス/ドラマ/犯罪

監督/脚本: ジョー・マ

出演: フィオナ・シッディラン・クォ/チャン・コッキョン/チャン・チンユー/サミュエル・パン

****************************
 台湾ドラマ「アウトサイダー~闘魚~」で一躍ブレイクし、日本でも人気急上昇中の華流スター、ディラン・クォの映画初主演となる純愛物語。裏社会に生きる孤独な青年と不治の病に冒された女性の恋を描く。ディラン演じる青年と恋に落ちるヒロインを、香港の人気アイドル、フィオナ・シッが熱演。監督と脚本を手掛けたのは、『ファイティング・ラブ』のジョー・マ。愛や幸せに縁遠かった2人の切ない恋の行方が涙を誘う。(「シネマトゥデイ」より。)
*****************************************************

香港の街並みが実に良く出た出色のラブストーリー。

まず書きたいのは、ヒロインを演じたフィオナ・シッがかわいいこと!

まずはこれに尽きる。

c0073737_2258687.jpg


この女優、誰かに似ている気もするが、誰だかは分からない。
過去に知り合った、どこかの女性に似ているかもしれない。


c0073737_2248427.jpg誰に似ているか定かでないが、間違いなく言えることは、どこかのかわいい女のコに似ていることだ。

前髪をピンで留めているが、これが何とも愛らしい。
小柄で痩せ身の体型が何とも魅惑的。
どことなく寂しげな瞳も魅力的だ。

こんな女優が居たなんて!
c0073737_22334130.jpgそれを発見できただけでも収穫である。

ちなみに、相手方の男を演じたディラン・クォも相当なイケメンである。




話としては、それなりに見れたし、不自然や破綻している部分もない。

素直に楽しめるストーリーで、主演二人の魅力と香港の街並みの魅力を邪魔していない。


c0073737_22341754.jpgそして安易にベッドシーンが出てこないのが、これまた良い。

奥手のラブストーリーは観ていてすがすがしい気分に浸れること間違いなし!




隠れたアジアのラブストーリーの良作を発見!

アジア映画ファンは必見の掘り出しモノである。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2009-11-17 22:49 | ◆映画レビュー
ペンエーグ・ラッタナルアーン監督の新作が久々に本邦公開!!
私の最も好きな監督を一人挙げるとすれば、タイのペンエーグ・ラッタナルアーン監督である。

c0073737_00596.jpgなんと、そのペンエーグ・ラッタナルアーン監督の新作が、久々に日本で上映されるというニュースが入った。

このニュースは、大部分の映画ファンにとっては、映画界の片隅での些細な出来事でしかないだろうが、私にとっては、これ以上ないほどのビッグニュースである。


アジア映画が大好きな私であるが、アジア映画界で好きな監督を3人挙げるとすれば、『夏至』のトラン・アン・ユン監督、『恋する惑星』のウォン・カーウァイ監督、そして、『地球で最後のふたり』のペンエーグ・ラッタナルアーン監督である。


「東京フィルメックス」の企画で上映されるが、場所と時間が極めて厳しい。

2つの映画館で上映されるが、いずれも有楽町、しかも、平日の昼間と、平日レイトショーという、実にサラリーマンにとっては厳しい上映スケジェールが組まれている。

もちろん観に行くつもりではあるが、うーん、正直しんどい。
もっと、サラリーマンに気配りした上映スケジュールを組んでほしいものだ(苦笑)。

**************************************************

詳細はこちらの公式ページで確認できます。

c0073737_2340498.jpg『ニンフ』(2009)

製作国:タイ
上映時間:94分

監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン


浅野忠信主演作「地球で最後のふたり」「インビジブル・ウェーブ」を手掛けたことで日本でも知名度の高いタイ人監督ペンエーグ・ラッタナルアーンによるファンタジック・ドラマ。キャリアウーマンのメイは、すっかり冷めた関係となっているカメラマンの夫に連れられて森へキャンプに訪れる。彼女を置いて森の奥深くへと入り込んでしまった夫は、神秘的な森の中で奇妙な体験に見舞われ……。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門にて上映。(「eiga.com」より。)
 
[PR]
by nijibabu | 2009-11-12 23:34 | ◆映画関連 その他
最近観た映画(2009.11.11)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_21363288.jpg『二つのハーモニカ』(1976/日本)
【監督】神山征二郎
★★
やっと観ることができた作品なんだけど、さっぱり面白くない。 子供がメインを張っていて、周りの大人は脇役。 そんな映画は苦手。


c0073737_21381566.jpg『ひばり捕物帖 かんざし小判』(1958/日本)
【監督】沢島忠

ひばりの七変化が見所らしいが、そんなの興味ない。 パチンパチンと音がする嘘っぽいチャンバラシーンも、しらけるばかり。 あと、怒鳴ってしゃべる出演陣ばかりで、やかましい。


c0073737_21445547.jpg『約束』(1972/日本)
【監督】斎藤耕一
★★★★
映画館で鑑賞。 いかにも斎藤耕一監督らしい作品で、冷たい海の波しぶきが旅情と哀愁を誘う。 大人の女性の美しさと憂いを、美しい脚、いや失敬、体全身ににじませた岸恵子が、これまた魅力的。 若くて動きにキレのある萩原健一も面白かった。 ラストシーンはとても切ない。 おそらく会えなかったという設定だろうが、その事情を知らずに一人、公園で男を待つ女の心情って、一体どんなもんなのだろうか・・・





★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-11-11 21:45 | ◆映画関連 その他
最近観た映画(2009.11.9)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_21221250.jpg『少年期』(1951/日本)
【監督】木下惠介
★★★
戦時下に少年期を生きた主人公は、父親が反戦的ということで厳しい環境に置かれていた。 そんな中、少年なりに逞しくを生きていくという内容で、戦時下の厳しい世相を反映しながらも、そんな厳しい環境の中でもくじけず逞しく生活している庶民の姿を、ストレートに人情豊かに映し出している。 特別に面白いとは感じなかったが、木下惠介監督の作品らしい安定した内容だった。


c0073737_2124824.jpg『愛染かつら(総集編)』(1938/日本)
【監督】野村浩将
★★★
日本映画史における名作を遂に鑑賞。 愛染かつらの木になぞって送られる物語は、“愛の物語”の王道をひたすら突っ走る内容。 さっきまで悪口言っていた人が、突然良い人になったり、最後は強引にくっついたりと、とにかく強引さが目立つストーリーは、現代から観ると苦笑させられるが、その反面、予定調和がそのまま達成されるので、観ていて安心感がある。


c0073737_21251183.jpg『なつかしい風来坊』(1966/日本)
【監督】山田洋次
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_21375412.jpg『兄とその妹』(1939/日本)
【監督】島津保次郎
★★
まさに「兄と妹」とについて綴った内容で、抑揚がない。 佐分利信の演技もまた抑揚がない。 当時のサラリーマン社会も、現代と変わらない悩みや衝突があった、とうかがい知れるの貴重ではあった。


c0073737_21391373.jpg『張込み』(1958/日本)
【監督】野村芳太郎
★★★
シャープなモノクロ映像に、夏の暑苦しさがリアルに伝わってくる描写はなかなかのものだが、いかんせん、大木実と宮口精二という二枚看板が地味すぎる!




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-11-09 21:40 | ◆映画関連 その他
なつかしい風来坊
c0073737_160467.jpgなつかしい風来坊』(1966)

上映時間: 90分
製作国: 日本
ジャンル: コメディ


監督: 山田洋次

脚本: 山田洋次/森崎東
撮影: 高羽哲夫
音楽: 木下忠司

出演: ハナ肇倍賞千恵子有島一郎中北千枝子/真山知子/山口崇/久里千春/犬塚弘/桜井センリ/武智豊子/松村達雄

*****************************************************
 衛生局の防疫課課長・早乙女は、家庭でも妻や娘に相手にされないサエない中年。ある日通勤電車で出会った土方の源さんの粗野なパワーに惹かれ、二人の間に友情が芽ばえる。源さんをハナ肇が、早乙女を有島が好演。山田喜劇の頂点の一つ。
(「eiga.com」より。)
*****************************************************

c0073737_1664297.jpg山田洋次監督の職人技炸裂。

実に痛快な作品だが、それでいて人生の悲哀も感じられる。

山田洋次監督の書く映画は、実にバランスが取れている。



ただし、山田洋次監督は数々の佳作を生み出しているが、その中にあって本作が突出しているとは思わない。

卒なく楽しめるレベルだ。


c0073737_166293.jpgハナ肇はパワフルでがさつな男を演じているが、その一方で女性に弱かったりもして、まるで寅さんをみているかの様である。

倍賞千恵子も若々しく、実に可憐。

名脇役女優の中北千枝子も、どこにでも居そうな主婦を自然に演じていて見事だった。


c0073737_1661623.jpgでもやっぱり、主人公を演じた有島一郎だろう。

うだつのあがらない平凡な公務員を演じているが、これが見事にツボにはまっていたし、ハナ肇が現れてから生気を取り戻したかの様にはしゃぐところなんか、実にうまかった。


それにしても、山田洋次監督の作品って、宝の山だなぁ。

まだもっと良い作品があるような気がして、探して観てみるのが楽しみだ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2009-11-08 16:06 | ◆映画レビュー