古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
最近観た映画(2011.4.29)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_15152991.jpg『美女と野獣』(1946/フランス・ルクセンブルグ)
【監督】ジャン・コクトー
★★★
寓話は寓話として割切って観たつもりだが、さすがに入り込むことはできなかった。 幼い頃に観ていたら、またその感じ方も大きく異なっていただろう。 まだ純粋な心を忘れていない少年少女たちに、是非観てもらいたい芸術作品の極み。


c0073737_1516352.jpg『魚からダイオキシン!!』(1992/日本)
【監督】宇崎竜童
★★★
“内田裕也が主演”ただそれだけの理由で観た。 新興宗教で名を馳せた末に謎の焼死をした景山民夫、『その男、凶暴につき』のキャラそのままで銃を乱射するビートたけし、そして今や痩せこけてしまった在りし日の田代まさし、と錚々たるメンバー(笑)。 でもそのほとんどが前半から中盤部分に登場し、後半はずっとダレ気味。 前半の過激さとスピード感、内田裕也主演映画ならではのアブナイ感じが凄く良かっただけに、この尻すぼみは残念。 軍艦島をロケ先に選んだセンスも良い。 だけど、軍艦島であんなに派手に爆発シーンをやっちゃって大丈夫だったんだろうか? もし当時、それが普通に許されていたのなら、それだけで貴重なフィルムかも。 I'm Rock'n' Roll! Shake it up Baby!! (追記) っていうか、あの内田裕也にボコられたの長渕剛本人じゃなかったの?!(笑)


c0073737_15182978.jpg『忍ぶ川』(1972/日本)
【監督】熊井啓
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_15192150.jpg『サンセット大通り』(1950/アメリカ)
【監督】ビリー・ワイルダー
★★★★
さすがの名作! 最初から最後まで退屈しない。 サスペンスにみちた雰囲気も終始損なわれず、ほんと楽しむことができた。 冒頭で主人公がプールに浮かび死んでいるところを見せておいて、その説明に入るという手順、ありがちかもしれないが、とても分かりやすい仕立てになっている。 バスター・キートン、エリッヒ・フォン・シュトロハイムが出てくるのも、映画ファンとしては、嬉しい限り。 サイレントからトーキーへ、時代の移り変わりについていけなかった元大女優。 栄光の日々が忘れられない。 それは、大成功を成し遂げ、名を馳せた人間にしか分からないであろう哀しさ。 人生の悲喜こもごもが素晴らしく巧く描かれている。 名作の名に相応しい、穴のない永遠の名作!




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-04-29 15:20 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
忍ぶ川
c0073737_22403725.jpg忍ぶ川』(1972)

上映時間: 120分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ/ロマンス

監督: 熊井啓

原作: 三浦哲郎 『忍ぶ川』 (芥川賞受賞作)
脚本: 長谷部慶次/熊井啓
撮影: 黒田清巳
美術: 木村威夫
音楽: 松村禎三

出演: 栗原小巻加藤剛/永田靖/滝花久子/可知靖之/井川比佐志/山口果林/岩崎加根子/信欣三/阿部百合子/木村俊恵/滝田裕介

◆毎日映画コンクール(日本映画大賞)
◆1972年度キネマ旬報ベストテン(第1位)


*****************************************************
c0073737_2246491.jpg 芥川賞を受賞した三浦哲郎の同名小説を「サンダカン八番娼館 望郷」「海と毒薬」の社会派熊井啓監督が栗原小巻、加藤剛主演で映画化。偶然出会った男女が互いの不幸な過去を語らい合い、やがて幸せを掴むまでを丁寧に描く。料亭“忍ぶ川”で知り合った哲郎と志乃。哲郎は“忍ぶ川”の看板娘である志乃に一目惚れし、以来“忍ぶ川”に通い詰める。やがて、二人はお互いの身の上をも話し合う仲となっていく……。(「allcinema」より。)
*****************************************************

ストーリー自体は単調で、とりわけ特筆すべきものはない。

しかし、モノクロ映像がそのストーリーと世界観を巧みに増幅しており、モノクロ映像が十二分に良い影響を与えている。


単なる男女の恋愛ドラマの域にとどまらず、例えば加藤剛の兄弟たちの多くが自殺をしているという設定が、ちょっとした猟奇めいた独特の雰囲気を醸し出している。


そして実家の田舎に暮すサングラスをかけた目の不自由な姉。

この人の存在が、前半からずっと不気味に描かれているが、意外にも嫁いできた栗原小巻に優しかったり、サングラスを外して弟の加藤剛に泣きつくシーンなどで、不気味に見えた姉が、実はとても人間的で普通の優しい人だった、と分かるくだりも素晴らしい。


c0073737_22543786.jpgそれと、東京の木場や洲崎、浅草などの風景描写、東北の田舎の風景、こうしたその土地土地の描き方にも、観る者をモノクロ映像の世界に深く誘う効果を発揮している。

私は自宅で鑑賞したが、映画館で観たら、更に深くその世界の雰囲気にどっぷりと浸れたに違いない。


医学や自殺といったテーマとの絡みに、熊井啓監督ならではの個性も感じられ、ありがちな恋愛ドラマと一線を画す出来栄えである。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-04-26 22:54 | ◆映画レビュー | Comments(2)
最近観た映画(2011.4.24)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_3163173.jpg『話の話』(1979/ソ連)
【監督】ユーリー・ノルシュテイン
★★★
終始セリフは少なめで、より詩的な色合いが強く出ている中篇。 オオカミがこれまた愛嬌のある顔をしていて、それでいてどことなく哀愁が漂っている。 このオオカミが人間の赤ちゃんをあやすシーンなんか、ぐっとくるものがあった。


c0073737_3191228.jpg『25日・最初の日』(1968/ソ連)
【監督】ユーリー・ノルシュテイン
★★★
「十月革命」とやらを調べてから観ないと、何ら意味の分からない作品。 なので、世界史を全く知らない私は、「十月革命」を調べた。 そしてそれから鑑賞した。 ううむ、なかなかの国威啓発映画だ! 赤い旗がまぶしく光り、資本主義を凌駕する初の社会主義国の誕生を華々しく描いている。 ソ連が崩壊した今、それは幻となった・・・ 今となっては、なんと皮肉で物悲しさに満ちたアニメだろうか。


c0073737_321506.jpg『ケルジェネツの戦い』(1968/ソ連)
【監督】ユーリー・ノルシュテイン

色鮮やかな作品ではあったが、ノルシュテインのモノクロ作品に感じられる、あの独特の幻想的な雰囲気が感じられない。 『霧につつまれたハリネズミ』の様な不思議な空気が感じられない。


c0073737_3294331.jpg『ダメージ』(1992/イギリス・フランス)
【監督】ルイ・マル
★★★★
ルイ・マル監督の幅の広さを、また更に強く感じた。 この監督は、ほんと巧い監督だ。 どんなジャンルの映画だって撮ってしまう。 『ダメージ』という作品名に偽りはなく、もの凄いダメージを被る登場人物たち。 その中にあって、ジュリエット・ビノシュだけは普通の生活に落ち着く。 過去にダメージを負っているだけに、他の者より耐性というか、生き延びる術を会得していたのだろうか。 息子の婚約者をいくら死ぬほど好きになったからって、あかんよ!と言いたいところだが、あんなアパートを用意された日には、仕方がない! 人を不幸のどん底に落とし込む魔女と出会ったのが運のつきだ。 限りなく不可抗力的にダメージを負うかもしれない、この人生。 私も覚悟して生きよう。 あー、怖くて仕方ない!!


c0073737_3315680.jpg『ガタカ』(1997/アメリカ)
【監督】アンドリュー・ニコル
★★★
前半の近未来設定にわくわくしたが、後半の無理めな展開の連続でテンションが落ちた。 ユマ・サーマンの美しさに釘付けになった。 特に、髪をまとめている時のユマ・サーマンは、超絶に美しい。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-04-24 03:33 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
最近観た映画(2011.4.19)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_2355643.jpg『ブルース・リー/死亡遊戯』(1978/香港・アメリカ)
【監督】ロバート・クローズ
★★★
ラストのブルース・リー本人によるアクションシーンのみが見所の映画。 黒人の巨人がとにかく印象的。 カリーム・アブドゥル=ジャバーという、伝説的バスケットボール選手らしい。 身長はなんと218cm!! でも、あの動き! 異常なほどの身体能力だ。 同じく、異常なほどの身体能力を持ったブルース・リー。 この二人の激突! だからこその迫力。 この二人に言えることだが、あの速さは超人的。 二人のスピード・スターによる競演こそが、この作品の最大の見所だ。


c0073737_23564360.jpg『フォー・ルームス』(1995/アメリカ)
【監督】アリソン・アンダース/アレクサンダー・ロックウェル/ロバート・ロドリゲス/クエンティン・タランティーノ
★★★
多数の出演陣の中では、やはりマドンナがインパクト大。 アントニオ・バンデラスも怖すぎる男が見事にはまっていた。 和田誠監督の『怖がる人々』を想起させる作品だった。 タランティーノの手腕がそれほど発揮されてはおらず、凡作のオムニバス映画という印象。


c0073737_00296.jpg『ラストタンゴ・イン・パリ』(1972/フランス・イタリア)
【監督】ベルナルド・ベルトルッチ
★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_021870.jpg『サボタージュ』(1936/イギリス)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★
ヒッチコックは、政治的なテーマを扱った作品には向いてない気がする。 刑事が好きになった女性のために、殺人をごまかすというのは、少し無理がある。 愛する人のために、涙を見せながら手錠をはめる、、なら、まだ分かるが。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-04-19 00:03 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
ラストタンゴ・イン・パリ
c0073737_464162.jpgラストタンゴ・イン・パリ』(1972)

上映時間: 129分
製作国: フランス/イタリア
ジャンル: エロティック

監督: ベルナルド・ベルトルッチ
製作: アルベルト・グリマルディ
脚本: ベルナルド・ベルトルッチ/フランコ・アルカッリ
撮影: ヴィットリオ・ストラーロ
音楽: ガトー・バルビエリ

出演: マーロン・ブランドマリア・シュナイダー/ジャン=ピエール・レオ/マッシモ・ジロッティ/カトリーヌ・アレグレ/カトリーヌ・ブレイヤ/ヴェロニカ・ラザール

全米批評家協会賞 主演男優賞(マーロン・ブランド)
NY批評家協会賞 男優賞(マーロン・ブランド)


*****************************************************
c0073737_4264069.jpg アパートの一室で出会った中年の男と若い女。男は突然の衝動にかられ、女を凌辱する。そしてその行為は、女の心に深い印象を残す……。現実から離れた世界で、情欲に身をまかせる男女を描いた問題作。
 ある日、パリのアパートの空室で出会った中年の男ポールと若い女ジャンヌ。この時ポールは突然の衝動に駆られ、ジャンヌを凌辱する。そして2人は行為が終わったあと、何事もなかったように別れていった。ジャンヌには婚約者がいたが、この行為は彼女の心に深い印象を残し、またしてもその部屋を訪れることに。すると、そこにはやはりポールも姿を現わした。こうして互いに名も過去も明かさず、セックスだけの関係に浸っていく2人だが…。
(「allcinema」より。)
*****************************************************

c0073737_4242035.jpg分かった風に感想を書けば、“孤独”をめぐる愛と性のお話。

人は誰でも心の奥底に“孤独”というものを抱えている。

男と女が、ふとした偶然の機会にめぐり合った場合、本作の様な性の倒錯的な世界に溺れるやもしれない。

現実的な“孤独”という恐怖から逃れるべく、狂った様に性をむさぼるが、やがてそれも日常化してしまう。

特に、男と女の場合、それに先に気付くのは、大抵、現実的思考が一般的に強い女の方であって、男はそこに置いてきぼり。


本作での女は、“ポップな結婚生活”への階段を確実にのぼっていった。

“ポップな結婚生活”へと逃げていった、という方がより適切か。


c0073737_42842.jpg日常の“なんとなしな孤独感”を埋めようと、非日常的な世界に飛び込んでみても、結局、我々が社会という場所に属している限りは、その“なんとなしな孤独感”は解消することができない。


30歳当時に、監督のベルナルド・ベルトルッチは本作を撮ったらしいが、それなりの年齢に達していたからこそ、創ることのできた作品で、一通りの享楽を経験した男にしか描けない切なさ、虚しさみたいなものが、画面にあふれていたように思う。


c0073737_4271567.jpg一方で、下世話的に感想を書けば、腹の出た中年男が、ふとしたチャンスで、若いコの体を弄び放題、という羨ましいエッチなお話。

女の方は、男には理解しがたいくらい従順にその中年男を受け入れるのだが、それはちょっとした好奇心に過ぎず、結局必死だったのは、理屈をこねまわしていた男の方だった。

女の方は一時の好奇心だから、それに飽きてしまえば、別の場所にあっさり移動すれば良い。

だけど、一度おいしい思いをしてしまった中年男は、それこそ死にもの狂いで女を追いかけまわすが、結局、逃げられてしまう。


似たような経験、あるような無いような・・・




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-04-16 04:28 | ◆映画レビュー | Comments(0)
最近観た映画(2011.4.9)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_16531571.jpg『煙突の見える場所』(1953/日本)
【監督】五所平之助
★★★
上原謙、田中絹代、高峰秀子という布陣で、実に豪華キャスト。 内容も普通に楽しめるものだが、日本映画黄金期として考えると、普通の出来かなぁ、というのが正直な感想。 だけど、レベルが高い時代での「普通」であるからして、それでも十分楽しめる作品内容だった。


c0073737_171938.jpg『運動靴と赤い金魚』(1997/イラン)
【監督】マジッド・マジディ
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_1731997.jpg『狂った果実』(1956/日本)
【監督】中平康
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_1751192.jpg『哀愁』(1940/アメリカ)
【監督】マーヴィン・ルロイ
★★★
冒頭のシーンで、既にネタバレ全開という、キング・オブ・冒頭ネタバレ映画。 ストーリーは実に重厚で、隙がない。 その分、進行上、都合の良すぎる部分があるのが、ややマイナスか。 女性が自分の不貞に苦しみ、相手の男にそれを知らせたくないとする気持ち、解らなくもない。 だけど、本当に相手の男を信用していたら、打ち明けるべきだと、個人的には思う。 なんせ、それが本当の愛ならば、全てを包容することができるはずであろうから・・・ 少なくとも、私はそう信じたい。


c0073737_1763639.jpg『黒いオルフェ』(1959/ブラジル・フランス・イタリア)
【監督】マルセル・カミュ
★★★
この時代特有の美しいカラー映像。 狂乱の乱舞と音楽の洪水。 愛の究極の形を示したようなラスト。 どんな死に方だろうが、やはり愛する人と共に天に召す、というのが理想形なんだろうか。 それにしても、ビデオ裏ジャケの解説が、もろネタバレでひどい! 最後の結末まで書いてあったから、最後の最後まで予定調和になってしまった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-04-09 17:08 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
狂った果実
c0073737_23575258.jpg狂った果実』(1956)

上映時間: 87分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: 中平康

原作/脚本: 石原慎太郎
撮影: 峰重義
音楽: 佐藤勝/武満徹
助監督: 蔵原惟繕

c0073737_03965.jpg出演: 石原裕次郎津川雅彦/深見泰三/藤代鮎子/ハロルド・コンウェイ/岡田真澄/東谷暎子/木浦昭芳/島崎喜美男/加茂嘉久/紅沢葉子/渡規子/ピエール・モン/竹内洋子/原恵子/潮けい子/近藤宏/山田禅二/峰三平/石原慎太郎/北原三枝
*****************************************************
c0073737_002569.jpg 遊び慣れした兄と純真な弟、そして二人を翻弄する魅惑的な女――。湘南の無軌道な若者たちのひと夏を大胆に描写、その型破りな映像感覚は若きトリュフォーを熱狂させたほど。中平康の才気が随所にみなぎって今なお瑞々しい奇蹟の作。
(「ラピュタ阿佐ケ谷」作品解説より。)
*****************************************************

c0073737_062945.jpg何不自由ないボンボン達だが、これといった目的もなく、ただダラダラと夏を過ごす。

若者達の欲望の先には、結局“女”があった。


狂気を孕んだ若者達の中にあって、唯一、純な心を持った津川雅彦。

後のエロオヤジ役を演じまくった津川が、唯一、純な少年を演じたところが皮肉で面白い。


ラストシーンは鮮烈。

常軌を逸したあぶない目つきで、石原裕次郎と北原三枝の乗るヨットを、ぐるぐるとボートで迂回する津川。

c0073737_072662.jpgその目は極めて危険でうつろだ。

そして、津川はボートで二人をはね殺す。

普通に考えれば、これだけあぶない目つきで、二人をボートで無惨にもはね殺したとなると、津川が一番あぶない人間になるだろうが、実は一番人間的でまともだったのは、津川ではなかったか。


c0073737_065138.jpgやることなすこと、全てあべこべで倫理観に欠けた若者達の中にあって、その純な心を裏切られ、その怒りを殺意に代えた津川の心情こそが、一番ストレートに理解できる。


“殺す”という、社会的に一番狂気な行動をとってしまった津川が、一番同情されるべきナイーブな心を持った登場人物として描かれている辺り、単なる青春映画では片付けられない、深い内容を感じさせる名作である。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-04-04 00:08 | ◆映画レビュー | Comments(0)