古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
お葬式
c0073737_4351170.jpgお葬式』(1984)

上映時間: 124分
製作国: 日本
ジャンル: コメディ/ドラマ

監督: 伊丹十三

脚本: 伊丹十三
撮影: 前田米造
音楽: 湯浅譲二
助監督: 平山秀幸

出演: 山崎努宮本信子菅井きん大滝秀治/奥村公延/財津一郎/江戸家猫八/友里千賀子/尾藤イサオ/岸部一徳/津川雅彦/横山道代/小林薫/池内万平/西川ひかる/海老名美どり/津村隆/高瀬春奈/香川良介/藤原釜足田中春男吉川満子/加藤善博/関弘子/佐野浅夫/関山耕司/左右田一平/利重剛/井上陽水/笠智衆

◆日本アカデミー賞
作品賞/監督賞/脚本賞/最優秀主演男優賞(山崎努)/優秀主演女優賞(宮本信子)/優秀助演男優賞(財津一郎)/最優秀助演女優賞(菅井きん)
◆ブルーリボン賞 監督賞/主演男優賞(山崎努)
◆毎日映画コンクール 日本映画優秀賞/監督賞/男優主演賞(山崎努)
◆報知映画賞 作品賞/助演女優賞(菅井きん)/特別賞(宮本信子)
◆第58回(1984年)キネマ旬報ベストテン 第1位


*****************************************************
 俳優・伊丹十三の記念すべき監督デビュー作にして大ヒットを記録した傑作コメディ。突然、妻の父がなくなったことで初めてお葬式を出すことになった一家の途方に暮れるさまと、お葬式に集まった多彩な人々の生態をアイロニーを交えてユーモラスに描く。俳優の夫婦である井上佗助と雨宮千鶴子は、二人でCF撮影中に千鶴子の父の訃報を聞く。さっそく家族で父のいた別荘へ向かった佗助だったが、お葬式を出すのは初めてとあって、何もかも勝手が分からないことばかりだった……。
(「allcinema」より。)
*****************************************************

c0073737_4432352.jpgこの映画は、山崎努と宮本信子が主役の夫婦を演じているが、実質的な主役は、大滝秀治であり、菅井きんである。


他の映画では端役を演じることの多い大滝秀治と菅井きん。

この映画でも端役ではあるのだが、その見せ場が素晴らしい。

まさに熟達した役者の演技を見せてくれた。


さて本作は、表題通り『お葬式』の内容を、3日間に分けて時間軸に従って忠実に描いている。

その中で、ちょっとしたブラックユーモアが散りばめられていて、監督である伊丹十三の器用さと職人芸を堪能できる。

c0073737_443925.jpgしかし、宮本信子がやっぱり気に入らない。

監督の実際の妻だからという理由で、ここまで露出していいもんだろうか。

だって、華がないし、存在感も薄い。

そして、顔が私の好みじゃない。


お葬式の流れをかなり忠実に描いているので、一種の“お葬式マニュアル”として、特に、お葬式で挨拶をするのが苦手な人には、実用的で役に立つ作品である。


それと、晩年の藤原釜足田中春男吉川満子が出演しており、往年の日本映画ファンには嬉しいキャスティングも、本作の隠れた魅力の一つである。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-06-30 04:43 | ◆映画レビュー | Comments(0)
愛と宿命の泉 PARTⅠフロレット家のジャン/PARTⅡ泉のマノン
c0073737_912161.jpg愛と宿命の泉 PARTⅠ/フロレット家のジャン』(1986)

上映時間: 122分
製作国: フランス/イタリア
ジャンル: ドラマ

監督: クロード・ベリ

原作: マルセル・パニョル
脚本: クロード・ベリ/ジェラール・ブラッシュ
撮影: ブルーノ・ニュイッテン
音楽: ジャン=クロード・プティ

出演: イヴ・モンタンジェラール・ドパルデュー/ダニエル・オートゥイユ/マルガリータ・ロサーノ

◆英国アカデミー賞 作品賞/助演男優賞(ダニエル・オートゥイユ)/脚色賞/撮影賞
◆セザール賞 主演男優賞(ダニエル・オートゥイユ)


*****************************************************
 フランス、プロヴァンス地方の寒村。泉のある土地を所有する婦人が亡くなった事を知った農夫セザール(モンタン)とその甥ウゴラン(オートゥイユ)は、いずれ泉を手に入れられるようにその場所を埋めてしまう。やがて婦人の息子一家が街から越して来て新生活を始めるが、枯れた大地は想像以上の苦行を彼らに強いる……。厳しくも美しい自然を背景に展開される見応えある人間ドラマ。芸達者な役者の顔ぶれも素晴らしいが、このPARTIでは、ただでさえよそ者というハンデを背負っているセムシの都会人ジャンに扮したドパルデューが良い。10年後、美しく成長したジャンの娘マノンを中心に描いた続編「愛と宿命の泉 PARTII/泉のマノン」に続く。(「allcinema」より。)
*****************************************************

c0073737_9151883.jpg男の仕事にかける執念と情熱、それを理解し支える家族。

それらを豊かな自然を背景に描いたヒューマンドラマの逸品。

年齢の割には老けきったイヴ・モンタンには、かなり驚いた。

最初、どれがイヴ・モンタンなのか分からなかった程だ。


少女マノンを演じた8歳の少女が実に美しい。

大人の奮闘する様子を、静かに陰から見つめるその横顔に、純粋なる美しさを感じる。


第二部へと続いていく本作だが、続きを観たいと思わせるラストの演出も巧みだ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


c0073737_913121.jpg愛と宿命の泉 PARTⅡ/泉のマノン』(1986)

上映時間: 122分
製作国: フランス/イタリア
ジャンル: ドラマ

監督: クロード・ベリ

原作: マルセル・パニョル
脚本: クロード・ベリ/ジェラール・ブラッシュ
撮影: ブルーノ・ニュイッテン
音楽: ジャン=クロード・プティ

出演: イヴ・モンタンジェラール・ドパルデュー/ダニエル・オートゥイユ/エマニュエル・ベアール/イポリット・ジラルド

◆英国アカデミー賞 作品賞/助演男優賞(ダニエル・オートゥイユ)/脚色賞/撮影賞
◆セザール賞 主演男優賞(ダニエル・オートゥイユ)


*****************************************************
c0073737_9153123.jpg 「愛と宿命の泉」の第2部。泉を利用した花の栽培で成功したウゴラン(オートゥイユ)は山で見かけた羊飼いの娘に恋するが、彼女こそジャン(ドパルデュー)の娘、美しく成長したマノン(ベアール)だった。父の復讐を誓うマノンが泉の源を止めたために、村全体に水が来なくなってしまった。村人の恐慌が高まる中、セザール(モンタン)とウゴランの過去の悪事が発覚する……。前作では多くない出番ながら悪どい農夫に扮して強烈な印象を残したモンタンの過去に迫る物語は壮絶な因果話で、前作同様ドラマチックである。(「allcinema」より。)
*****************************************************

c0073737_918124.jpgパートⅠが良かっただけに、どうなるものかと不安にかられつつ観ていたが、途中から予定調和な展開にがっかり。

全てが自分の予想通りの展開。

なんじゃこりゃ、ひでぇ勧善懲悪映画だなぁと、観る気力を失いつつあったところで・・・な、な、なんと、このラストの展開は凄い!

凄すぎる!!


数奇な人間の運命を、長い時間をかけてじっくりと描き、ラストで衝撃の展開へともっていった脚本は見事と言う他ない。


イヴ・モンタンの末期を、単なる孤独な哀しい老人として描くのではなく、若かりし頃の青春絵巻と、戦争にまつわる不運を下敷きにして、自分の唯一の血縁である甥っ子を幸せにしようと、泉を故意に枯れさせるが、その行為がかえって甥っ子を不幸のどん底に追い込むことになり、自分自身も自然に死んでしまうほどの悲しみを背負ってしまう。

まさに非業の死。


c0073737_9161846.jpg人は誰のためにどう生きるべきか?

そこに答えはないが、人は運命にあがなえないということを、この作品は強く観る者に訴えかけてくる。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-06-25 09:19 | ◆映画レビュー | Comments(0)
波止場(1954)
c0073737_20403854.jpg波止場』(1954)

上映時間: 108分
製作国: アメリカ
ジャンル: ドラマ

監督: エリア・カザン

原作: バッド・シュールバーグ
脚本: バッド・シュールバーグ
撮影: ボリス・カウフマン
音楽: レナード・バーンスタイン

出演: マーロン・ブランド/エヴァ・マリー・セイント/リー・J・コッブ/ロッド・スタイガー/カール・マルデン/パット・ヘニング/マーティン・バルサム/リーフ・エリクソン/ルディ・ボンド

◆ヴェネチア国際映画祭 サン・マルコ銀獅子賞/イタリア批評家賞
◆アカデミー賞 作品賞/監督賞/主演男優賞(マーロン・ブランド)/助演女優賞(エヴァ・マリー・セイント)/脚本賞/撮影賞/美術監督・装置賞/編集賞
◆全米脚本家組合賞 脚本賞
◆ニューヨーク映画批評家協会賞 作品賞/監督賞/主演男優賞(マーロン・ブランド)
◆イギリス・アカデミー賞 主演男優賞(マーロン・ブランド)
◆ゴールデン・グローブ賞 作品賞/監督賞/主演男優賞(マーロン・ブランド)/撮影賞


*****************************************************
 港の沖仲仕たちの間に君臨するボスと、周囲の反対を押して彼に単身立ち向かうボクサーくずれのチンピラ。ブランドの演技とE・カザンの骨太な演出で知られる名作だが、脇を固めた個性派の役者たちが今なお衰える事のない迫真の演技を見せている点にも注目したい。アカデミー賞8部門受賞。
(「allcinema」より。)
*****************************************************

若き日のマーロン・ブランドの熱演が光る秀作。


c0073737_20465219.jpg『ラストタンゴ・イン・パリ』の中年時代にもない、『ゴッドファーザー』の晩年の時にもない、若かりし頃ならではのマーロン・ブランドの魅力が画面いっぱいに広がる。

ギラギラしたような、まるで鋭利なナイフの様な凄み。


c0073737_20471469.jpgしかしながら、ラストのとってつけた様なハッピーエンドには不満。

ラストはハッピーエンドにせず、マーロン・ブランドが独りで自分なりの正義を押し通して力尽き、その姿をもって、ギャングたちの悪行を世に訴えるといったラストなら、更に感動も強くなったに違いない。

c0073737_20474232.jpg悪童には悪童なりの意地と正義があるはずだ。

それをもっと自然な流れで表現してほしかった。


そこがアメリカ映画の弱いところで、素晴らしい作品ながら、何でも尺の中でハッピーエンドにもっていこうとするアメリカ映画の欠点も、同時に露呈した作品であった様に思う。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-06-21 20:48 | ◆映画レビュー | Comments(0)
湖のランスロ
c0073737_8543855.jpg湖のランスロ』(1974)

上映時間: 81分
製作国: フランス/イタリア
ジャンル: ドラマ/戦争

監督: ロベール・ブレッソン

脚本: ロベール・ブレッソン
撮影: パスクァリーノ・デ・サンティス
音楽: フィリップ・サルド

出演: リュック・シモン/ローラ・デューク・コンドミーナ/アンベール・バルザン/ウラディミール・アントレク=オレスク

◆カンヌ国際映画祭 国際映画批評家連盟賞(受賞拒否)

*****************************************************
 「アーサー王伝説」の後日譚である「ランスロット伝説」をモチーフに、ブレッソン監督が大胆な翻案を試みた意欲作。主君・アーサー王の妃と不倫関係にあるランスロは、騎士道精神と恋の間で揺れ動く。一方、聖杯探しに疲弊した兵たちは反逆を企み…。(「キネマ旬報社データベース」より。)
*****************************************************

現代劇が主流のロベール・ブレッソンが、騎士道末期の時代を描いた、言わば異色作。

ブレッソンは現代劇にこそ、その真価を発揮すると個人的には思っているだけに、やや不安をおぼえながらの鑑賞だった。


c0073737_924474.jpg騎士道という独特の世界を描いているので、ブレッソンらしさは多少薄くはなっているものの、その映像からくる静寂感と荘厳な感じは健在。


話は正直分かりづらく、入り込みにくい。

しかし、ブレッソンはそれを彼独自の映像感覚と映像的静寂感をもって見事に料理している。


それでも尚、ブレッソンはやはり現代劇に向いた監督だと私は思う。

ブレッソンが永らく映画化を望んでいた題材らしいが、観ているこちらはやや置いてきぼりにされる感は否めないところ。


c0073737_922873.jpgブレッソンの有名作品に比べると、本作は一段落ちると感じる。

それでも、ブレッソンが好きな人には、どうしても観てもらいたい作品であり、又、観るべき一本である。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-06-18 09:03 | ◆映画レビュー | Comments(7)
最近観た映画(2011.6.15)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_21532497.jpg『散り行く花』(1919/アメリカ)
【監督】D・W・グリフィス
★★★
父子家庭に育った少女は、ボクサーである父親からDVを受けている。 DVに耐えかねた少女は、ふらふらと家出をするが、ある店の前で気を失い倒れてしまう。 その店の店主は、オタクで内気な青年で、かねてからこの少女をかわいいと思っていた。 そこでのこの状況! 青年は、迷わず気を失った少女を、自室のベッドへと寝かせ、軟禁に成功する。 看病をしながらも、少女の手をさすったりなでたり、と青年は自らの欲望を果たす幸せな毎晩を送る。 青年は、あこがれの少女を前に、ロリコン魂が燃え盛り、さぞかし夢見心地な毎夜だったに違いない。 でもそれは長くは続かなかった。 父親に少女を軟禁していることがばれ、父親が青年の家を訪れる。 そして、父親は娘を自宅へ連れ戻す。 淫らな行為をされたと思った父親は怒りが爆発。 その怒りの矛先は、少女への暴力につながった。 父親の暴力により、少女は死に至る。 そこへ現れたオタクの青年。 父親を銃で撃ち殺してしまう。 まるで、某秋葉原無差別殺人事件の様に、衝動的な殺し方。 そして、その直後に、オタクの青年は自殺をしてしまう。 と、現代風に解釈するとこうなる(違)。 まあ、実際はもっと真面目な話なのだが、どうにも真面目すぎるし、テンポが遅く少々退屈してしまった。 もっとスピード感が欲しいところ。 ただし、青年の少女に対する純粋無垢な愛情は、この上なく美しく、サイレントながら輝きを放っていた。 D・W・グリフィス作品というとスケールの大きい大作をイメージするだけに、本作はどうも物足りなく感じてしまった。


c0073737_21582066.jpg『J.S.バッハ - G戦上のアリア』(1965/チェコスロバキア)
【監督】ヤン・シュヴァンクマイエル
★★★
ヤン・シュヴァンクマイエル作品としては、相当な異色作。 基本的にヤン・シュヴァンクマイエルはグロテスクなアニメーションをむやみに多用するので、好きな監督ではない。 しかし、本作はバッハの荘厳な調べにのせて、廃墟の映像をめまぐるしく画面を切り替えて見せてくる。 アニメーションは少しだけ使われてはいるが、別にグロテスクさも感じず、それでいてヤン・シュヴァンクマイエルらしさも出たものである。 バッハの音楽と廃墟の断片的な映像を観ているだけで、芸術とクラシカルな音楽世界に没頭できるだけの厳かな力を持った神秘的な作品である。


c0073737_22213762.jpg『レオナルドの日記』(1972/チェコスロバキア)
【監督】ヤン・シュヴァンクマイエル
★★★
レオナルド・ダ・ヴィンチらしき人が画を描くシーンが出てきて、そこがアニメーションで表現されている。 それにリンクする様に、その画に関連する実写の映像が挟み込まれてくる構成。 この実写映像がとても興味を引かれるものが多くて、ヤン・シュヴァンクマイエルの本業であるアニメーションの部分より面白かった、という皮肉な感想となってしまった。


c0073737_2222443.jpg『自然の歴史(組曲)』(1967/チェコスロバキア)
【監督】ヤン・シュヴァンクマイエル
★★
「自然の歴史」というか、爬虫類や哺乳類や魚類や鳥類などを、ヤン・シュヴァンクマイエル特有のセンスで紹介していくという内容。 途中まではまずまずだったが、哺乳類辺りからヤン・シュヴァンクマイエルお得意のグロテスクな実写アニメーションが登場。 ここで一気にげんなりしてしまった。


c0073737_222451.jpg『四十二番街』(1933/アメリカ)
【監督】ロイド・ベーコン
★★★
ストーリーはありきたりなもので、ミュージカル映画として成功したという意味での歴史的価値はあるかもしれないが、作品の面白さとしてみると、凡作の様にも思える。 ただ、逆に新鮮に感じられた点は、全編をミュージカル調で突き進む型のミュージカル映画を、今までに沢山観てきた中で、ミュージカル映画の元祖とも言われる本作は、ほぼ9割は普通のドラマであり、ラストのブロードウェイ・ミュージカルの本番シーンだけが、純粋なミュージカルという構成だったというところ。 いわゆるお馴染みの、“全編を歌って踊る”ミュージカル映画が苦手な人でも、難なく入り込める新鮮さが、むしろこの古きミュージカル映画にはあったりするのが、現代からみると面白い。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-06-15 22:25 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
最近観た映画(2011.6.10)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23445877.jpg『対話の可能性』(1982/チェコ)
【監督】ヤン・シュヴァンクマイエル

グロテスクな映像は、本作でも健在。 やはり苦手。 だけど、表現しようとしているものは伝わってくるし、表現方法の独自性などは秀でている。 それを考慮しても、やはり粘土のオッサン顔が、口から何やら吐き出したり、グチャグチャしたり、気色悪いにも程がある。


c0073737_23465381.jpg『グランド・ホテル』(1932/アメリカ)
【監督】エドマンド・グールディング
★★★★
群像劇だが、多数の人生模様が比較的分かりやすく描かれている。 それぞれの登場人物達の人生は、作為的に描かれてはおらず、ただ運命に流されるままに描かれている。 人生のシナリオは、理論めいたものではなく、突然何かが起ったりする。 ご都合主義的に登場人物達の人生シナリオを描くのではなく、運命論的に自然に描いているのが素晴らしい。 男爵の死も唐突だ。 しかし、他人に殺されるという不可抗力に、それまでの人生のシナリオなど関係はないのだ。 死は突然やってくるし、幸せや不幸も突然やってくる。 そうした悲喜こもごもを、群像劇ながら分かりやすく描いている。 しかも、登場人物達の人生シナリオも自然に描かれており、名作に恥じない出色の味わいがある。 役者についてだが、グレタ・ガルボは勿論魅力的であったし、それに負けないくらい、いやそれ以上に、ジョーン・クロフォードが献身的で魅力的な女性を演じていた。 更に又、ジョン・バリモアの紳士然とした雰囲気は、群を抜いていた。


c0073737_23484979.jpg『我輩はカモである』(1933/アメリカ)
【監督】レオ・マッケリー
★★★
マルクス兄弟の外見と悪ふざけのセンスは、生理的に合わないが、本作はさすが彼らの代表作と言われるだけあって、レベルの高いドタバタ喜劇だった。 尺の短さも手伝って、「自分には合わないなぁ・・・」と思いながらも、気付いていたら終わっていた。 リズム感の良い作品だったからかもしれない。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-06-10 23:49 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
観たいけど観れない映画リスト<2011.6.4更新>
ずっと観たい観たいと思っていても、なかなか鑑賞の機会に恵まれない作品たちです。

中には、DVD録画したけどエラーでダメになった作品とか、劇場まで足を運んだのに満席で観れなかったとか、事情は様々ですが、結局観れていない作品たちです。

どうやって観ようかといくら考えても、どうにもならないので、気長に鑑賞の機会を待っている状況です。

力技で高価なDVDを購入すればカタがつくのもありますが、それは実質無理なので(苦笑)。

***************************************************
<2011.6.4更新>
今回は何本か消化できましたが、DVDを購入して鑑賞した作品が多く、嬉しさは微妙なところでしょうか。
やはり図書館での無料発掘や、ケーブルTVなどでの放映で消化できればベストなんですがね^^;

成瀬巳喜男作品群は、相変わらず全く消化できませんヽ( ´ー`)ノ


仮面/ペルソナ(イングマール・ベルイマン)
愛と殺意(ミケランジェロ・アントニオーニ)
クラスメイト(バンディット・リッタコン)
異邦人(ルキノ・ヴィスコンティ)
華やかな魔女たち(ヴィスコンティ/パゾリーニ/デ・シーカ)
花を摘む少女と虫を殺す少女(矢崎仁司)
ナッシュビル(ロバート・アルトマン)
幻の殺意(沢島忠)
ざくろの色(セルゲイ・パラジャーノフ)
奇跡(カール・テオドール・ドライヤー)
霊魂の不滅(ヴィクトル・シェストレム)
七つの大罪(ロベルト・ロッセリーニ)
砂のミラージュ(アルマンド=ロブレス・ゴドイ)
ポリー・マグー お前は誰だ(ウイリアム・クライン)
生きていた男(マイケル・アンダーソン)
シュトロツェクの不思議な旅(ヴェルナー・ヘルツォーク)
砂漠のシモン(ルイス・ブニュエル)
酔っぱらった馬の時間(バフマン・ゴバディ)
腰辨頑張れ(成瀬巳喜男)
生さぬ仲(成瀬巳喜男)
君と別れて(成瀬巳喜男)
限りなき舗道(成瀬巳喜男)
上海の月(成瀬巳喜男)
勝利の日まで 藝能戰線版第二輯(成瀬巳喜男)
母は死なず(成瀬巳喜男)
白い野獣(成瀬巳喜男)
太陽の子(阿部豊)
警視庁物語全国縦断捜査(飯塚増一)
新版大岡政談(伊藤大輔)
伽倻子のために(小栗康平)
情熱の詩人啄木(熊谷久虎)
子宝騒動(斎藤寅次郎)
子供の四季(清水宏)
ブワナ・トシの歌(羽仁進)
歌舞伎役者片岡仁左衛門(羽田澄子)
くもとちゅうりっぷ(政岡憲三)
ねむの木の詩がきこえる(宮城まり子)
あゝ野麦峠(山本薩夫)
血(ペドロ・コスタ)
夜のたわむれ(マイ・ゼッタリング)
理由なき暴行 現代性犯罪絶叫篇(若松孝二)
不知火海(土本典昭)
小さな赤い花(チャン・ユアン)
ラザロ -LAZARUS-(井土紀州)
今、僕は(竹馬靖具)
盗まれた欲情(今村昌平)
悪の階段(鈴木英夫)
↓以下、新規追加
菊五郎の鏡獅子(小津安二郎)
女優と詩人(成瀬巳喜男)
なつかしの顔(成瀬巳喜男)
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-06-04 08:34 | ◆映画関連 その他 | Comments(6)
最近観た映画(2011.6.4)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_053928.jpg『絞死刑』(1968/日本)
【監督】大島渚
★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_0543038.jpg『姿三四郎』(1943/日本)
【監督】黒澤明
★★★
黒澤映画ならではの、水彩画の様な美しいモノクロ映像。 華奢な月形龍之介が柔道家というのも、少々ミスキャストにも感じたが、淡いモノクロの映像美を活かしたシンプルなストーリーには、嫌味も感じず、すっきりとした後味が残った。


c0073737_0555421.jpg『現代性犯罪絶叫篇 理由なき暴行』(1969/日本)
【監督】若松孝二
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_0594251.jpg『ドン・ファン』(1970/チェコ)
【監督】ヤン・シュヴァンクマイエル
★★
粘土細工ではなく、気色の悪い汚い人形を使っているが、やはりヤン・シュヴァンクマイエルらしさは画面全体から感じられる。 もの凄い個性。 この個性が私には合わない。 話としては、悪行の限りを尽くす放蕩息子のドン・ファンが、最後の最後で殺されて終りというもので、悪は最後に滅ぶという教訓じみたお話。 気色の悪い人形は変に手が込んでおり、ヤン・シュヴァンクマイエルの仕事の丁寧さは感じられた。


c0073737_145161.jpg『シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック』
(1964/チェコ)
【監督】ヤン・シュヴァンクマイエル

その独創性は強く認めるが、虫がやたらにクローズアップされたり、人間のマスクの造形が気色悪いなどのセンスが、全く理解できない。 ここまで気色悪くする必然性はどこにあるんだろうか。 ユーリー・ノルシュテインの様な造形美の方が断然好みである。


c0073737_172714.jpg『終着駅』(1953/アメリカ)
【監督】ヴィットリオ・デ・シーカ
★★★
男女の別れをひたすら描いた内容で、ヴィットリオ・デ・シーカらしい巧みな心理描写は見事。 だけど、何だか物足りない。 結局、男は捨てられ、プラットホームに転げ落ち、帰途に着く。 男女の哀しい別れを徹底的に描いたという意味では、なかなか力の入った作品だが、鑑賞して満足できるかというと、疑問が残る。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-06-04 01:08 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)