古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
運動靴と赤い金魚
c0073737_22385126.jpg運動靴と赤い金魚』(1997)

上映時間: 88分
製作国: イラン
ジャンル: ドラマ

監督: マジッド・マジディ
脚本: マジッド・マジディ
撮影: パービズ・マレクザデー

出演: ミル=ファロク・ハシェミアン/バハレ・セッデキ/アミル・ナジ

◆モントリオール国際映画祭(グランプリ・観客賞・国際カトリック協会賞・国際批評家連盟賞)
◆ニューポート映画祭(最優秀外国映画賞)
◆シンガポール国際映画祭(最優秀アジア映画賞)


*****************************************************
c0073737_2248171.jpg 少年アリは修理してもらったばかりの、妹ザーラの靴を買い物の途中でうっかり失くしてしまう。親にも言えず、兄の靴一足しかない兄妹は、それを共有することに。妹がまずアリの運動靴を履いて登校。下校途中で待ちあわせて、今度はアリが履いて登校するという具合。そんなある日、小学生のマラソン大会が行われることに。3等の賞品はなんと運動靴。アリは妹のために3等になろうと必死に走るのだった……。健気で一生懸命な兄妹の姿を描きアカデミー外国語映画賞にノミネートされた感動ドラマ。(「allcinema」より。)
*****************************************************

イランの市井の人々の暮らしぶりと、人間同士の交流の温かさが心に沁みる逸品。


c0073737_22502930.jpg少年の表情と涙にやられた。

そして、その少年の涙に私と同じくやられ、規則を曲げて特別にマラソンのタイムトライアルをしてあげる教師。

この下りも暖かみがあって秀逸なるシーンだ。


c0073737_22504936.jpg兄妹同士の数々の、心の通じたやりとりも印象的だった。

妹の靴をなくしてしまったことで、必死にそれを取り戻そうとする兄。

ただ靴を取り戻す、たったこれだけのことが兄にとっては一大事であり、その為に死力を尽くす。


c0073737_2254931.jpgそして最後のマラソン大会のシーン。

3着商品が靴であった為、過って1着になってしまったことを少しも喜ぼうとしない兄。

そんな失敗を、妹に申し訳なくて話せない兄。

こんな兄と妹との心の交流が、申し分なく素晴らしく描かれている。


まさにイランが生んだ類い稀なる傑作と呼べる内容で、スキが見当たらない。

イランの町風景の映し方、人々の心温まるエピソードの数々、そしてこのラストの締め方、全てが高いレベルにある人間ドラマだった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-03-31 22:58 | ◆映画レビュー | Comments(4)
最近観た映画(2011.3.27)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_4132371.jpg『四季』(1969/ソ連)
【監督】イワン・イワノフ・ワノ
★★
本作は、ユーリ・ノルシュテインがアニメーション監督として参加した作品。無言劇で、一切セリフがない。 ユーモラスでいて幻想的なユーリ・ノルシュテイン作品とは異なり、本作はただひたすら芸術作品的なアニメーションである。 セリフがない分、あの愛くるしい登場人物たちの声を聞けないのが残念! 四季折々の景色の中を、流れるように進んでいく展開は、確かに美しいことは美しいが、ノルシュテインのユーモラスさと独特の寂寥感みたいなものが感じられないのは少々不満かなぁ。


c0073737_4152011.jpg『まってました転校生!』(1985/日本)
【監督】藤井克彦
★★★
転校生がやってきて、次第にクラスに打ち解け、やがて仲間として認識される。 そんな少年時代の懐かしき様子を、恥ずかしいくらいに真っ直ぐに描いた児童映画。 ちなみに、監督ご本人がシアター内におり、そのすぐ後ろで鑑賞した。 監督のハゲ頭が気になったせいか、特別な感慨をおぼえられず、何だか申し訳ない気持ちにさえなってしまった。 もっと素直に感動すべきなんだろうけど、自分の少年時代と比べてみて、共感できる部分が少なかった。 というか、それ以前に、私にとっては真面目すぎる児童映画だった。 PTAの方か、真面目すぎる方にオススメしたい作品。


c0073737_4164944.jpg『女が階段を上る時』(1960/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_4334491.jpg『ピノイ・サンデー』(2009/台湾・日本・フィリピン・フランス)
【監督】ウィ・ディン・ホー
★★★★
フィリピン・台湾合作映画。 生粋のアジアンテイスト全開! ストーリーは何てことないし、支離滅裂な部分も感じられる。 しかし、アジアの香りが画面いっぱいから感じられるのが良い、いや、それだけで観る価値がある。 中盤のメインとなる、赤いソファーを運ぶ珍道中のエピソードは少し長かったかなぁ。 前半と終盤の人間模様をもっとメインに据えて、ドラマ仕立てにしてくれれば、もっともっと面白いアジアン映画になったかも。 もし逆に、赤いソファーを運ぶくだりをメインに見せたいのなら、最初から最後まで赤いソファーを運ぶことを題材にしたロードムービー色豊かな作品にしてしまうとかもありだったようにも思う。 その辺の完成度とか、構成のゆるい感じが、逆に言えばこのアジア映画の魅力だったりするのかもしれないが。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-03-27 04:25 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
女が階段を上る時
c0073737_1531059.jpg女が階段を上る時』(1960)

上映時間: 111分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: 成瀬巳喜男

脚本: 菊島隆三
撮影: 玉井正夫
美術: 中古智
音楽: 黛敏郎

出演: 高峰秀子森雅之/団令子/仲代達矢加東大介/中村鴈治郎/小沢栄太郎/淡路恵子/山茶花究/多々良純/藤木悠/織田政雄/細川ちか子/沢村貞子/北川町子/中北千枝子/柳川慶子/横山道代/野口ふみえ/賀原夏子/東郷晴子/田島義文/瀬良明/佐田豊/本間文子/千石規子/菅井きん/園田あゆみ

*****************************************************
 夫を失い、ビルの2Fにある銀座の高級バーの雇われマダムとして働く圭子(高峰秀子)。さまざまな男女の思惑が絡み合い、すれ違って行く……。華やかな夜の銀座に集まる人々の虚実を綴った大ヒット作。
(「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

c0073737_2104176.jpgやっぱり成瀬巳喜男作品の森雅之はカッコよすぎる・・・究極のダンディズムだ!






さて、脚本に成瀬巳喜男が参画せず、あとはお馴染みのキャストとスタッフで作られた、微妙な異色作。

そこの辺りの影響は、ほんの少しだが出ていたようにも思う。


全体的に漂う退廃的なムードは、一見、その他の成瀬巳喜男作品と同じようにも感じられるが、人間と人間との交錯の深さがやや浅かった気がしなくもない。


c0073737_2113310.jpg成瀬巳喜男作品と言えば、切っても切れない男女の仲、深いつながりみたいなものを感じさせる作品が多いが、本作は沢山の人間が交錯するものの、それ以上の深みがない。

別につまらないわけではないが、作品に引っぱられ、のめり込む吸引力が少し劣る気がした。

その影響か、最初から最後まで淡々とし過ぎた感は否めない。


一方で、高峰秀子のラストの笑顔。

これはとても印象的だった。

“真冬を耐え忍び、春の芽をじっと育てる銀座の街路樹のように”、きっとまた復活するに違いない笑顔を、彼女は最後に見せてくれた。


c0073737_2114527.jpg当時の銀座の風景描写も印象的だった。

現在の銀座と言えば、一流外国ブランドのビルが建ち並び、路地裏もそれほどの淫靡さを感じさせない。

どんどん綺麗になり、浄化作戦とやらで変わっていく東京の風景。

そんな郷愁も、本作を観て感じずにはいられなかった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-03-23 02:12 | ◆映画レビュー | Comments(4)
最近観た映画(2011.3.19)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_0525435.jpg『夜の大捜査線』(1967/アメリカ)
【監督】ノーマン・ジュイソン
★★★
都会の刑事と、所轄内におけるその所轄警察官との力関係に興味をそそられた。 話の内容に関してはそれなりに理解できたが、うまく犯人が見つかりすぎという印象はぬぐえない。 しかも、都合よく犯人の目星が二転三転し過ぎ。 その分、二時間ドラマを観るような飽きにくさと、卒のない面白さは感じられた。 黒人を刑事を演じたシドニー・ポワチエは、地味ながら確かな実力を感じさせた。 警察署長役のロッド・スタイガーの演技も負けず劣らずに良い。 二人の確かな演技が土台にある、安定感を感じる作品でもあった。


c0073737_0535295.jpg『遠くの空に消えた』(2007/日本)
【監督】行定勲

よくぞここまで器用に「ヒット作っぽい失敗作」を創ったなぁ、という印象。 行定勲というヒットメーカーが、ヒットしそうな感じで時間たっぷりに創ってみたけど、実際は観客からすると、ただ時間を浪費するだけの薄っぺらい作品になっていた、というオチ。 それ以前に、主要キャストの面々が、個人的にあまり好きでないメンツで固められていたのが致命傷だった。 数少ない本作のプラスポイントは、ほんの少しだがノスタルジックな気分に浸れたのと、Coccoのエンディングソング「甘い香り」が良かったところかな。 器用な監督の失敗作って、こんな感じなのかな、と妙に納得してしまった次第。


c0073737_0543856.jpg『霧につつまれたハリネズミ』(1975/ソ連)
【監督】ユーリー・ノルシュテイン
★★★★
ストーリーをメインに主張するのではなく、あくまでアニメーションとしての特徴を活かし、幻想的な映像を全面に押し出して表現しているのが素晴らしい! ハリネズミの表情や声色が、これまた愛嬌とミステリアスな雰囲気を醸していて、味わい深い。 本作で立ち込めるその幻想的な霧たるや、アニメ版『雨月物語』と評したい。


c0073737_0593493.jpg『愛しの青いワニ』(1966/ソ連)
【監督】ワジム・クルチェフスキー
★★★
監督デビュー前のユーリ・ノルシュテインが、アニメーターとして参加した作品らしい。 作品全体の雰囲気は、ユーリ・ノルシュテインの監督作品と似ている。 だけど、何だか切ない気持ちというか、侘しささえもおぼえる後味。 コーヒーの苦味の様な、まさに大人の香り漂うアニメだ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-03-19 01:01 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2011.3.13)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_2253403.jpg『スパルタカス』(1960/アメリカ)
【監督】スタンリー・キューブリック
★★★
奴隷解放者を善、帝政ローマを悪とする、勧善懲悪なお話。 そしてスケールの大きい映像と音楽、沢山のエキストラ。 まさにアメリカ映画の極みである。 話の中身としては、3時間半という長い尺のわりには薄い。 要するに、善人たる奴隷解放運動者たちが頑張るが、結局、既得権益を持った権力者たちに封じ込められてしまうという流れで、面白くもなければ、かといってつまらないわけでもなく、ただ「長い」という印象ばかりが残った。 あ、あと、ヒロインが特に美しくないというのも印象に残った。


c0073737_22574139.jpg『キツネとウサギ』(1973/ソ連)
【監督】ユーリー・ノルシュテイン
★★★
紙芝居を観るような面白さ! ほんわかとした気持ちになれるラストが良い。


c0073737_2259661.jpg『アオサギとツル』(1974/ソ連)
【監督】ユーリー・ノルシュテイン
★★★
切ないねぇ~。 男女のすれ違いの話。 素直になれない、嫌いになれない。 色恋はタイミングが全ての鍵を握っている。 ラストも、ほろ苦く切ない。 だけど、こんなことを延々とかけ合っている相手が居るだけでマシなのかも! 真の孤独よりはマシなんじゃないかな?


c0073737_2304846.jpg『トゥルー・ヌーン』(2009/タジキスタン)
【監督】ノシール・サイードフ
★★★
初めて観るタジキスタン映画。 変に気取ったり捻りすぎたりするところがなく、真っ直ぐな映画作りの姿勢に感心させられた。 話としては、やや物足りなさも感じるが、婚礼という儀式の重要性を思わせる丁寧な描写が、とても印象的であった。 最後で、地雷の犠牲になるところは評価の分かれどころかもしれない。


c0073737_2373256.jpg『女王蜂と大学の竜』(1960/日本)
【監督】石井輝男
★★★
石井輝男、吉田輝雄コンビによるお馴染みの新東宝映画。 今回は、アラカンがアカンかった。 元々苦手な俳優だが、どうにも演技としゃべりが好きになれない。 おまけに、三原葉子のグラマーぶりも苦手(笑)。 路線というか、作品自体に関して言えば、石井輝男のエネルギッシュさと新東宝の良い意味でのチープさが出ていて、大いに好きなタイプの作品。 吉田輝雄が暴れん坊的なキャラ設定だったのだが、このキャラ設定も合っているとは思えず。 吉田輝雄と言えば、“異常性愛シリーズ”の数々の作品で魅せてくれた、あの妙ちくりんな真面目演技が、個人的には大好きだ。 石井監督の創り出す、ふざけた作品設定の中にあって、浮きに浮きまくった“あまりに真面目すぎる空気読めない男”的なキャラの吉田輝雄を、私はもっと観てみたい!




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-03-13 23:08 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
最近観た映画(2011.3.9)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_21272693.jpg『アウトレイジ』(2010/日本)
【監督】北野武
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_21285443.jpg『スイートリトルライズ』(2010/日本)
【監督】矢崎仁司
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_21324749.jpg『女獄門帖 引き裂かれた尼僧』(1977/日本)
【監督】牧口雄二
★★★★
待ちに待って、ラピュタ阿佐ヶ谷にて鑑賞成功。 いきなりネタバレなのだが、「引き裂かれた尼僧」なんて、結局最後まで出てこねーじゃねぇかバカヤロウ!って感じ(笑)。 だって、実際、誰も引き裂かれてないし。 エロ・グロ・ナンセンスを、とことん突き詰めた内容で、グロいシーンなのに、ゲラゲラと笑えてしまうところなんか、まさに石井輝男テイストを感じた。 ここだけの話、あの少女に一番ゾクっときてしまった、、ヤバイ・・・


c0073737_22494116.jpg『獣人』(1938/フランス)
【監督】ジャン・ルノワール
★★★
ジャン・ルノワール監督にジャン・ギャバン主演という黄金の組み合わせ。 はっきり言って、この組み合わせで駄作なんてことは有り得ないんだけど、少し淡々と進み過ぎの感はあった。 だけど、やっぱりギャバンの存在感は凄い! スーツを着させても、作業着を着させても、いずれも似合ってしまうから凄い! 最後はこの時代のフランス映画らしい、哀愁にみちた終わらせ方。 むやみなハッピーエンドまみれのハリウッド映画より、断然マシだ。 それにしても、汽車が疾走し、それを汽車の上から捉えた映像は、迫力十分だ。 線路がカーブし、トンネルに入ってトンネルを抜け、鉄橋を渡る。 幼い頃に、電車の先頭車両に乗って、流れていく景色を見て楽しんでいた頃の、それと同じ興奮を味わうことができた。


c0073737_22505739.jpg『女たちは二度遊ぶ』(2010/日本)
【監督】行定勲
★★★★
この手のオムニバス映画は好きで、ツタヤとかで発見してしまうと、何も下調べもせずレンタルしてしまう。 当たりハズレも多いのが、この手のオムニバス映画の特徴で、それが何だかスリルだったりするわけで・・・ さて、ラブストーリーというくくりで、5本の短篇映画が収録されている。 その中で印象に残った作品が、相武紗季・柏原崇主演の「どしゃぶりの女」と、長谷川京子・ユースケ・サンタマリア主演の「つまらない女」の二つ。 「どしゃぶりの女」は、主演二人の人物造形が秀逸。 最後まで性格を掴みきれない面白さがある。 「つまらない女」は、ユースケ・サンタマリアの素に近い演技が功を奏した作品。 彼の人間臭さが、良い方向に出た面白い作品。 万人にオススメはしないが、もし私と同じようなオムニバス映画好きがいたら、是非オススメしたい一本!




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-03-09 22:52 | ◆映画関連 その他 | Comments(10)
スイートリトルライズ
c0073737_11324965.jpgスイートリトルライズ』(2010)

上映時間: 117分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ/ロマンス

監督: 矢崎仁司

原作: 江國香織
脚本: 狗飼恭子
撮影: 石井勲
音楽: 妹尾武
主題歌: スガシカオ 『雨あがりの朝に』



出演: 中谷美紀大森南朋池脇千鶴/小林十市/大島優子/安藤サクラ/黒川芽以/風見章子

*****************************************************
c0073737_11512212.jpg 江國香織の同名小説を中谷美紀と大森南朋の共演で映画化した、夫婦のすれ違いをめぐる大人のラブストーリー。監督は「ストロベリーショートケイクス」の矢崎仁司。テディベア作家の瑠璃子とIT企業に勤める聡は、結婚して3年の夫婦。子どもはいないものの、恋人同士のような2人の間には穏やかな時間が流れ、幸せな結婚生活が続いているかに思われた。しかし、互いの心は少しずつすれ違いを重ね、いつしか深い溝ができていた。決して不幸ではないと自覚しながらも、満たされない心を持て余していた瑠璃子。そんな時、非売品のベアを譲ってほしいと懇願する青年・春夫が現われ、彼の実直さに心揺れる瑠璃子だったが…。 (「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

矢崎仁司監督目当てで鑑賞。


やっぱりこの監督の最近の作品は映像が素晴らしい。

何気ない映像だけど、透明感がある。

そして、どこか一歩ひいたような冷たい映像がまた良い。


c0073737_11454838.jpg中谷美紀があまり好みでないので、そもそも入り込みづらかったが、それでも大森南朋の相変わらずな疲れたクマ顔(目の下にクマがあるという意)に、なんとなく引き込まれてしまった。

まさか、テディベアの「クマ」と「クマ」顔をかけた訳じゃないだろうけど・・・

大森南朋はやっぱりオヤジ(まろあかじ)には似ていない!


中谷美紀の不倫相手を演じた俳優さんは、アップだと顔の皮膚が汚い。

こんなのと不倫する女性の気がしれない!


c0073737_11453776.jpg池脇千鶴は、妻子持ちの男を誘惑し過ぎ!

何が「先輩♪先輩♪」だ。

歳、離れ過ぎだろ!


以上は、文句や不満でなく、結局楽しめたというところのブツ切れ感想です。

c0073737_11433761.jpgやっぱり矢崎仁司監督の作品は良かった。

今まで寡作だったのが非常に残念。

あ、大島優子が、妙にエロカワでドキドキした。




最後に内容について触れるのも何なのだが、冷え切った喧嘩もロクにしない夫婦って、まさにこんな感じなんだろう。

c0073737_11442889.jpg喧嘩しない、ではなくて、正確には喧嘩できない、なんだろうけど。

夫が部屋に鍵をかけてとじこもり、一人でゲームをする。

それで寂しがる妻。

それを露骨に拒否はしないが、明らかに一人にしてくれ、と言わんばかりの夫。

非常に身をもって分かってしまうこの構図が、怖い(苦笑)。


お互いに不倫し合うけど、結局元のさやに戻る夫婦。

意外と実際こんなもんなのかもしれない。

だって、お互い過去に「この人と一生一緒に過ごしたい」と思った仲だからこそ、夫婦になったわけだから。
一時の刺激だけを求める不倫に、本当の安らぎはない。

c0073737_11493189.jpgだからこそ、良いとは言い切れないまでも、夫婦という元のさやに戻ったんだと思う。


そういう意味では、極めて現実的で、最後まで冷え切った内容で押し通された一貫性を感じた。

矢崎色というより、江國色がより濃く出た作品だったんじゃないだろうか。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-03-05 11:54 | ◆映画レビュー | Comments(0)