古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
最近観た映画(2011.1.26)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1125753.jpg『セシルの歓び』(1967/フランス・イギリス)
【監督】セルジュ・ブールギニョン
★★★
もちろんお目当ては“B・B”ことブリジット・バルドー。 ローラン・テルジェフは、相変わらずイワン・レンドル似。 ブリジット・バルドーの美しさときたら素晴らしい! まさに60年代だからこその、奇跡の美しさ! はっきり言って、ブリジット・バルドーのブロンド、スタイル、美しさを堪能する目的以外では、観る価値のない作品! そんだけ、ブリジット・バルドーの魅力満載で、しかも、それ以外に見所なし!! ブリジット・バルドーに始まって、ブリジット・バルドーに終わる。 ブロンド(B)美人(B)、のブリジット・バルドー(B・B)。 究極的には、“B・B・B・B”か?! まあ、いいや。 とにかくブリジット・バルドーが美しかったから! 以上!!


c0073737_114574.jpg『密告』(1943/フランス)
【監督】アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
★★★
謎解きサスペンス作品としては磐石の内容で、さすがはアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督という感じ。 謎解き作品があまり好きではないので、そこまでハマらなかったが、それでも十分に楽しめるレベルにあり、更に、ラストの犯人と思しき人間が、二転三転する急速な展開は見事。 でもやっぱり、クルーゾーなら断然『恐怖の報酬』が好き!!


c0073737_122916.jpg『ダイヤルMを廻せ!』(1954/アメリカ)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★★
ミステリー映画が苦手、というか、頭が悪いせいか基本的に謎解きの類いは理解ができない。 鍵うんぬんのクダリでさえ理解できなかった。 晩年に、次第にミステリー色が濃くなっていったヒッチコックが残念でならない。 アメリカとヒッチコックとの相性の悪さも再確認できた作品だが、雰囲気はヒッチコックにしか出せないものを感じた。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-01-26 01:22 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
観たいけど観れない映画リスト<2011.1.22更新>
ずっと観たい観たいと思っていても、なかなか鑑賞の機会に恵まれない作品たちです。

中には、DVD録画したけどエラーでダメになった作品とか、劇場まで足を運んだのに満席で観れなかったとか、事情は様々ですが、結局観れていない作品たちです。

どうやって観ようかといくら考えても、どうにもならないので、気長に鑑賞の機会を待っている状況です。

力技で高価なDVDを購入すればカタがつくのもありますが、それは実質無理なので(苦笑)。

***************************************************
<2011.1.22更新>
思いっきり視聴困難かと思っていた作品たちでしたが、意外にも沢山消化できました!
やっぱり東京の映画館は凄い、いや凄すぎると思います。
こういう時は、やはり映画好きとして東京に住んでいる良さを感じます。

しかし、残っているのは更に鑑賞難易度が高い作品ばかりとなってしまいました・・・(2011.1.22記)


仮面/ペルソナ(イングマール・ベルイマン)
愛と殺意(ミケランジェロ・アントニオーニ)
クラスメイト(バンディット・リッタコン)
異邦人(ルキノ・ヴィスコンティ)
華やかな魔女たち(ヴィスコンティ/パゾリーニ/デ・シーカ)
花を摘む少女と虫を殺す少女(矢崎仁司)
ナッシュビル(ロバート・アルトマン)
女獄門帖 引き裂かれた尼僧(牧口雄二)
毒婦(高橋)お伝と首斬り浅(牧口雄二)
幻の殺意(沢島忠)
ざくろの色(セルゲイ・パラジャーノフ)
奇跡(カール・テオドール・ドライヤー)
霊魂の不滅(ヴィクトル・シェストレム)
七つの大罪(ロベルト・ロッセリーニ)
砂のミラージュ(アルマンド=ロブレス・ゴドイ)
ポリー・マグー お前は誰だ(ウイリアム・クライン)
生きていた男(マイケル・アンダーソン)
シュトロツェクの不思議な旅(ヴェルナー・ヘルツォーク)
砂漠のシモン(ルイス・ブニュエル)
酔っぱらった馬の時間(バフマン・ゴバディ)
腰辨頑張れ(成瀬巳喜男)
生さぬ仲(成瀬巳喜男)
君と別れて(成瀬巳喜男)
限りなき舗道(成瀬巳喜男)
上海の月(成瀬巳喜男)
勝利の日まで 藝能戰線版第二輯(成瀬巳喜男)
母は死なず(成瀬巳喜男)
白い野獣(成瀬巳喜男)
娘々廟會(芥川光蔵)
太陽の子(阿部豊)
警視庁物語全国縦断捜査(飯塚増一)
新版大岡政談(伊藤大輔)
伽倻子のために(小栗康平)
情熱の詩人啄木(熊谷久虎)
子宝騒動(斎藤寅次郎)
子供の四季(清水宏)
蜂の巣の子供たち(清水宏)
ブワナ・トシの歌(羽仁進)
歌舞伎役者片岡仁左衛門(羽田澄子)
まってました転校生!(藤井克彦)
忠臣蔵(牧野省三)
くもとちゅうりっぷ(政岡憲三)
ねむの木の詩がきこえる(宮城まり子)
あゝ野麦峠(山本薩夫)
怖がる人々(和田誠)
言えない秘密(ジェイ・チョウ)
血(ペドロ・コスタ)
夜のたわむれ(マイ・ゼッタリング)
理由なき暴行 現代性犯罪絶叫篇(若松孝二)
銀河系(足立正生)
不知火海(土本典昭)
小さな赤い花(チャン・ユアン)
ラザロ -LAZARUS-(井土紀州)
今、僕は(竹馬靖具)
盗まれた欲情(今村昌平)
↓以下、新規追加
悪の階段(鈴木英夫)
 
[PR]
by nijibabu | 2011-01-22 23:40 | ◆映画関連 その他 | Comments(23)
「浅野忠信 作品リスト」を更新(62作品目)
「浅野忠信 作品リスト」を更新しました。

今回は62作品目となる『劔岳 点の記』を追加しました。
リンク先をご参照下さいませ。


管理人
[PR]
by nijibabu | 2011-01-22 09:52 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2011.1.20)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23165375.jpg『女性上位時代』(1968/イタリア)
【監督】パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
★★★
当時24歳だったカトリーヌ・スパークが、裸体を惜しげもなくさらし、当時の日本人ヤング(ヤンキー、ではない。)を熱狂させたという作品らしい。 今観ると、音楽といいファッションといい、観ていてかなり恥ずかしくなる部分も多々見受けられるが、金髪であのプロポーションと露出度、そしてそれなりに美貌であるからして、熱狂させたというのが頷ける内容。 アイドル映画と言ってしまえばそれまでの内容だが、やはり我々日本人からすると、この60年代のイタリアやフランスの金髪女性は、理屈ぬきの魅力というか、一種の憧れを感じてしまう。 軽い気持ちで観られるファッション映画、そして少しエッチ要素もあってニンマリできるところなど、お手軽でいて、観た後に万事快調!になれる作品だ。 いやぁ~、こういうのもたまには悪くないね!


c0073737_23181776.jpg『ある歌い女の思い出』(1994/フランス・チュニジア)
【監督】ムフィーダ・トゥラートリ
★★★
日本初ソフト化のチュニジア映画ということで、それを観ることができただけでも満足。 母と同じ悲しい運命を、その娘も辿る・・・という話。 王宮内では、指導者が絶対的権力を持っていて、あらゆる面において欲望を満たすわけだが、とりわけ“性”の問題については実にダークな一面があり、それが本作の主題となっている。 江戸時代の将軍でもそうだし、北朝鮮のキンショーニチでもそうだし、オウムのポアするぞ!と言っていたデブもそうだった。 つまり、閉鎖的組織の中で、絶対的権力を持つ男の指導者は、結局、“性”の欲望を、支配下に置く女性で満たしまくる。 指導者の夜の相手を務めていた母親が、まだ幼い娘を同じ目に遭わせたくないと思い、必死に抵抗する。 立場の弱い母親が、娘を思うその気持ちが痛いくらいに伝わってきた。 しかし、単調さは否めず、ただそういった題材を普通にみせているだけの作品だった。 エキゾチックな趣きはあるので、たまに観るにはそれなりに満足できる内容。


c0073737_23214950.jpg『(修羅の極道)蛇の道』(1998/日本)
【監督】黒沢清
★★★★★
有名な作品を何本も撮った黒沢清監督だが、この作品は比較的マイナーであるにも関わらず、かなり面白かった。 黒沢清監督の作品としては、隠れた傑作と言えるだろう。 哀川翔が、とてもいい演技をしている。 控えめな中に、とてつもない狂気を孕んでいて、それが最初から最後まで持続する。 サスペンスな中にも、ミステリー的な謎解き要素もあったりで、非常に面白い。 ただ微妙に分かりづらい部分があるのも確かで、スピーディにみせるタイプの作品だけに、もう少し分かりやすく作られていたら、更に傑作度がアップしたに違いない。 人間の持つ“復讐心”。 それを題材に、ここまで緊迫感を持たせながら、最初から最後まで飽きさせることなくみせる。 自分の黒沢清監督に対するイメージ、そして哀川翔に対するイメージが、非常に良い意味でくつがえった満足感アリ。 日本映画で隠れた傑作を探している方は、必見の作品!




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-01-20 23:23 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
「浅野忠信 作品リスト」を更新(61作品目)
「浅野忠信 作品リスト」を更新しました。

今回は61作品目となる『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』を追加しました。
リンク先をご参照下さいませ。


管理人
[PR]
by nijibabu | 2011-01-17 22:15 | ◆映画関連 その他 | Comments(3)
最近観た映画(2011.1.16)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1335926.jpg『スラム砦の伝説』(1984/ソ連)
【監督】セルゲイ・パラジャーノフ

寓話めいたというか、宗教がテーマになった呪術的な内容で、パゾリーニの描く世界を想起させるが、パゾリーニの映画ほどに刺激も面白味もない。 “セルゲイ・パラジャーノフの映像魔術”とかいう謳い文句の書いてあるビデオテープをレンタルしてきたが、特に映像面での芸術的な感動も得られず。 これで未見の『ざくろの色』に対する期待度も、一気に降下した気がする。


c0073737_135257.jpg『和製喧嘩友達』(1929/日本)
【監督】小津安二郎
★★★
短い断片のフィルムだが、人間ドラマがその分ギュギュっと凝縮されている。 惚れた女のコを複雑な想いで見送る“和製喧嘩友達”の二人。 十分ストーリーは理解できるし、人生の悲喜こもごもが巧く表現されている、小津サイレントらしい逸品だ。


c0073737_1365223.jpg『アメリカの友人』(1977/フランス・西ドイツ)
【監督】ヴィム・ヴェンダース
★★★★
初期の頃に作られたヴィム・ヴェンダース作品だけあって、自分には十分楽しめた。 死を宣告された男が、目に見えない“時間”というものと闘いながら、それでいて自分では分からないうちに大きな事件へと巻き込まれていくという流れは、独特で面白い。 特に、電車内での殺しの一部始終は、手に汗握る緊張感! サスペンスとしての魅力も存分に発揮しながらも、死に直面した男の生き様を描いた人間ドラマとしての深みも加わり、現在のヴェンダースには作れないであろう、個性のある優れた作品である。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-01-16 01:38 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2011.1.13)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_0585624.jpg『シシリーの黒い霧』(1962/イタリア)
【監督】フランチェスコ・ロージ
★★
コスタ=ガヴラス辺りのシリアスな社会派劇と比べてしまうと、面白さにしても、緊迫感にしても劣る印象はぬぐえない。 それにコスタ=ガヴラスの作品には、アートとしての画的な美しさもあった。 シシリー島内での、マフィアや山賊、そしてイタリア軍部や警察などの争いを、克明に描いている。 シシリー島の雰囲気や、その歴史を知る上では意味がある作品だ。 だが逆に言えば、よっぽどシシリー島の歴史に精通していないと、理解が中途半端になる気がする。 イタリア人が観れば楽しめると思うが、日本人にはあまり合わない作品なんじゃなかろうか。


c0073737_0595689.jpg『赤軍-P.F.L.P 世界戦争宣言』(1971/日本)
【監督】若松孝二/足立正生
★★
行動こそ全てであり、「武装闘争」としつこく主張しておきながら、やたらに理屈をこねくりまわす。 これは一種の矛盾ではないだろうか。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-01-13 01:01 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2011.1.9)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_145408.jpg『バーバレラ』(1967/フランス・イタリア・アメリカ)
【監督】ロジェ・ヴァディム
★★★
ちょっとエッチな大人向けSF映画。 フランス・イタリア・アメリカ合作だからこその味わいアリ。 とにかくジェーン・フォンダが美しい。 ブロンドに長い足に白い肌。 当時30歳とは思えない魅力を発している。 下らないと言ってしまえばそれまでの内容だが、体の力を抜いて観られる娯楽作として十分楽しめる。 言わば、脱力系エッチSF映画の金字塔だ。 目の保養として、金髪のエッチなおねえちゃんのコスプレを観たいなら、ハズレのない作品。 監督のロジェ・ヴァディムは、相変わらずブロンド美人を選ぶセンス、そして演出がにくいほどに上手い。 というか、単なるスケベ(笑)。


c0073737_14656100.jpg『殺人の追憶』(2003/韓国)
【監督】ポン・ジュノ
★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_1483716.jpg『ブラック・ムーン』(1975/フランス・西ドイツ)
【監督】ルイ・マル
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_1505823.jpg『囚われの女』(1968/フランス・イタリア)
【監督】アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_1535052.jpg『鶴は翔んでゆく』(1957/ソ連)
【監督】ミハイル・カトラーゾフ
★★★
戦争映画は見飽きた感があって、これもありきたりなストーリーなのだが、その描く世界観は実に真面目である。 その戦争悲劇に対する真摯な描き方に対しては、敬意を表したい。


c0073737_22548.jpg『哀戀花火』(1993/中国・香港)
【監督】ハー・ピン
★★
一昔前の中国映画の典型を見るような作品。 とにかく変に真面目っぽく、それでいて陰湿。 封建社会の内実はよく描けているとは思うが、恋愛がらみがどうも回りくどい。 出演陣の演技には熱がこもっており、見応えがあるのは救いだった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-01-09 02:03 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
囚われの女
c0073737_17251382.jpg囚われの女』(1968)

上映時間: 107分
製作国: フランス/イタリア
ジャンル: ドラマ


監督/脚本: アンリ=ジョルジュ・クルーゾー

出演: ローラン・テルジェフ
エリザベート・ウィネル



*****************************************************
 女性を完全に服従させたいと願う芸術家と、そうされることに歓びを感じる人妻が、純粋な愛を見いだしていくさまを描く。「恐怖の報酬」「娼婦マノン」などで知られる鬼才クルーゾー監督が、異常な男女の愛の姿を斬新な映像感覚で捉えたサスペンス。(「ぴあ映画生活」より。)
*****************************************************

現実世界で女を愛することから逃避しSMの世界に没頭する男と、SMの世界にひかれつつも没頭まではできず相手の男をあくまで現実的に愛そうとする女との、いびつなすれ違いを描いた偏愛的ラブロマンス。


c0073737_1723842.jpgアンリ=ジョルジュ・クルーゾーならではの、芸術的センス爆発な映像の数々。

惜しげもなく、というよりも、むしろ「これでもか!」と言わんばかりの映像の数々に、アンリ=ジョルジュ・クルーゾーの一種、自己陶酔的なものを感じた。


c0073737_1726216.jpgエリザベート・ウィネルという女優は初めて知ったが、とても魅力的な女優だ。

エリザベート・ウィネルが着こなすグリーンやレッドのワンピース、そしてそこから伸びる肉感的で美しい脚、画面に映えるブロンドヘアー、魅力的な瞳。

c0073737_1726431.jpgそれをこれだけ美しく捉えたアンリ=ジョルジュ・クルーゾーには、表面的な芸術的センスだけでなく、美しい女性を魅力的に撮るという、監督しての基本的な技量も同時に感じた。


c0073737_17271987.jpg話としては、SM的倒錯世界をテーマにしているが、本作で描かれるSMは、主人と奴隷という主従関係に重きを置いたものとなっている。

SMには詳しくはないが、これぞまさにSMの原点的な悦楽の世界なのではないだろうか。

女を服従させることで悦びを感じる男と、恥じらいながらもそれに服従することで悦びを感じる女との関係。

なんて完璧な相互依存関係なんだろう。

そこには、外界とは遮断された、二人だけの禁断の世界が広がっている。


だが、不幸なことに、本作のエリザベート・ウィネルが演じた女は、この世界に没頭することができず、ご主人様をご主人様として愛することができずに、普通の男として愛そうとする。

c0073737_17273891.jpgそれを受け入れられない相手の男だが、心のどこかで純粋にその女を愛していると自覚してはいる。

男はその葛藤に悩まされ、自殺さえ考える。

だが結局、女を女として受け入れることがその男はできなかった。


その結果生まれた悲劇が、ラストの事故シーン。

全身ギプスで昏睡状態のエリザベート・ウィネルが、実に痛々しく哀しい。


アートな雰囲気を全面に出しつつ、こうした人間ドラマも深く掘り下げられた作品で、監督であるアンリ=ジョルジュ・クルーゾーの類い稀な才能を堪能することができ、本作は色んな意味で魅力あふれる作品だ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-01-03 17:27 | ◆映画レビュー | Comments(0)
明けましておめでとうございます!
新年、明けましておめでとうございます!

最近、映画を鑑賞するペースが落ちる中、それに伴ない、当ブログで記事をアップするペースも落ちております。

生活環境が変化していく中で、ハイペースで映画を観続けていくことは非常に困難です。

しかしながら、それでも敢えて、今年は映画鑑賞のペースを再度上げていくことを、ここに誓いたいと思います。

是非、これからも当ブログを宜しくお願い致します<m(__)m>


管理人
にじばぶ
[PR]
by nijibabu | 2011-01-03 17:03 | Comments(6)