古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
最近観た映画(2010.6.30)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_0425265.jpg『練習曲』(2007/台湾)
【監督】チェン・ホァイエン
★★
ホウ・シャオシェン監督の『憂鬱な楽園』でアジアの映像美を撮ってみせたチェン・ホァイエンが、監督業に進出し自らメガホンをとった上に、脚本と撮影までこなした作品。 これがどんな出来栄えになったかと期待して観たのだが、内容はかなり薄く、不発。 意味もなく耳が聴こえない設定の青年が、自転車で台湾を一周するというロード・ムービースタイルの作品だが、設定の割に面白くない。 やはりこういったロードムービーは、行く先々での様々な人々の出会い、それに関するエピソードが充実していないと厳しい。 青年がただ自転車で台湾を一周するだけのお粗末な内容には、大分がっかりした。 貴重でいて秀でたアジア映画を一斉にDVDでシリーズ発売した「珠玉のアジアン・ライブラリー」シリーズだが、面白い作品が目白押しの中、本作は残念ながら最下位に位置する作品だった。


c0073737_0425265.jpg『ビバ!監督人生!!』(2007/台湾)
【監督】ニウ・チェンザー
★★★★
数々の映画賞を受賞し、2008年上半期台湾の興行収入第1位を獲得した作品だけあって、大いに楽しめた。 内容的には、“台湾版「監督・ばんざい!」”と言われているように、監督自身の人生を重ね合わせた様なもので、人生の悲喜こもごもが詰まっている。 こういったアジアの良作を楽しめる機会は少ないだけに、観ることができただけも嬉しい限りである。 【追記】ラストのインタビューシーンの一番最後に出てくる女のコがあまりに可愛くて、作品自体を忘れそうになりました!




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-06-30 00:46 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2010.6.27)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_0234290.jpg『Tattoo-刺青』(2007/台湾)
【監督】ゼロ・チョウ
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_0271286.jpg『飢える魂』(1956/日本)
【監督】川島雄三
★★★
川島雄三監督作品という理由で鑑賞。 前後篇に渡る大作だが、その分、間延びした感は否めない。 ただし、安心して観ることのできる安定した人情劇・恋愛劇となっている。 南田洋子の美しさを見るにつけ、近年テレビ放映された、認知症を患った彼女の、死ぬ間際のあの痛々しい姿が恨めしい。 こんな姿を見てしまうと、長門裕之の妻であった南田洋子は、まるで本作での彼女の役柄の様に不幸であったと感じてしまいざるを得ない。 だけど、私の本名の下の名前は、長門裕之を大好きな父親が、長門裕之の名をもじって命名したものだから、まるで自分自身の名前を否定するようで、やや複雑(苦笑)。 いや、長門裕之は私生活ではダメダメだったけど、役者としては素晴らしかった、と思うことにしよう!


c0073737_0271286.jpg『続・飢える魂』(1956/日本)
【監督】川島雄三
★★★
終りまで観て、結果としては凡作かなぁ、と。 なんだか突っ走るものが感じられない。 終り方もまったくよろしくない。 三橋達也を殺すところなんか、うまく話を収めるためとはいえ、強引過ぎる。 これだけ不倫関係を散りばめて、恋愛の自由を訴えた内容なのに、最後は家庭に収まって終りってのは、納得がいかない。 大体、中年太りした轟夕起子が魅力的な未亡人に描かれている時点で、居心地がすこぶる悪い。 更には、轟夕起子に関するサブストーリーが全く不要で、このサブストーリーのせいで二作に渡る長尺になっているのが納得いかない。 南田洋子に関するエピソードのみで、普通に90分前後にまとめ、ラストは全てを捨てて恋に走る・・・ってな展開の方が流れ的に自然だし、キレが良い気がした。


c0073737_0291639.jpg『ビリディアナ』(1961/スペイン)
【監督】ルイス・ブニュエル
★★★★
カンヌ映画祭パルムドール作品。 生理的に気分の悪いシーンが何度も出てくるが、カンヌが好みそうな濃い演出と負のパワー漲る内容に圧倒された。 ビリディアナを演じたシルヴィア・ピナルという女優さんは、ブロンドが映え、とにかく美しく、それとは対照的に下賎の民たちは、色々な意味で恐ろしく醜い。 この対照的な二つの存在が交錯し、やがてはビリディアナを汚染していくという流れに、変態と名高いルイス・ブニュエルの変態たる所以をみた気がする。 終盤の“最後の晩餐”は圧倒的にやかましく不快。 しかし、それを呼び寄せたのは、美しきビリディアナ。 軽はずみな施しが、やがては惨劇を生むという流れは、まさしく「反宗教的」だ。


c0073737_0321327.jpg『チャップリンのスケート』(1916/アメリカ)
【監督】チャールズ・チャップリン
★★
チャップリンがこんなにスケートが上手いなんて! あとは何となく観ていたら何となく終わってしまったという感じ。 まだ未完成なチャップリンという印象。


c0073737_0322170.jpg『チャップリンの勇敢』(1917/アメリカ)
【監督】チャールズ・チャップリン
★★★
これはチャップリンの短編作品としては、かなり面白い部類に入るのではないだろうか。 とにかく動きまわる! この動きをただ呆然と観ているだけで楽しめてしまう。 動きだけでこれだけ楽しませるチャップリンは、やはり偉大だ。 でも、チャップリンが最後に選ぶ女性は、いつも気色が悪い女性ばかり。 太めで、白目をむいている。 たまには痩身でナチュラルな目つきの女性を選んでほしいものだ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-06-27 00:33 | ◆映画関連 その他 | Comments(11)
Tattoo-刺青
c0073737_18493871.jpgTattoo-刺青』(2007)

上映時間: 93分
製作国: 台湾
ジャンル: ドラマ


監督: ゼロ・チョウ

出演: レイニー・ヤン/イザベラ・リョン

ベルリン国際映画祭(テディ賞)

*****************************************************
c0073737_19111326.jpg 強い憧れを抱いていた年上の女性、刺青師の竹子との再会を果たしたネットアイドルの女子高生ジェイド。二人はお互いの痛みを埋めるように惹きつけられていく。台湾のアイドル レイニー・ヤン、大女優へのステップを歩み続ける香港のイザベラ・リョン主演による女と女、女と男・・・・、様々な愛の形の物語。
(「台湾シネマ・コレクション」より。)
*****************************************************

c0073737_19163978.jpg台湾映画らしからぬ透明感のある映像と起伏のあるストーリー。

いやこれは、台湾映画がよろしくないという意味ではなく、私が持っている台湾映画の特徴を裏切る内容という意味においてである。

まるで香港映画を観るような感覚で本作を鑑賞した。


c0073737_1916710.jpg主演女優のレイニー・ヤンは、本作で初めて知った女優だが、日本でもそれなりに知られている女優らしい。

確かに日本人好みのルックスで、やや小悪魔的で性格がキツそうなところも、一部のファンには受けそうである。

ただ、このレイニー・ヤンは、本作以外に映画には出演しておらず、テレビ主体の女優のようで、他の出演映画を観てみたいと思っただけに残念である。


c0073737_19104745.jpg内容的には、レズと刺青を主題にしている。

どちらも興味のないテーマだけに、それほど入り込めなかったが、飽きもしなかった。

台湾映画も、こういった香港風味の漂う作品を製作していたということが分かっただけでも、観た価値はあった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2010-06-22 19:12 | ◆映画レビュー | Comments(0)
最近観た映画(2010.6.19)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1018335.jpg『ファンボーイズ』(2008/アメリカ)
【監督】カイル・ニューマン
★★★
内容自体はくだらないアメリカ映画というレベルだが、スター・ウォーズファンが観てしまうと、あら不思議、案外楽しめてしまう。 スター・ウォーズファンなら1分間に1度は楽しめるであろう、随所に散りばめられたスター・ウォーズへのオマージュとも言える演出は、さすが本場アメリカ製作だけあって、かゆい所に手が届く細やかさ。 映画としての価値というより、スター・ウォーズファンにとっては観る価値のある作品。


c0073737_10213676.jpg『花のれん』(1959/日本)
【監督】豊田四郎
★★★★
こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_1023249.jpg『レター 僕を忘れないで』(2004/タイ)
【監督】パウーン・チャンタラシリ
★★★
都会に住むキャリアウーマンと田舎で素朴に暮らす男との、恋愛・結婚・離別までをストレートに描いた、タイ発の切ないラブ・ストーリー。 タイ映画らしい澄んだ映像美は本作でも健在。 タイの緑、風、陽射しを、映像を通して楽しむことができる点は満足。 ただし、難はラストの“子供オチ”か。 あの終わらせ方は不要だと個人的には強く感ずるところ。 男女の素晴らしき出会い、そしてその後に早かれ遅かれ必ず訪れる別れ。 それを、タイの風景を織り交ぜた美しい映像で淡々と描いてくれた方が数倍良かったように思う。 雰囲気は良かっただけに、そういった点において、非常にもったいない作品。


c0073737_10264757.jpg『結婚相談』(1965/日本)
【監督】中平康
★★★
芦川いづみ目当てで鑑賞。 ところが、これがかなりの汚れ役。 三十路女で結婚を焦るあまり、結婚相談所に出入りし、挙句には売春にまで手を染めてしまう。 更には、気のちがった男の性の相手までする。 美しさは相変わらずだったが、この役柄はちょっと残念。 話としては、そこそこ楽しめる内容。 ダークな雰囲気もあり、エロスもありと楽しめた。


c0073737_10293580.jpg『イザベラ』(2006/香港)
【監督】パン・ホーチョン
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-06-19 10:30 | ◆映画関連 その他 | Comments(8)
イザベラ
c0073737_22524233.jpgイザベラ』(2006)

上映時間: 109分
製作国: 香港
ジャンル: ドラマ

監督: パン・ホーチョン

脚本: パン・ホーチョン/デレク・ツァン/ワン・チーマン/パン・シューワイ

出演: チャップマン・トー/イザベラ・リョン/アンソニー・ウォン/デレク・ツァン/J・J・ジャー

香港電影金像奬(最優秀映画音楽賞)
ベルリン国際映画祭(銀熊最優秀音楽賞)
ポルトガル国際映画祭(オリエント・エクスプレス部門 最優秀作品賞)
ポルトガル国際映画祭(最優秀主演女優賞)


*****************************************************
c0073737_2326369.jpg マカオ返還の直前、警察官のセンは人生最悪の1日を過ごしていた。贈収賄容疑で停職処分を受けた彼は、慰めを求めてバーをさまよい、ヤンと出会う。彼の年齢のおよそ半分の若さである彼女を口説き、ベットへと誘う。しかしそこで彼を待ち受けていたのは、彼女は実の娘であるという衝撃の事実だった。彼女が同居を主張することで、センの独身人生は終わりをつげる。彼らはマカオの街を徘徊し、行方不明となったヤンの子犬を捜し歩く。しかし二人がこの関係に慣れていく中一方で、センは裁判に直面し、ヤンの身元も怪しくなっていく・・・。
 汚職にまみれた警官の前に突然現れた追憶の少女。返還前のマカオの街並みに漂う退廃とやすらぎを見事な映像美と繊細な音楽で綴った傑作。
(「シネマート」作品解説より。)
*****************************************************

c0073737_2327527.jpg冒頭からセンスの良い映像にひきこまれた。

色使いも良いし、透明感のある映像も良い。

だが、まだ荒削りの感もある。

映像センスが優れた監督のようなので、今後何作か撮っていくうちにセンスに磨きがかかり、洗練された美しいアジア映画を創りそうな予感がする。


顔はともかく、出てくる女優がどれもこれもスタイルが抜群に良く、若くて露出度も高い。

これだけでも男性諸氏なら十分に楽しめそうなレベル。


c0073737_23252112.jpg


話としては、純粋な恋愛モノではなくて、親子愛がからみ、そしてラストにはオチが待っている。

好みとしては、直球勝負のムーディな香港恋愛モノが好きなだけに、変に趣向を凝らした内容には少し不満を感じた。

これで純粋な恋愛モノだったら、更に高い点数がついたかもしれない。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2010-06-16 23:28 | ◆映画レビュー | Comments(0)
花のれん
c0073737_14234964.jpg花のれん』(1959)

上映時間: 129分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: 豊田四郎


原作: 山崎豊子
脚本: 八住利雄
撮影: 安本淳
音楽: 芥川也寸志

出演: 淡島千景/花菱アチャコ/司葉子森繁久彌石浜朗/佐分利信/乙羽信子/飯田蝶子/浪花千栄子/万代峯子

*****************************************************
 昭和初期の大阪。船場の呉服屋に嫁いだ多加は頼りない夫・吉三郎を盛り立てて奮闘するが、寄席道楽にふける夫は店をつぶしてしまう。「いっそ道楽を本業に」と、場末の寄席を買い取るが・・・。大阪女の強さと哀しさを描いた作品。全篇にわたり淡島千景の堂々たる演技を味わうことができる。
(「宝塚映画祭」作品解説より。)
*****************************************************

豊田四郎監督作品らしい重厚な作品。

戦争の焼け跡や空襲のシーンなど、かなり大掛かりな作りとなっている大作。


c0073737_14293174.jpg淡島千景と森繁久彌の前半のやりとりは、同監督の『夫婦善哉』を彷彿とさせる面白さ。

中盤は、淡島千景が金の亡者となって、大阪商人をひた走り、やがては大成功を成し遂げる。


そんな淡島千景の母親ぶりに、石浜朗演ずる息子は疑問を投げかける。

お金に何でも換算したがる母親に対し、もっと人間らしい感情と生き方を持ってほしい、と。


仕事やお金って、生活を豊かにするための手段あって、それが目的になってしまうのはいかがなものか。

そんな生き方は、目的と手段が本末転倒した間違えた生き方なのではないだろうか。


幸せな生活を送るには、もちろんお金が必要だし、それを得るためには仕事が必要なわけだが、最低限の文化的な人間らしい生活ができるお金があれば十分であって、まして、仕事が生き甲斐の人生なんてつまらない。

それがまさしく本作のテーマであって、本作のそのテーマに対するスタンスに、とても同感できた気がする。


人情劇を描かせると、頭一つ出た実力をみせる豊田四郎監督。

この監督ならではの持ち味が存分に発揮された見応えのある力作である。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2010-06-13 14:30 | ◆映画レビュー | Comments(0)
最近観た映画(2010.6.10)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23331978.jpg『毒婦高橋お伝』(1958/日本)
【監督】中川信夫
★★★
出演者に私の苦手な下膨れが多く、正直、参った。特に、“毒婦”お伝は美女という武器を使って男を翻弄する役なのだが、下膨れで横顔のアゴラインがむくんでいてどうにも魅力を感じようがなく、致命的に物語に入り込めない。だが、どうもこの作品には怪しげな雰囲気が漂っていて、それが面白い。カルト的な味わいのある日本映画である。


c0073737_2337461.jpg『欲望という名の電車』(1951/アメリカ)
【監督】エリア・カザン
★★★★
夫を自殺で亡くしたショックから、色情狂になり、幻聴・幻覚・妄想状態に陥った姉。 それをあくまで温かく包容し、味方の立場を貫き続ける妹。 乱暴ものながら、その妹である妻を愛し、あくまで家族を守りたいと思う不器用な夫。 そして、姉に翻弄され騙されるみじめな中年男。 これらの主要人物のキャラクターはそれぞれはっきりと描かれており、それが複雑で哀しい人間ドラマを盛り立てる。 姉は自分が老けて醜くなっていくのをひたすら恐れている。 これは女性だからこその心理かもしれないが、人間なんてものはやがては老いて朽ち果てて、最後には死んでいくのが当然であり、そんなことにこだわり狂気する姉は愚かだとしか思えなかった。 この作品を女性が観た場合と男性が観た場合とでは、この姉に対する感情移入の度合いが異なってくるかもしれない。


c0073737_2338899.jpg『あしたの私のつくり方』(2007/日本)
【監督】市川準
★★
成海璃子の入浴シーンと制服姿が拝めるものの、内容としては子供向けで、健全なるドラマといった趣き。 画面をニ分割にしたり、携帯電話の画面を使って台詞を表現したりと、工夫が感じられるが、むしろそんな工夫よりもドラマそのものに厚みを持たせてほしかった。品行方正過ぎる内容が市川準監督らしさといえばらしさだが、それがまた、私が市川準監督を苦手としている所以にもなっている。それにしても、このジャケット写真の成海璃子は、詐欺と思えるほどに美しい!はい、この写真で騙され、観ようと思いたったのは、何を隠そうこの私です。
c0073737_23535332.jpg




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-06-10 23:39 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2010.6.6)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23385236.jpg『ひかり』(1987/マリ・ブルキナファソ・フランス・西ドイツ)
【監督】スレイマン・シセ
★★★
初めて観る生粋のアフリカ映画。 アフリカ映画を観るという行為自体が自分にとっては新鮮の限りで、ある意味それだけで、もう満足。 内容は・・・まあ、よく分からないというのが正直なところ(笑)。 宗教がらみの表現が多く、理解は困難。 アフリカの風景・文化・民俗・風習などを観るだけで良いのかもしれないし、私にはそれくらいしか楽しむ術がない。 日本・中国・韓国・台湾・香港・タイ・ベトナム・インドネシア・マレーシア・シンガポール・フィリピン・アメリカ・フランス・イタリア・ドイツ・イギリス・オランダ・ポーランド・スウェーデン・オーストリア・スペイン・スイス・フィンランド・ベルギー・デンマーク・ロシア(ソ連)・ベルギー・モンゴル・インド・ニュージーランド・オーストラリア・ブラジル・メキシコ・キューバetc...そしてアフリカ(マリ、ブルキナファソ)と色々観てきたが、地域的には、ほとんど網羅できた気がする。 次なる未見の地域、国はどこだ?!


c0073737_23474578.jpg『婚約三羽烏』(1956/日本)
【監督】杉江敏男
★★★★
宝田明、小林桂樹、小泉博の“三羽烏”。 その3人の婚約話の顛末を面白おかしく、そして皮肉まじりに描いた恋愛喜劇。 三羽烏を翻弄するヒロインに司葉子。 そして、その脇を固めるのが、上原謙、佐分利信、佐野周二、池部良、原節子、高峰三枝子の布陣。 う~ん、実に豪華極まりない贅沢なキャスティング! ラストのオチも素晴らしく、楽しく笑って、苦笑いもできる作品。 それにしても、池部良のカメオ出演はヒドイ! 遠目にチラっと出た程度。 だけど、三羽烏を圧倒する、オーラ漂うかっこよさ! やっぱり池部良が一番好き。


c0073737_2347311.jpg『婚約三羽烏』(1937/日本)
【監督】島津保次郎
★★★
1956年のリメイク版を先に観てしまい、しかもセリフもそれとほぼ同じということで、ただ漫然と観るより他なかった。 佐野周二、上原謙、佐分利信の“三羽烏”は、実に贅沢なキャスティング。 佐分利信が本作ではまだ若い感じだが、それでもどこか迫力があり怖い。 この頃から佐分利信は、独自の悪玉・大玉オーラを発していたように思う。





★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-06-06 23:49 | ◆映画関連 その他 | Comments(3)
最近観た映画(2010.6.4)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_0233255.jpg『クレイマー、クレイマー』(1979/アメリカ)
【監督】ロバート・ベントン
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_0255049.jpg『ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』(1963/イギリス)
【監督】リチャード・レスター

これはビートルズファンのための映画であって、決して映画を広く楽しむ人の観るべき代物じゃない。 映画以下の単なるPV。 映画としてみたら駄作以外の何物でもない。 そして、ビートルズの演奏に感涙している少女が何人も映っていたが、異様に腹がたった。 アホか!と正直言いたくなった。


c0073737_0275945.jpg『やくざ坊主』(1967/日本)
【監督】安田公義
★★★
題名どおり、破天荒なやくざ坊主が大暴れ。 成田三樹夫目当てで観たが、成田三樹夫はやられ役で、勝新太郎演じるやくざ坊主の一人勝ちの内容ということで、個人的には不満。 しかし、予想以上に内容は面白く、最後まで飽きずに観ることができた。 女を寺に連れ込み、「成仏させてやる」と言って、手篭めにするくだりは笑えた。


c0073737_030071.jpg『軍旗はためく下に』(1972/日本)
【監督】深作欣二
★★★
ニューギニア戦線について描かれたドキュメンタリータッチの作品。 ニューギニア戦線で人食いがあったことは知っている事実だし、ワンパターンの日本戦争映画の域も出てはいないのだが、徹底的にニューギニア戦線について掘り下げた内容構成はなかなか見応えがあった。 左幸子は相変わらず演技が巧い。 やっぱり、日本女優史上最も演技が巧い女優だと思う。 それにしてもニューギニア戦線での人食いって、物凄くセンセーショナルに語られることが多いけど、死ぬか生きるかの戦場でそれくらいのことは普通に起きうる気がしてならない。 だって、何も食い物がなくて、餓死寸前だったら、生きるために何でもするでしょうに。 まして、戦場なんて、人間の感覚を失わせる人と人との殺し合いの場なわけだから、人が人を食したところで、さして衝撃は覚えないのだが。 そして、中村翫右衛門! あの爺さんが中村翫右衛門だったとは、後から気付いた! むぅ、見直してみると確かに中村翫右衛門なのだが、若かりし頃の面影とかっこよさがほとんどない。 この事実の方が、ニューギニア戦線の人食いより、よっぽど私には衝撃的だった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2010-06-04 00:31 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
クレイマー、クレイマー
c0073737_1910385.jpgクレイマー、クレイマー』(1979)

上映時間: 105分
製作国: アメリカ
ジャンル: ドラマ

監督: ロバート・ベントン

脚本: ロバート・ベントン
撮影: ネストール・アルメンドロス
音楽: ヘンリー・パーセル


出演: ダスティン・ホフマンメリル・ストリープ/ジャスティン・ヘンリー/ジョージ・コー/ジェーン・アレクサンダー/ハワード・ダフ/ジョベス・ウィリアムズ

アカデミー賞:作品賞、主演男優賞、助演女優賞、監督賞、脚色賞
ゴールデングローブ賞:作品賞、男優賞、助演女優賞、脚本賞
全米批評家協会賞:主演男優賞、助演女優賞、監督賞
NY批評家協会賞:作品賞、男優賞、助演女優賞
LA批評家協会賞:作品賞、男優賞、助演女優賞
ブルーリボン賞:外国作品賞
日本アカデミー賞:外国作品賞(最優秀賞)


*****************************************************
 8年目にして妻の自立心から破局を迎えた結婚生活。残された夫は幼い息子の面倒を見るのだが……。離婚と養育権という、現代アメリカが避けて通れない社会問題をハートウォームな人情劇を通して描いた80年の代表作品。ホフマン、ストリープ(助演女優賞)の他、アカデミー作品・監督・脚色賞を受賞。“フレンチ・トースト”と共に、絶対的母性を感じさせるトップ・シーンのストリープの横顔の美しさが印象深い。
(「allcinema」より。)
*****************************************************

c0073737_1936166.jpg《ネタバレ》
ダスティン・ホフマンの演技が素晴らしい。

実にいい味を出している。

フレンチトーストのくだりも良い。


しかしなんと言っても、最も味わい深かったのはラスト。

感動的な3人同居へと戻るハッピーエンドパターンか?!と半ばガッカリしながらラストシーンを見守っていたら、あらびっくり、元夫は元妻と一緒にエレベーターに乗らない。

つまりは、子供と3人の生活へ戻ることの拒否、という象徴的なラストシーンで締めくくった。

これは見事だった。


c0073737_19361467.jpgここでヘタに3人一緒になってハッピーエンドじゃなくて、ほんと良かった。

それじゃあ、ただのクソ米国映画になってしまう。

今後、この3人のそれぞれの行く末はどうなるんだろう、と考える余韻が残る素晴らしく巧い締めくくり方であった。


ただし、、ただしだ。

ダスティン・ホフマンを中心に描き、まるで悪役扱いのメリル・ストリープという構図。

そして、その全編疎かにされるメリル・ストリープが、最後は泣いておしまいというラスト。

これらには、やっぱり米国映画の、自分(本作ではダスティン・ホフマン)が正しく、相手が悪いみたいな発想というか考え方が垣間見えてしまう。

まさにアメリカという国の持つ「自分が中心、あとは悪者」みたいな発想が背後に感じられて、少しがっかりもした。


c0073737_1936351.jpg夫妻をもっと公平に客観的に描写し、それであの終り方なら、更に素晴らしかったはず。

かといって、アメリカ映画に悪モンの存在しない映画を創れと言っても、どだい無理だろうけど。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2010-06-01 19:37 | ◆映画レビュー | Comments(0)